パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ゼロ・グラビティ3D ★★★★

2013年12月14日 | アクション映画ーサ行
トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。
スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。
ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。撮影は「トゥモロー・ワールド」も担当した名匠エマニュエル・ルベツキ。脚本はキュアロン監督と、監督の息子ホナス・キュアロンによる。
注意:全部ネタバレで書いてますので、あしからずご了承ください。
<感想>早速昨日、3Dで観てきました。舞台は地球上空60万メートル__音も酸素も気圧もない、無重力空間<ゼロ・グラビティ>。サンドラ・ブロックと、ジョージ・クルーニー扮する宇宙飛行士が、予測もしなかった事故によって宇宙空間に投げ出され、絶体絶命の危機に陥る。果たして二人は地球に戻ることができるのか?・・・。

「アバター」以来の臨場感あふれる3D映像とも称賛され、ジェームズ・キャメロン監督も「史上最高の宇宙映画」と絶賛したという。
まずは、冒頭から観る人を壮大な宇宙へ連れて行ってくれる。終りのない膨大なる空間、オープニングは、母親と子供を結ぶ“へその緒“のような、たった1本の管で繋がれた危うい生命の絆を頼りに、フワフワと無重力の無限の空間を遊泳する人間の姿が見える。それは人間が大自然の中ではいつも小さな、頼りのない存在であることを見せているかのようだ。
スペースシャトル・エクスプローラーの、テレスコープへ新しいシステムを取りつけるミッションを持って送り込まれたライアン・ストーン博士に、サンドラ・ブロックが演じてます。この女性は宇宙にいること自体どこか不安げで、居心地が悪そうに見えた。訓練を受け選ばれた宇宙飛行士なのに、どこか落ち着かない女って感じです。
もう一人は、余裕たっぷりのベテラン宇宙飛行士コマンダーのマット・コワルスキーには、ジョージ・クルーニーが演じている。彼はこれが最後のミッションだというので、新しく開発された命綱なしで宇宙を自由に飛べるジェットバックの機能性をテストしたりして楽しんでいる。

そんな時、ロシアの通信衛星の一つがミサイルで破壊され、大惨事に巻き込まれる。その通信衛星が粉々になり凄い勢いで破片が飛んで来るのだ。
あわてて、サンドラはミッションを早くすまそうとするも、時すでに遅しで粉々になった破片がビュンビュンと、それは3Dですので顔面の近くまで破片が飛んで来るような錯覚が恐怖です。それに、サンドラがぎゃあぎゃあとワメキ散らす声が煩くて、この女性は本当に半年間の訓練を受けた選ばれた宇宙飛行士なのか?・・・でも、人間は誰しも急な事態には、このように落ち着きがなくワメキ散らしてジタバタするものなのか。でも、このサンドラはとにかく性格もあるのでしょうが、ひどいですよ。どちらかというとコメディ要素があって、緊迫感を和らげるために選ばれたのかもしれませんね。

とにかく、彼女たちが乗っていたエクスプローラーが宇宙のゴミに破壊され、宇宙飛行士たちがその犠牲になってしまうのも、もちろん映し出され悲惨な現状です。
宇宙のゴミの破壊力は、使い捨ての古い衛星の破片や、過去のミッションで使われ放ったらかされた部品などが、ゴミの川のようになって、地球を回る軌道に乗りもの凄いスピードで飛び交っているんですから、これは恐怖です。
今、宇宙のゴミは深刻な問題になっていて、NASAがそれをケスラー・シンドロームと呼んで、危険性をすでに発表している。ゴミとゴミがぶつかり合って、さらにゴミの数が増える。宇宙飛行士たちがゴミの破壊力の危険にさらされているのは現実そのもので、それはいずれ地球にも影響を及ぼす可能性があるというのだ。
さて、宇宙空間に放りだされ生き残った二人は、地球とのコミュニケーションも断たれ、暫くは頼りにしていたマット(クルーニー)が「俺がハンサムで驚いたろう」とか「ソユーズ宇宙船へ行こう」と発案する。宇宙服もリアルで、手についた鏡で時おりサンドラを見ているジョジー。
東の空が明るく太陽が昇っているのが見える。美しいなんて感傷にはひたってられない。とにかく、ソユーズまで二人はゆらゆらとマットの背中に背負ったジェットバックで飛んでいく。

