パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

大統領の執事の涙 ★★★★

2014年02月16日 | アクション映画ータ行
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワードなどの実力派が結集。メガホンを取るのは、『プレシャス』などのリー・ダニエルズ。濃密なドラマとストーリー展開に加え、アメリカ近代史を見つめた壮大な視点にも引き込まれる。

<感想>本作は1950年代のアイゼンハワーから80年代のレーガンまで、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた、ユージン・アレンをモデルにしたフィクションである。実際のユージン・アレンは、トルーマン時代から在職していたそうで、退職後もオバマ大統領の就任時に、ある名誉を授かった人物。
実話の映画化ではないからといって、黒人問題を訴えて大統領を動かしたとか、キューバ危機を止めた影の立役者というような過度な装飾はされてはいない。
本作で大統領執事を務めるセシル・ゲインズをフォレスト・ウィテカー、静かなる男が品格と才覚で、世の中をサバイバルしていくリアルなストーリーである。彼は、大統領執事を務める上で、「見ざる聞かざるで給仕しろ」という上役の言いつけ通り、模範的な執事ぶりを見せるだけ。

キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争とアメリカが大きく揺れ動いていた時代。歴史の荒波に直面するのは彼の息子たちなのだ。白熱する親子間での思想的対立。父親は「政治には興味がない」というノンポリの態度を表面的に貫き、体制の中枢に居続けるのだが、その根っ子には小さい頃南部で奴隷として育ち、ある出来事で、綿の花畑で自分の父親が白人の主人に射殺されたトラウマがある。

やがて、ホテルのベルボーイにまで出世し、遂にはホワイトハウスからスカウトされる幸運を掴むのだ。ここまでこられたのは、路頭に迷った時に助けてくれた黒人の「2つの顔を持て」という言葉を胸に秘めていたからなのだ。白人たちに向けた顔と、黒人たちへの顔。息子たちが、それぞれの顔を持って戦う中で、セシルもホワイトハウスの中で白人に向けた顔をしながら、静かに戦っているのだ。同僚の黒人たちの昇進昇給を長らく求めていたというわけだ。

しかし、父親の働きで裕福な生活を得た長男のルイスは、大学まで進むインテリとなり日和見主義にしか見えない父親を批判して、公民権運動に参加し、何度も逮捕されて父親を悩ませる。アラバマでKKKに襲撃され、やがてはキング牧師との出逢い、ブラック・パンサー党への参加など、黒人版フォレスト・ガンプのようなアメリカ現代史を体験する。

そして次男は、国家のためにベトナム戦地へと赴くが、戦死してしまう。それに、妻はセシルが仕事に没頭するあまりに、寂しくてアル中気味である。
息子たちとは対照的に、セシルは最高権力者の姿を静かに見つめるだけだった。長男はそんな父親を嫌って、キング牧師に、父は白人に媚びていると告げ口する。しかし、キング牧師は言う、「執事は従属的と言われるが、人種間の憎しみを溶かす戦士なのだ」と。情勢の荒波が家族を翻弄していく様は痛々しいが、その絆の回復には時代の希望も宿っているようでもある。

