パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

64−ロクヨン−後編 ★★★

2016年06月12日 | アクション映画ーラ行
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官・三上が迫る“ロクヨン”捜査の知られざる真相と、現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末をスリリングに描き出していく。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。

あらすじ:平成14年12月。時効まであと1年と迫った“ロクヨン”の捜査員激励と被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が翌日に迫る中、管内で新たな誘拐事件が発生する。しかも犯人は“ロクヨン”と同じように身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親が一人で運転する車で運ぶよう要求する。事件の性質上、広報室の三上は記者クラブと報道協定を結ぶ必要に迫られるが、肝心の捜査情報はほとんど提供されず、記者たちは一斉に反発、各社が独自に動き出しかねない危険な状況に。そんな中、一向に情報が出てこないことに自らも業を煮やした三上は、ロクヨン捜査にも関わった刑事部時代の上司・松岡が指揮を執る捜査車両に単身乗り込んでいくのだったが…。

<感想>ロクヨンの後編、期待して観ました。被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が刻々と迫る中、雨宮家へと何度も足を運ぶ広報官の三上の苦渋、それが急きょ取りやめになるとは。そのことを知らせにまたもや雨宮の家に足を運ぶ。

雨の夜に、雨宮の家の近くにある公衆電話ボックス、その電話のプッシュボタンのナンバーが剥げて消えかかっている。それは、もしや、雨宮だけが犯人の声を聴いたので、娘を殺した犯人を自分で、自分の耳でもう一度確かめたくて、14年間もの間、ぶ厚い電話帳をしらみつぶして調べて電話しまくり、やっとあの時の声、忘れもしない聴きおぼえのある犯人の声の男が耳もとで聞こえるのだ。三上は、そのことを知ったのがずいぶんと後のことだった。そういえば、自分の家にも無言電話が何度もかかってきたことを。

またもや14年前の誘拐犯と思われる事件が発生し、警察では、もしかして犯人は14年前の男ではないのか?・・・それは、その時の警察官では?・・・ということも考えてか、広報官のもとにはその被害者の名前も、犯人と思える元警察官だという名前も知らされず、匿名でと新聞記者に知らせるも、総スカンを食らってしまう。

記者クラブが広報官を前にして、県警に対する批判を罵倒する。どうしても、名前を明かせないし、広報官にも知らされていないのだ。
本当は、スポーツ店主の目崎正人に扮する緒形直人の娘が誘拐されたというのだが、この男が実は14年前の雨宮の娘を誘拐し、2000万円を強奪して、そのあとに娘を殺して車のトランクへ入れ、原っぱに放置したのだ。その昔と同じ現場に足を運ばせて、原っぱのドラム缶の中へ、2000万円の札束を放り込み、油をかけて燃やしてしまえというケータイからの連絡。

その電話が、元警察官の幸田一樹に扮する吉岡秀隆なのだ。犯人は、昔の盗聴機を操作間違い、犯人の声を録音できずに失態をやらかし、その後に警察を辞めて、スーパーの警備員の仕事をし、家族を養い、未だに14年前の事件が解決できなかったことが悔しく思っていた。

犯人を割り出した雨宮が、やっとその犯人を突き止めて、幸田に知らせたのだろう。私には、雨宮本人が実際に犯人の家へ、ヘリウムガスで声を変えて、娘を誘拐したと電話して、2000万円をあの時と同じデパートの大き目のスーツケースに入れて、喫茶店をハシゴさせて、美容院にも行かせて、自分がされた通りのことを指図したと思っていた。
最後の娘が車のトランクの中で死体となって発見された場所へと誘い出す。本当は、長女が誘拐されたというのだが、その長女は誘拐されていなく男と遊んでいて、警察に補導されていたのだ。

14年前と違い、今は捜査車両・トラックの中に監視カメラや盗聴器、無線機に犯人を追いかける車載カメラとか、何ともハイテクであり、これで犯人を逮捕できなかったらそれこそ、バカもんばかりだ。

大詰めで犯人を目の前にして、三上が目崎を追い詰める。紙切れに「小さい棺の中に閉じ込めてある」と書かれていたのを、目崎は紙を丸めて食べてしまう。そして逃げるのだ。追いかける三上、川に落ちてずぶぬれの2人が格闘する。
警察へ連れていかれる目崎だが、どういうわけか、釈放されるのだ。そのことを知った雨宮が、今度は目崎の下の妹を誘拐して、自分の家へ連れていき、放置する。三上がやってきて、娘を見つけてホットするも、そこへ目崎がやってきて、娘は何処だと叫ぶ。

