パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

青天の霹靂 ★★★★.5

2014年05月25日 | さ行の映画
作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。涙と笑いに満ちた物語に加え、4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。
あらすじ:場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い……。

<感想>タレント・俳優、小説家「陰日向に咲く」など幅広く活躍する劇団ひとりが、原作、脚本、監督、出演などひとり4役での初監督作です。自身の2作目の著作を基に、生まれる前の時代にタイムスリップしたマジシャンが、「生きる理由」を見出す姿を描いている。主人公晴夫には大泉洋が、雷門ホールの支配人役に風間杜夫が、母親の悦子には柴咲コウを迎えて、劇団ひとりは父親という設定で、心にしみいる笑いと涙の人間ドラマに仕上げています。

時を超えて出会った息子と若き日の両親と言うと、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を思い出します。それにタイムスリップした40年前と言えば昭和48年代ですよね。まるで「ALWAYS三丁目の夕日」のような1973年の浅草の活気を、長野県上田市に再現したリアリティには本当に驚いた。

物語は、かつては自分を「特別な存在」だと思っていた晴夫だったが、今では四畳半の古いアパート住まい。TVで人気上昇中の後輩の活躍を眺めながら、場末のバーでしがないマジックを披露する毎日で、平凡に生きることさえ難しい現実を痛感する。

昭和48年に飛ばされた晴夫は、母親と知らずに悦子という若い女と舞台に上がり、謎のインド人ペペとして、まだ当時は知られていなかったスプーン曲げを披露する。さらに、チンこと正太郎(晴夫の父親)とコンビを組むことで人気を博し、人生で初めて満たされた日々を味わう。

マジシャン役の大泉洋さん、ノースタントでマジックの練習に明け暮れ、冒頭から観客の目を釘付けにするシーンでは、拍手喝采です。それと、父親の劇団ひとりと一緒に舞台でロープ芸を披露するシーンでは、大泉が結んだロープを難なく解くも、父親の劇団ひとりの首にロープを巻き、それを紐解くのが首にしっかりと巻き付き苦しくて取れない。それが観客に受けて大笑いを取るシーンもある。それから、トランプの芸や、鳩を出す芸、ワインを何本も出す芸、最後に泣かせるのが、白い紙の薔薇の花が宙に浮き、本物の赤い薔薇に変えるシーンには、涙が出てしょうがなかった。

自分の出生の秘密が解き明かされ、今まで母親は自分を捨てて家を出て行ったと聞かされていたのに、まさか自分の命と引き換えに、晴夫を産んだことが分かり、これも実に胸につまされて泣けます。

だが、現実離れした設定の今作に優れたヒューマンドラマとしての、リアリティとユーモアを与えているのは、間違いなく主人公役を演じた大泉洋の、運命に翻弄されればされるほど輝く、演技を超えた存在感だと思います。
かつて、「水曜どうでしょう」で、サイコロの目に自らの旅路を翻弄されて、自らの運命をパスポートと共にがっちりと握られ、愚痴とボヤキしか出ないシチュエーションに置かれながら、他でもないその飾りっけなさに、やられっぷりで、観る者を魅了してきた大泉洋の存在感が厚いです。

