パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ホワイトハウス・ダウン ★★★★★

2013年08月18日 | アクション映画ーハ行
「インデペンデンス・デイ」「2012」のローランド・エメリッヒ監督が、謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが不採用となってしまう。幼い娘をがっかりさせたくないと、ジョンは娘をホワイトハウスの見学ツアーに連れ出すが、その時、謎の武装集団がホワイトハウスを襲撃、占拠するという前代未聞の事態が発生する。政府が大混乱に陥る中、ジョンは大統領や娘、そして合衆国の命運をかけた戦いに身を投じる。主人公の警察官ジョン・ケイル役に「G.I.ジョー」のチャニング・テイタム、米大統領役に「ジャンゴ 繋がれざる者」のジェイミー・フォックス。

<感想>この映画の主人公は、ホワイトハウス・ファンの少女エミリー。そして黒人大統領を守り抜こうとする娘の父親ジョンである。議事堂護衛の守衛であるジョンは、大統領警護のシークレット・サービスになろうと躍起になっているのだが、日本には首相官邸ファンや官邸警護員になりたがる人ってあまりおらず、さらには、大統領選で膨大なボランティアが沸いて出るアメリカと違って、議院内閣制の首相選出にもあれほどの昂奮はないから、日本の観客の目には劇中での父娘の行動に、不可解に映るかもしれませんね。

それでも、同じコンセプトの企画で3月に公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」よりもこっちの方が数段面白かった。ストーリー的に似ていてもまったく違うのは敵。北朝鮮からのテロリストによる襲撃だったし、同じく一人の男、シークレット・サービスの男が大統領と独り息子を守るお話だった。
あの映画で思ったのは、ホワイトハウスのセキュリティの薄さに驚いた。アメリカを陥れることが出来るのは、内部にいる人間が関わっていること。これは政治的な映画で、一見テロリストのようだがそうじゃない。ここで起こっているのはクーデターなのかもしれない。

主人公のジョン・ケイルは大統領を尊敬する娘をがっかりさせたくないために、ホワイトハウス見学ツアーに参加するが、偶然、重武装した集団によるホワイトハウス乗っ取りの場に、居合わせてしまったのだ。ジョン・ケイルを演じるのは、米ピープル誌が選ぶ「世界一セクシーな男2012」に選ばれたチャニング・テイタム。アクションもラブストーリーもコメディもこなし、今最も脂ののっている彼が、元軍人という設定にふさわしい身のこなしと、鍛え上げられた筋肉美を披露。スタントの殆どを自らこなしたと言う、そのワイルドでセクシーな熱演には目が釘付けになります。

そして、彼が守ることになる大統領ジェームズ・ソイヤーを演じるジェイミー・フォックスとの絡みも見ものですよ。大統領を前にしても動じることなくタメ口で話すジョンと、大統領とは思えない戦いぶりを見せるジェイミーの掛け合いは、時にハードで、時にユーモラス。

さらにもう一人の主役のエミリーが、下員議長(大統領代行)によるホワイトハウス爆破に待ったをかけようと、「大統領旗を打ち振り」のシーン。ホワイトハウス目がけて戦闘機がミサイルで爆破する寸前を、エミリーが大統領旗を一生懸命に振る姿を見た戦闘機のパイロットが、命令に背いてユータンするシーン、この断行させる圧巻のシーンに惚れ惚れしました。彼女を演じたのはジョーイ・キング、ジェームズ・ブランコ主演の「オズ はじまりの戦い」では陶器の少女の声を演じて、「ラブアゲイン」ではウィーバー家の娘の役を演じていたのですね。
さらに、さらにもう一人、ホワイトハウス・ツアーガイドのお兄ちゃんだ。彼は日本なら京都や奈良の歴史ガイドにあたり、官邸に所蔵されている古今の名器に通暁しており、それらを無造作に破壊するテロリストが許せず、命がけで抗議するのだが、いかんせんお金の価値がある所蔵品など屁でもなく銃でぶっ壊すのだ。そんなツアーガイドの兄ちゃんが、最後に全滅した大統領シークレットに代わり、押しかけ警護者の主人公ジョンが危ない所を救うべく、名器の一つでテロリストを殴り殺し、壊れた名器の由来を呟いて投げ捨てるショットは痛快そのものであった。

