パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

怪物はささやく★★★★

2017年08月02日 | アクション映画ーカ行
パトリック・ネスによる小説を、『インポッシブル』などのJ・A・バヨナ監督が映画化したダークファンタジー。病に侵された母親と暮らす孤独な少年と、彼に「真実を語れ」と迫る怪物の奇妙な交流を描き、スペイン版アカデミー賞ともいわれるゴヤ賞を席巻した。主演は、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』などのルイス・マクドゥーガル。母親役をフェリシティ・ジョーンズ、祖母役をシガーニー・ウィーヴァー、怪物の声をリーアム・ニーソンが務める。

あらすじ:母親が重病に侵されている13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。ある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現われ「わたしが三つの真実の物語を語り終えたら、四つ目の物語はお前が話せ」と告げ、さらにコナーが隠す真実を語れと言う。コナーは断るが、それを境に夜な夜な怪物が現れるようになり……。

<感想>前から観たかったのですが、東北では中々上映してくれずやっと観られるとワクワクして鑑賞。真夜中に現れて物語を語る怪物と、心の奥に秘密を隠した少年が交わした“魂の契約”を描いているダークファンタジー。

「パンズ・ラビリンス」の制作陣が映画化したそうで、映像の迫力もさながら夢物語とは思えないほど素敵でした。出演は少年コナーにルイス・マクドゥーガルが扮していて、末期がんで余命宣告を受けた母親を自宅で看病するために、祖母のシガーニー・ウィーヴァーがやってくる。

しかし、口やかましい祖母が苦手な彼は、自分の部屋にこもって夢を見ます。
何とも恐ろしくダーク・ファンタジーなのだが、一度映画の中に入ると、その魅力に引き込まれていき後戻りが出来なくなる。そんな魔力とも言うべき不思議な力を備えたスペイン映画であります。

主人公が13歳の少年、まだまだ心が幼くて、少年の部屋の裏窓から見える教会の墓地が見える家に病気の母親と住んでいる。父親は外国で新しい家庭を築いているし、祖母とは反りが合わず、どうしても好きになれない。学校では浮いた存在で、いじめっ子の標的。

そんなコナーの心に宿った闇は、12時7分になると現れる、巨木の怪物を生み出していた。怪物はコナーに、3つの物語を聞かせるから、4つめはお前が真実を語れ、と迫ってくる。

その真実とは?毎晩のように悪夢にうなされる少年は、これだけで気が滅入ってしまいそうだが、本題はこれからで、その少年のもとにイチイの木の“怪物”がやってきて、包み隠さず心の真実を話すのだと言うのだから恐れ入る。

それに怪物が語る物語の世界を行き来するうちに、少年はママの病気の快復を必死で信じて、願いながらも葛藤する、少年の心そのものなのですね。ですが、このような物語の展開を見ているだけでは、この映画の良さは伝わらないと思う。

特筆すべきは、プロダクション・デザインを担当した「パンズ・ラビリンス」のチーム。幻想的な映像の中に光る鮮やかな色彩。特に物語の中心的な役割をになう自然の化身の「怪物」は、手作りパーツとデジタル・パーツを組み合わせたほか、アニマトロニクスやモーション・キャプチャーを駆使して、よりリアルなものに仕上げている。

そして、中でも観客の心をとらえて離さないのは、「怪物」役のリーアム・ニーソンの声の演技にほかならない。それは、少年に次々と物語を語ることを迫り、ついには少年の心の奥深くに隠された潜在意識まで掘り起こす重要な役割なのだから。

ですが、スクリーンに怪物のリーアム・ニーソンの優しくも温かな低音の声が響き渡ると、少年ならずともついに本心を打ち明けてしまいそうになるから、さすがである。ラストの母親との別れに涙を流し、少年は現実を目の当たりに捉えて、真実と対峙して乗り越え、現実を受け入れて生き抜く力を得るのだ。

2017年劇場鑑賞作品・・・173映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京喰種 トーキョーグール★★... | トップ | トランスフォーマー/最後の... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーカ行」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『怪物はささやく』 (beatitude)
難しい病を抱えた母親(フェリシティ・ジョーンズ)とともに墓地が見える家で暮らす13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。そんなコナーのもとに、......
怪物はささやく (映画的・絵画的・音楽的)
 『怪物はささやく』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだなと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、教会の鐘の音がした後、教会が壊れて......
怪物はささやく (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2.5点】(11) 意味不明の映画に遭遇した感じ
怪物はささやく・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
怪物を呼んだのは誰か。 
重い病気にかかったママを持つ、孤独な少年の元に、夜な夜な巨大なイチイの木の怪物が現れて、三つの物語を語って聞かせる。
 怪物は、三つ目の物語......
怪物はささやく (あーうぃ だにぇっと)
怪物はささやく@よみうりホール
『怪物はささやく』 (こねたみっくす)
12時7分に現れる怪物。13歳の少年が抱く葛藤。それが人生。 これは優しさに溢れた映画だ。だが13歳の少年に酷な現実を突き付ける映画だ。でもそれは誰もがいつかは通らなければな......
17-182「怪物はささやく」(アメリカ・スペイン) (CINECHANが観た映画について)
物語には二面性がある  教会の墓地が見える家で母親と2人暮らしの13歳の少年コナー。母親は不治の病のために余命わずかで、しつけに厳しい祖母とはソリが合わず、おまけに学校で......
怪物はささやく (ネタバレ映画館)
大人になったベビー・グルート
怪物はささやく(2016)**A MONSTER CALLS (銅版画制作の日々)
 その怪物が喰らうのは、少年の真実――。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。やや物足りなさも感じたが・・・・・。47歳でこの世を去ったシヴォーン・ダウドが遺したアイディアをパト......