パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

スノーホワイト ★★★★

2012年06月16日 | アクション映画ーサ行
グリム童話「白雪姫」をモチーフに、悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインの姿を描くアクション・アドベンチャー。監督は、CM界で華やかなキャリアを築き上げ、本作が長編デビューとなるルパート・サンダース。出演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、「ヤング≒アダルト」のシャーリーズ・セロン、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース

あらすじ:スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。
一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。
女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つ。だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、たくましく生きる能力を身につけていくのだった。女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。すべては自分のせいと心を痛め、たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……(作品資料より)

<感想>グリム童話の中でも人気の高い「白雪姫」といえば、雪のように白い肌で黒檀のように黒い髪を持つ美しさと素直さが取り柄だが、困難に対して極めて受け身。対して本作でのスノーホワイトは能動的でタフな女性、自ら甲冑をまとい戦場を駆け巡る“勇ましさ”をプラス。
塔から脱走したスノーホワイトが、ただのか弱きプリンセスではないことが目に見えて明らかになる。ラヴェンナの側近を殴り付け、地面のくぼみにスライディングして追手をかわし、断崖から海へ迷わずダイブする。

そして、何が待ち受けているのか分からない薄暗い森の中でも、勇気をもって突き進む。霧が深く正体不明の黒い生物がうごめくこの森の描写、映像のトーンを徹底してダークな幻想的で、ゴシック風の恐怖を感じさせる。
黒いカラスが砕け散るかのような暗闇の中の軍隊消滅や、森の中でカラスの群れに変貌するラヴェンナの変身などのVFX描写も、とりわけ目を引くのはラヴェンナが対話する「魔法の鏡の精」、通称ミラーマンである。鏡の中から液体のように流れ出して人型に姿を変える、その様は「ターミネーター2」の殺人マシン、T-1000金色バージョンとも言うべき異様な雰囲気を醸し出している。
そしてラヴェンナが若い娘の精気を吸い取る時には、犠牲者の顔が瞬時に老けるシーンのインパクトも抜群。観るものに否応なしにダーク・ファンタジーの世界に引き込まれるに違いない。

黒い森でサバイバル術を身に着け、リーダーシップに目覚め、闇に支配された凶暴な怪物トロールに遭遇するも、しまいには先陣をきって攻め込む勇ましさ。女王が放つ追手を退治していくさまは、「バイオハザード」のアリスを彷彿とさせるアクション・ヒロインの誕生を予感させる。演じるは「トワイライト」シリーズでお馴染みのクリステン・スチュワート。研ぎ澄まされた美貌、決して可愛子ちゃんと呼ばせない自分の身は自分で守ろうとする頼もしさ、彼女にとってはまさに新境地の役でしょう。

ラヴェンナが永遠の美を手に入れるためには、スノーホワイトの心臓を口にするしかない・・・。ラヴェンナに扮するシャーリーズ・セロン、「そりゃあなたが世界一の美女です」と、鏡に成り変って言ってあげたいところだけど、彼女の怪演を目の当たりにすると、そんな気持ちも吹っ飛んでしまう。怒りを爆発させるように絶叫し、側近である弟に役立たずと言わんばかりにビンタを食らわせるすがたは強烈ですから。表情やセミヌードに妖艶さを感じさせる一方で、老けメイクによる醜悪な顔に変貌する様には、圧倒的な存在感を見せつけまさしくこの映画の影のヒロインと呼ぶべきだろう。
また自分が世界一美しいと信じている女王ラヴェンナ「魔法の鏡」に「森に住む7人の小人」と「毒りんご」といった原作のキーワードも登場。

白雪姫を守る頼もしい二人の男には、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースが荒くれ者のハンターでマサカリ持って登場。また幼馴染みのウィリアム王子には「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」のサム・クラフリンが、どちらも頼もしいキャラクターではあるが、原作にない役に挑んだヘムズワースは、精神的な傷を克服するドラマチックな存在で印象的である。

