パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

シン・ゴジラ ★★★・5

2016年07月30日 | アクション映画ーサ行
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション大作。謎の巨大不明生物“ゴジラ”の出現という未曾有の国難に直面した現代の日本を舞台に、全てが想定外の中でギリギリの決断を迫られる政府関係機関の緊急対応の行方と、ゴジラに立ち向かう人類の運命を、綿密なリサーチに基づくリアルなストーリー展開と迫力の戦闘アクションで描き出す。出演は「進撃の巨人」に続いての樋口監督作出演となる長谷川博己、石原さとみと「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」の竹野内豊。そのほか大杉漣、柄本明、高良健吾、余貴美子、國村隼、市川実日子はじめ実力派キャストが多数出演。

あらすじ:東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが崩落する重大事故が発生する。すぐさま総理以下、各閣僚が出席する緊急会議が開かれ、地震や火山などの原因が議論される中、内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川)は未知の巨大生物の可能性を指摘し、内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹(竹野内)をはじめ周囲は一笑に付すが、直後に巨大不明生物の姿があらわになる。
しかしその直後、実際に巨大不明生物が海上に姿を現わし、政府関係者を愕然とさせる。のちに“ゴジラ”と名付けられるその巨大不明生物は鎌倉に上陸し、逃げまどう人々などお構いなしに街を蹂躙していく。やがて政府は緊急対策本部を設置するが、対応は後手後手に。一方、米国国務省が女性エージェントのカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)を派遣するなど、世界各国も事態の推移と日本政府の対応に強い関心を示していく。そんな中、様々な思惑が交錯する関係機関をまとめ上げ、ゴジラによるこれ以上の破壊を食い止めようと奔走する矢口だったが…。

<感想>12年ぶりに日本のゴジラが帰って来た。ギャレス・エドワーズ監督が手がけたハリウッド版GODZILLAが全世界で大ヒットを飾ったのは、2014年。
ハリウッド版「GODZILLA」
確かにゴジラ映画へのオマージュに満ち、3・11を直視した原発や放射能を題材に取り上げた野心作でした。けれども米ソの原水爆投下はゴジラを滅亡させるためだったとか。最初からムートーという怪物と対決するライバルとして位置づけたという、どこか違和感が残った。そうした不満が今回の「シン・ゴジラ」で一気に吹き飛ぶことを願う。
圧倒的な人気を誇るアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親である庵野秀明の脚本・総監督のもと、驚いたのが特技監督を「進撃の巨人ATTACK ON TITAN」、後編の「進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド」を全部一人で監督した樋口真嗣が担当しています。

総勢1000人以上のスタッフ、キャスト陣には総勢328人が名を連ねており、狂言師・野村萬斎がゴジラの“モーションキャプチャ”を務めていたというのだ。“329人目のキャスト”である萬斎の一挙手一投足が、フルCGのゴジラに生命を与えており、萬斎は「日本の映画界が誇る『ゴジラ』という生物のDNAに、私が継承する650年の歴史を持つ狂言のDNAが入り、非常に嬉しく思います」とビデオメッセージを寄せた。(資料より)

それに、主要キャストが内閣官房副長官・矢口蘭堂役に長谷川博己。内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役に竹野内豊。米国大統領特使・カヨコ・アン・パタースン役に石原さとみって、「進撃の巨人」に出演していたからなのか。

その他のキャストに、内閣総理大臣には大杉連、内閣官房長官に柄本明、防衛大臣に余貴美子、内閣官房副長官秘書官に高良健吾、環境省官僚に市川実日子等々、他に320人という大掛かりなキャスト陣たち。
今回のゴジラは初代の54年版と同じで、歴代の中でもとりわけ誕生30周年記念の84年版を踏まえたうえで、日本社会とゴジラを真っ向から対峙させるという、日本で久しく姿を見ることがなかった“本家”復活への証でもあります。

これまでにない迫真性をもった恐怖として目の前に現れるゴジラ。それを現代日本の問題として描くために、徹底的に無駄を省いたシナリオにしたという庵野秀明監督。ゴジラの背びれから紫いろの放射能ビームには、つい「エヴァンゲリオン」を思い出してしまった。それにエヴァの音楽が使われているのも気になった。早く庵野秀明監督エヴァンゲリオンQの続編作ってくださいよ。お願いしますから!
ゴジラが登場して、首都東京を家屋から高層ビルまで破壊する場面と、それに対応しゴジラを倒そうとする政府を中心とした人間の行動が、絶妙のバランスを保って描かれている。家族や恋愛といった人間ドラマはほぼ切り捨てられ、ゴジラとの社会的な関係に物語は綴られる。