そこで、ジョジー兄貴が「俺はここでお去らばだ」と繋がれていたホースを外して飛んでい行ってしまう。そこからは、サンドラ姉さんが一人で地球へ帰還するため奮闘するわけ。ソユーズの中は散乱しており、宇宙船の中では、宇宙服を脱ぐとスレンダーな、サンドラの肢体が無重力の中を泳ぐように進むのが見えます。
ところが船内で火事が発生。消火器で消そうとするも、とても一人では消すことができず、脱出ポットの中へ入る。そこでも、訓練では一度も着地が出来なかったと嘆くサンドラ。でも、そんなこと言ってられない。マニアル本を読んでスイッチを押す。脱出成功するも何かが引っかかって、逆戻りです。パラシュートのロープが絡んでいて、それを外さないと、ところが、早くしないと次から次へと宇宙のゴミがぶつかって来るのだ。ところがソユーズに宇宙のゴミに当たって崩れ、一歩間違えばサンドラも、ゴミと一緒に軌道にのってしまうところだった。

宇宙服を着て、船外へとロープを切断するために。だが、パラシュートのロープが足に引っかかって取れない。そこへ、ジョジー兄貴が飛んできて助けてくれる。なんて頼もしいお方なんだろう。自分はいいからと、中国の宇宙ステーション神舟、天宮まで無事到達できるのか。それが行くのですね、彼女のパワーはどこから湧いてきてるのか、「宇宙なんて大嫌い」という彼女。ただ地球へ帰りたいとそれだけを思って行動するのみです。中国の通信網と接触するも、犬がワンワン吠えているし、中国語で話すし、赤ん坊の泣き声もラジオみたいな、それでも暗い宇宙で狭いポットの中では、そんな音も嬉しい。
酸欠状態で、途中で気を失ったサンドラ、夢の中に突然ジョジー兄貴が現れて隣の座席に座っているのだ。かなり勇気ずけられた様子。いつも着陸に失敗していたサンドラ、マニアル本をしっかり読んでと、これが凄いのなんのって、消火器のようなボンベで噴射しながら入口へと進んで中へ入るんですよ。

そこからも大変、中国語なんて読めないし、で適当にボタン押しまくって脱出成功なのだが、とにかく船内が熱いのだ。ロケットの外が燃えているし、中国ステーションもバラバラになって一緒に地球へ落下しているのですから。
それでも、やっぱ何処だかしらないけれど、海の中へザブンと着水成功。でも扉開けたら海水が入って来て、沈んでいくし、これでは溺れ死んでしまう。急いで宇宙服を脱ぎ捨て、海面へ浮上する。砂浜の大地が嬉しいよね。無事、地球へ帰って来たんだもの。それが、違う星だったら、なんて考えるのはよしましょう。

