パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

謝罪の王様 ★★★★

2013年10月02日 | アクション映画ーサ行
脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生のトリオが「舞妓Haaaan!!!」(2007)、「なくもんか」(09)に続いて生み出したオリジナルコメディ。架空の職業「謝罪師」を生業とする東京謝罪センター所長の黒島譲が、ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の危機まで、さまざまな難局を謝罪することで解決ていき、やがて土下座を超える究極の謝罪で日本を救う姿を、ブラックな笑いも交えて描く。主演の阿部、ヒロインの井上真央をはじめ、岡田将生、尾野真千子、高橋克実、松雪泰子、竹野内豊ら豪華キャストが集結。

<感想>阿部演じる東京謝罪センター所長・黒島が、依頼人の、つまりトラブルを起こして謝らなければならなくなった人に、謝罪の仕方を教える、という6つのストーリーである。
始めは、ヤクザの運転する車に追突し、法外な示談金を要求された帰国子女の典子。彼女は、「謝罪師」を名乗る、東京謝罪センター所長の黒島に自分の代わりに謝ってもらうことで救われ、彼の助手になる。その帰国子女典子に井上真央に、黒島にはいつものマッシュルーム頭の阿部サダヲが演じて、コテコテのいつもの展開で、典子の示談にヤクザの事務所へ行くのですが、大切なのは誠意を見せること。

やり過ぎなのが丁度いいとばかりに、わざと自分の頭を石で殴り顔面血まみれで登場し、ケガを押してまで謝りに来たと言うアピールする。それに極めつけが即土下座である。しかし、ヤクザの黒塗りの外車に乗り上げてしまうのは、絶対に典子が謝るべきでしょうに。

次の依頼が、取引先の女性社員にしたセクハラを謝りたいという沼田に扮した岡田将生くん。チャラ男みたいな役なのだが、セクハラだと訴えた女性がメガネをかけた年増の女。イケメンの岡田くんに少々触られてもいいと思うよ。女性として魅力あるから、彼女に抱きついたんだものね。この件も、阿部が誠意を見せるということで、列車に飛び込んで死んだと言う設定で、彼女の前に幽霊姿で登場する。それはクレーンかワイヤーで釣り上げてしたみたいです。彼女は、死んでお詫びをという岡田君の行為に泣いてしまうのです。それにしても、ゴムの仮面が良く出来ていた。

次の件は、大物俳優の南部が息子の不祥事を謝罪会見したいというのだ。この大物俳優南部の高橋克美、いやいや大げさに演技するもんだから、かえって顰蹙をかってしまう。別れた妻に松雪泰子と、こちらはもうベテラン女優さんですから、高橋克美さんは、最後の方でまたもや大げさな芝居じみた演技で熱演です。この人面白い、阿部サダヲよりもいい。

黒島が「東京謝罪センター」を作る前は、たくさんのバイトをして警備の仕事の時に、行列のできるラーメン屋に食べに入った時のこと、自分の顔にラーメンの湯切りの熱い湯が自分の頬に飛んできた。その時、店で謝ってもらいたいと言ったのに、その張本人が頭を下げず、店長やら偉いさんが出て来て金を差出示談に仕向ける。かなり大事になって、店は閉店。そして思いついたのが、他人に成り代わって謝る代行「東京謝罪センター」
その後に、その男が謝罪に来るのですが、土下座よりも謝罪に値するのがこれ。「わき毛ボーボー、自由の女神!」