当然のごとく自衛隊が出動することになるが、市街地での発砲許可をめぐる首相や閣僚とのやりとりは、会議で議論して法律とすりあわせる作業の煩雑さなど、あまり見ていて面白いものでもなく長いし、子供たちは見ていて眠くなるに違いない。
それよりもゴジラをどうするのか、とかゴジラへの外部、アメリカからの武力攻撃をもっと多く見せて欲しかったような気がする。東京へ、3度めのアメリカからの原爆投下になるのかどうかが、刻々と迫ってくるのもいい。

全長118・5mという歴代随一の大きさで凶暴な面構え、歯並びも悪く、目も前足の小さいのだ。しかも赤い色が黒い皮膚の間から見えて不気味である。
その表現、造形技術や描き方はCGの進化によるところが大きいが、毎回ゴジラの造形が変わっても、連続する一つのゴジラだと、私たちが捉えるのはそれが日本に他ならないからだろう。
日本がとったゴジラを退治する方法が、第二次世界大戦の神風特攻列車作戦というもので、無人の新幹線と在来線がゴジラめがけてぶつかっていくという作戦には、ご愛敬もあるが口あんぐり状態でした。だが、長谷川たちがとったのは、消耗して眠ったゴジラに血液凝固剤を注入したらというものだった。
そんなものでゴジラを退治できるのかと、疑問???しかしタンクローリー車で凝固剤をゴジラの口から注入させるという前代未聞の作戦。ゴジラはどうなったのかって、おあとはスクリーンでご覧ください。

