パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

モアナと伝説の海★★★・8

2017年03月12日 | アクション映画ーマ行
「リトル・マーメイド」「アラジン」のジョン・マスカー&ロン・クレメンツ監督が、海に選ばれた少女モアナを主人公に描く冒険ファンタジー・ミュージカル・アニメーション。海と運命的な絆で結ばれたヒロインが、世界を救うために伝説の英雄とともに大海原を舞台に繰り広げる大冒険を描く。声の出演はヒロインのモアナ役にオーディションで選ばれたハワイ出身の新星、アウリイ・クラヴァーリョ、伝説の英雄マウイ役にドウェイン・ジョンソン。
あらすじ:神秘的な伝説が息づく南海の楽園、モツゥヌイ島。16歳の少女モアナは、幼い頃のある体験がきっかけで海と特別な絆で結ばれていた。島では外洋に出ることが固く禁じられていたが、好奇心旺盛なモアナは、いつか外の海を見てみたいとの思いを募らせていた。そんな中、島で不穏な出来事が起こり始める。それは、かつて半神半人のマウイが命の女神テ・フィティの“心”を盗んだために生まれたという暗黒の闇が、島にも迫っていることを示していた。モアナは祖母タラに背中を押され、伝説の英雄マウイを見つけ出し、テ・フィティに“心”を返すために大海原へと飛び出していくのだったが…。

<感想>吹き替え版で見ました。「アナと雪の女王」に続けとばかりにファンタジー・ミュージカルアニメーションです。半神半人の英雄マウイの手により、世界を創造した命の女神テ・フィティの「心」が盗まれ、1000年間で、海と島々はジワジワと滅亡への道を辿っていく。

物語が今度は南の島、正義感の強い16歳の少女、モアナは島のリーダーとして期待され、父親からサンゴ礁の外へは出ないように禁じられて育った彼女が、作物が相次いで枯れる事態が。

それに魚も獲れなくなり、海と特別な絆で結ばれたモアナが、祖母の言葉に背中を押されて、勇気を奮い起こしてニワトリのヘイヘイをお供に、大海原へと旅立つ。彼女は、行く先々での困難にくじけながらも立ち向かい、強く成長していく。

旅の途中で出会うマウイという、風と海を司る屈強な半神半人が、自身の持つ「神の釣り針」でテ・フィティの心を釣り上げた。「心」を失ったテ・フィティの島々は崩れ、この世に初めて「闇」が訪れた。変身能力に秀でており、テ・フィティの「心」を盗んだ張本人です。強気に見えるが人格を持った彼の分身のタトゥーが、マウイの本心を表している。

モアナが持っている祖母からもらった、渦巻きの模様がある緑色のテ・フィティの「心」と、マウイの「神の釣り針」で、行く手を海賊カカモラの群が阻むも難なくクリア。

タマトアという蟹のような甲羅がダイヤモンドでピッカピカ、デヴィッド・ボウイをイメージした歌にも注目です。そして、一見ユーモラスでも、実は手ごわい敵ばかり。見た目はココナッツでできた鎧を身に着けとても愛らしいが、欲しいものを手に入れるためなら容赦なく襲って来る。

もっとも恐ろしいのが大地と炎の悪魔「テ・カァ」であります。これもモアナとマウイが力を合わせて戦います。ですが、まったくもって二人には歯が立たず、心も折れてマウイが引き上げて去ってしまうのですから。

ここからがどうしたものかと、観客も固唾を飲んで見守るしかない。モアナよ頑張れ、そこへ大きなエイが現れて、そうお婆ちゃんの仮の姿ですね。海の神様のように、モアナを守ってくれる祖母の姿を見て元気が出るモアナ。モアナの力って凄い。あの「10戒」で見た、モーゼが杖で地面を叩き、海が二つに割れてド真ん中に道ができるってやつ、ここでもあるんですからびっくり。

