パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

オデッセイ3D ★★★★

2016年02月06日 | アクション映画ーア行
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインや『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリーに注目。
あらすじ:火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

<感想>子供の頃に誰しもが憧れる宇宙飛行士の夢、主人公のマーク・ワトニーを演じたマット・デイモンもそうだった。しかし、まさか火星に取り残されて独りぼっちになるとは。食料はすぐに尽きてしまう。宇宙船が次に火星に着くのは4年~5年は先なのだ。どんなに知恵を絞っても生きて地球へ還れる確率は0%である。

しかし、そこで地球との最低限の通信機能を回復できたとしても、地球にいる頭のいい物理学者や天文学者やロケット開発のプロたちが、みんなで知恵を出し合って、マークの救出を一緒に考えてくれたら。土に埋もれた大昔の探査機を発掘したマーク。わずかなデーターしか送れない旧型機だが、修理をして地球との交信を試みる。

「安心してください、まだ生きてますよ」という通信で、それでも助かる確率は低いけれど、ひょっとしたら「1億分の1」くらいの微かなチャンスが生まれるかもしれない。この映画は、その「1億分の1」のチャンスが、ソーシャルネットワークの環で繋がれた21世紀の地球がポテンシャルとして持っている希望についての美しい寓話のようなSFサバイバル映画なのだ。

そこでサバイバルする唯一の方法は、サバイバルをできると信じることである。マークにとって一番重要な闘いは自分との闘いなのだ。絶望は、火星の環境と同じぐらいに危険だった。そこで、自分の行動をビデオに記録し、それは遺書になるかもしれないからだ。
サバイバルをできるという前提で、そのためには何をすればいいのかを考え、突き進む。マークを演じるマット・デイモンは天才であり、あまりにもハマリ役で、彼の実力には驚きものであります。

このポジティブな作品の中で、現実味のない楽天主義的な主人公を演じているわけではないのだ。スーパーパワーを持っているわけでもなく、植物学者としての知恵を使い、持って来たジャガイモの栽培をするという。そう簡単にジャガイモ栽培ができるはずもなく、クルーの残した排泄物と火星の土に科学肥料を混ぜて、水は温室のように水素燃料から作り、水滴を垂らすようにハブ(人工居住施設)の中を改造して、それは見事にジャガイモが育って行くのが見ていて嬉しかった。ですが、その装置もエアロック部分が気圧差のせいでハブの中が爆発して、屋内農場はメチャクチャになり、氷点下の気温に作物も凍りつき、再び訪れる餓死のピンチに。

それに、NASAのみならず中国がマークに食料を送ろうとロケットを打ち上げるも、作業に急ぎ過ぎたせいでロケットが爆発してしまう。ですが、中国のロケットは打ち上げに成功するのだ。
地球に帰還中だったヘルメス号に、Uターンをして火星に戻ればマークを救えるかも、との報告が届くのだが、それはクルー全員の死亡もありえる危険な賭けだったのです。ですが、ルイス船長は制止するNASAを無視して火星に向かうのです。

自分の人生を犠牲にしても迷うことなくマークを助けようとするクルーなど、ついに火星軌道上に到着した宇宙船ヘルメス号。マークをキャッチできるタイミングは一瞬なのだ。さらに、マークが火星の大気圏外に出るには、着陸船の極端な軽量化が必要で、あまりにも危険で大胆な改造を強いられる。

宇宙船ヘルメス号にいる船長、ジェシカ・チャステインは、自分がマークを救出に行くといいはり、その瞬間がドキドキもので、もしかして、船長もマークも助からないのではという危険迫りくるシーンでありました。信じ難い救出劇には怒涛の感動が待ち受けていますから。
当然ながら恐怖に直面する瞬間もあるが、それは「プロメテウス」の中で主人公が自分で怪我の治療をしたように、ユーモアで笑い飛ばされる。実際のところ、この映画をSFと呼ぶのが正しいかどうか判らない。「空想科学」もここにはほぼ無いし、あるのは科学的事実に基づいたサバイバル術であり、そういう意味では冒険映画、パニック映画の一種とも言える。

要所要所に、絶妙なタイミングで挿入されるダサダサなディスコ・ソングといい、今年度のゴールデン・グローブ賞で、ドラマ部門ではなく「ミュージカル・コメディ部門」に輝いたのも納得ですね。
それでも、火星の地形や気候の描写、NASAが開発した宇宙施設などのデザインにおける徹底的な細部へのこだわりは、やっぱりリドリー・スコット監督ならではと頷けます。現在78歳の巨匠を突き動かしているのは、昔も今も「ブレードランナー」や「エイリアン」の時代から一貫して、科学や歴史に対する人類的スケールの好奇心だと思うのですが、そのあくなき探究心は衰えるどころか、ますます若返っている感さえあります。