殆ど全篇、サンドラの独り言でまくし立てて、パニック状態を見せつけられる。だが、実はNASAで宇宙飛行士としての特訓を受けているそうです。しかし、全てがCGで作られており、実際のセットはまったく使われていないのだ。だから実写映画というよりは、人間を使ったCGアニメーションに近い。このシンプルな映画も圧倒的な視覚効果と、そして生への確信という力強いメッセージを送るために作られたものだから。
ヒューストンからサンドラに連絡している声を、エド・ハリスが演じているそうです。最後の方なので、よく注意して耳を澄まさないと分かりませんよね。
未知の宇宙体験、すごくリアルでした。地平線が少しぼわっと霞んで見え、サンドラがヘルメット越しに観る地球も、息で少し曇っていて光が差し込んできて、空気がないから光の感じ方も違うそうです。ですから、映画の中では、宇宙でゴミがぶつかる騒音なんて聞こえないし、音が無いというのだ。でも、あのもの凄い騒音の音響効果が、恐怖とスリルを煽るのだ。それと感動のラストシーン、科学的事実を反映したリアルな部分と、まったくの虚構の部分を、とてもうまくミックスしていると思います。まさに映画史に残るスペース・サスペンス・エンタテインメントですね。
2013年劇場鑑賞作品・・・343 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大統領の料理人 ★★★ | トップ | 天使の処刑人 バイオレット&デ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:ゼロ・グラビティ gravity 地球周回軌道での大アクシデント。後半にネタバレ?あり 注 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され <作品賞候補を眺めたら、ショック! <このうち、まだ一作もみちょらん... というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑) サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船....
『ゼロ・グラビティ』 2013年11月25日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゼロ・グラビティ』 を試写会で鑑賞しました。 文句なしの映像美と緊張感 【ストーリー】  地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワ...
ゼロ・グラビティ (Akira's VOICE)
求めよさらば与えられん。  
映画「ゼロ・グラビティ」@ワーナーブラザース映画試写室 (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアー試写会に招かれた。客入りは85%位だ。映画は3D版が上映された。             映画の話    メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは地球から600キロ上空で周回...
『ゼロ・グラビティ』 (こねたみっくす)
宇宙なんて大嫌い。でも私は諦めない! 怖い、とにかく怖い。でも凄い、この溢れんばかりの生きるという勇気が凄い。そして素晴らしい、カメラワーク、演出、キャスティング、音 ...
ゼロ・グラビティ (心のままに映画の風景)
地上600kmの上空で地球を周回するスペースシャトル。 初めてのミッションとなるメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)のサポートを受けながら、船外での修理作業に...
ゼロ・グラビティ (3D字幕版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GRAVITY】 2013/12/13公開 アメリカ 91分監督:アルフォンソ・キュアロン出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー声の出演:エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け [Story]地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニア...
ゼロ・グラビティ(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 【解説】 『しあわせの隠れ場所』などのサンドラ・ブロックと『ファミリー・ツリー』などのジョージ・クルーニーという、オスカー俳優が共演を果たしたSFサスペンス。事故によって宇宙....
ゼロ・グラビティ(3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(13) ムダなものを一切排除しその一点に集中せよ!だね。
ゼロ・グラビテイ (はるみのひとり言)
試写会で観せていただきました。(3D 字幕)ロシアが爆発させた衛星の残骸が原因で、宇宙ゴミが大発生。アメリカのスペースシャトルを襲い大破させ、船外で作業中だったストーン博士とマット飛行士が宇宙空間に放り出され、無事帰還出来るかというシンプルなお話です。予告....
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演、アルフォンソ・キュアロン監督『ゼロ・グラビティ(Gravity)』"LIFE IN SPACE IS IMPO... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞について触れています。事故によって宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と科学者。映画冒頭に出てくる字幕LIFE IN SPACE IS IMPOSSIBLE(宇宙で生存することは不可能)。は
「ゼロ・グラビティ」☆息苦しさで宇宙体験 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。 息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・ 宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・
劇場鑑賞「ゼロ・グラビティ」 (日々“是”精進! ver.F)
絶対に、生きて還る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312130002/ ★枚数限定ポスター★■サンドラ・ブロックVer■ [映画ポスター] ゼロ・グラビティ (GRAVITY) [...価格:6,800円(税込、送料別)  DVD&...
ゼロ・グラビティ (試写会) (風に吹かれて)
無重力の空でひとりきり公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity12月13日公開監督・脚本: アルフォンソ・キュアロン  「天国の口、終りの楽園」 「ハリー・
ゼロ・グラビティ (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ゼロ・グラビティ/GRAVITY 2013年/91分/アメリカ 監督: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 公開: 2013年12月13日 公式サイト スペースシャトル“エクスプローラー”で船外活動をしていたライアン・...
『ゼロ・グラビティ』 (時間の無駄と言わないで)
初のIMAX3Dで観賞。 凄いねIMAX3D。 こうも違うものかと感動した。 普通の映画館に行けなくなっちゃうよ。 イイ設備で観た甲斐あって、映像は凄かった。 こんなに飛び出てこんなに ...
ゼロ・グラビティ (だらだら無気力ブログ!)