そして、主役級といえるのが、戦いの舞台となるホワイトハウス。監督のローランド・エメリッヒは、ホワイトハウスをできるだけリアルに描くことに力を注ぎ、一般的には解放されていない中枢部まで忠実に再現。オバマ大統領の経費節減政策によって見学ツアーが中止されたいま、ホワイトハウスの内部を見られるのはこの映画だけかも。いわばこの映画自体がスクープとなっているのだ。

しかも、監督はこれまで2度もホワイトハウスをぶっ潰してきたディザスタームービーの巨匠であるからにして。今回も無残な姿へと変貌していくホワイトハウスの姿を、惜しげもなく映し、武装組織との銃撃戦から、炎上する軍事ヘリの墜落まで、激しいアクション描写で見る者を震え上がらせる。
合衆国政府が突然の混乱によってカオスと化し、国家の運命を委ねられたジョンは、まるで「ダイハード」のブルースのようにランニング一枚で、タイムリミットまでのカウントダウンが迫る中、孤独な戦いを続ける彼の活躍から目が離せなくなる。しかし、大統領が生きているのにそれが中枢部に知らせないと、次の大統領が選ばれて、核ミサイルボタンの暗唱番号とIDを知らされるなんて、これは次期大統領の椅子を狙うクーデターの物語だ。

