パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ニード・フォー・スピード ★★★★

2014年06月21日 | アクション映画ーナ行
世界的な人気レーシングカーゲームを原案にしたカーアクション。天才レーサーが自分を裏切り陥れたかつての相棒に復讐(ふくしゅう)すべく、危険な公道レースに挑む。『ネイビーシールズ』などのスコット・ウォーが監督を務め、フォード・マスタングやランボルギーニなど世界のスーパーカーが多数登場し迫力のレースシーンが展開。テレビドラマ「ブレイキング・バッド」シリーズなどのアーロン・ポールを筆頭に、『17歳の肖像』などのドミニク・クーパーらが共演する。
<感想>日本では1994年に発売されたゲームソフトで、日本でのタイトルは「オーバードライブン」が原作。「ワイルドスピード」が面白かったので、自分ではレーシングカーや、高級外車なんて手が届かないので映画の中で楽しむのにはゴキゲンな映画でした。

でも、気になったのは公道でのカーレースですね。改造したフォード・マスタングのシルバーに青色の線が入ってカッコいい。それに時速370キロの体感が出来るとあっては、ハラハラもんです。何しろ公道ですから普通車も走っていることで、そこをするするとヌッて、驚いた車が急ブレーキ踏んで横転やらスピンして、出動したパトカーも横転して気の毒ですよ。それでも、結末に、「絶対に真似はしないで下さい」の断り書きがあったので、まぁ、素人にはあのドライビング・テクニックは無理だけどね。

それでも、次々と登場する超一流メーカーのランボルギーニ、マクラーレン、ブガッティといったドリームカーが飛び出してきます。交通法を度外視したスーパーカー同士のレースとクラッシュには、ドキドキさせられます。中でも、冒頭のレースでトビーが乗り込み、ポルシェやBMWを蹴散らして見せる、グラン・トリノ1969、紺色の車体が一番好きですね。
最後にお断りのメッセージが、全部スタントマンが運転し、監督も親子二代でスタントマンとして活躍したというスコット・ウォー監督。CGなしでの撮影に挑んでいるのだ。

物語は、性悪ドライバーのディーノが持ち込んできた、マスタングを改造して、金持ちに売りつけようというもの。破産寸前のトビーは仕方なく引き受ける。
改造マスタングは無事に感性し、高額で売買されたのだが、ディーノが「レースに買ったら、俺の分まで報酬を支払う」というのだ。

うまい話にはキオツケロってね、金持ちボンボンのディーノが、自分の車スェーデン生まれの超絶スピードカー、ケーニグセグ・アゲーラRを3台提供し、公道を最高速度440キロも出せると言われる車で勝負する。これには、ディーノが悪知恵を計画していて、金欲しさに乗ったトビーが悪いのだ。

赤、黄色、白と3台のケーニグセグ・アゲーラRが飛び出す。赤にはディーノが乗り、黄色には弟分のピートが乗り、白にはトビーが乗った。公道レースの危険は承知のとおり。先頭をきるトビーの後ろにピートの黄色が見えた。一番後ろのディーノが黄色い車にぶつける。スピンして崖下に堕ちていくピートの車。酷いのがそれからである。3台で競争していたのに、ぶつけた張本人ディーノがシラバックれて自分はそこにはいなかった。2台でレースをしていたと、罪をトビーになすりつけ、トビーは刑務所へ。

仮出所したトビーは、ディーノが出る公道レースでの復讐を誓うのだが、今いる場所がNY、から大陸横断して西海岸のレース開催地まで。トビーとカー・ブローカーの仲介人ジュリア(イモージェン・ブーツ)と改造車のマスタングで飛ばす飛ばす。
ところが、途中でディーノの仲間の邪魔が入ったり、警察のヘリやパトカーに追われて、50メートルジャンプや、ヘリで釣り上げてもらったり、挙句にはトラックに追突されて大破してしまう。どうする、ここまで来て、レースは明日なのに。セスナや軍隊のヘリまで操縦する黒人俳優さんは、誰なの?・・・上空からカーナビしてくれるので助かるけど。