共演陣では、ロビン・ウィリアムズのアイゼンハワー、ジョン・キューザックのニクソン、アラン・リックマンのレーガンなど歴代大統領の意外な配役も楽しいが、ナンシー・レーガンを演じた、かつての戦う女優、ジェーン・フォンダが円熟の味わいで演じているのも印象深いもんです。それに、幼少時代でのセシルの母親にマライア・キャリーが出ていて、ほんのちょっとだけなのでお見逃しなきよう。
「プレシャス」や「ペーパーボーイ/真夏の引力」と話題作が続くリー・ダニエルズ監督。彼はアフリカ系アメリカ人だが、本作では国家と家族、白人と黒人、父と子を対比させて、自らのアイデンティティに通じる物語を力強く描き出していると思う。
2014年劇場鑑賞作品・・・39 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビースト・ストーカー/証人★★★.5 | トップ | 7番房の奇跡 ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大統領の執事の涙 / Lee Daniels' The Butler (勝手に映画評)
ユージン・アレンと言う8代の大統領に使えた実在の執事の人生を元に描いた、1950年代から1980年代のアメリカの戦後史。 物語の始まりは、1920年代のアメリカ南部から始まるのですが、まだまだ黒人差別が有る時代が描かれています。ネタバレになってしまいますが、いきな...
映画『大統領の執事の涙』観てきた〜ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
奴隷から大統領執事になった男の目を通して、 アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。 公式HPはコチラ 実在の人物がモデルだそうです。 綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、 ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。 家働きの下男となり、そ...
大統領の執事の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) 人間いくつになっても学ぶことがあるな〜と改めて思い知る。
大統領の執事の涙 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。奴隷から大統領の執事に上り詰め、ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セシル・ゲインズと、その家族の人生を描くヒューマンドラマ。綿花畑の奴隷として生まれたセシルは、子供の頃父親を白人の主人に撃ち殺されてしまいますが、ハウスニガ...
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある....
劇場鑑賞「大統領の執事の涙」 (日々“是”精進! ver.F)
誇りと信念を持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402180001/ 【送料無料】大統領の執事の涙 [ ウィル・ヘイグッド ]価格:1,470円(税込、送料込) 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無...
『大統領の執事の涙』 2014年2月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『大統領の執事の涙』 を試写会で鑑賞しました。 リー・ダニエルズ監督が来日していて急遽登壇いたしました。 陽気な監督でした。(ちなみに黒人です) 【ストーリー】  綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルの...
大統領の執事の涙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け、...
大統領の執事の涙 (心のままに映画の風景)
奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。 南部の農園で両親と働くセシル・ゲインズは、農場主に父親を殺された後、ハウス・ニガーとして作法を叩き込まれる。 やがて町に出たセシル(フォレスト・ウィテカー)は、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボー...
大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
大統領の執事の涙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大統領の執事の涙』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、アイゼンハワーからレーガンまで7人のアメリカ合衆国大統領に仕えた黒人執事の半生を描いた映画であり、アメリカで大ヒットしたということなので、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、主人公の...
「大統領の執事の涙」 犬と狼 (はらやんの映画徒然草)
この作品のような黒人の公民権運動を題材にした作品を観ると、これがたった1世代前の
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
『大統領の執事の涙』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「大統領の執事の涙」□監督 リー・ダニエルズ □脚本 ダニー・ストロング □キャスト フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、       ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス...
大統領の執事の涙/フォレスト・ウィテカー (カノンな日々)
ホワイトハウスに34年間勤め7人の大統領に仕えていたという実在の黒人執事ユージン・アレンをモデルに主人公と彼の家族の姿を綴ったヒューマンドラマです。主演はフォレスト・ウィ ...
映画「大統領の執事の涙」 (FREE TIME)
映画「大統領の執事の涙」を鑑賞しました。
大統領の執事の涙 (映画好きパパの鑑賞日記)
 アイゼンハワーからレーガンまで、7人の大統領に使えた黒人執事を通して、アメリカの黒人史を俯瞰した物語。執事としての仕事同様、一歩引いて全体を見るような作品なので、ちょっと長く感じる部分もありましたが、要所ではっとする場面があり、いろいろ考えさせられま...
映画『大統領の執事の涙』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-21.大統領の執事の涙■原題:The Butler■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:1,800円■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:リー・ダニエルズ◆フォレスト・ウィテカー◆オプラ・ウィンフリー◆...
『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? (映画のブログ)
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして...
大統領の執事の涙 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワード、レ...
アメリカ現代史〜『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで 働くことになる。  1950年代から80年代にかけてのアメリカに実在した、7人...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと戦い。 早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の...
映画評「大統領の執事の涙」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督リー・ダニエルズ ネタバレあり
大統領の執事の涙 (miaのmovie★DIARY)
大統領の執事の涙 [DVD](2014/08/15)フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー 他商品詳細を見る 【THE BUTLER】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィ テカー)。ホテルのボーイと...
映画・大統領の執事の涙 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE BUTLER2013年 アメリカ アメリカ・ホワイトハウスでアイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンの7人の大統領に仕えた黒人執事・セシル(フォレスト・ウィテカー)の物語 実話に基づいているそうです 1926年、....