パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

グランド・ブダペスト・ホテル ★★★★★

2014年06月08日 | アクション映画ーカ行
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。主演のレイフ・ファインズをはじめ、エドワード・ノートン、エイドリアン・ブロディ、ジュード・ロウなど豪華キャストがそろう。

<感想>ウェス・アンダーソンの映画といえば、カラフルでちょっとキッチュでこの上なくせつなくて、心の奥に大切に閉まっておきたくなるようなものが多い。批評家が絶賛するのみならず、彼の作品の中でも最高の興行成績を記録する勢いの新たなるブレイク作品だと思う。
淡いピンクを基調とした映画は、洋菓子のパッケージのような優雅さで、思わずペロリと舐めたくなってしまう。ですが、その目に美味しい映像の中で展開される物語は、これまでにないドキドキのスリラーでもあり、パンチの効いたコメディでもある。

俳優さんの中では、特殊メイクで80代の老婆に扮したティルダ・スウィントンの演技力、「スノーピアサー」でも凄かったですよね。後は、ウィレム・デフォーの殺し屋、黒いレザーに身を包みバイクに乗って悪役を演じているのが気に入りました。

そして、アンダーソンのマジックが随所に散りばめられた、中でもとりわけ遊び心が強く、刑務所の中のレイフ・ファインズが脱獄を企てるところとか、リズム感がよくてヌケがいい。それでいて、ホラーのようなちょん切られた生首が出てきたり、指がぽろっと切れ落ちたり、ギョッとするシーンもあって、ダーク・ファンタジー的な要素も大好きです。

舞台となるのは、ヨーロッパ大陸の東端、旧ズブロフカ共和国の山の上の温泉地、もちろん架空の場所で、かつて栄華を誇ったグランド・ブダペスト・ホテルである。1968年、今はさびれたホテルのオーナー、ゼロは宿泊客の温泉旅行へ来た作家(ジュード・ロウ)に、過去を語り始める。

時は第二次世界大戦開戦の迫った1932年。名物コンシェルジュのグスタヴ・H(レイフ・ファインズ)が、ホテルの上客で愛人でもあったマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺されたことでばく大な遺産争いに巻き込まれてしまう。その成り行きを見守るのが、グスタヴにベルボーイとして雇われ、親子のような縁を築くゼロ(トニー・レヴォロリ)だった。

駆け付けたグスタヴには、マダムの遺言により貴重な「少年と林檎」の絵画を譲り受けることになるが、それに納得できない息子のドミトリー(エイドリアン・フロディ)に殴られてしまう。怒ったグスタヴはこっそりと絵画を盗んで持ち帰ることに。だが、ドミトリーにマダムD殺しの犯人にでっち上げられ、ホテルのバックヤード(壁金庫)に絵画を隠した直後、ヘンケルス(エドワード・ノートン)に逮捕されてしまう。だが刑務所の中でも持ち前のおもてなし精神で、牢名主的な囚人の懐に入り込み、囚人仲間と力を合わせて脱獄。出迎えに来たゼロと合流する。

事件後なぜか行方不明となっていたマダムの執事(マチューテ・アマルリック)と弁護士のコヴァックス(ジェフ・ゴールドブラム)は無惨にも殺されていた。グスタヴはゼロと共にヨーロッパ各地を逃避行しながら、コンシェルジュの秘密結社の協力を得て事件解明に挑むのです。そして真犯人の魔の手と警察の捜査網がグスタヴの間近に迫っていた。

