パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

この世界の片隅に★★★★★

2016年12月07日 | アクション映画ーカ行
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。
あらすじ:昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。能年玲奈から改名したのんが主人公すず役でアニメ映画の声優初挑戦を果たした。

<感想>この映画を観るために何度もミニシアターへ足を運んだ。いつも満員で席が無かったからで、やっとの思いで観ることができ、満員の席で小さくなりながら、感涙にひたりこんなにも自然に泣けて来る映画を観て、戦時中にすずさんのような女性が、広島原爆の後を生き抜いてきたことを、真実のように受け止めることが出来たのを嬉しく思いました。

水彩画的なタッチと主人公の絵心がマッチしていて、極上の効果を生んでいます。日常への余りにも平凡で、戦時中であるのにのんびりとしている主人公の姿に、少し不満もありましたが、終わってみると納得の出来栄えであり、さすがの構成力に感心しました。

もちろんCGでも昭和19年当時の、呉の街並みを再現することは可能でしょうが、本作のようにアニメで描かれたそれには敵わないであろう。つまり、描くということは、行為そのものの厚みがこの世界を生かしているからでもあり、それは北條すずをはじめとする人物造形についても言えるから。

主人公すずの声には、これ以外にはないと思わせる語りで大健闘をして、生命を吹き込んだ“のん”ちゃんの声優も偉いといえる。かくして、世界の片隅で生きる一人の平凡な女性の、戦中から戦後への暮らしが普遍的な輝きを帯びて浮かび上がって来るのだから。

太平洋戦争の末期の、日本の地方都市での生活の在り方を、じつに正確に、しかも暖かい温もりを込めて描いたアニメーションの力を感じました。戦中が特別なのではなく、戦前も戦後も継続した時間にすぎないという、忘却された個人の視点から見事に映し出されているのも素晴らしかった。

最初の方に出て来る県産業奨励館の新しい姿が浮かび上がるだけで、ここが原爆で骨組みだけになったとは。胸が痛むのだが、軍港である呉市が、まだ干潟だったころの、すずのお使い風景から始まり、ああそういう映画なんだと、胸をなでおろす感じがした。
広島に投下された原子爆弾のきのこ雲の描き方に、黒と赤色がチラチラと見えるあたりもリアルに描かれていた。そして、爆撃シーンもアニメならではの息吹がもたらされ、まるで花火が上がっているようなスケッチで描かれていて、柔らかなタッチながら日常のなかの戦争を、実感させているのも良かった。

すずが、母親の決めた縁談で、あれよあれよという間に、結婚してしまうのもあの時代らしい。18歳で嫁に行き、大家族の家庭を切り盛りし、ここでは、義姉が見かねて何でも自分でこしらえてしまうのだが、そんな嫌がらせともいえる小姑いびりも、頭に10円ハゲをいくつもこさえて耐え忍んでいたことを知る。

そして、コメの配給が少ないのを誤魔化すために、大根と葉っぱを米に混ぜて炊く、楠木正成が工夫したとかいうご飯の炊き方をしてみるのだが、あまりおいしくはなかったようだ。
その当時は、着物は贅沢ということで、農家の作業衣みたいなモンペを着なければならず、義姉に自分で着物を直して作れと言われて、浴衣を見様見真似で作り直す、すずの根気もすごい。
それに、故郷の男が自分勝手に恋人気取りで、ガキ大将だった若者が、水兵になって突然、すずの家を訪れるて困惑させるエピソードもある。いかにもあの時代の日本らしく滑稽であり、と同時に切なく思えてならなかった。

すずが嫁いだ先には、小姑の義姉が娘の晴美を連れて同居しており、その姪っ子と仲良く田んぼへ出ては、海を眺めてスケッチブックに「戦艦大和」「青葉」に航空母艦などを描いて楽しんでいたすずだが、憲兵に見つかりお小言をくらってしまい、そのことでは、家族は笑い話にしてしまうというとても物わかりのいい家族でした。

その姪っ子の晴美を連れて広島へいき、帰り道で落ちてきた爆弾に出会い、晴美と繋いでいた右手を失い、それにお腹の子供も失ってしまい、自分が生きていることを恥じに想いながら苦しむすずの姿が映し出される。
毎日、この世に生き延びたことを悔やみ苦しみ、あの時に自分も晴美と我が子と一緒に、あの世へ行っていたらと思う毎日。晴美を失って怒る義姉の声が耳から離れない。
余りにも戦争の音が生々しくって、中盤以降は、すずさんの上に覆いかぶさって来る苦難が、すずの小さな体には大きすぎるようで、いたたまれなくなり、夫の周平に言うすずの言葉に「ありがとう、この世界の片隅に、うちを見つけてくれて」。この言葉が一番私に勇気を与えてくれ、小さな心の灯となることを。

