パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー★★★.5

2014年09月14日 | アクション映画ーカ行
犯罪歴のあるメンバーによって構成された、マーベルコミックス発の異色のヒーロー集団を映画化したSFアクション。無限の力を持つパワーストーンを盗んだ主人公が、刑務所で出会った凶悪犯らと共に宇宙滅亡を阻止するための戦いに挑む。メガホンを取るのは『スーパー!』などのジェームズ・ガン。主人公を『マネーボール』などのクリス・プラットが演じるほか、ゾーイ・サルダナやベニチオ・デル・トロが共演、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼルが声の出演を果たす。擬人化されたアライグマや樹木といった、個性的で凶暴なヒーロー軍団の活躍に注目。

<感想>マーベル作品から新たなチームが降臨した。銀河系の「お尋ね者」たちによる、豪快で奇想天外なアドベンチャーである。強大なパワーストーン「オーブ」を巡る攻防が、驚くような風景の惑星や、ハイテク武器に宇宙船を駆使したバトルで描かれ、めくるめくる体験が待ち受ける。監督は『スーパー!』のジェームズ・ガン。

強烈なキャラたち、命知らずの冒険野郎のピーター・クイル、地球生まれの人間で、9歳の時に母親が死に宇宙船で連れ去られた。その後トレジャー・ハンターになり、常に前向きで行動派で、ガーディアンズを率いっている。演じるは「マネー・ボール」のクリス・プラット。
美しき暗殺者ガモーラ。宇宙の暗殺者として育てられた、緑色のセクシー美女で、「闇の存在」の指令で、「オーブ」を狙っていたのだが、ピーターの仲間になると決意する。演じるのは「アバター」や「スター・トレック」で宇宙のアクションはお任せのゾーイ・サルダナ。

戦術の天才のロケット。天才的な知能を持ち、武器を操るテクニックも無敵で、宇宙で最凶のアライグマだ。体は小さいが性格はとにかく好戦的。だが、口も悪い。声はブラッドリー・クーパーが、ぴったりのハマリ役でした。

樹木型ヒューマノイドのグルート。手足を自由に伸ばして相手と戦う。枝が折れても再生可能。話す言葉は「私はグルート」のみだが、相棒のアライグマのロケットとは意思の疎通可能なのだ。声は、「ワイルド・スピード」のヴィン・ディーゼルが担当して声の妙技を見せている。
そして、野獣の力を宿し、体の色が赤茶肌で刺青をしているドラッグス。宇宙一の筋肉が自慢で極悪の囚人たちからも恐れられる存在。妻子を殺され、その復讐を果たすためにピーターと手を組むことになる。演じるは、元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ。ド迫力の筋肉美を披露。
それに、悪役の「オーブ」を狙う「闇の存在」の親玉のサノス。宇宙の秩序を保つザンダー星を、オーブのパワーで破壊しようとしている。
そして、ガモーラと一緒に育てられた妹で、オーブを奪えないガモーラに苛立ち、ガーディアンズを攻撃してくる。

他にもザンダー星を統治する指導官役で貫録の演技を見せているのはグレン・クローズ。そして、ザンダー星の警察組織の一員で、ピーターを逮捕する男に「」のベテラン俳優ジョン・C・ライリーが。忘れてならないのが、オーブに興味を示す宇宙の収集家で、その怪しい雰囲気は、この人ならではというベニチオ・デル・トロのコレクター役である。宇宙服を着た犬がペットで、最後で助かっているので、続編でも活躍しそうである。

物語は、パワーストーンを集めているのが、闇のボス、サノスで、オーブを狙う「闇の存在」の親玉。サノスは「アベンジャーズ」でも最後に姿を見せている。そして、「アベンジャーズ2」と3にもパワーストーンの話が繋がっていく。6つのストーンが集まれば、抵抗不可能のパワーになるというわけで、今後の「アベンジャーズ」や「ガーディアンズ」の続篇でも、その動向が描かれるのは確実。

劇中で流れる60年代後半~70年代にかけての全米でヒットしたポップ・ナンバーの名曲がふんだんに流れてくるのに驚き。人間と宇宙人の間に生まれたピーターは、今までの超人的能力を得たヒーローとは違って、特殊能力を持ってない普通の人間。9才で母親を亡くした時、病院の廊下で聞こえる「アイム・ノット・イン・ラブ」。この当時はウォークマンで、カセットテープを聞くのが普通。刑務所脱走シーンではルパート・ホルムズの「エスケイプ」が流れる。それに、“ジャクソン5”の69年デビュー曲でもある「帰ってほしいの」。もっとたくさんあるのだが、70年代の名曲№が映画の中で聞けるのも中々いいもんだ。

その後、少年は宇宙人に拉致され、成長後は惑星間を渡り歩くトレジャーハンターになったのだという。超高額の秘宝「オーブ」を手に入れたピーターは横流しを図るも、その「オーブを欲する「闇の存在」一派のローナンが放った暗殺者のガモーラや、賞金稼ぎのロケットとグルートの二人組に狙われる。まとめて刑務所に捕えられた彼らは、ローナンへの復讐を誓うドラックスと出会う。一時的に手を組んで刑務所を脱走、行動を共にするうちに秘宝オーブで、惑星破壊を企むローナンの野望を知り、5人は団結してローナンに立ち向かう。
その「オーブ」の球体を割ると中には紫の石が、その石を握ると普通の人間であったはずのピーターが、驚きのパワーを発するのだった。