どうしてかって、毒りんごを食べた白雪姫をキスで蘇らせる“運命の人”が、王子さまではなくてハンターのヘムズワースだったのですから。
それに、白雪姫にはかかせない森の番人である7人の小人たちだ。有名なところでは「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」で黒ひげ役を演じたイーアン・マクシェーンや、ベテランのボブ・ホスキンズ、「裏切りのサーカス」のトビー・ジョーンズ。
「ヒューゴの不思議な発明」でおじさん役のレイ・ウィンストン、「宇宙人ポール」ニック・フロストといったイギリスの名優たち、このキャスティングだけでも唸ってしまうはず。

メガホンを取ったのは本作が長編デビューとなるルパート・サンダース。
退廃的な美しさをたたえた美術、ラヴェンナの体がカラスの群れに代わるショットに代表されるCGやスローモーションを効果的に使ったアクション。Xbox他のCMで各国の賞を制したサンダース監督が、独自のビジュアル・センスを発揮している。
とにかく“戦う白雪姫“というキャッチコピーの印象が強い本作の主人公だが、実際は強いだけなく危いさや可愛らしさも兼ね備えたヒロインであり、そんな複雑なキャラクターを見事に演じきったクリステン・スチュワートは、これでまた女優としての幅を一層広げたと言えるでしょう。だが、やはりシャーリーズ・セロンの怪演には、まだまだ届かない。それくらい彼女はインパクトがあった。
2012年劇場鑑賞作品53 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
     
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミッドナイト・イン・パリ  ★★★★ | トップ | ホタルノヒカリ      評価... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
T-1000金色バージョン (えい)
2012-06-30 12:06:37
こんにちは。

>その様は「ターミネーター2」の殺人マシン、T-1000金色バージョンとも言うべき

なるほど。
どこかで観た感じと思ったら、
ここに原点ありでしたね。
あのシーンは好きです。
森の中も好みだな。
こんにちは。 (健太郎)
2012-08-12 15:54:29
こんにちは。