2016年劇場鑑賞作品・・・26映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッピーエンドの選び方 ★★★★ | トップ | アンジェリカの微笑み ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『オデッセイ』 2016年1月21日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オデッセイ』 を試写会で鑑賞しました。 今週は良い感じで仕事が終わっているので、なんとか参加できてます。 【ストーリー】  火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を...
劇場鑑賞「オデッセイ」 (日々“是”精進! ver.F)
まずは、“始めること”が大切… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】マーティン・デラックス・サウンドトラック [ ...価格:3,240円(税込、送料込) ...
映画『オデッセイ』2D字幕版 観た~ (よくばりアンテナ)
面白かった~~(*´∀`人 ♪ 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワ...
オデッセイ (あーうぃ だにぇっと)
オデッセイ@よみうりホール
オデッセイ ~ 火星でD.I.Y. (まぜごはん)
「オデッセイ」観てきました。 公式HP 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、...
映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー...
「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね~。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人の...
[映画『オデッセイ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『オデッセイ』を観てきました。 『ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』の後追い企画ではあろうけど、面白かった。 エンドクレジットでリドリー・スコット監督と知り驚いた次第。 確かに、少なからずの男臭さがありました。 まあ、火星に置き去りになっ...
オデッセイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が
オデッセイ (Akira's VOICE)
安心してください。生きてますよ。  
【映画】マット・デイモンが火星にぼっち映画『オデッセイ』が面白すぎる (アリスのさすらい映画館)
オデッセイ(2015)アメリカ原題:The Martian監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン/ ジェシカ・チャステイン/ ジェフ・ダニエルズ / マイケル・ペーニャ/ ケイト・マーラ/キウェテル・イジョフォー/ ショーン・ビーン /&#1...
オデッセイ (試写会) (風に吹かれて)
ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・
[映画] オデッセイ (12時間Blog)
「オデッセイ」を川崎109シネマズにて観て来ました 探査中の事故により、たった1人で火星に取り残されてしまう~という展開はSF版「ロビンソン・クルーソー」といった趣でしたが、従僕のフライデーどころか周りには天然の恵み的な水や空気すら存在しないというとんでもな...
オデッセイ(3D) / The Martian (勝手に映画評)
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミ....
"火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・
オデッセイ (花ごよみ)
アンディ・ウィアー作の小説 「火星の人」を映画化。 火星にたった一人だけ残された宇宙飛行士、 マーク・ワトニー。 マット・デイモンが 主人公のマーク・ワトニーを演じます。 監督はリドリー・スコット。 火星からの帰還を願い 極限状態の中でも、 いつもユーモ....
オデッセイ/THE MARTIAN (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット×マット・デイモン初タッグ 原作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説『火星の人』 脚本は「クローバーフィールド」「キャビン」「ワールドウォーZ」の脚本家、ドリュー・ゴダード。 この人のって「キャビン」...
オデッセイ  (心のままに映画の風景)
人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、猛烈な砂嵐に見舞われミッションを中止するが、撤収作業中に吹き飛ばされ行方不明になった植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)の生存が絶望視され、船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステ...
オデッセイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
火星で砂嵐にあって吹き飛ばされ 死んだだろうと判断され取り残されたマーク・マトニー(マット・デイモン) 助かっても火星に一人・・・ 生きる気力は絶対なくなると思うのに 精神力が強いなあ~ そして今度、火星にクルーがやってくるのは4年後・・・ それまで生き...
オデッセイ (miaのmovie★DIARY)
【THE MARTIAN】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士の マーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが 死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も 水も通信手段もなく、わずかな食料し...
『オデッセイ』 (beatitude)
人類3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、18日目に突然吹き荒れた猛烈な嵐によって、任務中止に追い込まれる。ところが、全6名のクルーのうち、マーク・ワトニー(マット・デイモン)は、突風でバラバラになった通信アンテナの直撃を受けてどこかへ吹....
「オデッセイ」 (或る日の出来事)
前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。
オデッセイ  (Break Time)
今日は、若干 北風が有ったものの・・・
オデッセイ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
