パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

トワイライト ささらさや★★★★

2014年11月08日 | た行の映画
夫の死後、幼い子供を一人で育てることになったヒロインと、他人の体を借りて彼女を助ける亡き夫を、新垣結衣と大泉洋が初共演で演じる感動ドラマ。加納朋子の小説「ささら さや」を基に、メガホンを取るのは『神様のカルテ』『くじけないで』などの深川栄洋。中村蒼や福島リラ、石橋凌、富司純子など若手からベテランまでが脇を固める。前向きでかわいらしいヒロインとユーモラスで優しい亡き夫の奮闘に、爽やかな感動が心を突き抜ける。
あらすじ:サヤ(新垣結衣)は夫のユウタロウ(大泉洋)を突然の事故で亡くしてしまう。人に対して疑いを抱かないサヤが、一人で息子を抱えることを心配するユウタロウ。成仏できずに、いろいろな人の体に乗り移って、サヤのために手助けをすることに。のどかでどこか不思議な町ささらの人々に助けられながら、サヤは母親として成長する。

<感想>ファンタジーとミステリーが融合した、加納朋子のベストセラー小説を映画化。突然の事故で夫のユウタロウを亡くし、生後間もない息子を抱えて途方に暮れるサヤが、移り住んだ不思議な町“ささら”で、他人の身体を借りて何度も現れるユウタロウに励まされながら、たくましく生きていく姿を描き出しています。
元気いっぱいで可愛らしい等身大の女の子役が多かった新垣結衣ちゃんが、初の母親役に挑戦しています。劇中の赤ちゃんを抱き方もさまになっているが、普段ではあまり母親のイメージがないのでどうなのかと思って観てましたが、若くて可愛いママという感じが意外にハマっていましたね。

夫の大泉洋とは初共演だが、本作ではかなり変わった夫婦を演じることになっている。何しろ、落語家の彼は映画が始まってすぐに車に跳ねられて急死してしまうのだから。サヤのことが心配で、心配で成仏できない彼が、落語の師匠や富士純子演じる少しボケた老婆とか、思いがけない人物の肉体を借りて何度も甦るところが面白いですね。みんな大泉洋の口真似が上手い。

さまざまな人に乗り移って彼女の前に現れるという展開なのだが、ナレーションも大泉洋のユウタロウが、落語を話しているような語り口で進んでいくのだ。
姿形が違う他人にユウタロウが乗り移った途端、結衣ちゃんのサヤもユウタロウが傍にいて、自分のことを見守っていることが分かり、素直に認める仕草に切り替わるのが素晴らしいですよね。

それでも、言葉を話すことが出来なくなった男の子に乗り移ったユウタロウが、今まで言葉を発しなかったその男の子が、まるでユウタロウのような口のききかたをするのには驚いた。その男の子の演技も上手いのだが。母親もびっくりして、腰が抜けたような状態になる。

ユウタロウが最後に乗り移った駅員の男、その男はサヤを好きになっていてちょっとヤバイ感じだが、部屋が急に暗くなり声だけでなく本当にユウタロウの姿に戻ってサヤを抱いてくれる。みな乗り移るとその後身体から出て来る時には、何故だか全員の体が痒くなり、そのままユウタロウが離脱するという展開。

そして、ユウタロウの父親が出て来て、昔、父親は炭鉱で働きあまり家に帰らなかった。だから幼い頃のユウタロウには、あまり父親の思い出が無いのだ。一度だけ寄席に落語を聞きに連れって行ってもらい、その時父親の笑う顔を見て大きくなったら落語家になろうと決めたようだ。母親が病気で亡くなった時にも顔も見せない父親に、怒りを覚えその時から父親と絶縁状態だったのだ。だが、ユウタロウの葬式にも来ていたし、落語だって寄席に来ていたのだ。
ラストの方で、その父親が現れてサヤに自分が子供を育てるからと言って、ユウスケを抱いて連れて行ってしまう。驚いたサヤが後を追い掛けたが、赤ん坊が途中で高熱を出して病院へ連れて行く父親。急いで駆け付けるサヤが、「私の大事なユウスケを奪わないで下さい」と涙ながらに訴えるのだ。父親には、まるでヤクザの親分のような感じがした石橋凌が演じていた。