「探偵はBARにいる」でのクールなマイトガイ感じや、「清州会議」での豊臣秀吉の怪演など、表現のレンジを格段に広げてきた彼だが、40年前の世界への「タイムスリップ=旅」に否応なく連れ出された晴夫の運命に、かくも深く感情移入させ得る役者は、やはり大泉洋しかいないと思った。
俳優である大泉洋と人間の大泉洋が、最大限に体現されているという点では、これまでの彼の主演映画の中では一番のハマリ役だと確信しました。それに、劇団ひとりの才能が開花した作品でもあると言っていいでしょう。
2014年劇場鑑賞作品・・・115 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンズ・アンド・ストレンジャー★★ | トップ | グランドピアノ 狙われた黒鍵 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
青天の霹靂 (勝手に映画評)
劇団ひとり、原作・脚本・監督・出演の作品。一人いったい何役なんだ(笑)。 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」がキャッチコピーのこの作品。涙は一粒じゃないですよ。いや、実際には泣きませんでしたが、少なくとも2回泣きそうになってしまいました。ちょっと冗長だと思...
青天の霹靂 (だらだら無気力ブログ!)
じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
劇場鑑賞「青天の霹靂」 (日々“是”精進! ver.F)
母と父の愛を知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405240001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】青天の霹靂 [ 劇団ひとり ]価格:535円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本映画ma...
青天の霹靂 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 大泉さんが過去にタイムスリップして、自
『青天の霹靂』 2014年5月10日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『青天の霹靂』 を試写会で鑑賞しました。 なんだか久しぶりな気がする、よみうりホールでした。 【ストーリー】  場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレス...
映画「青天の霹靂」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 今回は「Yahoo!映画」ユーザーレビュアー試写会に招かれた、客入りは9割位だ。映画上映後には二人の制作者と観客のティーチインが行われた。
「青天の霹靂」自らの生まれた経緯を知った先にみた両親に望まれて生まれてきた自分に託した母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「青天の霹靂」は劇団ひとりが書き下ろした小説を自ら監督と出演して映画化した作品で、もうすぐ40歳目前の売れないマジシャンがある日父が亡くなったと警察から連絡を受けて自分 ...
青天の霹靂 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「青天の霹靂」監督:劇団ひとり出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、風間杜夫 他配給:東宝概要:場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、 ...
「晴天の霹靂」☆たぶん1粒以上の涙 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
劇団ひとりが原作の「陰日向に咲く」は、悪くは無いけどそれほど印象にも残っていなかった。 そんなこともあって、『ちょっと文才があるからって本を書いたり、資金力を生かして映画を簡単に作ろうとする芸人の映画』と舐めてかかっていた。 すみません。私が間違ってお...
【 青天の霹靂 】同じカードは存在しない (映画@見取り八段)
青天の霹靂      監督: 劇団ひとり    キャスト: 大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫、柄本佑、入江雅人、前野朋哉、黒田大輔、中村育二、今井隆文、小村裕次郎、諌山幸治、ヤマザキモータース、稲川実代子、須田琉雅 公開: 2014年5月24日 20...
青天の霹靂 (miaのmovie★DIARY)
青天の霹靂(2010/08/27)劇団ひとり商品詳細を見る 【seiten no hekireki】 制作国:日本  制作年:2014年 「普通の日常」を手に入れることすら難しいと思い始めていた売れない マジシャン晴夫。母には捨てられ父とは絶縁状態だったが突然、その父の訃報を聞く。 ...
晴天の霹靂 (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 劇団ひとり 出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫 【解説】 作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが...
『青天の霹靂』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タ...
青天の霹靂 (映画好きパパの鑑賞日記)
 巧すぎて面白みにかけるという不思議な映画。劇団ひとりも大泉洋も喜劇役者なんだから、もっと、泥臭く作ったほうがいいのに、妙に手堅くまとまりすぎていたのが残念。泣かせる話を狙うのだったら、徹底的にべたべたしたほうが良かったです。  作品情報 2014年日...
「青天の霹靂」、劇団ひとりの初監督作品です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 劇団ひとり、自作の小説の映画化。 準主役も演じています。 35歳の場末のマジックバーで働くマジッシャン。金なし、恋人なしのしがない生活。でも、テレビのオーディションを受けそれなりの出来。 その返事待ちの時、警察から浮浪者の父親が死ん...
青天の霹靂 (映画的・絵画的・音楽的)
 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩め...
映画・青天の霹靂 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 劇団ひとり、初監督作品 売れないマジシャン・轟晴夫(大泉洋)生れて直ぐ父・正太郎(劇団ひとり)の女性問題で母・悦子(柴咲コウ)は家を出てしまう正太郎に育てられたが、高校を卒業後、家を出てからは絶縁状態になっている もう20年も薄汚れた...
ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画〜『青天の霹靂』 (真紅のthinkingdays)
 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の...
No.386 青天の霹靂 (気ままな映画生活)
売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...
青天の霹靂 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:96分 監督:劇団ひとり  劇団ひとりが原作、脚本、監督、準主演を手掛けた作品であり、彼の器用さにほとほと感心してしまう作品である。ただ無理もないことなのだが、先の見え過ぎたストーリー展開や、素人ぽいカメラワーク
「青天の霹靂」 生かされていることを知る (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は
[映画まとめ語り 『青天の霹靂』『ポンペイ』『ラストミッション』(寸評です)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ラストミッション』        リュック・ベッソン印だが、ケビン・コスナーの意向が多分に反映されていて、投げやりな作りではない。  CIAのヒットマンが、余命数カ月となり、今まで蔑ろにしていた家族に向き合うも、なかなかうまくいかず、なおかつ...
青天の霹靂 (のほほん便り)
劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、その名の通り、周囲を巻き込むほどの、劇団ひとり、さん...
映画評「青天の霹靂」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・劇団ひとり ネタバレあり