パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

夜は短し歩けよ乙女★★★・5

2017年04月19日 | アクション映画ーヤ行
第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の小説をアニメ映画化。京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描く。主人公の声を、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が担当。監督の湯浅政明をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結する。
あらすじ:クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。

<感想>京都を舞台にした、一夜のほろ酔い気分な青春幻想譚。お酒を愛する好奇心旺盛で少し天然であり、瞬く間に周囲を巻き込む黒髪の乙女と、彼女に恋する絶妙にダメ男な先輩。この作品の世界は、主人公は“先輩”じゃなくて彼女を中心に回ります。

“黒髪の乙女”に想いをよせる“先輩”は、彼女とお近づきになるべく「ナカメ作戦」いわゆる(なるべく彼女の目にとまる)を実行していますが、「偽の電気ブラン」や「ラ・タ・タ・タム」などに心を奪われている“乙女”は、中々振り向いてくれません。

夜の先斗町を、下鴨の古本屋を、学園祭の人込みの中を迷わず歩む“乙女”と、それを追う“先輩”。風変わりな人々と共に夜を駆ける彼らの爽快な青春模様に、ときめかずにはいられないのですから。

森見登美彦の原作小説を、湯浅政明監督ら「四畳半神話大系」チームが、劇場アニメ化したこの作品。森見作品とアニメの相性の良さは「四畳半」などで証明ずみではありますが、本作もまたアニメになることで、、水を得た魚のように生き生きとするお話でありました。

“乙女”と“先輩”が交互に語り手を務める原作は、彼ららしい言葉が小気味よく連なることで、その性格や摩訶不思議な出来事への想像を掻き立てましたが、劇場版で明らかにしたのは、彼らのその「テンポ」です。しこたまお酒を呑み、へべれけな人々と夜の街を歩く“乙女”のテンポなんですね。「偏屈王」役を奪いとるために爆走する“先輩”のテンポと。

それらはある意味で、言葉以上に彼らの心情を知り手掛かりとなりました。そして、「声」もやはり同様の役割を果たしています。
黒髪の乙女の花澤香菜の愛らしく抜けの良い声は、“乙女”のまっすぐさを裏づけていますし、“先輩”の星野源はさすがに偏屈だけど、ピュアな男に命を吹き込む天才、“先輩”へのヘタレな」部分を、上ずったり震えたりしながら、完璧に表現していましたね。

他にも「詭弁踊り」や「偏屈王」のミュージカルなど、映画ならではの見どころを上げたらきりがありません。
とにかくも、奇妙奇天烈でちょいと粋な夜の住人から、物の怪の類までもが入り乱れる摩訶不思議な物語が、ポップアートのような大正ロマンといった形で、カラフルなアニメーションで綴られていきます。
2017年劇場鑑賞作品・・・85アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ReLIFE リライフ★★★ | トップ | バーフバリ 伝説誕生★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
夜は短し歩けよ乙女 (映画と本の『たんぽぽ館』)
森見ワールドの体現 * * * * * * * * * * 私がはじめて森見登美彦さんを読んで、 すっかりファンになってしまった本作。 しかも星野源さんが“先輩” の声と......
『夜は短し歩けよ乙女』 (beatitude)
クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”(声:星野源)は、“なるべく”“彼女の”“目にとまる”の頭文字を取った“ナカメ作戦......
「夜は短し歩けよ乙女」:ミュージカルとしての価値 (大江戸時夫の東京温度)
映画『夜は短し歩けよ乙女』は、かなりユニークなルックのアニメーション。その感覚と
"こうして出逢ったのも、何かのご縁"『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦原作、湯浅政明監...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、原作、ラストに触れています。『夜は短し歩けよ乙女』原作 : 森見登美彦監督 : 湯浅政明Voice Cast : 星野源花澤香菜、神谷浩史秋山竜次(ロバート)中井和哉、甲斐田裕子......
ショートレビュー「夜は短し歩けよ乙女・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
京都幻想怪異恋愛冒険譚。 劇場用長編アニメーションとしては、「MIND GAMEマインド・ゲーム」以来13年ぶりとなる湯浅政明監督作品は、期待に違わぬ独創の快作だ。 原作は、森見登......
17-141「夜は短し歩けよ乙女」(日本) (CINECHANが観た映画について)
なるべく彼女の目にとまる  京都の大学で冴えない日々を送る青年“先輩”。サークルの後輩である“黒髪の乙女”に秘かな想いを寄せながらも直接伝えることもできず、妙な理屈を......
夜は短し歩けよ乙女 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『夜は短し歩けよ乙女』を、渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)評判が良さそうなので、映画館に行ってきました。   本作(注1)は、京都の大学の学生(本作では「先輩」と......
不思議ワールド。楽しい♪~「夜は短し歩けよ乙女」~ (ペバーミントの魔術師)
なるべく彼女の目に止まることで気を引こうと一生懸命外堀は埋めようとするのだが一向に外堀だけで空回りばかりするどうしようもなくさえない先輩とどこまでも天然でかわいくてめ......