パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

デッドプール ★★★★

2016年05月28日 | アクション映画ータ行
『[リミット]』などのライアン・レイノルズを主演に迎え、マーベルコミックスの破天荒ヒーローを実写映画化したアクション。人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にした主人公が、ジョークを口にしつつ暴れまくる姿を描く。共演は『トランスポーター イグニション』などのエド・スクライン。現実世界とフィクションの境を越えて、観る者を自分の世界に引き込む風雲児の活躍に胸が高鳴る。
あらすじ:元特殊部隊の傭兵のウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期がんと診断され、謎の男の申し出を受け治療に臨む。だが、彼らの正体は、兵士に人体実験を施して、人間兵器として売りさばくという恐ろしい組織だった。
それを知ったウェイドは超人的能力を得た後に、施設を脱走して、顔が醜く変化したウェイドは、マスクを被り、デッドプールと名乗って復讐を誓う。

<感想>お先に試写会で鑑賞しました。アメコミのヒーロー映画も遂にここまで進化したかと嬉しくなってしまう。正義対悪の正統派から悩み多きダークなヒーロー、そしてお茶目でいけない「デッドプール」へと、時代は彼を待っていたのだった。

自分がキャラであることを自覚しつつ、いきなり観客に向かって本音トークを始める「第4の壁」を超えるなんて。「デッドプール」はシリアスになり過ぎたスーパーヒーロー像のガス抜きをするような間違いだらけのアンチ・ヒーローなんですね。「X-MEN」系のキャラクターだが、本家と異なる血みどろ上等のアクション、お下劣なセリフやギャグ満載で、お子様厳禁のR指定(日本はR15)。

だが、彼が持つ能力は、傭兵の戦闘スキルを持ち、ミュータント化で驚異的な治癒能力を得て、戦いの最中でもへらず口をたたくおしゃべりで、自己中心的な無責任野郎。これでもヒーローなのって、軽口や下品なギャグを飛ばし、末期ガン治療の過程で変貌した姿をマスクとコスチュームで隠している。

人に見せられない顔になり、愛する恋人ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)にも会えなくなる。物語は彼をそんな顔にしたミュータント、フランシス(エド・スクライン)への復讐劇になっている。
「デッドプール」を演じるライアン・レイノルズは、そのイケメンな顔をマスクでほとんど隠しての演技ですが、そのおかげでこれまで過小評価されてきた彼の演技力が爆発してるのだ。気づいたらワナにはまるような愛すべきキャラが完成したのですね。

銃器はハローキティのバッグに入れて持ち歩くほどお気に入りで、「スター・ウォーズ」は、旧3部作しか認めないし、痛覚を消失したミュータントで自分を改造したフランシス、その部下の怪力女のエンジェル(ジーナ・カラーノ)をぶちのめすのがデッドプールの今の願いなのだ。
敵に対しては容赦しない彼の銃の腕前はピカイチで一発の銃弾で複数の敵の頭を撃ち抜くし、背中の二刀流を操り襲い来る暴漢の首を撥ね飛ばす。頭にきた相手には殺した後も銃弾を撃ち抜くなどエグいこともやる。

それに、映画ネタをちょいちょい挟んできて、高所から片膝ついて飛び降り着地するエンジェルを、“ヒーロー着地“と茶化したり、「プロフェッサーXはマカヴォイだっけ?、スチュワートかい?」と混乱したり。ヒュー・ジャックマンに媚びをうってこの映画を作ったんだと、観客に話しかけるし。最後に恋人にマスクを外して顔を見せる時に、ヒュー・ジャックマンのお面を被って笑いをとるのだ。
X-MENのコロッサスと少女ミュータントのネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドにスカウトされるも、復讐が第一だと、取り合わないのだ。だから「ヒーローかくあるべし」を説くコロッサスのことはウザがっているのだ。
そのアクションシーンも過激で、首がぽんぽん飛んだり凄まじい迫力。悪役のフランシス(エド・スクラインは、“トランスポーター”の二代目)も強そうだし、エンジェルのジーナ・カラーノも、元女子格闘技界の第一人者だしね。
主演のライアン・レイノルズは制作も兼任しているし、今回の「デッドプール」では、ドライだし思いっきり暴力的であり、それが鋭くて痛快で、多少はやりすぎでも笑って許してあげよう。