これで、やっと犯人を取り押さえることができた三上は、もう広報官ではなく刑事に戻っていたのだ。警察を辞める決心がつき、妻と娘の帰りを待つ善き父親の顔になっていた三上。
ミラミッドのような縦割り社会の大企業に、お役所関係、警察もそうです。働いている人間の自分を保身する気持ちは分からなくもないが、これほどに過酷で厳しいとは、上に立つ人間の浅はかさの度量にイライラ感が募ります。

2016年劇場鑑賞作品・・・117映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マネーモンスター ★★★★ | トップ | 教授のおかしな妄想殺人 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「64 -ロクヨン- 後編」 (日々“是”精進! ver.F)
ロクヨン事件の終焉… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606110000/ 映画「64-ロクヨンー前編/後編」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2500円(税込、送料無料)
日本の警察 その85「64(ロクヨン)後編」 (2016 東宝=TBS) (事務職員へのこの1冊)
その84「64(ロクヨン)前編」の特集はこちら。原作の特集はこちら。初日の1回目で見る。前編のボルテージがそのまま維持できれば、確かに“映画史に残”ったかもしれない。佐藤浩市の、記者たち相手の大芝居や、ポツンと立つ公衆電話が、ある人物の孤独を象....
64-ロクヨン-後編 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 前編で貼られた伏線回収作業は綺麗に処理されたものの
映画『64-ロクヨン-後編』観てきた・・・ (よくばりアンテナ)
前編の記事はコチラ 前編があまりにも面白かったために、期待値が上がりすぎでした。 ただ、不安がなかったわけじゃない。 だって、前編ですでに原作本のストーリー3/4くらいは進んでるので、 後の1/4をどうやって後編で広げるんだろうかと・・・ もちろん、...
『64-ロクヨン-後編』 (こねたみっくす)
そこに意地はあるのか。 これが親の意地なのか。これが刑事の意地なのか。これが地元の意地なのか。 全ては既に始まっていた。全ては既に三上広報官の知らぬところで終わりに向け ...
64-ロクヨン-後編 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦...
「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大...
64 ロクヨン 後編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、雨が降りしき...
64-ロクヨン 後編 (映画好きパパの鑑賞日記)
 前編は豪華演技陣に満足して、後編のオリジナルの結末が楽しみだったけど、実際にみてみると、前編で懸念した人情泣かせに走っていて、リアリティにかけ、がっかりしました。  ...
64 ロクヨン 後編 (勝手に映画評)
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?...
『64 -ロクヨン- 後編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、緒形直人、綾野剛、瑛太、仲村... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎...
映画「64-ロクヨン-後編」  (FREE TIME)
映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。
64 ロクヨン 後編 (花ごよみ)
横山秀夫原作の「64(ロクヨン)」を映画化。 今回は2部作の後編。 監督は瀬々敬久。 佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、 永瀬正敏、夏川結衣、窪田正孝、 三浦友和、吉岡秀隆、等...
「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレ部分があるので、注意してください> 前編は昭和64年に発生した誘拐事件
64-ロクヨン-後編 (我想一個人映画美的女人blog)
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫る“ロクヨン”捜査...
「64 ロクヨン」前編・後編 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本/TBS=コブラピクチャーズ他 配給:東宝 監督:瀬々敬久 原作:横山秀夫 脚本:久松真一、瀬々敬久 脚本協力:井土紀州エグゼクティブプロデューサー:平野 隆企画:越...
『64 -ロクヨン- 後編』('16初鑑賞58・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
64-ロクヨン- 後編 (そーれりぽーと)
早くも続きの公開!『64-ロクヨン- 後編』を観てきました。 ★★★★ ハイテンションで駆け抜けて描かれる前編が良過ぎた。 後編はテンポにムラが有り、前後編の区切るところを間違え...
「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯... (オールマイティにコメンテート)
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ...
「64-ロクヨン-後編」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
少女誘拐殺人事件が時を経て繰り返される。 合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】横山秀夫文藝春秋 by G-Tools
後編は事件は解決へと向うが・・・ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生 犯人は「サトウ」と名乗り 身代金2000万円を用意してスーツケー......
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編 (いやいやえん)
昭和に1人取り残された雨宮。彼の心情を思うと悲しみなんか通り越してしまう。
64-ロクヨン-後編 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、柄本佑、坂口健太郎......
映画評「64-ロクヨン-後編」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり
64 ロクヨン 後編(2016) (のほほん便り)
ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編映画の後編は、原作と異なるラスト、だったんですってね。警察の広報担当と、記者クラブの激しい対立......
独断的映画感想文:64 ロクヨン 後編 (なんか飲みたい)
日記:2017年4月某日 映画「64 ロクヨン 後編」を見る. 2016年.監督:瀬々敬久. 出演:佐藤浩市(三上義信),綾野剛(諏訪),榮倉奈々(美雲),夏川結衣(三上美那子),緒形直人(目崎......