パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

モンスターズ・ユニバーシティ ★★★.5

2013年07月09日 | アクション映画ーア行
ピクサー・アニメーションの人気作「モンスターズ・インク」(2001)の12年ぶりとなるシリーズ第2作。学生時代のサリーとマイクがいかにして出会い、怖がらせ屋のコンビを結成することになったのかを描く。幼い頃から怖がらせ屋になることを夢見ていたマイクは、努力の果てに難関を突破し、モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に入学。しかし、怖がらせ屋になるには、見た目がかわいすぎるという致命的な欠点に悩まされる日々を送る。そんなある時、マイクは、名家の出身で怖がらせの才能にあふれたサリーと出会う。マイクはサリーをライバル視するが、自信に充ち溢れたサリーはマイクを見向きもしない。夢をあきらめないマイクは、「最恐の怖がらせ屋」を決める怖がらせ大会に出場するが……。

<感想>人間を怖がらせることを仕事にするモンスターと、人間の少女に芽生える絆を描いて涙と笑いを誘い、世界中でヒットした「モンスターズ・インク」。12年ぶりの第2作は、一つ目モンスターのマイクと、青毛ふさふさの牛の角を持つ巨体サリーの、最恐コンビの誕生を描く青春ドラマです。
タイトルどおり、舞台は彼らの学生時代。名門モンスターズ・ユニバーシティの“怖がらせ学部”に入学したマイクとサリーは、第一印象が最悪の出会いとモンスター界を揺るがす大事件を経て、深い友情で結ばれていく話。
監督は前作のピート・ドクターから、「カーズ」他の脚本に参加し本作が長編アニメ・デビュー作となるダン・スキャンロンに交代。お馴染みのキャラの若いころの造形も可愛らしく、前作同様アクション・シーンもたっぷりと盛り込まれている。
前作を見たのは12年前、すっかり内容も忘れてしまっていた。モンスター大学「怖がらせ学部」の1年生、マイクの悩みは体が小さいこともあって誰も怖がってくれない点。そうそう、彼を使ったマクドナルドのポスター、かわいかったっけ。

彼に限らずモンスター学生はみんなどこかキュートで、正直な話、怖いのなんかいない。彼らに出会った子供たちの悲鳴が、モンスターたちのエネルギー源になるらしいが、近頃のスレた子供が恐がるかなぁ。
ラスト近くの”怖がらせ大会”で、マイクが最高得点を取ったのには何か裏があると思ったら、やっぱりね、ズルしちゃって。でも、これもサリーのマイクへの友情の証なのかもしれませんね。
大学の設立は十四世紀、つまりヨーロッパ系で、百万名近い卒業生を誇るのだそうだ。ちなみに工学部や経営学部、理学部もある。授業内容が知りたいですよね。下半身がムカデの女性学長はなかなかの迫力で、こういう先生に叱られたら相当怖いだろうと思った。吹き替え版で観たので、字幕ではこの学長の声はヘレン・ミレンだそうです。

前回に続いてマイクは「爆笑問題」の田中裕二が、サリーは「ホンジャマカ」の石塚英彦と、演出も演技も慣れたもので安心して聴いてられる。逃げるブタを追い掛けてサリーがマイクの部屋で暴れたのが二人の出会いだった。サリーはその才能を見込まれ、選ばれたエリートだけが入れる学生クラブ“ROR”の一員になる。スパルタなナイト教授の期末試験で騒ぎを起こしたサリーとマイクは、ハードスクラブル学長の逆鱗に触れ、転部させられることに。2人は“怖がらせ”大会で優勝すれば怖がらせ学部へ復帰、負ければ退学という約束をするのである。サークル対抗戦で行われる怖がらせ大会に出場するため、落ちこぼれサークルOKに渋々入部する2人。

だが、この大会が遠因となって、やがて2人はもっとも危険な場所、“人間界”に足を踏み入れることになる。
前作とのリンク・ネタのばっちりで、大学で人気者になりたがるメガネのランディは、前作で2人で邪魔したランドール。また、モンスターズ・インクに見学に行った幼いマイクの前に、“怖がらせ屋”がカッコよく現れるシーンも前作そっくりです。7月14日テレビで上映するので見ておくのもいいですね。