アール・ヌーヴォーに東欧的な厳めしさを加えた万華鏡のような装飾美に加えて、常連俳優のエイドリアン・フロディ、エドワード・ノートン、ティルダ・スウィントン、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソンらと、新参組のレイフ・ファインズにシアーシャ・ローナン、マチューテ・アマルリック、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、レア・セドゥ、トム・ウィルキンソン、という面々が揃っています。
中でも、F・マーレイ・エイブラハムが、それぞれ物語の語り部である「若き日の作家」と「老人のゼロ」に扮して、映画に荘厳さを与えているのが印象的です。
これだけ登場人物が多いので、あらあら見たことのアル俳優さんに、この人もあの人もと目が少々ついていけないところもありますが、とにかく物語は難しくないし面白いので、これは世界観を楽しんで欲しい作品ですね。
大勢の有名俳優が交ざった、贅沢なキャストによる3つの時代にまたがるファンタスティックな物語が、ヨーロッパの階級社会をロマンチックに、しかも笑いたっぷりで皮肉っていて、そして心が痛くなるような悲しみも湛える本作は、幻想的とも復讐劇とも言える壮大なスケールで、スリリングな展開を軸にしつつ観る者を魅了させてくれるのが最高でした。
2014年劇場鑑賞作品・・・209 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