火星のオデッセウス。 たった一人で火星に取り残された男のサバイバルを描く、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」の映画化。 宇宙を舞台にしたサバイバル劇というと、アルフォンソ・キュアロンの「ゼロ・グラビティ」が記憶に新しいが、あの映画がほぼ...
オデッセイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、....
オデッセイ(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォ...
オデッセイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オッデセイ」 原題:Martian 監督:リドリー・スコット 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:マット・デイモン      ジェスカ・チャスティン      クリステン・ウィグ      ジェフ・ダニエルズ   ...
映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻...
『オデッセイ』 (時間の無駄と言わないで)
この手のSFは最近良くも悪くも深刻なのばっかりだったから、たまにはこういう悲壮感の無い明るいSFもイイよね。 2時間半もあるけど最後まで楽しめた。 出てくる人たちみんな良い ...
オデッセイ  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、...
『オデッセイ』 宇宙でひとりぼっち、再び (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『エイリアン』『ブレードランナー』などのリドリー・スコットの最新作。  アカデミー賞には作品賞・主演男優賞を含む7部門にノミネートされている。  原作はアンディ・ウィアーが自分のサイトで連載していたという『火星の人(The Martian)』。  事故で...
オデッセイ (そーれりぽーと)
火星に一人ぼっち。 『オデッセイ』を観てきました。 ★★★★★ 月で一人ぼっちの主人公をトリック仕立てで描いた『月に囚われた男』とは対極的な映画。 くよくよしていたって何も変わらないし、希望を失ってしまったら生きていけないからと直ぐに切り替え、何とかして...
スターマン/火星の人~『オデッセイ』 (真紅のthinkingdays)
 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マッ...
オデッセイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 火星にたった一人取り残されても、決してあきらめずにユーモア交じりで生き残りをかける。最新の科学の知見も交えて、人間の生きる力をみせつける傑作でした。やはり、あきらめてはそこで終わりなんですよね。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:リドリー・スコッ...
映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせる...
オデッセイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し....
映画「オデッセイ」 (FREE TIME)
映画「オデッセイ」を鑑賞しました。
「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プ...
オデッセイ (もののはじめblog)
探査中の事故により、たった1人が火星に取り残されてしまう。ひとりぽっちになりがらもマット・デイモン飛行士が、決して絶望せずに前向きに生き延びようとする物語。 はじめ「ロビンソン・クルーソー」かという印象を抱いたが、・・・そこはSF映画。 絶望の中を、何....
オデッセイ (セレンディピティ ダイアリー)
リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のSF映画、「オデッセイ」(The
「オデッセイ」 The Martian (2015 FOX) (事務職員へのこの1冊)
あのリドリー・スコットがこんなにストレートな人間讃歌を、と絶句(実はかなり感動)。弟のトニーを悲惨な形で失ったからか、シニカルに語っていられる世相ではもうないという判断か。誰でも一度は夢想したことのある漂流物語。無人島に流れ着いたら、まずは飲料水の確...
オデッセイ ―2D― (こんな映画見ました~)
『オデッセイ』---THE MARTIAN---2015年(アメリカ)監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ 、マイケル・ペーニャ 、ショーン・ビーン 、ケイト・マーラ 、セバスチャン・スタン、アクセル・....
『オデッセイ』 (ラムの大通り)
「こんなに星が写らない宇宙ものも珍しい『オデッセイ』。 よく引き合いに出される『ゼロ・グラビティ』よりは好きかな。 主人公に悲愴感があまり漂わないところが、 なるほど宇宙飛行士になる人は器が違うわと…。 あとよく問題となる邦題。付けた人の気持ちも分かる。 ...
火星にて1人、生き残るには (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「オデッセイ」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて 火星での有人探査の最中嵐に巻き込まれたワトニー 仲間たちは緊急事態を脱するため死亡したと推測されるワトニーを置いて火星を去る しかし 奇跡的に死を免れたワトニーは水も通信手段もなく食料は31...
「オデッセイ」 (ここなつ映画レビュー)
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら...
「オデッセイ」 (Con Gas, Sin Hielo)
清く正しく宇宙開発。 R.スコット監督って、こういう映画をつくる人なんだと驚いた。原作があるとはいえ、登場人物が揃って一つの目標に向けて努力を続ける健全な展開。ディスコ音楽が至るところで流れ、置かれた立場の割に悲壮感がない明るい色調。 大筋は現地作業中....
■オデッセイ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第395回「架空のお話のはずなのに、どうしてこれほど共感できるのだろう。」 宇宙はいつでも私の「少年心」をくすぐってくれる。つい先だって観た「スターウォーズ」もそうだ。未知なる世界で繰り広げられる物語に私はワクワクした。そして、今回の作品「オデッセイ」....
「オデッセイ」 課題の本質を見極める (はらやんの映画徒然草)
オリジナルのタイトルは「The Martian」。 これは直訳すれば「火星人」で
オデッセイ (銀幕大帝α)
THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: ...