パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ペイ・ザ・ゴーストハロウィンの生贄★★★

2016年12月03日 | アクション映画ーハ行
ハロウィンを巡る伝承をモチーフに贈るニコラス・ケイジ主演のミステリー・ホラー。ハロウィンの夜に姿を消した最愛の息子の行方を捜す主人公を待ち受ける驚きの真相を描く。共演はサラ・ウェイン・キャリーズ、ヴェロニカ・フェレ。監督は「バーダー・マインホフ 理想の果てに」のウーリー・エデル。
あらすじ:ニューヨークの大学で教鞭をとるマイクは、7歳の息子チャーリーにせがまれ、ハロウィンで賑わう祭りに連れて行く。ところがチャーリーは、“ゴーストに償ってくれる?”という謎のことばを残して忽然と消えてしまう。以来、懸命にチャーリーを捜し続けるマイクだったが、その行方は杳として知れず、妻のクリステンとの関係も悪化してしまう。それから1年、必死に手がかりを追うマイクの周辺で次々と不可解な現象が起こる中、やがて、毎年ハロウィンに子供たちの失踪事件が起きていて、その子たちは決して帰ってこないという恐るべき事実を突き止めるマイクだったが…。(allcinema)

<感想>今年も渋谷ではハロィンが大盛況で、日本人って何でもこういうお祭りに参加するんですね。死者の祭りなのに。まぁ、日本にはそういう魔女の幽霊とかに誘拐される人いなかったからいいようなものの。平和な日本も緊張感が足りないような気がします。
さて、ハロウィンの夜に忽然と姿を消した幼い息子チャーリーを、執念で探し続ける父親の役をしている久しぶりのニコちゃん。やがて彼は息子の失踪の裏に恐ろしい幽霊の呪いが潜んでいることを突き止めるんですね。

妻には、「何故に息子の手を放したのよ」ときつくお叱りを受けて離婚?、別居、みたいに離れて暮らすことになるわけ。どうして息子が消えたのか、誘拐されたとしても、身代金の電話はないし、警察も取り合ってくれないし、自分で探すしかないと。張り紙をしたりと、人づてに聞いたりとか、そして、バスの窓に息子が映っているように見えて、バスを追いかけるもいない。
絶対に息子は生きているに違いないと、望みを捨てずに探しまわるのだ。息子が消える前に言った言葉「幽霊に借りを返してよ」という謎の言葉をヒントに、消えた場所から気味の悪い廃墟へと入ってみると、恐ろしい現象に遭遇する。

息子の失踪は人間の仕業ではないと確信をしたマイクは、疎遠になっていた妻クリステンに連絡し、二人で調査をするのだが。妻も腕に奇妙な古代文字が現れるし。
やがて彼らは、ハロウィンの夜には、毎年のように決まって子供の失踪事件が起きていることを突き止める。

さらには、大学の同僚のハンナ(ヴェロニカ・フェレ)が読み解いた古い文献から、ニューヨークで数百年前のハロウィンの日に、凄惨な事件があったことを知る。魔女狩りと称して、母親と娘の3人を貼り付けにして焼き殺したのだ。
果たして息子は悪霊に囚われてしまったのか?・・・そうこうしている内に1年が過ぎて、またハロィンの日がやってくる。
廃墟へと行くと、そこには盲目の男が地獄への道先案内みたいにニコちゃんを連れて行く。そこには、人間と幽霊との境界の鉄の橋があったのだ。

インシディアス第2章のように息子に悪霊が取りついたことにより、次第に明らかになる彼の衝撃の過去を描写する。パトリック・ウィルソンとローズ・バーンが悪霊退治にやって来て、家で手を繋いで封印された衝撃の記憶の中へと父親が入っていくという。こちらは、父親のニコちゃんが、一人でその魔女らしき幽霊のところへと行くのだが、その人間と幽霊の間に鉄骨の長い橋がある。それが、ちゃっちいし、霧みたいなガスがかかっていて、先が見えない。時間までに戻って来ないと自分も幽霊の世界に置き去りにされてしまうというのだ。
とにかく、橋を渡るも、そこにはたくさんのハロウィンの姿をした子供たちがいた。今までに誘拐された子供たちだろう。そこから自分の息子チャーリーを探すことに。見つかったのだが、その時一緒に連れ去らわれた子供2人が一緒に帰りたいと言うのだ。仕方なく、3人の子供を連れて人間の世界への橋を渡るのだが。
刻々と時間が迫って来るし、橋を渡り切らないと人間世界へは戻れない。やっとのことで、息子と2人の子供を連れて橋を渡り切ると、そこは現実の人間の世界が現れて助かったのだ。
しかしだ、息子が「幽霊に借りを返してよ」と父親に言った言葉を考えると、最後に魔女退治のことを調べてくれた、大学の同僚のハンナが殺されてビルから真っ逆さまに落ちて、下の鉄骨に体が串刺しになっていることからして、この父親にも何かしら、借りを返さないとダメなのではなんて、思ってしまった。

2016年劇場鑑賞作品・・・261映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダム・フローレンス! 夢... | トップ | ホラーの天使 ★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」 (ここなつ映画レビュー)
「俺たちのニコラス・ケイジ」の作品は、好き好き大好き。更にはこれは正統派ホラー作品である。美味しいなぁ〜、と我ながら思う。弱った感じのニコラス・ケイジが終始息子への愛......
ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 (銀幕大帝α)
PAY THE GHOST 2016年 カナダ 94分 ホラー/ミステリー 劇場公開(2016/10/22) 監督: ウーリー・エデル 出演: ニコラス・ケイジ:マイク・ローフォード サラ・ウェイン・キャリ......
ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 (いやいやえん)
【概略】 ハロウィンの夜、大学教授のマイクは7歳の息子にせがまれ祭り見物に出掛ける。ところが息子は「霊(ゴースト)に償ってくれる?」と謎めいたひと言を残して姿を消してしま......
映画評「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年カナダ映画 監督 ネタバレあり