パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 ★★.5

2014年01月28日 | アクション映画ーカ行
西島秀俊主演で司城志朗の小説「ゲノムハザード」(小学館文庫刊)を映画化した日韓合作サスペンス。記憶を失った天才科学者の文字通りの“奔走”をノンストップで描いた、スリル満点のエンタテイメントが完成した。
あらすじ:平凡な会社員・石神武人はある日、自宅で妻が殺されているのを発見する。その信じられない衝撃の最中、死んだはずの妻からの電話。そこに現れた警察を名乗る怪しい男たちによる執ような追跡。石神は事態を全く把握できないまま逃げ続け、やがて正体不明の韓国人女性記者(キム・ヒョジン)に出会う。石神は妻の死の真相を解明すべく、記者の協力をあおぎながら、命をかけた逃亡劇に身を投じていく。

<感想>甘さを拝した大人の魅力で大ブレイク中の、西島秀俊主演での理系ミステリー・アクション。「過酷な現場ほど楽しくなる」と語るM系俳優の西島らしく、マンションの屋上から脱出劇など本格的なアクションシーンを、極力スタントに頼ることなく自分の体を張って演じて見せているのに感心しました。
最愛の妻を何者かに殺された平凡な日本人男性が、真相を追求するうちに、実は遺伝子研究をしていた韓国人科学者だったという驚愕の過去が甦り始めるという、予測不可能なストーリーになっている。

「美しき獣」のキム・ソンス監督ら韓国人スタッフによる、日本映画とはひと味違う乾いたタッチの、ハードなアクションシーンが見どころです。「俺の記憶は5日後にすべて消える」と、42歳の西島、魅力満載の逃亡劇、韓国人のオ・ジヌと石神武人の二役を演じる彼は、アクション俳優として覚醒か?・・・。カーチェイスも見ものですよ。

石神を取り巻く2人の女性には、「誰にでも秘密がある」などで知られるキム・ヒョジンが、フリーライターとして記憶喪失の西島を助ける役を、「さよなら渓谷」「そして父になる」の真木よう子が石神の妻役を演じている。そして、研究所の博士佐藤に、伊武雅刀が扮してオ・ジヌが研究していた不老不死薬(アルツハイマーのワクチン)とファイルが欲しくて、ゲノム薬品会社の社長と結託してオ・ジヌを殺そうとする。
日本人の石神は、たまたま伊武雅刀が運転していた車に轢かれて、研究所に運び込まれ、そこへオ・ジヌが入って来て、研究のワクチンを投与され記憶を石神にすり替えられたのだ。本当の石神は、別人の日本人である。

イランの鬼才アミール・ナデリ監督作「CUT」でも、ボコボコに殴られ肉体を限界まで追いつめた西島だったが、本作ではとにかく走りまくり韓国人のニセ警官の悪人から逃げ回ります。記憶も曖昧で状況も分かってない男が、殺し屋たちに追い掛けられて逃げ切れるわけがない。

記憶をぐしゃぐしゃにされた人物に扮しているとはいえ、西島が繰り出す演技のテンションが半端じゃなく高く、男くさいムードでムキムキの体を見せてしまったら、普通の男という設定なのに、ちょっとアンバランスなところが引っかかる。
冒頭で目の前の妻の死体を見て驚き、そこへ妻からの電話がかかってくる。「実家に帰ってます」と言うのだ。じゃぁ、目の前の女は妻じゃないのか?・・・、このシーンは奇抜で面白いのに、謎めいた人物が次々と登場して、誰がみても警察だという黒服のいかつい男たち、日本人刑事を装うのに、日本語がヨレヨレ過ぎる韓国人キャラ。ニセ警官というのは一目瞭然なのに。

オ・ジヌの奥さんはいったい誰に殺されたのか?・・・これが最後に明かされるのですが、妻は殺されたのではなく、揉みあっている内に突発的な事故で、後頭部を打って死亡したもの。犯人というか、西島が部屋へ入って来た妻の死体を発見した時に、犯人はベランダに隠れていた意外な人です。それに、妻の死体は動かされて、2度目にその部屋に行くと妻の死体はなかった。
ですから、途中からストーリーに付いていけなくて、デザイナーの石神と、韓国人のオ・ジヌが同一人物というのは、理屈としては理解できます。ですが、記憶を上書きするメカニズムが、目に見えないので映画向きのテーマとしては、不向きなような気がした。理解できる人には面白いのでしょうがね。
西島が演じているのは、本当は韓国人の科学者オ・ジヌなのに、観ていると石神の記憶を植え付けられた男、オ・ジヌなのだ。そこがどうみても石神に見えてくる。本当の石神は交通事故死してこの世にいないのに。そのことがしっかりと見えてくるところまでは、西島演じている逃亡者の石神なのだ。