ホワイトハウス襲撃があれほどアメリカが恐れてきた外敵によるものでなく、自国政治機構内部のクーデターだったとする設定は、「アメリカは絶対に外敵によって破壊されることはない。我々が腰が据わらず、自らの自由を喪失するのは、我々が自らを破壊する場合だ」という、リンカーンの言葉を連想させる。
それでも、ホワイトハウス救済が、父娘の信頼感回復に連結される場面で、大統領旗というシンボルが、アメリカ国民の象徴でもあるという意味では印象的なショットでした。
2013年劇場鑑賞作品・・・254  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クソすばらしいこの世界 ★★★ | トップ | スター・トレック イントゥ・ダ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホワイトハウス・ダウン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ジェラルド・バトラー版より庶民寄りの主人公がいい。
ホワイトハウス・ダウン (心のままに映画の風景)
議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、シークレットサービスへの転身を目指し、次席特別警護官キャロル(マギー・ギレンホール)の面接を受けるが、結果は不採用。 娘エミリーをがっかり...
劇場鑑賞「ホワイトハウス・ダウン」 (日々“是”精進! ver.F)
米国危機一髪… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308160003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下...
ホワイトハウス・ダウン (試写会) (風に吹かれて)
娘の役は 旗振り公式サイト http://www.whitehousedown.jp8月16日公開製作総指揮・主演: チャニング・テイタム監督: ローランド・エメリッヒ国内外で賛否両論の、第46代大統
ホワイトハウス・ダウン / White House Down (勝手に映画評)
ネタバレあり。 今年は、ホワイトハウスを襲撃する映画の競作の年のようです。先に『エンド・オブ・ホワイトハウス(Olympus Has Fallen)』が公開され、こちらの『ホワイトハウス・ダウン』は後追い公開となりました。『ディープインパクト』と『アルマゲドン』と同じ関...
ホワイトハウス・ダウン (Akira's VOICE)
てんこ盛りの見どころ&笑いどころ。  
ホワイトハウス・ダウン/チャニング・テイタム (カノンな日々)
わりと最近とてもよく似た題材の映画を観たばかりのような気がしますが、もちろんジェラルド・バトラー主演の『エンド・オブ・ホワイトハウス』のことなんですけど、こんな偶然っ ...
『ホワイトハウス・ダウン』 (時間の無駄と言わないで)
ちょっと前に似たようなのを観ましたけども、今作の方が好きだなぁ。 俳優陣はちょっと地味だけどね。 たぶんローランド・エメリッヒが好きなんだろうなぁ、僕。 「エンド・オ ...
映画:ホワイトハウス・ダウン White House Down  同志向ワシントン破壊系 2発を徹底比較!(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ついこの前に「エンド・オブ・ホワイトハウス Olympus Has Fallen」 が公開されたと思ったら、同方向企画が別配給で。 こうなると、比較採点しないわけにはいかない当ブログ! 以下、5つの指標で、比較してみる。 その × 5は... 1.話のリアル度 2.盛り上がり度 3....
『ホワイトハウス・ダウン』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: WHITE HOUSE DOWN 監督: ローランド・エメリッヒ 出演: チャニング・テイタム 、ジェイミー・フォックス 、マギー・ギレンホール 、ジェイソン・クラーク 、リチャード・ジェンキンス 、ジェームズ・ウッズ 、ジョーイ・キング 試写会場: ニッショー...
ホワイトハウス・ダウン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WHITE HOUSE DOWN】 2013/08/16公開 アメリカ 132分 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス、ジョーイ・キング、ジェームズ・ウッズ 世界は、ここ...
ホワイトハウス・ダウン (本と映画、ときどき日常)
監督 ローランド・エメリッヒ 出演 チャニング・テイタム     ジェイミー・フォックス     マギー・ジレホール テロリストにホワイトハウスが占拠された! 大統領警護官志願に面接に来ていた男が、大統領を、そして娘を救おうとするお話。 最初、ちょっと....
『ホワイトハウス・ダウン』('13初鑑賞74・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 8月16日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:05の回を鑑賞。
『ホワイトハウス・ダウン』 (こねたみっくす)
ローランド・エメリッヒ監督がセルフ・タブーに踏み込んだのか!? 『ザ・ロック』と『エンド・オブ・ホワイトハウス』を小ギャグで味付けしたかのように、新鮮味は皆無ではあるもの ...
ホワイトハウス・ダウン (そーれりぽーと)
ローランド・エメリッヒにはもう期待してないけど…と思いながら『ホワイトハウス・ダウン』を観てきました。 ★★★ これまでの派手さ一本の作風と、アメリカが絡むとアメリカ万歳過ぎる映画作りをしてしまう傾向のローランド・エメリッヒ監督作と比較すると、今回は思...
[映画『ホワイトハウス・ダウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
           ☆いやはや、今年の夏は、娯楽超大作が豊作ですな。  今夜から、『スター・トレック』の新作が先行レイトショーで上映されるけど、私、夜は店を開かなくちゃならないので、本公開を待たなくちゃならない。  で、観るつもりだったけど、後回しと...
ショートレビュー「ホワイトハウス・ダウン・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
アメリカの、内なる敵。 ローランド・エメリッヒ監督による、スペクタクルなアクション大作。 謎の武装勢力によって占拠・封鎖されたホワイトハウスで、チャニング・テイタム演じるシークレットサービスの...
ホワイトハウス・ダウン (Memoirs_of_dai)
旗振って地固まる 【Story】 大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイ...
「ホワイトハウス・ダウン」 サービス精神がギュッとコンパクトに (はらやんの映画徒然草)
今年は本作と「エンド・オブ・ホワイトハウス」という二つの作品で、ホワイトハウスが
ホワイトハウス・ダウン (とりあえず、コメントです)
派手なエンターテイメント作品が得意なローランド・エメリッヒ監督のアクション大作です。 予告編を観て、チャニング・テイタム&ジェイミー・フォックスの活躍が観たいなあと楽しみにしていました。 堂々と輝いていたホワイトハウスが破壊されていく様子に、 さすがエメ...
映画「ホワイトハウス・ダウン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/8/24、109シネマズ木場、スクリーン5。 スクリーンがシアター真ん中より右に寄っているので、 座席は中央席より2つくらい右が丁度スクリーンの中央になる。 結構な入り。 * チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、 マギー・ギレンホール、...