それが、上手い具合になんとかなるんですよ。トビーの元カノがピートの姉で、ディーノの恋人に転向した。だが、ディーノの弟への仕打ちを知り、あの時ディーノが乗っていた赤いケーニグセグ・アゲーラRを探し当てる。その車があれば、トビーの汚名も晴れて、レースに勝てば賞金も入りピートへのはなむけにもなる。
というわけで、これは期待してなかったのに、驚くほどのかっこいい車とスピード体感に、ドラマ性もあり面白かったです。とにかくトビー役のアーロン・ポールは、キューピー顔であまりパットしないが、ゴール付近でクラッシュしたランボルギーに乗っているディーノを助ける場面に、男気がいいのに感心しました。
2014年劇場鑑賞作品・・・219  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ホスト 美しき侵略者 ★★.5 | トップ | 300 <スリーハンドレッド> 〜帝... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ニード・フォー・スピード」 (日々“是”精進! ver.F)
名誉を賭けたレースへ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406070001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック・スコア ニード・フォー・...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
ニード・フォー・スピード (Break Time)
今日は、曇りに一日で・・・
『ニード・フォー・スピード』 2014年5月23日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ニード・フォー・スピード』 を試写会で鑑賞しました。 今日のよみうりホールは空席が目立った。 (昨日も空いていたらしいw) 【ストーリー】  天才的なドライビングテクニックを持つレーサーのトビー(アーロン・ポール)は、パートナーのディーノ(ドミニク・ク...
ニード・フォー・スピード (だらだら無気力ブログ!)
カーシーンは見応えあったな。
ニード・フォー・スピード (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(11) 無実を証明するためニューヨークからサンフランシスコまで
ニード・フォー・スピード/アーロン・ポール (カノンな日々)
なんだかパッと観が『ワイルド・スピード』みたく感じる映像でしたが、何でも世界中でヒットした人気レーシングゲームを原案にしたカーアクション・ムービーなんだそうです。高級 ...
ニード・フォー・スピード (映画好きパパの鑑賞日記)
 同名の人気ゲームの映画化。もっと単純なレース映画かと思ったら、肝心のレースにたどりつくまでが長くてイライラ。131分もあるんだもの。間延びしちゃうよ。スーパーカーがクラッシュするのはファンだったら面白いのだろうけど、知っている車は出てこなかったし。  ...
ニード・フォー・スピード (試写会) (風に吹かれて)
無謀運転用例集公道では絶対ダメよ! 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/nfs6月7日公開 原案は同名のレーシングカー・ゲーム 監督: スコット・ワウ  「ネイビ
「ニード・フォー・スピード」 物語に無理がある (はらやんの映画徒然草)
「ワイルド・スピード」のようなカーアクション映画が好きなんですよね。 子供の頃は
ニード・フォー・スピード (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【NEED FOR SPEED】 2014/06/07公開 アメリカ 131分監督:スコット・ウォー出演:アーロン・ポール、ドミニク・クーパー、イモージェン・プーツ、ラモン・ロドリゲス、マイケル・キートン 法もルールも無い&ldquo;裏レース&rdquo;を舞台にチューンアップされた夢...
ニード・フォー・スピード (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月18日(水) 21:10〜 109シネマズ川崎10 料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 いい女もいい男もいない。 『ニード・フォー・スピード』公式サイト エレクトリック・アーツのロゴが出てくるんで、ゲームを原作をしている。 主人公...
映画「ニード・フォー・スピード(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ニード・フォー・スピード(字幕版)』 (公式)を本日、ファーストデイ にて劇場鑑賞。採点はかなり甘めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 天才的なドライビングテクニックと...
ニード・フォー・スピード (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ニード・フォー・スピード」監督:スコット・ウォー出演:アーロン・ポール ドミニク・クーパーイモージェン・プーツ ラモン・ロドリゲス マイケル・キートン配給:ウォルト・デ ...
ニード・フォー・スピード (銀幕大帝α)
NEED FOR SPEED 2014年 アメリカ 131分 アクション 劇場公開(2014/06/07) 監督: スコット・ウォー 『ネイビーシールズ』 製作総指揮: スコット・ウォー 編集: スコット・ウォー 出演: アーロン・ポール:トビー・マーシャル ドミニク・クーパー:ディー....