しかし、石神とオ・ジヌは似ても似つかないまったく違う人物。記憶の混濁という設定だったり、ということも関係あるのかもしれないが、細部まで詰められた部分と、ビックリするほど雑な部分とが混在していて、どうにも落ち着かないのも残念。
それと、警察に駆け込まずに、主人公を助けようとする韓国人の女性記者が、特ダネのために主人公の逃亡の手助けをする設定にも無理があり、西島さんの熱演がもったいないですから。
カーアクションや研究施設などのしっかりした撮影なのに、妻との思い出など、ドラマパートの安っぽさの落差にがっかりです。
2014年劇場鑑賞作品・・・21  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オンリー・ゴッド ★★★ | トップ | セブン・サイコパス ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』観てきた (よくばりアンテナ)
ある日、イラストレーターの石神武人は帰宅すると 部屋がキャンドルだらけになっていて、 妻が倒れていた。そこへ電話がかかってきて妻から「実家にいる」と告げられる。 混乱する石神の目の前に警察を騙る男たちが現れ・・・・。 詳しくは公式HPへ 次々に...
「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 ミステリーとしての振りは魅力的 (はらやんの映画徒然草)
イラストレーター石神武人はある日、自宅に帰ったとき、そこに自分の妻の死体を発見す
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (勝手に映画評)
この手の作品は、荒唐無稽な話の場合が多いんですが、これはそうでもありません。ちょっと導入部分が判りにくいですが、一度話に入ってしまえば、中々スリリングな展開にびっくりさせられます。逆に言えば、そこをもう少し丁寧に作って欲しかった気もします。 でも、後か...
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間/西島秀俊 (カノンな日々)
第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞に輝いた司城志朗さんの同名小説を西島秀俊さんの主演で『美しき野獣』のキム・ソンス監督が映画化したサスペンス・アクション・ムービー ...
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月26日(日) 16:30~ TOHOシネマズ川崎7 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 韓国人悪役部隊は何だったのか 『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』公式サイト 原作ありのサスペンス。原作は読んだことがない。 少々入り組んでいる設定...
「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」☆巧みな展開 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
はじめから犯人顔だけに犯人が解ったとしても・・・・・その裏に何か企みがあるのがありありと解っていても。 尚、これだけ面白いというのは、やはりサントリーミステリー大賞受賞作品の原作の力強さか。 はたまた鬼気迫る演技が突出している主人公演じる西島秀俊あって...
劇場鑑賞「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
“記憶”の真相は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401240001/ 【送料無料】ゲノムハザード [ 司城志朗 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト [ NICO Touches the...
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/01/24公開 韓国/日本 120分監督:キム・ソンス出演:西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子、浜田学、中村ゆり、パク・トンハ、イ・ギョンヨン、伊武雅刀 彼は記憶を上書きされた。 誰もが僕を騙している――! [Story]ある日、石神(西島秀俊)は自宅で殺害され...
『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』('14初鑑賞10・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:15の回を鑑賞。
ゲノムハザード~ある天才科学者の5日間~ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。西島さん主演の邦画とばかり思っていました。デザイン会社に勤務する石神武人は、ある日帰宅し自宅リビンングで妻が死んでいるのを発見。しかし突然鳴った電話の声は傍らで死んでる妻の声。状況が分からない石神のもとに警察を騙る2人の男が現れるが、...
「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 (ここなつ映画レビュー)
面白いとは限らないよ、いやぶっちゃけもしかしてつまんないかも、だよ、と予め布石を打ちつつ…誰に対しての布石?いや同行を依頼した息子に対してと自分に対して…原作未読のまま鑑賞。日韓合作は互いのいいところが打ち消される不思議がこれまでの常だったし、まあ誰に...
『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」□監督・脚本 キム・ソンス □原作 司城志朗 □キャスト 西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子、浜田 学、中村ゆり       パク・トンハ、イ・ギョンヨン、伊武雅刀 ■鑑賞日 1月2...
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (とりあえず、コメントです)
司城志朗著の同名小説をキム・ソンス監督&西島秀俊主演で描いたサスペンスです。 予告編を観て、5日間の謎って何だろうと気になっていました。 主人公を取り巻く謎の数々に、こんなことが起きたら怖いなあと思うような物語でした。
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
予告編観てなければ、もっと楽しめたかも。
『ゲノム・ハザード』 2014年10本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『ゲノム・ハザード』 2014年10本目 ☆☆☆ チネ・ラヴィータ 「記憶」を扱ったミステリー。 自分の記憶が曖昧になる男が主人公。 自宅に帰ると妻の死体が。 なのに妻から電 ...
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 (いやいやえん)
スーツ着てたらわからないけど、西島秀俊さんのムキムキの上腕筋が凄いー。監督は韓国のキム・ソンス氏。 韓国映画のサスペンスフルな展開を日本人俳優が演じてくれるのかと思ったら…いや、そうなんですよ、そういうことになっているんですよ。でも、なんか違うんだ...