何か派手になってて、「白雪姫ってこんなんだっけ?」と終始悩みっぱなしでした。

狩人でしたっけ? 随分とワイルドなのが出てましたけど、あんなのが居たら白馬の王子様の出番が無いんじゃ…

魔女がホントに魔女してて怖かったです。
えいさんへ (パピのママ)
2012-08-20 13:39:45
T-1000金色バージョン>このシーンかなりインパクトあったので、思い出しました(苦笑)
森の中のダークな雰囲気も、カラスの群れから変身するシーンとか、シャーリーズが、おもいっきり自分を出して怪演でしたね。
健太郎さんへ (パピのママ)
2012-08-20 13:49:37
コメント感謝です。
か弱い奇麗な白雪姫なんてのは、子供のころの幻物語?
継母と戦う戦士、白雪姫なんて発想が面白いんですよ。
この作品は、継母のシャーリーズが、いつものことだけどハマり役で、かなりインパクトがありました。
ジャンヌダルクのような白雪姫だから、白馬に乗った王子様のキスでは目が覚めない。
マッチョな狩人のヘムズワースが目だって、王子様の出番なしって、根本的に脚本が違うのでしょう。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
スノー・ホワイト (風に吹かれて)
甲冑を着た白雪姫公式サイト http://snowwhite-movie.jp雪のように白い肌、血のように赤い唇、漆黒の髪を持つ王女、スノーホワイト(クリステン・スチュワート)。母の死後、ラヴェンナ(
『スノーホワイト』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのス...
スノーホワイト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN】 2012/06/15公開 アメリカ 127分監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・....
スノーホワイト (だらだら無気力ブログ!)
まさかの「もののけ姫」。
スノーホワイト/Snow White and the Huntsman (LOVE Cinemas 調布)
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリック...
劇場鑑賞「スノーホワイト」 (日々“是”精進! ver.F)
スノーホワイト、いざ戦いの時… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206150000/ Snow White & The HuntsmanSoundtrack Republic 2012-05-29売り上げランキ...
スノーホワイト/シャーリーズ・セロン (カノンな日々)
予告編を目にするといつも思うことがありました。グリム童話『白雪姫』の名シーンの1つでもある女王が「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるあのシーンなんですけど ...
「スノーホワイト」 (或る日の出来事)
白雪姫のクリステンさんの映画というよりは、継母のシャーリーズ姉御の映画ですね。
スノーホワイト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10)(10) 戦う白雪姫、新しい神話がココに始まる。
スノーホワイト (そーれりぽーと)
「クリステン・スチュワートて世界で一番美しいのとは違うと思うんだけど」と思いながら、『スノーホワイト』を観てきました。 ★★★ どう見てもシャーリーズ・セロンの方が美しいです。 残念。 老けメイクしてても鬼の形相してても継母女王の方が圧倒的に美しいなんて...
美しさは権力なのか 『スノーホワイト』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
スノーホワイト (Akira's VOICE)
中途半端が点在していて立ち上がる心が整わない。  
『スノーホワイト』 (ラムの大通り)
(原題:Snow White and the Huntsman) ----- 今日は、フォーンが前から観たいと言っていた『スノーホワイト』。 なぜ、観たかったかって? それは、もともとは童話のこんな子供向けのお話が どうやって、2時間を超える、しかもスペクタクルな作品になるか、 そこに興味...
『スノーホワイト』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い!ただ盛り上がってほしい場所では全然盛り上がらない脚本のまま続編製作決定は早計すぎるのでは? グリム童話「白雪姫」をダークファンタジーにアレンジしたこの ...
映画「スノーホワイト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたア...
[映画『スノーホワイト』を見た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~ん、ユニバーサル映画100周年作品。  『バトルシップ』も良かったけど、見終えて思うに、この「スノーホワイト」も「同じテイスト」で、頑張って作られてますね^^  誰もが知っている「白雪姫」を、世界構築型ファンタジーとして、豪快かつ繊細、更には、や...
スノーホワイト/SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN (いい加減社長の映画日記)
白雪姫かぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。 この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。 しかし、スノーホワイト....
スノーホワイト (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  いわゆるおとぎ話の『白雪姫』である。だがこれまでにアニメや実写で何度も映画化されているため、まっとうな展開では誰も興味を持たないだろう。従って本作では、かなり捻りを入れて、従来作品にない特長を醸し出している。  まず魔女役にシャーリーズ・セロ...
スノーホワイト 自然に逆らうものと、自然と共生するものの闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -2-】 今年の父の日は何事もなく終わった・・・( ̄ω ̄;)エートォ... 白雪姫ってディズニーのアニメとその絵本でしか知らないが、もともとグリム童話なんだから、ディズニーでのお話しと違ってかなり残酷なお話しなんだろうとは思っていた、だからこの映画は、そ...
スノーホワイト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月23日(土) 20:00~ ユナイテッド・シネマ豊洲7 料金:1000円(割引) 『スノーホワイト』公式サイト 白雪姫。 シガニー・ウィーバーの鬼婆のがあったが、あっちは観ていない。 今回の悪役は、シャーリーズ・セロン。クリステン・スチュアートもベラでない...
スノーホワイト (心のままに映画の風景)
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ...
スノーホワイト (心のままに映画の風景)
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ...
スノーホワイト (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「スノーホワイト」監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート(『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』『エクリプス/トワイライト・サーガ』)シャ ...
映画「スノーホワイト」@品川プリンスシネマ (新・辛口映画館)
 公開2週目、日曜日の夜。上映館となったシアター9には30名弱くらいの客入りだ。   スノーホワイト (竹書房映画文庫)竹書房 リリー・ブレイク Amazonアソシエイト by
『スノーホワイト』 2012年51本目 MOVIX仙台 (映画とJ-POPの日々)
鑑よ鑑よ鑑さん。 この世で最も美しいのは誰? 『スノーホワイト』 グリム童話でしたっけ? 雪のように美しいお姫さまが魔女に毒リンゴを食べさせられてしまって、白馬の王子さ ...
映画『スノーホワイト』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチ...
スノーホワイト (いやいやえん)
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存...
スノーホワイト (Snow White and the Huntsman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性の話題を話したりすると、途端に不機嫌になる女性が。「あらヤダ!惚れられてんじゃない...
『スノーホワイト』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:127分  原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  配給:ジェネオン・エンターテイメント  監督:ルパート・サンダーズ  主演:クリステン・スチュワート  ...