一人で勇敢にも炎の悪魔「テ・カァ」に向かって行くモアナ、そこへマウイが戻って来てくれてテ・フィティの島へとたどり着くのだが、心を返す場所が見当たらないのです。探すうちに悪魔の「テ・カァ」の胸の当たりが渦巻状になっているのを見つけるんです。
良かったですね、これで、悪魔の「テ・カァ」が心を取り戻してテ・フィティの元の姿、緑色した大きな島に戻るのですから。

名作「リトル・マーメイド」のジョン・マスカー&ロン・クレメンツがメガホンをとった愛溢れるストーリーは、普通の人間性やヒロイズムをベースにしており、どんな世代にも受け入れられるようになっている。
それに、モアナとマウイの冒険を彩る大海原、特に夜の満点の星が素晴らしいですから。その描写はアニメーションとは思えないほど緻密で美しかった。特に感情を持った海の描写は、まるで生き物のようで驚かされましたね。これって、観ていてなぜか宮崎駿の「崖の上のポニョ(2008)」を思い出してしまったのですが。
それに、ミュージカル仕立てなので、聴いていると「アナと雪の女王」みたいな、身も心も動きだしそうなくらいに、いつまでも耳に残っているのも良かった。

2017年劇場鑑賞作品・・・55アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しあわせへのまわり道★★★ | トップ | チア☆ダン ~女子高生がチア... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
モアナと伝説の海 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 劇中会話でモアナは8歳児???「え~、うそ」だったが
劇場鑑賞「モアナと伝説の海」 (日々“是”精進! ver.F)
海に選ばれし少女の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201703100000/ モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<英語版> [ (オリジナル・サ......
映画「モアナと伝説の海(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『モアナと伝説の海(字幕版)』(公式)を 3/10 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリ......
[映画『モアナと伝説の海』を観たよ] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「More Ana!」ちゅうことで「モアナと海の女王」です^^ 氷の次は水です^^ 面白かったです。 私は『アナと雪の女王』は都合3回 映画館で観たけど、その爆発的な人気......
『モアナと伝説の海(Moana)』ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー監督、(Voice Cast) アウリイ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『モアナと伝説の海』Moana監督 : ロン・クレメンツジョン・マスカーVoice Cast : アウリイ・クラヴァーリョドウェイン・ジョンソンレイチェル・ハウステムエラ・モリソンニコール・シャ......
モアナと伝説の海 (♪HAVE A NICE DAY♪)
最近は作品によっては 金曜日が初日って多くなってきて嬉しい いや~~~またまたディズニー映画を楽しめた! 今回のヒロイン、プリンセスは南国の海に選ばれたモアナ かっこよ......
「モアナと伝説の海」☆海の爽やかさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
基本的にはディズニーアニメは観るつもりが無かったのだけど、前作のアナ雪が事のほか良かったのに、すっかり出遅れちゃったこともあって、今回は早めに鑑賞。 ラストは思わず大......
『モアナと伝説の海』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
命の女神テ・フィティの<心>には偉大な力が宿っていたが、半神マウイによって奪われ、暗黒の闇が生まれた。だが闇がすべてを覆い尽くす前にテ・フィティに<心>を返せば、世界......
モアナと伝説の海・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ海は、彼女を選んだのか? ディズニーの第二黄金時代を代表する「リトル・マーメイド」「アラジン」から「プリンセスと魔法のキス」に至る、手描きアニメーション時代の多......
モアナと伝説の海(吹き替え版) (映画好きパパの鑑賞日記)
 ここのところのディズニーアニメは外れ無し。女性を主人公に、リスクをとって新しい道へ踏み出すことの重要さを訴えています。アニメーションも素晴らしく、手放しで楽しめる作......
『モアナと伝説の海(吹替版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「モアナと伝説の海」□監督 ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ□脚本 ジャレッド・ブッシュ□キャスト(声) 屋比久知奈、夏木マリ、尾上松......
モアナと伝説の海 (そーれりぽーと)
前作の『アナ雪』で散々ハードルが上がってしまったディズニープリンセス映画の最新作、『モアナと伝説の海』を観てきました。 ★★★★ 個人的には、大好きな海!海の描写の美し......