クライマックスでは、ユウタロウが乗り移る人が無くなり最後に乗り移ったのが、なんと赤ん坊のユウスケなのである。本当は、赤ん坊のユウスケに乗り移りサヤに抱いて貰いたかったのだろう。それに、父親にも抱いて欲しかったのだと思いますね。二人の絶妙な掛け合いが笑いと涙を誘います。
俊英、深川栄洋監督のミニチュアの模型をところどころに使った、現実からちょっぴり隔絶した世界観が新鮮です。富司純子、小松政夫、中村蒼らがユウタロウに乗り移られた人々を軽妙に演じている。その他波乃久里子、藤田弓子、つるの剛士など脇役の方たちも良かったです。
さらには、ユウタロウが蘇った本当の理由が明かされるラストでは、もう涙が止まらなくて、笑い涙で終わる感動のフィナーレになっております。
2014年劇場鑑賞作品・・・336  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダム・マロリーと魔法のスパイ... | トップ | サボタージュ ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『 トワイライト ささらさや 』オレのための時間 (映画@見取り八段)
トワイライト ささらさや      監督: 深川栄洋    キャスト: 新垣結衣、大泉洋、中村蒼、福島リラ、寺田心、つるの剛士、波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、石橋凌、富司純子 公開: 2014年11月8日 2014年10月28日。劇場観賞(試写会) ささらさらっと感想で…...
『トワイライト ささらさや』 2014年10月28日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トワイライト ささらさや』 を試写会で鑑賞しました。 本日の3本目は有楽町のよみうりホールで鑑賞しました。 【ストーリー】  サヤ(新垣結衣)は夫のユウタロウ(大泉洋)を突然の事故で亡くしてしまう。人に対して疑いを抱かないサヤが、一人で息子を抱えること...
劇場鑑賞「トワイライト ささらさや」 (日々“是”精進! ver.F)
出来た絆は、永遠に切れない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411080000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【CDポイント5倍対象商品】トワイライト ささらさや オリ...価格:2,700円(税込、送料込) 【...
のりうつってしゃべりまくって最後号泣。〜「トワイライト ささらさや」〜 (ペパーミントの魔術師)
京都国際映画祭特別招待作品・・・でもって、この映画にも 英語字幕ががっつりついておりました。 残念ながら監督や大泉洋さんは来なかったけどね〜。(^_^;) 予告編からこんな感じだったので、てっきり大泉洋のゴーストコメディだとばっか 思ってたんですよね。 メ....
トワイライト ささらさや/昭和テイストな人の絆の物語 (MOVIE BOYS)
原作は加納朋子の小説「ささら さや」、それを『神様のカルテ』や『白夜行』の深川栄洋監督で映画化した。夫を事故で亡くした未亡人を『ハナミズキ』などの新垣結衣が、その夫役を『ぶどうのなみだ』の大泉洋が演じている。共演には中村蒼、藤田弓子、小松政夫、富司純子...
トワイライト ささらさや (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/08公開 日本 114分監督:深川栄洋出演:新垣結衣、大泉洋、中村蒼、福島リラ、寺田心、つるの剛士、波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、石橋凌、富司純子 人気ミステリー作家・加納朋子のベストセラー小説『ささら さや』を映画化したハートフル・ゴースト・スト...
『トワイライト ささらさや』 (こねたみっくす)
バカだねぇ、子供ってヤツは。親になるまで親の気持ちが分からないんだから。 これは夫婦のお話ではなく親子のお話。いや正確には親になるという意味を問うお話。だからこそ結婚 ...
「トワイライト ささらさや」:何かとご都合主義で (大江戸時夫の東京温度)
映画『トワイライト ささらさや』は『ALWAYS 三丁目の夕日』風のイラスト・バ
トワイライト ささらさや/新垣結衣 (カノンな日々)
作家・加納朋子さんのベストセラー小説「ささら さや」を『神様のカルテ』の深川栄洋監督が新垣結衣さんと大泉洋さんを主演に映画化した作品。愛する妻子が心配な死んでも成仏出来 ...
『トワイライト ささらさや』 なぜミニチュアみたいな映像なの? (映画のブログ)
 若くして死んだ男が現世に残り、愛する女性を見守り続ける――なんて映画はお馴染みだよ。そうおっしゃる方もいるだろう。  たしかに『A Guy Named Joe』やそのリメイク作『オールウェイズ』、そして『ゴースト/ニューヨークの幻』など、同様の映画はすぐに思い浮か...
トワイライト ささらさや (Break Time)
今朝は、一段と冷え込みました・・・
『トワイライト ささらさや』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「トワイライト ささらさや」□監督 深川栄洋□脚本 山室有紀子、深川栄洋□原作 加納朋子□キャスト 新垣結衣、大泉 洋、中村 蒼、福島リラ、つるの剛士、        波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、石橋 凌、富司純子■鑑賞日...
トワイライト ささらさや (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:114分 監督:深川栄洋  ちょっとマンガチックだが、加納朋子の小説「ささら さや」が原作だという。 生まれたばかりの一人息子と最愛の妻を残したまま、事故死してしまった落語家の夫が、妻と息子が心配で成仏できない。そ
「トワイライト ささらさや」夫の人生を振り返ってみた先に知ったボタンのかけ違いからすれ違った両親の本当の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「トワイライト ささらさや」は夫に先立たれた妻と子が田舎町へ逃げるように引っ越した先で成仏できない夫が乗り移って現れ妻へ想いを伝えて行くストーリーである。夫に先立たれて ...
映画評「トワイライト ささらさや」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・深川栄洋 ネタバレあり