2016年劇場鑑賞作品・・・104映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉大なるマルグリット★★★ | トップ | スノーホワイト/氷の王国 ★... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『デッドプール』 2016年5月26日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『デッドプール』 を試写会で鑑賞しました。 まさかのGACKT降臨であった。 そして、六本木ヒルズも先週行ったに、今週も行くとは思わなかったが、 来週も行きそうである(笑) 【ストーリー】  ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊...
デッドプール (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DEADPOOL】 2016/06/01公開 アメリカ R15+ 108分監督:ティム・ミラー出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T・J・ミラー、ジーナ・カラーノ、ブリアナ・ヒルデブランド声の出演:ステファン・カピチッチ STORY:ウェイド・ウィルソ...
デッドプール (試写会) (風に吹かれて)
自作のマスクで暴れる憎めない奴キティちゃんとワム!が好き 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/deadpool6月1日公開 かつて特殊部隊の有能な傭兵として活躍したウェ
劇場鑑賞「デッドプール」 (日々“是”精進! ver.F)
自己中ヒーロー、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606010000/ デッドプール オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2376円(税込、送料無料) 【予約商品】【ホットトイ...
デッドプール (Akira's VOICE)
死にかけ~死に賭け~死の賭け→DEADPOOL!  
『デッドプール』 (こねたみっくす)
異色のヒーロー、今はまだマスクは脱がないで。 正義なんて知らん。あの組織からスカウトされようが個人的な復讐が第一。蘇生する以外に特殊能力がなくても、元特殊部隊としての ...
「デッドプール」 DEADPOOL (2016 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
え、あの、こんなひねりのないストーリーなの……いいじゃん!なにしろ主人公のデッドプール(ライアン・レイノルズ)は・父親へのコンプレックス解消のためにパワードスーツを着て暴れ回ったり・コールドスリープから醒めても愛国心を失わない好漢だったり...
デッドプール (心のままに映画の風景)
悪い奴らをこらしめ金を稼ぐヒーロー気取りな生活を送っていた元傭兵のウェイド・ウイルソン(ライアン・レイノルズ)は、恋人ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と結婚を決意し、幸せの絶頂にいた矢先、末期ガンで余命宣告を受ける。 謎の組織からガンを治せると誘わ...
デッドプール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 全米で空前の大ヒットというコピーに釣られまして…
映画:デッドプール DEADPOOL 真打ちで登場のアウトサイダー・ヒーローぶりを笑い倒すが、勝ち。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アメリカで驚異的に大ヒットを記録!オープニング興行収入はなんと興行主史上最高の1億3,000万ドル!(150億円)そんなに受けた理由は何なんだ?!というわけで、早速チェック! 出だしから大バカぶりをかましまくる主人公は、ウルヴァリン系不死身の身。敵をバッタバ....
映画:「デッドプール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
成28年6月3日(金)。 映画:「デッドプール」♪。 5/26(木)試写会にて鑑賞。 監督:ティム・ミラー キャスト: ウェイド(デッドプール):ライアン・レイノルズ ヴァネッサ:モリーナ・バッカリン アジャックス:エド・スクレイン ネガソニック・ティーン...
タイトルデザイン_45. Blur Studio (End Title Sequence/CLAUS)『デッドプール(Deadpool)』ティム・ミラー監督、ライアン・レイノルズ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『デッドプール』Deadpool 監督 : ティム・ミラー出演 :ライアン・レイノルズモリーナ・バッカリンエド・スクライン、T・J・ミラージーナ・カラーノブリアナ・ヒルデブランド 物語・ウェイド・ウィ
デッドプール (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミものだけど、悪のおちゃらけヒーローという立ち位置で、俳優をおちょくるようなメタな小ネタも満載。僕自身アメコミにあまり思い入れがないので、ちょっとうるさい作品と思いましたが、ファンだったらたまらないのかも。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督...
「デッドプール」:ようやくMX4Dを初体験 (大江戸時夫の東京温度)
映画『デッドプール』は、えらく高評価を得ているようですが、うーん、そこまで面白か
デッドプール (あーうぃ だにぇっと)
デッドプール@20世紀フォックス試写室
デッドプール (そーれりぽーと)
日本での知名度はほぼゼロだったのに、あらゆるメディアを横断するデップー自身によるプロモーションで、上映前からプチムーブメントを巻き起こしている『デッドプール』をIMAXで観てきました。 ★★★ 面白いけど、首記のプロモーションがハードルを上げ過ぎた感。 お...
デッドプール  監督/ティム・ミラー (西京極 紫の館)
【出演】  ライアン・レイノルズ  モリーナ・バッカリン  エド・スクライン 【ストーリー】 ウェイド・ウィルソンは、以前は優秀な特殊部隊の傭兵として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との...
「デッドプール」 (Con Gas, Sin Hielo)
「クソ無責任」はいかにも苦しい形容詞。 R.レイノルズのデッドプールといえば、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でおしゃべりな口を縫合されて悲惨な目に遭っていた印象が強い。 それがどのような形で主役になるのか興味があったが、なるほど悲惨な仕打ちを受けても肉体....
映画 『デッド・プール』 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     シュールな 笑いと下品なセリフ。   殺戮シーンもあり、グロテスクなシーンや   エロティクなシーンと表現があ......
「デッドプール」 ある意味大人なヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベルのヒーローだと言うから、いずれ「アベンジャーズ」に参加してくるのかと思っ
「デッドプール」 (或る日の出来事)
「ウルヴァリン : X-MEN ZERO」にも出てたんか!
おちゃめな青年。『デッドプール』 (水曜日のシネマ日記)
マーベルコミックスの破天荒ヒーローを実写映画化した作品です。
[映画『デッドプール』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『デッドプール』予告編 ☆・・・私は、このアメリカンヒーローを知らなかったので、その予告編を見て、なんかスパイダーマンのバッタモンに見えた。 だから、ずーっと、デッ...
デッドプール (いやいやえん)
【概略】 かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイドは、ある日、末期ガンと宣告される。しかし、謎の男にガンが治ると騙されたウェイドは、戦闘マシンとして改造されてしまう。......
デッドプール (銀幕大帝α)
DEADPOOL 2016年 アメリカ 108分 アクション/ヒーロー/コメディ R15+ 劇場公開(2016/06/01) 監督: ティム・ミラー 製作: ライアン・レイノルズ 製作総指揮: スタン・リー 出......
デッドプール (だらだら無気力ブログ!)
下品でくだらないだけれど、面白い。
デッドプール (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 米国 上映時間:108分 監督:ティム・ミラー  マーベルコミックスの破天荒ヒーローの実写映画である。全身癌に冒された主人公ウェイドが生き延びるために......
映画評「デッドプール」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ティム・ミラー ネタバレあり