最後のマンタン王国の王子が、映画の撮影のエキストラで普通に映ってしまい、それが大事になってしまう話も、謝り方の土下座が通じず、マンタン王国の謝罪の決めゼリフ「わき毛ぼーぼー、自由の女神!」って踊って言う台詞が、どこからそんな踊りと言葉を考えたのか、さすがに脚本家の宮藤官九郎だと感心しました。もう一つの「ケツ毛ボーボー、ワシントン条約」は、何だったのだろう?・・・。
阿部サダヲが面白い、というのは別に驚きはしないが、荒川良々も同様で、ただし、岡田将生と高橋克美に、松雪泰子と小野武彦に、濱田岳を見てこんなに大笑いするのは、初めてだと思う。
だから、「えっこの俳優さんこんなに面白かったっけ」と驚くほどのハジケップリを見せる役者さんたちには、監督の力かもしれませんね。謝罪屋が出て来て謝っても誠意は通じないご時勢。本当は、当事者が出て来て謝るべきなんじゃないの。
エンディングが長いのなんの、EXILEのダンスは良かったけれど、E―girlsの歌とダンスはつまらなかった。
2013年劇場鑑賞作品・・・287  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地獄でなぜ悪い ★★★.5 | トップ | サイド・エフェクト ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
謝罪の王様/阿部サダヲ、井上真央 (カノンな日々)
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』とスマッシュヒットを連発した主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再タッグを組んで挑んだ今作は架空の職業“謝罪師”を ...
『謝罪の王様』 ごめんなさい! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  映画がはじまってすぐに、私は拍手したい気持ちになった。  常々、映画を作るからには是非やって欲しいことがあった。  今はどこの映画館でも映画の前にマナー広告を上映する。曰く、上映中はお静かに、前の席を蹴らない、携帯電話の電源は...
劇場鑑賞「謝罪の王様」 (日々“是”精進! ver.F)
わき毛ボーボー、自由の女神… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310010001/ 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】映画「謝罪の王様」 オリジナル・サウンドト...価格:2,500円(税込、送料込) 【...
「謝罪の王様」 早く、誠意をもって (はらやんの映画徒然草)
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本、水田伸生監督のトリオは「舞妓Haaaan!!!」
映画「謝罪の王様」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。読売新聞さん主催の試写会だ。
和解へと導く魔法。『謝罪の王様』 (水曜日のシネマ日記)
依頼者の代わりに謝って事態を収束する謝罪師が巻き起こす騒動の数々を描いた作品です。
謝罪の王様 (だらだら無気力ブログ!)
最後の新曲プロモーションビデオのくだりは全くもってイラナイ。
謝罪の王様 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/09/28公開 日本 128分監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 謝るとき、人は誰でも主人公。 [Story]依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収....
謝罪の王様 (そーれりぽーと)
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続く監督水田伸生、脚本宮藤官九郎、主演阿部サダヲのトリオ第三弾、『謝罪の王様』を観てきました。 ★★★★ ★はまた0.5減ったけど、安定して面白いわー、やっぱクドカンの理屈っぽい脚本。 阿部サダヲ演じる謝罪師の仕事を、いろ...
『謝罪の王様』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、濱田 岳、高橋克実、松雪泰子■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
「謝罪の王様」 (ここなつ映画レビュー)
今思い出しても笑っちゃう程面白かった「謝罪の王様」。謝罪の行為そのものだけでなく、謝罪する側、される側、それをはたで見ている側の心理にまで突っ込んだ所が面白い。謝罪が産み出す波状効果もよくできている。 思えば日常で、どれだけ謝罪の言葉を口にする事...
「謝罪の王様」粋な社会風刺☆ホロリもあるよ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ねえねが愛してやまない阿部サダヲが主演だから〜〜ということで、ねえねの都合の合う時まで待っていた作品。 評判がすこぶる良いので、期待がちょっと大きすぎたかな・・・ それでも用事を済ませて、18時からの回を観ようとしたら、日曜の夜はなんといっぱい!! ラス...
謝罪の王様 (映画的・絵画的・音楽的)
 『謝罪の王様』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)宮藤官九郎の監督・脚本作品として5月に『中学生円山』を見たこともあり、映画館に行ってきました。  本作では、謝罪師である東京謝罪センター所長・黒島譲(阿部サダヲ)の奮闘ぶりが、6つのエピソードで綴ら....
謝罪の王様 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月3日(日) 19:30〜 TOHOシネマズ日劇2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 ヘッポコ 『謝罪の王様』公式サイト フリーパスポート5本目。 ダメだった「舞妓Haaaan!!!」まあまあだった「なくもんか」の脚本、監督、主演トリオの第三弾...
土下座の向こう側〜『謝罪の王様』 (真紅のthinkingdays)
 ヤバイ筋の方々を相手に、物損事故を起こしてしまった帰国子女・倉持典子 (井上真央)は、「東京謝罪センター」 所長・黒島譲( 阿部サダヲ)に対応を 依頼し、窮地を救われる。典子は黒島の助手となり、センターには次々と依頼 人が訪れ始める。「土下座を越え...
【謝罪の王様 】 映画@見取り八段 (映画@見取り八段)
監督: 水田伸生    キャスト: 阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾…
謝罪の王様 (銀幕大帝α)
2013年 日本 128分 コメディ 劇場公開(2013/09/28) 監督: 水田伸生 『なくもんか』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: E-girls『ごめんなさいのKissing You』 出演: 阿部サダヲ:黒島譲 井上真央:倉持典子 竹野内豊:箕輪正臣 岡田将生:沼田卓也 尾野真千子:宇...
謝罪の王様 (いやいやえん)
【概略】 東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。 コメディ 短文です。 えーと途中までは大変面白かったのです。 謝罪のタイミングとかテンポとか、...
映画評「謝罪の王様」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・水田伸生 ネタバレあり
謝罪の王様 (のほほん便り)
好みは分かれるかもしれませんが、終始、エンタメ精神に徹底してるのが素敵。ハジケたコメディで、楽しかったです。 宮藤官九郎の脚本も、エピソードをいくつか重ねて、最後に「ああ、なるほど!」となるジグソーパズル感がオミゴト。 エンディングの、エクザイル音...