ダージリン急行
ムーンライズ・キングダム
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野のなななのか ★★★.5 | トップ | ポンペイ ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グランド・ブダペスト・ホテル / The Grand Budapest Hotel (勝手に映画評)
高級ホテルのコンシェルジュと、その弟子(?)のベルボーイの繰り広げる、殺人犯の濡れ衣を晴らすための冒険譚。ちょっと不思議な感じのする映画です。 過去(1930年代)、若かりし頃(1960年代)、そして今と、スクリーン上の映像サイズ(アスペクト比)が異なっています....
グランド・ブダペスト・ホテル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 作品キャラ、アイテムすべて手元に置いておきたい衝動に駆られる(笑)
映画:グランド・ブダペスト・ホテル The Grand Budapest Hotel オールスターキャストで魅了する謎めく物語 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ウェス・アンダーソンの新作。 当ブログ的には、実はちょっと苦手な監督(笑) 彼独特の美学に基づいて、徹底的に展開される緻密な画面構成。 ストーリーも一筋縄じゃいかない、自虐的な展開が多い。 趣味に走りすぎているキライがあると、いつも感じる(笑) さて今....
『グランド・ブダペスト・ホテル』 2014年5月4日 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『グランド・ブダペスト・ホテル』 を試写会で鑑賞しました。 ウェス・アンダーソン監督の作品は2本目ですが、2本とも寝落ち 相性が悪いのか、つまらないのか、、、合う合わないってありますね。。。 前回は、『ムーンライズ・キングダム』 【ストーリー】  1932年、...
劇場鑑賞「グランド・ブダペスト・ホテル」 (日々“是”精進! ver.F)
コンシェルジュとロビーボーイの、深い絆… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406060000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「グランド・ブダペスト・ホテル」オリジナル・サウンド...価格:2,571円(税込、送料...
グランド・ブダペスト・ホテル/THE GRAND BUDAPEST HOTEL (我想一個人映画美的女人blog)
6月6日より公開 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行」「ムーンライズ・キングダム」などの ウェス・アンダーソン監督最新作 ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)受賞作 楽しみにしてました〜 試写にて鑑賞 いつもながらに、...
「グランド・ブタペストホテル」☆おもちゃ箱みたいな映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、お皿いっぱい積み上げたマカロンがコロコロと転がっていくような、そんな可愛くて茶目っ気たっぷりな映画。 主役級の俳優たちもてんこ盛りで、遊び心いっぱい、楽しさいっぱい、贅沢な作品だ。
グランド・ブタペストホテル (映画好きパパの鑑賞日記)
 ウェス・アンダーソン監督が豪華キャストで描く、人を食ったようなコメディミステリー。ヨーロッパ映画らしい小粋でおしゃれな描写となんともいえないブラックな部分が同居しています。万人にお勧めというわけでもないですが、この手の作品が好きな人にはたまらないでし...
グランド・ブダペスト・ホテル (はるみのひとり言)
試写会で観ました。ある作家が若き日に訪れたホテルで、オーナーから聴いたホテルにまつわるお話を語るみたいなストーリーです。1960年代、作家のジュードさんは休暇に訪れたグランド・ブダペスト・ホテルで、オーナーのゼロ・ムスタファさんに出会います。かつての栄華を...
【 グランド・ブダペスト・ホテル 】ピンクの箱庭とモノクロの現実 (映画@見取り八段)
グランド・ブダペスト・ホテル〜 THE GRAND BUDAPEST HOTEL 〜        監督: ウェス・アンダーソン    出演: レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・...
『グランド・ブタペスト・ホテル』 (時間の無駄と言わないで)
ホテルが舞台で、レイフ・ファインズのコンシェルジュが主人公で、豪華キャストの色んな宿泊客がいて・・・、って映画だと思ってた。 そしたら全然違った。 まさかオッサンと少年 ...
グランド・ブダペスト・ホテル (だらだら無気力ブログ!)
独特な世界観の中で繰り広げられる物語が面白くて楽しい。
ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル (THE GRAND BUDAPEST HOTEL)』レターヘッドなどのデザイン周りからアスペク... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『グランド・ブダペスト・ホテル』(THE GRAND BUDAPEST HOTEL)ウェス・アンダーソン監督出演者: レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、他(多すぎて多すぎ
グランド・ブタペスト・ホテル  監督/ ウェス・アンダーソン (西京極 紫の館)
【出演】  レイフ・ファインズ  F・マーレイ・エイブラハム  エドワード・ノートン  シアーシャ・ローナン  トニー・レヴォロリ 【ストーリー】 1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルを仕切る名コンシェルジュのグスタヴ・Hは、究極のおもてなしを信条...
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「グランド・ブダペスト・ホテル」 □監督・脚本 ウェス・アンダーソン□キャスト レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、       エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴール...
グランド・ブタペスト・ホテル (映画的・絵画的・音楽的)
 『グランド・ブダペスト・ホテル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作を制作したウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』などが良かったこともあって(注1)、映画館に行ってきました。  ただ、前宣伝が行き届いていたせいなのでしょうか、ほぼ満席で....