しかし、取り巻く敵味方の宇宙人も、原色に近い赤・緑・青の星人男女がいっぱいだ。まるでパルプフィクション全盛期のスペースオペラを連想させる。
愉快な5人組みの冒険として作られている漫画的発想。映画には底抜けの娯楽だって必要とばかりに、アライグマがぼやく、「何だって銀河を救いたがる」それにピーターが答える「だって俺がいる世界だから」。
この単純明快すぎる真理こそ、娯楽映画から欠けたものではなかったかと。そして、ピーターが最後に原典にある「スター・ロード」と名乗るこの映画は、マーベル・ヒーローの始まりの物語なのだそうです。
ピーターの父親も実は超人であり、「アベンジャーズ」や「マイティ・ソー/ダークワールド」に顔出ししているというのだ。だから「アベンジャーズ」続篇への興味を煽るところは、やはりマーベルの抜け目なさですよね。是非エンディングの最後までご覧ください。おまけの映像がありますから。
2014年劇場鑑賞作品・・・288 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なまいきチョルベンと水夫さん★★ | トップ | るろうに剣心 伝説の最期編 ★★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 (日々“是”精進! ver.F)
銀河を、救おうぜ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409130002/ 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無料】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ...価格:2,490円(税込、送料別) 【楽天ブックス...
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 (こねたみっくす)
地球を救うのは最強チーム、宇宙を救うのは最凶チーム。 偉大なるケビン・ベーコンへのダンス愛に溢れたコソ泥、恋を知らぬ緑色の殺し屋、連敗続きでも気にしない破壊王、心優し ...
映画:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Guardians of the Galaxy ぶっちゃけ、期待ハズレ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
マーベルの新作。 70年代のロック・ポップスがふんだんに登場する、はみ出し者たちの物語。 と聞き、いつものヒーロー色ぷんぷんのマーベル・シリーズじゃなさに期待してさっそく鑑賞。 最初は敵でしかないメンバーが、ひとつの目標に向かい、少しずつ結束してい....
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) マーベル作品のなかで、お笑い担当チームという位置づけか。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 2014年9月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 を鑑賞しました。 これは面白い でもどっかで見たような...映画でした。 【ストーリー】  自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパ...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (心のままに映画の風景)
幼い頃、地球から誘拐されたピーター・クイル(クリス・プラット)は、宇宙をまたにかけるプレイボーイのトレジャーハンターとなっていた。 70年代のヒット曲が入った母の形見のウォークマンを支えに、自ら“スター・ロード”と名乗り、どんなピンチも持ち前の悪知恵...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GUARDIANS OF THE GALAXY】 2014/09/13公開 アメリカ 121分監督:ジェームズ・ガン出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ジャイモン・フンスー、ジョン・C・ライリー、グレン・クローズ、ベニチオ・デル・トロ、リー・ペイス、マイケル・....
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (Akira's VOICE)
スターシップでフレンドシップ!  
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
幼い頃に地球から誘拐されたピーター・クィルは、今では”スター・ロード”と名乗るトレジャーハンターになっていた。そうと知らずに銀河を滅亡させるほどの恐るべきパワーを秘めた物体を盗み出してしまったピーターは、銀河中のお尋ね者となる。賞金稼ぎのロケット・ラク...
ガーディアン・オブ・ギャラクシー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」監督:ジェームズ・ガン(『ムービー43』)出演:クリス・プラット(『her/世界でひとつの彼女』『マネーボール』)ゾーイ・サルダナ(『ス ...
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 (ここなつ映画レビュー)
アメコミは所詮アメコミだから、それ以上のものやそれ以下のものを予想してはいけない。だから私がMARVEL印のものを観る時の基準は、主役がイケてるかイケてないか。今回のクリス・ブラットクンはすごく良かった!思わずクン付けしちゃう位。顔なんかもう覚えてやしないん...
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(3D吹替版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」□監督 ジェームズ・ガン□脚本 ジェームズ・ガン、ニコール・パールマン□キャスト クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、        ヴィン・ディーゼル(声)、...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (そーれりぽーと)
広がり続けるマーベル・シネマティック・ユニバース。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観てきました。 ★★★★★ マーベルと言えば、日本では『X-MEN』や『スパイダーマン』のアニメや映画が入ってきてたのと、『ハルク』の大昔の映画が入ってたくらい?『キャ...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/GUARDIANS OF THE GALAXY (我想一個人映画美的女人blog)
犯罪歴のあるメンバーによって構成された、 マーベルコミックス発の異色のヒーロー集団を映画化したSF ブラッドリー・クーパー主演次回作みてた時にタヌキみたいなキャラ出て来てなんだろーと思ってたら それがこれで楽しみにしてた 監督が「スリザー」や「スー...