複数のスーツケースを引きずって希望に溢れ入学してくるマイク。エリートモンスター、一族のプライドもろとも自信過剰をひけらかしてやって来たサリー。対照的な二人は当然反発し合い、それがやがて親友になるまでの構成の巧さは、アメリカ映画伝統の得意ワザ。日本は劇映画もアニメも、このあたりのテクニックに弱いんですよね。

CGアニメ技術は日に日に進化しているので、毛並がフサフサの上、ブルーの中に部分的に紫が混じるかなり面倒そうなサリーのキャラクター・デザインなども、それを敢えて表現してみせるのが文字通り見せ所なのだろう。手描きではとても出来ない至難の技。
同時上映の短編は、青と赤の傘が恋に落ちる「ブルー・アンブレラ」は、モノトーンの雨の街角にひらく傘の恋。小粒な、愛らしい短編です。ディズニー伝統の中にはこういう人間でも動物でもないキャラクターが、・・・クルマだの家だのを主役にしたジャンルがあるのも素敵ですね。エンディングの後で、黄色いなめくじだと思うんですが、やっと学校に着いたのに、掃除のおじさんに、「もう終わったよ」と言われてガッカリして帰るシーンが最後にあります。良かったら最後まで観てあげてね。
2013年劇場鑑賞作品・・・224  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイルド・スピード EURO MISSIO... | トップ | じんじん ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『モンスターズ・ユニバーシティ』('13初鑑賞61・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 7月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:40の回を鑑賞。
モンスターズ・ユニバーシティ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 半分以上の記憶がないのに評価するのも気が引ける(笑)
『モンスターズ・ユニバーシティ』 ルールを変えろ! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なんて心優しい映画だろう。  『モンスターズ・ユニバーシティ』を見終えてしみじみ思った。  ここには私たちの生きづらさの理由と対処法がハッキリと描かれている。  『モン...
モンスターズ・ユニバーシティ/ビリー・クリスタル (カノンな日々)
大ヒットを記録したディズニー・ピクサーの人気アニメ『モンスターズ・インク』のシリーズ第2弾は前作の前日譚にあたる物語です。マイクとサリーの大学生時代を舞台に二人の出会 ...
モンスターズ・ユニバーシティ/MONSTERS UNIVERSITY (2D吹替) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ピクサーの中でも、「トイストーリー」に続いて好きなのが「モンスターズ・インク」。 楽しみにしてました12年ぶりのシリーズ第2弾 人間の子どもたちを怖がらせるのが仕事のモンスター・コンビ、マイクと...
モンスターズ・ユニバーシティ(2D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダン・スカンロン 声の出演:【洋画版】ビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン 【日本語版】田中裕二(爆笑問題)、石塚英彦(ホンジャマカ) 【あらすじ】 人間の子どもたちを怖がらせ、その悲鳴をエネルギー源として用いるモンスターの世界。そこに暮らすモン...
『モンスターズ・ユニバーシティ』(2D字幕版) (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: MONSTERS UNIVERSITY 監督: ダン・スキャンロン 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: ジョン・グッドマン 、ビリー・クリスタル 、チャーリー・デイ 、スティーヴ・ブシェーミ 、ヘレン・ミレン 、アルフレッド・モリーナ 映画『モンスターズ・ユ...
[映画『モンスターズ・ユニバーシティ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私にとっての、この「モンスターズ」シリーズは、幼女ブーの存在に尽きるのだが、  この続編、ブーは出てこない。  サリーとマイクの学生時代を描く内容だからだ。  同じピクサー作品である「カーズ」のノスタルジーにはまった人は、「カーズ2」の純娯楽性に不満...
[映画『モンスターズ・ユニバーシティ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私にとっての、この「モンスターズ」シリーズは、幼女ブーの存在に尽きるのだが、  この続編、ブーは出てこない。  サリーとマイクの学生時代を描く内容だからだ。  同じピクサー作品である「カーズ」のノスタルジーにはまった人は、「カーズ2」の純娯楽性に不満...
モンスターズ・ユニバーシティ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ゴールへの道は、一つだけじゃない。 2001年に公開されたピクサー・アニメーション・スタジオの長編第四作、「モンスターズ・インク」の前日譚。 人間の子供の悲鳴をエネルギー源とするモンスターの世界で...