2016年劇場鑑賞作品・・・151映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かけがえのない人 ★★★ | トップ | ターザン:REBORN ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が...
シン・ゴジラ (Akira's VOICE)
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!
『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内豊... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『シン・ゴジラ』 脚本・総監督 : 庵野秀明監督・特技監督 : 樋口真嗣出演 : 長谷川博己竹野内豊、石原さとみ野村萬斎、他 物語・東京湾アクアトンネルが崩落...
シン・ゴジラ (あーうぃ だにぇっと)
シン・ゴジラ@ユナイテッドシネマ豊洲
劇場鑑賞「シン・ゴジラ」 (日々“是”精進! ver.F)
スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]価格:3240円(税込、送料無料) (2016/7/25時点) ...
シン・ゴジラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参!
『シン・ゴジラ』 (時間の無駄と言わないで)
樋口真嗣監督を筆頭に「進撃の巨人」のスタッフ勢揃い。 キャストも勢揃い。 そりゃ不安にもなりますがな。 でも蓋を開けたら超面白かった。 やっぱり庵野秀明を読んだのが大き ...
『シン・ゴジラ』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られて...
シン・ゴジラ (風に吹かれて)
NO! 核兵器  公式サイト http://www.shin-godzilla.jp 監督: 庵野秀明  「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 東京湾アクアトンネルで、崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議
シン・ゴジラ (勝手に映画評)
「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。 こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレー......
『シン・ゴジラ』 2016年7月29日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『シン・ゴジラ』 を鑑賞しました。 あれ、平日の昼間なのに意外と盛況(笑) サボってる人多いな... 【ストーリー】  東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での......
『シン・ゴジラ』 (こねたみっくす)
新種使徒・呉爾羅、首都襲来! この作品は怪獣映画としては素晴らしいかも知れない。ただ『ゴジラ』シリーズとしては軽すぎるうえに、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」だ。 だ......
「シン・ゴジラ」 (或る日の出来事)
ユニークでおもしろい。
シン・ゴジラ (映画好きパパの鑑賞日記)
 とにかくすごい、ここ何年かの邦画大作で最高傑作ともいえる作品。ただし、日本政府対ゴジラという点に集中しており、個人が描かれていないのっぺり感と、政治家、官僚への作り......
シン・ゴジラ (映画好きパパの鑑賞日記)
 とにかくすごい、ここ何年かの邦画大作で最高傑作ともいえる作品。ただし、日本政府対ゴジラという点に集中しており、個人が描かれていないのっぺり感と、政治家、官僚への作り......
シン・ゴジラ (みすずりんりん放送局)
 『シン・ゴジラ』を観た。  【あらすじ】  東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の......
シン・ゴジラ (花ごよみ)
脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽し......
映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しん......
シン・ゴジラ (映画と本の『たんぽぽ館』)
ニッポンの夏、ニッポンのゴジラ * * * * * * * * * * このテの作品はもう見ない、などと言いながら見てしまうというのは、 やはりこれが「ゴジラ」だから......
シン・ゴジラ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄......
シン・ゴジラ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になった......
シン・ゴジラ (そーれりぽーと)
十二年も沈黙を保っていた本家日本のゴジラ映画が、ハリウッド版の成功を受けて再始動した訳ですが、何を血迷ったのか、東宝は実写映画での成功者とは言えないアニメ畑の庵野秀明......
シン・ゴジラ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年日本 上映時間:120分 監督:庵野秀明  シン・ゴジラのシンとは、新であり、真であり、神でもあるという。まさにそのタイトル通りの映画であった。またゴジ......
シン・ゴジラ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:庵野秀明、樋口真嗣 出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、嶋田久作、古田新太、前田敦子......
「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さ...... (オールマイティにコメンテート)
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明......
[映画『シン・ゴジラ」を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きま......
シン・ゴジラ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに......
「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの......
映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決......
『シン・ゴジラ』 (beatitude)
現代の日本に巨大怪獣ゴジラが出現。パニックに陥る者、立ち向かう者。大いなる脅威に直面した人々の行方は……。(Movie Walkerより)いやいや、面白かった!!!!評価は高いけど、ゴ...
『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分か...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「こんなに目が小さい奴に二代目西川きよしを襲名させる訳にはいかん!」 五つ星評価で【★★★★★何故だか分からない。だが、面白いのだ】 ネタバレ注意 見終わっての第......
『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分か...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この次の第五形態で手足を引っ込めてジェット噴射で回転しながら空を飛びます(違) 引き続きネタバレ注意 その1では何で面白いのかに対して、 「人間パートで溜めたスト......
【映画】シン・ゴジラ (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、「のぼう......
「シン・ゴジラ」 (Con Gas, Sin Hielo)
いつか来る、決断のとき。 そもそもの興味はそれほど高いわけではなかったが、評価が予想外に高いようなので観てみようと足を運んだ。 事前に入ってきた情報は、ゴジラよりも立......
シン・ゴジラ (もののはじめblog)
国内シリーズとしては29作目となる12年ぶりの新作『シン・ゴジラ』が公開された。 突然のゴジラ宣伝を東京ドームの野球観戦時に知らされて、「シン」が冠されているので、どことな......
シン・ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
シン・ゴジラ (本と映画、ときどき日常)
監督 庵野秀明     樋口真嗣 出演 長谷川博己     竹野内豊     石原さとみ 東京にゴジラ出現! 政府はどう手を打つ? 「この映画は現場で起きているんじゃない!......
シン・ゴジラ (いやいやえん)
【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上......
映画「シン・ゴジラ」 (FREE TIME)
映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。
「シン・ゴジラ」 これってエヴァンゲリオン? (はらやんの映画徒然草)
すでに観た周りの人の間では評判がいいらしい。 しかし、個人的にはこれは「ゴジラ」
映画「シン・ゴジラ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/7/29、ユナイテッドシネマ豊洲。 10番スクリーン。H列を選択。 * 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、柄本明、余貴美子、大杉漣、平泉成 ** 東京湾で謎の水蒸......
『シン・ゴジラ』 (sweetmagicのブログ)
すご~く久しぶりに映画を映画館で観てきました。 友達がシンゴジラがある意味期待を大きく外れて面白かったというので 絶対にみたいと思いましたよ。 4Dで観たという方もいます......
シン・ゴジラ (まてぃの徒然映画+雑記)
評判が非常に高い『シン・ゴジラ』、ようやく鑑賞しました。ストーリーやら細かな解説やらはいろんなところで語られているので、感じたことを。 まず驚くのはその圧倒的なリアリ......
まさに新しきゴジラ! (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可......
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞) (いやいやえん)
【概略】 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリ......