パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

図書館戦争 ★★★.5

2013年05月01日 | アクション映画ータ行
ベストセラー作家・有川浩の代表作で、コミック化、アニメ化もされた人気シリーズ「図書館戦争」を、岡田准一と榮倉奈々の共演で実写映画化。国家によるメディアの検閲が正当化された日本を舞台に、良書を守るため戦う自衛組織「図書隊」の若者たちの成長や恋を描く。
あらすじ: あらゆるメディアを取り締まる「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた正化31年。高校時代に図書隊に救われ、強い憧れを抱いて自身も図書隊に入った笠原郁は、鬼教官・堂上篤の厳しい指導を受け、女性隊員として初めて図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に配属される。個性的な仲間に囲まれ業務に励む郁は、かつて自分を救ってくれた憧れの隊員とは正反対のはずの堂上にひかれていく。監督は「GANTZ」2部作の佐藤信介。

<感想>有川浩の人気シリーズの第1巻部分を映画化。人々が読書の自由を失い、メディアに対する体制側の検閲や武力行使も当たり前になった“正化”という時代の日本で、良本を守るために活動する図書隊の新米女性隊員、笠原郁の成長と恋愛を綴る。
本を読む自由と言われても、ピンとこないかもしれない。だからこそ本作が描くパラレルワールドの日本では、国家によるメディア検閲が正当化されてしまったのである。失われて初めて知る、読む自由の尊さ、だってそれは知る権利、思想や表現の自由と同義であり、つまり自由そのものなのだから。

そんな時代に自由を守ろうと図書館側から生まれたのが、自衛組織“図書隊”。高校時代に大好きな本と自分を助けてくれた図書隊員を“王子様”と憧れ、榮倉奈々扮する笠原郁が入隊してくる。それを待ち受けるのが、岡田准一扮する鬼教官の堂上。ことあるごとに衝突する、2人の掛け合いも見ものです。ぐうの音もでないほどズケズケと叱りながら、何か起きれば必ず助けに来てくれる堂上は、ちょっと怖いが間違いなく女子の憧れの上司像。笠原郁に対する厳しさも、ある理由があってのこと。そのあたりの胸キュンな展開も堪りませんね。

奈々ちゃんが柔道で堂上に負かされ、悔しくて背後からドロップキックをかますシーンには驚きですから。奈々ちゃんが普通より背が高いからかもしれませんが、岡田くんって背が低いんだよね。そんな自分ばかりをしごく堂上にも、心惹かれるようになるのだが、そんな中、いつも自分をコケにする手塚から「付き合って欲しい」と愛の告白を受ける郁は複雑な心境ですよね。

良化隊に対し、武力行使を認められている図書隊は、不測の事態に備えて、常に厳しい軍隊レベルの過酷なトレーニングを積んでいる。ランニングはもちろん射撃訓練、山中での野営訓練など過酷な訓練が行われ、それは自衛隊そのものに見えた。
図書隊は、図書館内に限定されるという条件つきで、重火器の使用が認められている。図書館に攻め入る良化隊との攻防は、時に死者を出すこともある。それでも本を守りたい彼らの情熱に胸を打たれます。

メディア良化法とは?・・・公序良俗を乱すメディアを取り締まるために国が制定した法律。違反図書には厳しい検閲が行われ、良化隊という組織が執行の権限を持つ。図書隊は、それに図書館法で対抗する。


小田原の情報歴史図書館の閉館が決まり、図書隊はそこに保管されていたメディア良化法成立の裏事情を記した報道資料を巡って、良化隊と戦うことに。
そしてついにメディア良化隊と図書隊との全面戦争の火蓋が落とされる。そんな中、司令長仁科の石坂さんと奈々ちゃんが良化隊に拉致され、人質に捕られるという騒ぎが。2人を助けるためには居場所が分からず、そこに指令長の義足に付けれていたGPSで居場所を突き止め救助に向かうのだが、相手はまるでヤクザのような強面の男たち、指令長の片足を拳銃で撃ちもう少しで奈々ちゃんにも被害が、・・・。