モンスターズ・ユニバーシティ (とりあえず、コメントです)
12年前に大ヒットした名作「モンスターズ・インク」の前日談を描いたアニメです。 今回は3Dで観たかったので、3D日本語吹替版でチャレンジしてみました。 小さい頃に夢見た“怖がらせ屋”になるために大学生となったマイクと、生涯の友となるサリーとの出会いは 青春まっ...
「モンスターズ・ユニバーシティ」 努力家VS天才 (はらやんの映画徒然草)
ピクサーのヒット作「モンスターズ・インク」の続編になっています。 続編と言っても
『モンスターズ・ユニバーシティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「モンスターズ・ユニバーシティ」□監督 ダン・スキャンロン□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソンダン・スキャンロン□キャスト ビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン、スティーブ・ブシェーミ、ヘレン・ミレン、 ピ...
モンスターズ・ユニバーシティ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年7月19日(金) 18:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:400円(ポイント使用+3D料金メガネ無し) パンフレット:未確認 まるで「ルディ/涙のウィニングラン」と思いきや 『モンスターズ・ユニバーシティ』公式サイト 「モンスターズ・インク」の前日譚。 怖がら...
「モンスターズユニバーシティ」 (Con Gas, Sin Hielo)
足りないところを補い合うのが真のパートナー。 今回、ピクサー作品としては随分宣伝に力を入れてるのではないか。それは昨年の「メリダとおそろしの森」が興行的に振るわなかったせいかと勘繰ってみたりする。 前作に次いで声優を務めた田中裕二らがいろいろな番組に....
モンスターズ・ユニバーシティ (映画的・絵画的・音楽的)
 『モンスターズ・ユニバーシティ』の3D版を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)本作は、『モンスターズ・インク』(2001年)の前日譚。  前作ではサリーとマイクというモンスターがモンスターズ株式会社(Monsters Inc.)で働いていましたが、本作ではその二人がモンスタ....
『モンスターズ・ユニバーシティ(2D吹替版)』/2回目 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「モンスターズ・ユニバーシティ」□監督 ダン・スキャンロン□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソンダン・スキャンロン□キャスト(吹替)  田中裕二、石塚英彦 ■鑑賞日 7月28日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
彼らの学生時代を! (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「モンスターズ・ユニバーシティ」を鑑賞しました。 人間の子どもたちを怖がらせ その悲鳴をエネルギー源として用いるモンスターの世界 マイクは子どもを絶叫させる“恐がらせ屋”になるため名門大学「モンスターズ・ユニバーシティ」に入学、期待...
モンスターズ・ユニバーシティ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「モンスターズ・ユニバーシティ」監督:ダン・スカンロン声の出演:田中裕二、石塚英彦、青山穣、一柳みる、嶋田翔平、宝亀克寿、佐藤せつじ、花輪英司、姫野惠二、石住昭彦、東 ...
モンスターズ・ユニバーシティ (銀幕大帝α)
MONSTERS UNIVERSITY 2013年 アメリカ 103分 ファンタジー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2013/07/06) 監督:ダン・スカンロン 製作総指揮:ジョン・ラセター 脚本:ダン・スカンロン 声の出演: ビリー・クリスタル:マイク(マイク・ワゾウスキ) ジョン....
モンスターズ・ユニバーシティ (いやいやえん)
「モンスターズ・インク」のサリーとマイクが帰って来た! 努力するが才能のないマイクと、才能はあるが努力しないサリーという極端の位置にある二人が、どうやって親友同士になったのかが描かれています。
映画評「モンスターズ・ユニバーシティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ダン・スカンロン ネタバレあり
モンスターズ・インク/モンスターズ・ユニバーシティ (miaのmovie★DIARY)
モンスターズ・インク [DVD](2007/06/20)ビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン 他商品詳細を見る 【MONSTERS.INC.】 制作国:アメリカ  制作年:2001年 モンスター・シティ最大の会社、その名は《モンスターズ株式会社》。 この会社の仕事は、モンスター・シテ...