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 スペースオペラへようこそ (映画のブログ)
 常々不思議に思っていた。  なぜ『スター・ウォーズ』のフォロワーが登場しないのかと。  ――などと書くと、たくさんあるじゃないかとお叱りを受けそうだ。  たしかに『スター・ウォーズ』の影響は絶大で、1977年の公開以降、『スター・ウォーズ』の流れを汲む...
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 (時間の無駄と言わないで)
マーベル映画。 「アベンジャーズ」に出てた面子と比べるとかなりマイナーな気がする。 主役も悪役も地味なキャスティングな一方で、声の出演でブラッドリー・クーパーにヴィン・ ...
「ガーディアンズオブギャラクシー」 (Con Gas, Sin Hielo)
爽快さを堅実に追求した娯楽良作。 今回、鷹の爪団の吉田くんが「1本スプーン」だの言って盛んに宣伝していた、TOHOシネマズ日本橋のTCX+DOLBY ATMOSのスクリーンで観たので、まずはその感想を。 正直TCXは単に大きめのスクリーンというだけで特に感動はなく。あれな...
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 (2014) (相木悟の映画評)
痛快なり、ならず者スペース・アドベンチャー! 最新技術を駆使したスペースオペラであるのは間違いないものの、どこか昔懐かしいノスタルジックな娯楽作であった。 本作は、マーベル・スタジオが抱えるご存じ『アベンジャーズ』プロジェクトの新勢力。あれだけ人気が....
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 運が悪いのに自らを“スター・ロード”と名乗るピーター・クイル(クリ...
[映画まとめ語り『舞妓』『剣心(最期)』『ガーディアンズ・オブ・・・』(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『舞妓はレディ』        周防正行監督は、見れば面白いが、あんまし好きな監督ではない。  今作も面白く、なんか素材はいいけど垢抜けない女の子が舞妓になる物語を、絶妙の主人公キャスティングで撮ったと思う。  ただ、これは、『Shall we ダンス...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (風に吹かれて)
ウォークマンで最強ミックスを聴こう 公式サイト http://studio.marvel-japan.com/blog/movie/category/gog 監督: ジェームズ・ガン  「スーパー!」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 (或る日の出来事)
キャラ立ちしすぎて、ゴキゲンだぜ。Oh,yeah!
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 紹介編? (はらやんの映画徒然草)
マーベル・スタジオが送り出す新たなヒーロー、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (だらだら無気力ブログ!)
思ってた以上に面白かった。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (映画好きパパの鑑賞日記)
 この手のSFアクションってあまり興味が無かったのですが、「スリザー」「スーパー!」と僕的にスマッシュヒットをしているジェームズ・ガン監督なので見に行ってきました。けれども、前2作と違ってビッグバジェットだったためか、想定内の作品でしかなかったのは残念...
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
踊る鉢植え、欲しい(´∀`) 「私はグルート(I am Groot)」最高!! 戦って良し、防御も最強、なのに癒し系(*'-') 最後はちっちゃくなってしまいましたが。性格も口も悪いアライグマでもほろりとする仲間思いの良い奴。命を投げ出して仲間を救う間際...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ロクデナシ軍団、銀河を救う。 いやあ、これはヒットする訳だ。 本国での評判通り、ムチャクチャ楽しい映画だった。 全世界で6億3000万ドル超を稼ぎ出し、現時点での本年度最大のヒット作となった、マーベルコミック原作のコミカルなスペースオペラ。 自分の事しか...
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」意外と泣ける (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
周囲の評判も良かったので、すっごく楽しみにしていた作品。やっと観てきたわ~~ 期待しすぎると良い事ないので、慎重な心構えで観たのがよかったらしく、爆笑はしなかったけど、緩い笑いと迫力のSFアクションのバランスが見事で満足まんぞく!! 何といっても思いがけ...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』 などのアメリカの人気ヒーロー映画を製作 しているマーベルスタジオの新作で、同社の キャラクターがコラボする『アヴェンジャーズ』 に連なる一本でもあるSFヒーロー映画 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が 公開、ア...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (いやいやえん)
【概略】 犯罪歴を持つ宇宙のお尋ね者5人が、ひょんなことから銀河滅亡を阻止するヒーローとなって活躍するアクション。幼い頃に地球から誘拐されトレジャーハンターとなったピーター・クイルは、悪党たちから追われる羽目に。 SFアクション 残念ながら、70~80...
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (銀幕大帝α)
GUARDIANS OF THE GALAXY 2014年 アメリカ 121分 アクション/アドベンチャー/ヒーロー 劇場公開(2014/09/13) 監督: ジェームズ・ガン 『スーパー!』 製作総指揮: スタン・リー 脚本: ジェームズ・ガン 出演: クリス・プラット:スター・ロード/ピー....
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (Guardians of the Galaxy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジェームズ・ガン 主演 クリス・プラット 2014年 アメリカ/イギリス映画 121分 アクション 採点★★★★ 育った環境が趣味嗜好に大きな影響を与えるって言いますが、確かにうちの実家は音楽に溢れてましたねぇ。ハワイアンでしたが。私の趣味嗜好にフラの要...
映画評「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ジェームズ・ガン ネタバレあり