そこへ追跡装置で来た堂上と小牧が助けに来る。堂上とバディを組む小牧には「相棒」の田中圭が扮して、爽やかな雰囲気でいいですね。

銃撃戦や肉弾バトルなど、ド派手な激しいアクションの中ではじける図書隊員らの熱い想い。「SP」シリーズで高い格闘センスを見せた岡田くんが、さらにパワーアップしてスピーディで切れ味鋭い立ち回りを披露します。
自由に本を読み、自由にものを考え表現できる未来を、子供たちに残そうと。武器を手に命懸けで戦う彼らに全身が熱くなり感動します。
2013年劇場鑑賞作品・・・91  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奪命金 ★★★ | トップ | ベラミ愛を弄ぶ男  ★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「図書館戦争」 (日々“是”精進! ver.F)
本が、未来を伝える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304290001/ 図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)有川 浩 徒花 スクモ 角川書店(角川...
「図書館戦争」何か、スゴイよ!この映画!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[図書館戦争] ブログ村キーワード  「阪急電車」「フリーター、家を買う。」の著者、有川浩原作の大人気小説シリーズが、コミック化→アニメ化→アニメ映画化に続き、遂に実写映画化!「図書館戦争」(東宝)。近未来の架空の日本を舞台に、“SF”“戦闘アクション”...
図書館戦争 (Akira's VOICE)
百科事典のような面白さ。  
図書館戦争 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 今に見てろ!チビ、大っきらい!(爆)
図書館戦争/岡田准一、榮倉奈々 (カノンな日々)
私の大好きな作家・有川浩さんの代表作「図書館戦争」が実写映画化され待望の公開日を迎えました。私も原作を読んだとき、これを実写化するなら主人公の笠原郁役は榮倉奈々さんし ...
「図書館戦争(実写・2013)」 原作に忠実 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんの小説「図書館戦争」の実写映画化作品です。 有川さんと言えば、4-6ク
図書館戦争 (勝手に映画評)
シリーズ発行部数400万部を超える大人気小説の映画化。いきなり言ってしまいます。イイです!結構良いです! 主演は、雑誌『ダ・ヴィンチ』の読者投票で、それぞれ1位を取った岡田准一と榮倉奈々。いやぁ、投票一位だけあって、確かにイメージにピッタリの配役ですね。....
図書館戦争 (だらだら無気力ブログ!)
榮倉奈々の制服姿がイイ!
映画「図書館戦争」感想&疑問 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「図書館戦争」観に行ってきました。有川浩の同名小説を原作とする、岡田准一・榮倉奈々主演のSFアクション大作。「図書館戦争」は、元々アニメ化された後に「図書館戦争 革...
<図書館戦争 試写会> (夢色)
ようやく公開に間に合った。。。ずーっと楽しみ半分 緊張半分 で待ってた図書館戦争 試写会 レポ。ネタバレ かつ 超個人的 かつ 読んだor観た前提で書く感想 & あるパートに毒吐き ですので、観たくない方は回れ右で〜。まず最初に、どうやってあの世界状況を説...
「図書館戦争」政府の規制と戦った先にみた表現の自由を守るためどんな圧力にも屈しない図書隊の自由を守るための戦い (オールマイティにコメンテート)
「図書館戦争」は有川浩原作の「図書館戦争」を映画化した作品でメディア良化法という有害図書を規制され自由の表現ができない世界で自由の表現を守るべく図書隊が設立され自由を ...
図書館戦争 (にきログ)
さて、こちら有川浩さんの小説原作の映画ですね 私は原作小説は読んだことはありませんが、TVアニメは1、2話だけみてます そのときはどうにも作品に入り込めずに視聴を断念したんですよね なので映画...
図書館戦争 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/27公開 日本 128分監督:佐藤信介出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二 本のために、あの人のために。 [Story]メディアに対する取り締まりを正当化する法律&ldquo...
[映画『図書館戦争』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予備知識がなく観ました。  基本、私は、この、なんちゅうか、ライトノベルによく見られるような、例えば、生徒会や図書委員会、風紀委員みたいなのが一つの権力のように描かれるような作品が嫌いで、  この作品も、その流れのものだと思っていた。  そしたら、書...
図書館戦争 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「図書館戦争」監督:佐藤信介 出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二配給:東宝 概要 ...
『図書館戦争』 (みかん星人の幻覚)
本好きを夢中にさせている、有川浩さんのシリーズ『図書館戦争』を、雑誌『ダ・ヴィン
『図書館戦争』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「図書館戦争」□監督 佐藤信介□脚本 野木亜紀子□原作 有川 浩□キャスト 岡田准一、榮倉奈々、栗山千明、田中 圭、福士蒼汰、西田尚美■鑑賞日 4月28日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、...
映画「図書館戦争」 (FREE TIME)
映画「図書館戦争」を鑑賞しました。
図書館戦争 (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター3 鑑賞日時:5月28日 評価:A- 原題:図書館戦争 LIBRARY WARS 製作:2013年 日本 監督:佐藤信介 出演: 岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰 西田尚美 橋本じゅん 相島一之 栗山千明 石坂浩二 映画生活  ※ネタバレを含...
図書館戦争 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
図書館戦争 '13:日本 ◆監督:佐藤信介「GANTZ」「砂時計」 ◆出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二 ◆STORY◆メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化...
図書館戦争 実写(2013) (単館系)
図書館戦争 MOVIXさいたま 2013年4月27日公開 メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が 施行されてから30年がたった日本。 読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつ...
「図書館戦争」 (ここなつ映画レビュー)
「図書館」と「戦争」。息子の二大好きな単語がタイトルの作品、何しろ夜道で判明できない程真っ黒に日焼けした野球少年なのに歴年図書委員だし、勝負に対する執着はあまりの事に学童保育クラブの先生に注意を受けた事がある程。「図書館戦争」が公開されるや否や、観に...
図書館戦争 (銀幕大帝α)
2013年 日本 128分 アクション/ロマンス/コメディ 劇場公開(2013/04/27) 監督:佐藤信介『GANTZ』 原作:有川浩『図書館戦争』シリーズ 出演: 岡田准一:堂上篤 榮倉奈々:笠原郁 田中圭:小牧幹久 福士蒼汰:手塚光 西田尚美:折口マキ 橋本じゅん:玄田....
映画評「図書館戦争」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり
図書館戦争 (いやいやえん)
設定が面白い上に軽いロマンス部分がいい味を引き立ててくれてる。憧れの王子様が誰かなんてすぐわかっちゃうもんね。岡田くんはジャニーズの中じゃ一番かっこいいと個人的に思っているので、目の保養にもなりました。 キャラクターたちは投票選出のイメージそのまま...
『図書館戦争』 (こねたみっくす)
苦難の中のチカラ。 これはこれでそこそこ面白い。けれどやはり「図書館戦争」という作品は実写化には向かない作品。しかも劇中に「所詮、戦争ごっこだろう」というセリフまで入 ...