パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

マリアンヌ ★★★・8

2017年02月13日 | アクション映画ーマ行
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極秘任務を通じて出会った男女が愛し合うものの、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描く。ブラピふんする諜報(ちょうほう)員と惹(ひ)かれ合うヒロインをオスカー女優マリオン・コティヤールが演じるほか、『127時間』などのリジー・キャプラン、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのマシュー・グードらが共演する。
あらすじ:1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。

<感想>第二次大戦下を背景に展開される“信頼”と“疑惑”のラブストーリーであります。任務でカサブランカで夫婦を装った二人のスパイに、本当の愛情が芽生えて結婚をする。だが、やがて妻には信じられない疑惑が向けられ、苦悩する夫は何とか妻の潔白を証明しようとするのだが、・・・。「白い帽子の女」のブラッド・ピットが主人公の英国秘密諜報員に扮していて「マクベス」のマリオン・コティヤールとの初共演によるラブストーリー。

偽装夫婦とはいえ、一緒に住んでいる部屋で美しいマリアンヌの身体を見せつけられるマックスは、次第に好きになっていくのが分かる。初めはマックスを屋上に寝かせて、自分は寝室を占領する強欲な女を演じているマリアンヌ。

目の前に美しいドスレ姿のマリアンヌが立っていれば、誰だって惚れてしまうだろう。それに、マックスを演じたブラピだって53歳なのに、目じりの皺が消えて若返ってイケメンに戻っていた。皺とりの整形をしたという噂もあるが、何しろもともと美男子なので、昔のブラピを観ているような変身したいい男、またまた惚れ直したような、そんな感じがした。

そして、周囲の反対をよそに、マックスがマリアンヌにプロポーズをして諜報員同士がロンドンで結婚する。現場任務を外れ、デスクワークにいそしみながら、娘のアンも授かり平穏で穏やかな幸せな日々を送るのだが、ところがその幸せも束の間、マックスが上司に呼ばれて行くと、妻にドイツ軍スパイの嫌疑がかけられていることを知る。

しかけられた罠によって、72時間以内に真相を解明しそれが事実ならば、自身の手で彼女を始末するように命じられるマックス。懸命に妻のドイツ軍スパイの容疑を晴らすべく奔走する内、上司から禁じられてていたにも関わらずマリアンヌの潔白を証明しようと独自の行動を取る。

パリ時代のマリアンヌを知る負傷した軍人を訪ね彼女の写真を見せる。さらには単身フランスにまで飛んで証拠をつかもうとするのだが、やはり妻は二重スパイであることが分かり、ドイツ軍将校の前でピアノを弾いていたという情報を手に入れて、妻にピアノの前で弾けを命じるマックス。
マリアンヌは、娘を預けていた中年のおばさんが、実はドイツのスパイであって娘を人質に取り、マリアンヌに夫のイギリスの情報を知らせないと娘を殺すと脅迫されていたことを話すも、そこへイギリスの情報員たちが車で押し寄せて、やむなく妻を銃殺してしまうマックス。

それにしても、マリアンヌが脅されていたとは、夫のマックスに話していれば何とかなったであろうに。マックスの心は踏みにじられズタズタになって、結局はマリアンヌの言い逃れに過ぎないのか、とも思われる。
疑心暗鬼にとらわれるマックスは、最終的には真実を探ろうと決意し調べて行くうちに妻への愛も失せて行く。実際に映画を観ていればマックスの妻に対する認識が変わっていくに従い、ブラピの演技も変わっていくというのが分かる。ラストが切ない、飛行場へ娘を乗せて車で来て、妻に本当のことを言えと迫るマックスの悲痛な声が聞こえてくるような気がした。
2017年劇場鑑賞作品・・・32映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サバイバルファミリー★★★★ | トップ | 相棒-劇場版IV- 首都クライシ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
"I want you to play the piano for me"『マリアンヌ(Allied)』ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストに触れています。『マリアンヌ』Allied監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ブラッド・ピットマリオン・コティヤールリジー・キャプランマシュー・グッドジャレッ......
劇場鑑賞「マリアンヌ」 (日々“是”精進! ver.F)
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】
「マリアンヌ」ハリウッド王道ラブ・ストーリーの復活! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マリアンヌ] ブログ村キーワード  今やハリウッドを代表する俳優の1人となった、ブラッド・ピット。対するはフランスを代表する国際派オスカー女優、マリオン・コティヤール......
マリアンヌ / Allied (勝手に映画評)
カサブランカで出会った妻は、敵国のスパイ・・・? 昔の映画では“異常な状況下で結ばれた男女は長続きしない”と言われましたが、マックスとマリアンヌの二人には通用しないよ......
マリアンヌ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。
マリアンヌ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャ......
『マリアンヌ』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『マリアンヌ』 を鑑賞しました。 今日の2本目。#ブラ泣き が話題。 #ドラ泣き の真似で酷いとのこと。 それで話題になり客が増えれば儲けもの。 【ストーリー】  1942年、極......
「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne
マリアンヌ (セレンディピティ ダイアリー)
ブラッド・ピット&マリオン・コティヤール主演の第2次世界大戦時を舞台にしたラブストーリー、「マリアンヌ」(Allied)を見ました。ロバート・ゼメキスが監督し、「イースタン・......
マリアンヌ (風に吹かれて)
ブラピを愛でる 公式サイト http://marianne-movie.jp 監督: ロバート・ゼメキス  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ 「フライト」 「ザ・ウォーク」 1942年、イギ
「マリアンヌ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/パラマウント・ピクチャーズ 配給:東和ピクチャーズ 原題:Allied 監督:ロバート・ゼメキス脚本:スティーヴン・ナイト音楽:アラン・シルベストリ製作:グレア......