2016年劇場鑑賞作品・・・265映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
<
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古都 ★★★・5 | トップ | ジュリエッタ ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「この世界の片隅に」 (虎哲徒然日記)
注目していた作品と、注目していた女優が、こんな形で出会うのは、そうそうあることではない。 いろんな思いがこみ上げてくる。 作品の内容については......
『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう (映画のブログ)
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔......
劇場鑑賞「この世界の片隅に」 (日々“是”精進! ver.F)
それでも、生きていく… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611140000/ 劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック [ コトリンゴ ] 「......
映画「この世界の片隅に」 (FREE TIME)
映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。
この世界の片隅に (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て良い作品に違いないと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和8年12月(注2)の広......
この世界の片隅に  監督/片渕 須直  (西京極 紫の館)
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生ま......
この世界の片隅に (映画好きパパの鑑賞日記)
 いやあ、本当に今年は素晴らしい邦画の連続ですが、ここに来て最高ともいえるアニメ作品が登場しました。戦前から戦後にかけての広島、呉を舞台に1人の少女の生き様を追った名......
『この世界の片隅に』 (こねたみっくす)
ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて。 これは万の言葉を用いても表現することの出来ない、今年の、いや日本映画界における屈指の稀有な傑作。見終わると他の映画 ......
「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『この世界の片隅に』は各方面で絶賛の嵐ですが、確かに大いなる称賛に価する素晴
この世界の片隅に (Akira's VOICE)
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!  
負の遺産。『この世界の片隅に 』 (水曜日のシネマ日記)
広島で育って呉に嫁いだ少女の物語。昭和の初めから戦争直後までを描いたアニメ映画です。
この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どっこい、私は生きている。 「夕凪の街 桜の国」で知られる、こうの史代の名作コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、6年越しのプロジェクトとして長編......
この世界の片隅に (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 日本 上映時間:126分 監督:片渕須直  原作は『夕凪の街 桜の国 』の、漫画家「こうの史代」である。また2011年に北川景子主演のテレビドラマが放......
「この世界の片隅に」 (Con Gas, Sin Hielo)
文句を言う暇があったら自分ができることをしよう。 学校で習う戦争は、歴史という大きな物語の一部として扱われる。偉い人が率いる国や地域が対立し、その溝が埋められないくら......
『この世界の片隅に』('16初鑑賞106・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 11月19日(土) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。
『この世界の片隅に』 (時間の無駄と言わないで)
いや〜凄いね。 面白いの何のってもう。 戦争映画で戦争の悲惨さを描いているのに、それでも面白いっていう。 コメディとして作った映画でもここまで笑い声が聞こえてくるって滅......
「この世界の片隅に」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本/製作:ジェンコ アニメーション制作:MAPPA配給:東京テアトル 監督:片渕須直 原作:こうの史代 脚本:片渕須直監督補・画面構成:浦谷千恵キャラクターデザイン......
『この世界の片隅に』 (beatitude)
昭和19年、18歳の少女・すず(声:のん)は生まれ故郷の広島市江波を離れ、日本一の軍港のある街・呉に嫁いできた。戦争が進み様々な物が不足していく中、すずは工夫をこらして食......
「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり...... (オールマイティにコメンテート)
「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉......
[映画] この世界の片隅に(2回目) (12時間Blog)
「この世界の片隅に」を川崎109シネマズにて2回目の観賞 1回目を観た感想はネタバレ無しで書きましたが、どうしても ”泣いた” とか、”感動した” とかのワードを使う気にはなれ......
この世界の片隅に (まてぃの徒然映画+雑記)
『夕凪の街、桜の国』のこうの史代が描いた漫画を映画化。主役のすずの声をのん(ex能年玲奈)が演じて話題になりました。 昭和の初め、広島市の南部、江波で育った浦野すずは、......
この世界の片隅に (C’est joli ここちいい毎日を♪)
この世界の片隅に '16:日本 ◆監督:片渕須直「マイマイ新子と千年の魔法」 ◆主演:のん、尾身美詞、細谷佳正、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山...
『この世界の片隅に』こうの史代原作、片渕須直監督・脚本、のん、細谷佳正、稲葉菜月...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、原作に触れています。『この世界の片隅に』原作 : こうの史代監督・脚本 : 片渕須直出演(Voice Cast) : のん細谷佳正、稲葉菜月尾身美詞、小野大輔潘めぐみ、牛山茂、新......
この世界の片隅に (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 巷の高評価に釣られ、スルーのままでいけない映画と判断。
「この世界の片隅に」 (2016 東京テアトル) (事務職員へのこの1冊)
日本のアニメーションは世界一だと思う。その大きな要因はもちろん漫画、劇画の隆盛だ。アニメの原作となることが多いあのメディアは、もう子ども向けである役目をとっくに終え......
この世界の片隅に (花ごよみ)
こうの史代の同名コミックを、 アニメ映画化。 監督は片渕須直。 舞台は第2次世界大戦下の広島・呉。 広島から呉に嫁いできた、 ぼーっとした主人公すず、 すずの周囲の人達の日......
「この世界の片隅に」 (或る日の出来事)
すごく評判がいいようだけど…。
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こん......