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
ゼロ・グラビティ 一瞬たりとも気を抜けなくて疲れたわ〜(;゚ロ゚) (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【67うち今年の試写会8】昨夜はこっちにきて3度目の東京駅から平塚駅まで乗車券プラスで950円支払って東海道線グリーン車乗車(疲れていたのだ〜)。 関西の在来線にはグリーン車ってのはないのは、そんな金払ってまでグリーンなんかナンセンスじゃ的な金銭感覚の性? ...
[映画『ゼロ・グラビティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
   (注)・・・この傑作を観て、帰宅して感想を書いて、私が営業している店で、暇な時間に、購入していたパンフレットを読んだ。         私は店に、観て面白かった映画のパンフレットをいっぱい置いているのだ。         パンフレットに載っていた...
[映画『ゼロ・グラビティ』を観た(二観目・寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった作品は、何度か見て、その面白さを追求します^^  二日連続で観に行きました。  うん、やはり面白い! 傑作!!  どうやら、ネット上の他の人の感想を読んでいると、この作品は、宇宙の美しくも残酷な描写がキモだったらしい。  私は、それは当然の...
ゼロ・グラビティ (本と映画、ときどき日常)
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 ジョージ・クルーニー     サンドラ・ブロック     エド・ハリス 宇宙でシャトル外部の故障を直していると、宇宙ゴミが流れてきてシャトルが破壊される。 そして暗黒の宇宙に投げ出されてしまう男女。 どうしよ〜。 ....
ゼロ・グラビティ (悠雅的生活)
衛星の破片。絶体絶命。神の舟。 
ゼロ・グラビティ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きろ。大地を踏みしめるまで。 メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロン監督の、「トゥモロー・ワールド」以来となる最新作は、地上600キロの宇宙を舞台としたサバイバルサスペンス。 無限に広がる空間に、たった一人取り残される恐怖。 手を伸ばせば届きそうな...
ゼロ・グラビティ(3D字幕) / Gravity (勝手に映画評)
今年(2013年)最後の映画鑑賞。一本目め。実は今日は、二本鑑賞する予定です。 画面への出演が、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけという、非常に斬新な作品。先週末公開だったが、時間の都合で、一周遅れで鑑賞してきました。 なるほど、そうきますか。最...
「ゼロ・グラビティ」 (或る日の出来事)
この撮影、いったい、どうやっているんだろう!?
『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力 (映画のブログ)
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外...
『ゼロ・グラビティ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■...
ゼロ・グラビティ(3D日本語吹替版)  監督/アルフォンソ・キュアロン (西京極 紫の館)
【出演】  サンドラ・ブロック (声:深見梨加)  ジョージ・クルーニー(声:小山力也) 【ストーリー】 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。...
「ゼログラビティ」 (Con Gas, Sin Hielo)
宇宙ではあなたの叫び声は誰にも聞こえない。 初めて目にするものに勝るものはなかなかない。 宇宙空間そのものの恐怖を真正面から見据えて作った作品。新鮮な驚きに満ち溢れている。 タイトルバックの轟音から突然無音へと変わる場面に象徴されるように、とにかくそ....
生きねば!その2。『ゼロ・グラビティ』 (水曜日のシネマ日記)
事故によって宇宙空間に放り出された科学者の物語です。
「ゼロ・グラビティ」:宇宙映画&3D映画の金字塔 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ゼロ・グラビティ』は、聞きしに勝る驚異的傑作! 「宇宙映画の最高峰」などと
ゼロ・グラビティ (とりあえず、コメントです)
宇宙でのミッション中に事故にまきこまれてしまった宇宙飛行士と科学者のサバイバルを描いたSFです。 予告編を観て、これは凄そうな映画だなあと気になっていました。 予想以上にリアルな宇宙の様子に、自分にこんなことが起きたら…と想像してしまうような作品でした。
映画「ゼロ・グラビティ」IMAX、3D、字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/12/19、109シネマズ木場。 昨日見たかったが、いい席が全部埋まっていたので、いい席がうまく空いている回を予約。 * ジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロック * 地上600km、スペース・シャトル。 船外活動中のミッション・スペシャリスト...
ゼロ・グラヴィティ 3D (そーれりぽーと)
宇宙空間で遭難だなんて息が詰まりそうで観たくない気持ちも有りながら『ゼロ・グラヴィティ』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 見たこともない、あり得ないスケールの映像で宇宙空間を感じさせてくれる映画。 そして過酷な運命と立ち向かうヒロインを描いた映画とし...
ゼロ・グラビティ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
2013年最後の映画鑑賞はサンドラ・ブロックと ジョージ・クルーニーが共演した映画「ゼロ・ グラビティ」、3Dバージョンをアイマックスシアター まで観に行ってきました。 ゼロ・グラビティ 原題:GRAVITY 製作:2013アメリカ 作品紹介 『しあわせの隠れ場所』などのサン...
「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 (はらやんの映画徒然草)
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
映画『ゼロ・グラビティ』3D吹替版観てきたよ〜(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった〜〜〜ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的な...
映画「ゼロ・グラビティ」 (FREE TIME)
元日のファーストデーに映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
ゼログラビティ (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズなんば スクリーン4 鑑賞日時:12月31日 評価:A- 原題:Gravity 製作:2013年 アメリカ 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー エド・ハリス 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 ...
映画『ゼロ・グラビティ』を“DOLBY ATMOS”で観賞 (小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…")
 