グランド・ブダペスト・ホテル (心のままに映画の風景)
1932年、東ヨーロッパにある架空の国。 超高級ホテル「グランド・ブダペスト・ホテル」は、完璧なおもてなしで評判の“伝説のコンシェルジュ”ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)目当てのエレガントな客で溢れかえっていた。 ベルボーイ見習いとして働くこ...
「グランド・ブダペスト・ホテル」:キレイな色の眼福世界 (大江戸時夫の東京温度)
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン的世界の集大成とも呼
グランド・ブダペスト・ホテル (こんな映画見ました〜)
『グランド・ブダペスト・ホテル 』---THE GRAND BUDAPEST HOTEL---2013年(イギリス/ドイツ)監督:ウェス・アンダーソン 出演:レイフ・ファインズ、 F・マーレイ・エイブラハム、 エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック、 シアーシャ・ローナン ....
グランド・ブタペスト・ホテル (迷宮映画館)
面白かった〜。
「グランド・ブダペスト・ホテル」 (ここなつ映画レビュー)
本当に面白かった!面白くて面白くて終わって欲しくない位。いや、続編が欲しいとかいう意味ではなくて。この世界観にもう少し浸っていたいな、という感じ。美味なるお菓子の小箱を開けて味わっているあの至福の時。そう、正にMENDLSのお菓子のような。今思うと、ゴージャ...
グランド・ブダペスト・ホテル (とりあえず、コメントです)
ウェス・アンダーソン監督が東ヨーロッパにある架空の国を舞台に描いたコミカルなミステリーです。 予告編を観て、格式あるホテルのコンシェルジュたちがどんな冒険を繰り広げるのだろうと気になっていました。 絵本のように美しく可愛いホテルと街並みにワクワクさせられ...
「グランド・ブタペスト・ホテル」 失われたものへの郷愁 (はらやんの映画徒然草)
実はウェス・アンダーソンの作品を観るのはこの作品が初めて。 予告で豪華キャストで
伝説のコンシェルジュ〜『グランド・ブダペスト・ホテル』 (真紅のthinkingdays)
 THE GRAND BUDAPEST HOTEL  1968年、若き日の作家(ジュード・ロウ)が投宿したのは、かつて栄華を誇 ったホテル、サ・グランド・ブダペスト。オーナーのゼロ・ムスタファ(F・マーレ イ・エイブラハム)とロビーに居合わせた作家は、ムスタファと夕...
グランド・ブダペスト・ホテル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
シネコンのポイントが無料で1本観られるまで貯まり ましたので、ウェス・アンダーソン監督の新作で 豪華キャストが共演するミステリー作『グランド・ ブダペスト・ホテル』を観てみることにしました。 グランド・ブダペスト・ホテル 原題:THE GRAND BUDAPEST HOTEL ...
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (こねたみっくす)
いざ、ヨーロッパ旅行へ。 これまでのウェス・アンダーソン監督作品と比べるとファミリーという中核部分が少々物足りないものの、御伽話をより強調したような世界観とシリアスで ...
ドールハウスのなかでコビトがドタバタしてるみたいな映画。(え)〜「グランド・ブダペスト・ホテル」〜 (ペパーミントの魔術師)
グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-11-12by G-Tools さて、またまたガラッとかわって、これが寝込んでたときにみた3本目の作品。GyaOにて鑑賞。 は〜やっとレビューがおいついてきた....
W・アンダーソン的 ホテル (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「グランド・ブダペスト・ホテル」を鑑賞しました。 1932年 高級ホテル グランド・ブダペスト・ホテルの名コンシェルジュのグスタヴは究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。 ある夜 マダムDが殺されたことで遺産争いに巻き込....
W・アンダーソン的 ホテル (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「グランド・ブダペスト・ホテル」を鑑賞しました。 1932年 高級ホテル グランド・ブダペスト・ホテルの名コンシェルジュのグスタヴは究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。 ある夜 マダムDが殺されたことで遺産争いに巻き込....
グランド・ブダペスト・ホテル (いやいやえん)
【概略】 格式高いホテルに勤める伝説のコンシェルジュが、伯爵夫人の死と絵画をめぐる連続殺人事件の謎に秘密結社のネットワークを駆使して挑む。 コメディ ウェス・アンダーソン監督だから案の定キッチュでお洒落で独特のカラーリングに箱庭感だった。綿密に...
映画評「グランド・ブダペスト・ホテル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年イギリス=ドイツ=アメリカ合作映画 監督ウェス・アンダースン ネタバレあり
グランド・ブダペスト・ホテル (The Grand Budapest Hotel) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウェス・アンダーソン 主演 レイフ・ファインズ 2014年 アメリカ/ドイツ/イギリス映画 99分 コメディ 採点★★★★ 結婚前の女房と旅行中に「日帰り入浴でもすっぺ!」と立ち寄った、岩手県から秋田県へと向かう道中にあったリゾートホテル。見渡す限り何...
「グランド・ブダペスト・ホテル」 (或る日の出来事)
どうも好きじゃない雰囲気。
グランド・ブダペスト・ホテル (銀幕大帝α)
THE GRAND BUDAPEST HOTEL 2013年 イギリス/ドイツ 100分 コメディ/ミステリー 劇場公開(2014/06/06) 監督: ウェス・アンダーソン 製作: ウェス・アンダーソン 原案: ウェス・アンダーソン 脚本: ウェス・アンダーソン 出演: レイフ・ファインズ:ム...
グランド・ブダペスト・ホテル (Akira's VOICE)
終盤が駆け足。
「グランド・ブタペスト・ホテル」(2014年、... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「グランド・ブダペスト・ホテル」(原題:TheGrandBudapestHotel)は、ドイツ・イギリス合作のコメディ&ドラマ映画です。ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で、仮想の国...