パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

百日紅~Miss HOKUSAI~★★★★

2015年06月08日 | さ行の映画
杉浦日向子の代表作の一つ「百日紅」を、『河童のクゥと夏休み』『映画クレヨンしんちゃん』シリーズなどで知られる原恵一監督がアニメ映画化した群像劇。江戸の浮世絵師として数多くの作品を発表し、世界中のさまざまな分野に多大な影響をもたらした葛飾北斎と、その制作をサポートし続けた娘・お栄(後の葛飾応為)を取り巻く人間模様を、江戸情緒たっぷりに描く。アニメーション制作は、『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどのProduction I.Gが担当する。
あらすじ:さまざまな風俗を描いた浮世絵が庶民に愛された江戸時代、浮世絵師・葛飾北斎は大胆な作風で一世を風靡(ふうび)する。頑固で偏屈な天才絵師である父・北斎の浮世絵制作を、陰で支える娘のお栄(後の葛飾応為)も優れた才能を発揮していた。そんな北斎親子と絵師の交流や、江戸に生きる町人たちの人間模様がつづられていく。

<感想>百日紅の花の木は、家の庭にも夏になるとたわわに花を咲き、9月中旬頃まで咲きます。百日紅の花のしたたかさが、お栄さんに投影しているようですね。あの天才浮世絵師・葛飾北斎の娘お栄が、雑踏の中、木の橋を下駄を鳴らして歩いている。物売りの声、大八車の車輪などの音でざわめく両国橋を渡って行くところから始まる。その眼差しの凛とした顔が美しい。
今までこの映画を観るまでは、北斎に娘が2人もいたなんて知らなかった。主人公のお栄(葛飾応為)は葛飾北斎の三女で、父親と同じ浮世絵師の道を選び、美人画などで高く評価されたという。そんな彼女の視点から、奇行で知られた北斎の創作をめぐる逸話や、居候の絵師も交えたオンボロ長屋での風変わりな共同生活、お栄自身の絵師としての試練と不器用な恋が語られている。

筆一本あれば食べていけると考えていたことや、男勝りの性格であったこと、ここでのお栄のエピソードのいくつかは、実際に「葛飾北斎伝」に記述されているもの。それに、三女のお栄が父親の浮世絵師の仕事を手伝っていて、冒頭で龍の絵を仕上げる北斎の腕の見事なことと言ったら。
その絵にお栄が、煙管のタバコの灰を落としてしまうシーンがある。客に依頼されたもので、明日の朝には届けなければいけないのに、すると、お栄が徹夜をしてその父親北斎の龍の絵と同じような見事に描き上げるのだ。
お栄は、北斎の仕事の手伝いをしていて、北斎がペースを描いて、お栄が部分的に彩色するという。だから、北斎のサインがあるにもかかわらず、体の描き方が北斎らしくない美人画もあり、もしかしてお栄が代作をしていたと考えられます。

妹の盲目の末娘・お猶は、生まれつき目が見えない。病弱でお寺に預けられており、時おり姉のお栄がお猶を連れ出しては、渡し船に乗せたり、両国橋の下を舟がくぐり抜ける時に聞こえる色んな音が、匂いも、目の見えないお猶に隅田川の水に妹の手を触れさせる。舟がこのまま行くと何処へと訊ねる妹に、「海だ、でっかいぞ海は。父親がよく絵に描くよ、打ち寄せる波がいいんだ。でっかい波だとこんな舟は、ひと飲みだ」北斎の代表作の「冨獄三十六景」のような映像で見せられるのに驚く。
大雪の日には、庭に出て雪合戦みたいに、初めての雪の重さ、冷たさを体験させ、視覚を奪われた少女は、聴覚と触覚で世界を認識していく。

そんな末娘が病に伏せているところへ、父親の北斎が見まう場面では、お猶が父親の顔に触れてその髭ずらを撫でまわして、父親を愛おしむのだ。そんなお猶のために、北斎が鍾馗の絵を描き、それをお栄に託す。その絵に北斎のどんな想いが込められているのか。まるで自分自身を描いているかのようにも。目の見えない妹にお栄が話して聞かせる。

そんな妹の亡くなる時を、お栄が察して駆け付けるシーン。それに、居候の絵師・善次郎が後ろを振り返りながら、「おかしいな、おかっぱ頭の女の子が付いてきたのに」と言うや、突風が長屋の表から戸を突き破り裏まで吹き抜けるのだ。それが、お栄の予感だったのでしょうね。妹のお猶が亡くなることを。
その一方では、父親の北斎には、庭に咲く百日紅のピンク色した花を見て「一人で来れたじゃねえか」と微笑むシーンが。

主人公のお栄は、喧嘩とならぶ江戸の華、「火事」に魅せられ、枕絵の色気を学ぼうと当時の陰間と呼ばれる男娼館へと行く。女装をしているが、男も女も相手にするいい男。そしてその男娼と寝ようとする。しかし、疲れ果ててお栄の傍で寝てしまう男。
父親の北斎が亡くなるまで一緒に暮らして、その後お栄さんはいつ亡くなったかも不明な上に、亡くなった場所も記されていない。