ゼロ・グラビティ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250〜−100ºCで、音を伝える...
映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が...
「ゼロ・グラビティ」 (ここなつ映画レビュー)
映画館で観るべし!大画面でこそ!3Dなら尚良し!との評判だったので、そそられててくてくと映画館へ。時間の関係で2Dだったけど、2Dで充分だった私。3Dなら酔ってたよ、多分。乗り物に酔った事ないからわからないんだけど。ところで酔うと言えば小笠原諸島行き...
ゼロ・グラビティ (secret boots)
評価点:87点/2013年/アメリカ・イギリス/90分 監督:アルフォンソ・キュアロン 私たちは「重力」なしでは生きられない。 宇宙飛行士たちは船外活動で新たな研究を重ねようとしていた。 計画は順調に進んでいるはずだった。 しかし、そこへ初めて宇宙飛行士...
ゼロ・グラビティ(2013年2位) (映画好きパパの鑑賞日記)
 2013年マイベストテンで2位はゼロ・グラビティ  作品情報 2013年米国映画 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 上映時間:91分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所(TOHOシネマズ六本木)  映像面で映...
ゼロ・グラビティ(試写会) GRAVITY (まてぃの徒然映画+雑記)
『127時間』や『リミット』といったワンシチュエーションドラマの発展形で、迫真の宇宙空間が見もの。出演はサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのほぼ2人だけ。 スペースシャトルで宇宙に行き船外活動をしているときに、ロシアが破壊した人工衛星の破片に襲われ....
無重力な体感映画 (笑う社会人の生活)
16日のことですが、 映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。 I MAX3Dにて見ました 宇宙でミッションを遂行していたエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー スペースシャトルが大破するという想定外の事故により宇宙空間に放り出...
ゼロ・グラビティ (いやいやえん)
君は生きて帰れ。“必ず生還する"と誓うんだ―。 無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。 まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がり...
ゼロ・グラビティ (銀幕大帝α)
GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...
映画『ゼロ・グラビティ』を“DOLBY ATMOS”で観賞 (小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…")
 
ゼロ・グラビティ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:91分 監督:アルフォンソ・キュアロン  登場人物はたった3人、だがそのうちの1人はすぐに死んでしまうので、まっとうな会話をしたのは2人と言ってもいい。それもそのはず、事故によって宇宙空間に放り出され、さらにスペ
映画評「ゼロ・グラビティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督アルフォンソ・キュアロン ネタバレあり
ゼロ・グラビティ (miaのmovie★DIARY)
ゼロ・グラビティ 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray](2014/04/23)サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他商品詳細を見る 【GRAVITY】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 地球から60万メートル上空。 スペースシャトルでのミッション遂...