「ホワイトハウス・ダウン」 (ここなつ映画レビュー)
チャニング・テイタムつながり、という事で。「マジック・マイク」でノックアウトされた私は、彼の勇姿を観る為なら何でもします(笑)。アクションで魅せる事ができる役者なのは「エージェント・マロリー」で実証済みだし。 ローランド・エメリッヒ監督は、アメリ...
ホワイトハウス・ダウン 手に汗握ったけど・・・ね〜 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=43 うち今年の試写会5】 朝早い新幹線で品川に帰ってきたので、このまま出勤します、大阪から東京は通勤圏内なんやと思ってしまうのはもちろんまったく勘違いです。  大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指....
ホワイトハウス・ダウン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ホワイトハウス・ダウン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ことさら暑い今年の夏なのでスカッとするアクション物がいいのではと思い、映画館に行きました。  ホワイトハウスをめぐるアクション映画は、もう一つ『エンド・オブ・ホワイトハウス』も公開されている...
ホワイトハウス・ダウン (だらだら無気力ブログ!)
予想以上に面白かったなぁ。
『ホワイトハウス・ダウン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホワイトハウス・ダウン」□監督 ローランド・エメリッヒ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト□キャスト チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、       ジェームズ・ウッズ■鑑賞日 8月17...
『ホワイトハウス・ダウン』 愛国者の条件 (映画のブログ)
 異星人に制圧された米国と、その解放のために立ち上がる大統領を、米国の独立戦争になぞらえて描いた『インデペンデンス・デイ』(1996年)は、さぞかし米国民の愛国心を高揚させたに違いない。  その迫力あ...
ホワイトハウス・ダウン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ホワイトハウス・ダウン」監督:ローランド・エメリッヒ(『2012』)出演:チャニング・テイタム(『G.I.ジョー バック2リベンジ』『親愛なるきみへ』)ジェイミー・フォックス(『 ...
ホワイトハウス・ダウン/WHITE HOUSE DOWN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」などパニック映画お得意、 ぶっ壊したら右に出るものなしの破壊王、ローランド・エメリッヒ監督最新作 「21ジャンプ・ストリート....
ホワイトハウス・ダウン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】チャニング・テイタム/ジェイミー・フォックス/マギー・ギレンホール/ジェイソン・クラーク/リチャード・ジェンキンス/ジェームズ・ウッズ/ジョーイ・キング 【...
映画「ホワイトハウス・ダウン」 (FREE TIME)
映画「ホワイトハウス・ダウン」を鑑賞しました。
「ホワイトハウス・ダウン」 (或る日の出来事)
めっちゃ、おもしろいじゃん! で、ホワイトハウスにマリリンとの逢引き用秘密通路が、あるんかい!?
ホワイトハウス・ダウン (こんな映画見ました〜)
『ホワイトハウス・ダウン』---WHITE HOUSE DOWN---2013年(アメリカ)監督: ローランド・エメリッヒ出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 、マギー・ギレンホール 、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス 、ジョーイ・キング、ジェ...
ホワイトハウス・ダウン(2013)☆★WHITE HOUSE DOWN (銅版画制作の日々)
 世界は、ここから落ちる 前回の「2012」は今一つだったのですが、これはなかなか面白いという評判を聞き観ることにしました。つっこみどころは満載ですが、楽しく観ることが出来ました。今回はMOVIX京都にて鑑賞。観て少し時間が経ってしまいましたが、書くこ...
ホワイトハウス・ダウン (銀幕大帝α)
WHITE HOUSE DOWN 2013年 アメリカ 132分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/08/16) 監督: ローランド・エメリッヒ『2012』 出演: チャニング・テイタム:ジョン・ケイル ジェイミー・フォックス:ジェームズ・ソイヤー大統領 マギー・ギレンホ....
ホワイトハウス・ダウン (いやいやえん)
チャニング・テイタムさんを主役に、ジェイミー・フォックスさんを大統領に据えた、「エンド・オブ・ホワイトハウス」に続くホワイトハウス陥落もの。うーんこれは甲乙つけがたい。どちらも娯楽映画として充分に楽しめます。色々被ってるところもあるけど。 しかし「...
ホワイトハウス・ダウン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェームズ・ウッズ 【解説】 『インデペンデンス・デイ』『2012』などのローランド・エメリッヒ監督が放つアクション大作。謎の武装集団に占拠されたホワイ...
映画『ホワイトハウス・ダウン』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-68.ホワイトハウス・ダウン■原題:White House Down■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:131分■料金:1,800円■観賞日:8月31日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・製作:ローランド・エメリッヒ◆チャニング・テイタム◆ジェイミー・フォック...
映画評「ホワイトハウス・ダウン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ローランド・エメリッヒ ネタバレあり
ホワイトハウス・ダウン (miaのmovie★DIARY)
ホワイトハウス・ダウン [DVD](2014/06/04)チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他商品詳細を見る 【WHITE HOUSE DOWN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ホワイトハウスが占拠されてしまうアメリカ史上最悪の危機に、たまたま 居合わせてしまった議...
ホワイトハウス・ダウン (miaのmovie★DIARY)
ホワイトハウス・ダウン [DVD](2014/06/04)チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他商品詳細を見る 【WHITE HOUSE DOWN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ホワイトハウスが占拠されてしまうアメリカ史上最悪の危機に、たまたま 居合わせてしまった議...