この時代では、男と違って、いくら絵が上手いからといって、女絵師で食べてはいけないと思う。ですので、お栄、後の葛飾応為の作品もあまり紹介されていないが、夜の吉原遊郭を描いた作品「吉原格子先之図」は、部屋の行燈のまばゆい光によって、格子のそばにいる遊女や外にいる男客たちの、真っ黒なシルエットとなり、地面には格子の影がくっきりと映り幻想的な雰囲気になっている。光と影のコントラスを強調して描いたものでしょう。
そして、スクリーンに映し出される、百日紅の花が地面に落ちて、そこには美しい着物を着た少女が。これも、葛飾応為の作品に違いありませんね。
2015年劇場鑑賞作品・・・116映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンガー・ゲーム FINAL:レ... | トップ | トゥモローランド ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
百日紅~Miss HOKUSAI~ (映画好きパパの鑑賞日記)
 実在した葛飾北斎の娘お栄を主人公に、江戸末期の生活を淡々と描いたアニメ作品。起伏はないし、短編集という感じで、みている最中はあまり評価できなかったのだけど、終わってみるとどこか心に引っかかる作品です。  作品情報 2015年日本映画 監督:原恵一 声の出...
百日紅 (映画的・絵画的・音楽的)
 『百日紅―Miss HOKUSAI―』をTOHOシネマズ日本橋で見ました。 (1)本作の評判が良さそうで、かつまだ行ったことのない映画館(注1)を覗いてみようかという気もあって、日本橋まで足を伸ばしてみました。  本作(注2)は、杉浦日向子の原作マンガをアニメ化したもの...
映画・百日紅~Miss HOKUSAI~ (読書と映画とガーデニング)
2015年 日本 原作は故・杉浦日向子さん「百日紅」マンサンコミックス(一)~(三)は宝物でございますNHK「コメディお江戸でござる」で杉浦さんが語る江戸の風習や庶民の生活などが毎週楽しみでした♪逝去されてから早10年になるのですね… 23歳の...
『百日紅』をテアトル新宿で観て、ああ普通だなあ。他の人のように後から染みんなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★普通に通りすぎた】 山場の設定もなく淡々と進む。 映画館の椅子に拘束されている時間が退屈な訳ではないが、 強いエモーションを感じなかった。 後からじ ...
『百日紅~Miss HOKUSAI~』 (こねたみっくす)
百日紅よりも短い人生。それは儚いのか、それとも愛おしいのか。 葛飾北斎の三女にて後に葛飾応為として多くの美人画を描いたお栄。彼女の人生が江戸後期の生活模様・人間模様・ ...
ショートレビュー「百日紅~Miss HOKUSAI~・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
画狂娘の青春。 江戸の下町で、葛飾北斎の代筆をしている娘のお栄が、春夏秋冬を経て独自の画風を持つ絵師・葛飾応為となるまでの物語。 一昨年、昭和の邦画黄金期を代表する巨匠、木下惠介監督をトリビュートした「はじまりのみち」で、実写映画へと進出した原恵一監...
百日紅 (ケントのたそがれ劇場)
★★★製作:2015年 日本 上映時間:90分 監督:原恵一  江戸時代後期の代表する浮世絵師といえば葛飾北斎である。その北斎には葛飾応為(かつしかおうい)という娘がいたと言う。その絵柄は北斎のような迫力こそないが、現代的な色使いと繊細さは、なかなかモダン
アイアンマン3 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年米国 上映時間:133分 監督:シェーン・ブラック  ネット上ではかなり評価が高いのであるが、私的には第一作のようにときめくものを感じなかったのが残念である。やはりこうしたヒーローものは、続編を何作作っても初回作には遠く及ばないの
『百日紅~Miss HOKUSAI~』原恵一監督、杏、松重豊、他  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『百日紅~Miss HOKUSAI~』原作 : 杉浦日向子監督 : 原恵一出演(声) : 杏、松重豊、濱田岳高良健吾、美保純麻生久美子、立川談春清水詩音、筒井道隆、他 物語・さまざまな風俗を描いた浮世
百日紅~Miss HOKUSAI~ (いやいやえん)
【概略】 葛飾北斎の娘で、恋に不器用な浮世絵師のお栄と、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎなど、喜怒哀楽が満ち溢れる江戸の街で暮らす人々の姿を、四季の風景と共に描き出す。 アニメーション 中学生時代、美術部だった私は、浮世絵…いや北斎の世界にはまって...
百日紅~Miss HOKUSAI~ (銀幕大帝α)
2015年 日本 90分 時代劇/ドラマ 劇場公開(2015/05/09) 監督: 原恵一 『カラフル』 原作: 杉浦日向子『百日紅』 主題歌: 椎名林檎『最果てが見たい』 声の出演: 杏:お栄 松重豊:葛飾北斎 濱田岳:池田善次郎 高良健吾:歌川国直 美保純:こと 清水詩音...
江戸情緒。[映画] 百日紅~Miss HOKUSAI~ (日々の書付)
江戸文化研究家、漫画家の故・杉浦日向子さんの名作「百日紅」がアニメになって映像化。クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲を撮った原恵一監督と、プロダクションIGがタッグを組み、今までにない江戸情緒たっぷりのアニメに仕上がってました。 副題...
百日紅~Miss HOKUSAI~ (2015) (のほほん便り)
かなり賛否両論だったみたいですが、杉浦日向子ワールドへの愛とリスペペクトを感じる、良い作品だったと感じました。江戸の空気と、四季のうつろい。その傍らで、怪奇ワールドや......
映画評「百日紅~Miss HOKUSAI~」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・原恵一 ネタバレあり
「百日紅~Miss HOKUSAI」 (或る日の出来事)
妹との絆(きずな)がいい。