パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

マダム・イン・ニューヨーク★★★★

2014年07月29日 | ま行の映画
英語ができず苦悩する主婦が一念発起して英会話学校に通い、コンプレックスを克服し生きがいを見いだしていく女性賛歌。英会話という小さなきっかけを通して人生の喜びを発見するヒロインの日々を、アクションやミュージカルといったこれまでのインド映画とは異なる語り口で描く。本作で長編デビューを飾る新鋭女性監督ガウリ・シンデーがメガホンを取り、数多くの出演作があるインドの女優シュリーデヴィが主演。
あらすじ:ビジネスマンの夫、2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシ(シュリーデヴィ)は、家族の中で唯一英語ができないことが悩みだった。ある日親戚の結婚式の手伝いを頼まれ単身渡米するも、英語が話せないためつらい思いをする。そんな時「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告を見つけた彼女は、身内に黙って学校に通い始めるが……。

<感想>とてもいい作品に巡り逢えました。それに驚いたのは、この映画を監督したのが39歳の新人女性監督ガウリ・シンデーだということ。これまでのボリウッド映画のイメージを変えた、歌や踊りの乱舞といった映画になっていないのに好感が持てます。脚本も彼女が手掛けているとのこと。もちろん少しは歌や踊りが入っているのですが、それが嫌味にならない。

良妻賢母型の耐える女性なんて、昔の日本の女性などもはや見当たらないので、映画のストーリーに、ちょっと違和感を覚えます。英語が話せないというだけで、母親を軽んじる、監督の面影を宿しているらしい生意気な長女の存在など、観ていて少し不愉快に感じた。
でも話が面白くなってくるのは、専業主婦シャシが姉の娘の結婚式の準備のため、1カ月もニューヨークへ滞在することになり、ふと眼にした広告をみて英会話教室で学び始めてからだ。彼女が女性としての誇りと自信を取り戻すお話になっている。

でも、インドで暮らすのに英語なんて必要ないのじゃないかしらね。それが違うんですね、シャシのようにインドの中産階級以上は、大半が英語のネイティヴスピーカー。
NYに着くと、カフェで注文しようとすると、早口英語でまくし立てる店員に、緊張してしまい言葉が出なくなる。後ろにはたくさんの人たちが行列しているし、英語で悪口言われても意味が判らないのでオドオドしてしまうばかり。冷たい視線が浴びせられるシャシ。
外国旅行をしてる方で、こんな経験したことある人って大勢いるのではないかしらね。私はメニューを指さして、1プリーズと頼みます。間違ってくることもありますが、それは仕方がないと諦めます。

しかし、、シャシは負けてはいません。「4週間であなたも英語が話せる」という英会話教室へ入校します。そこは英語を勉強しないと生きていけない人々の吹き溜まりで、それぞれが抱えている人生の大変さが胸を打ちます。
その中には、シャシがカフェで虐めを受けた現場に居合わせたフランス人の男性のロランもいて、何と彼はシャシに一目惚れなんです。忘れていたロマンスのトキメキに戸惑いながらも英会話教室へ通い続け、上達していくシャシ。
そして、姪っ子の結婚式の日に英会話教室の卒業試験もあるのですが、当日は結婚式に出すお菓子の”ラドゥ”を作らなければならないし、それが飛んでもないことになってしまうんです。息子がはしゃいでそのお菓子を床に全部落としてしまうのです。全て作り直しをしなければならず、卒業試験なんて行けないのだ。

ですが、姪っ子がシャシが英会話教室に通っている事を知り、当日の結婚式に教室のみんなを招待していたんですね。そして、結婚式が始まり、シャシがスピーチをする番が来ます。夫は妻は英語が話せないといい、自分が代わりにスピーチをしようとします。ですが、その言葉を振り切って、姪っ子のために素晴らしいスピーチを英語で話すのです。もうそれにはつい私も目頭が熱くなりました。もちろん、そのスピーチを聞いていた先生がシャシに卒業試験合格の証書を手渡すのです。とにかく、主人公のシュリーデヴィの美しさに惚れ惚れします。
2014年劇場鑑賞作品・・・253 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族の灯り ★★★ | トップ | 世界の果ての通学路★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マダム・イン・ニューヨーク / English Vinglish (勝手に映画評)
英語の出来ないインド人の女性が、姪の結婚式を手伝うために一人でニューヨークに来るという騒動を描く物語。 女性の年齢を言うのは失礼ですが、主演のシュリデビィの年齢は50歳。全然、そんな年齢には見えないですね!30歳位かと思ったので、ビックリです。年齢不詳の女...
マダム・イン・ニューヨーク (だらだら無気力ブログ!)
面白くてなかなか素敵な作品だった。
マダム・イン・ニューヨーク (映画と本の『たんぽぽ館』)
ツボのど真ん中 * * * * * * * * * * インドの中流階級の専業主婦シャシ。 夫と2人の子供がいますが、 家族には自分がお菓子を作ることだけがとりえと思われていることに傷ついています。 夫も娘も流暢にこなす英語なのに、 自分だけが全く苦手な....
『マダム・イン・ニューヨーク』 2014年5月26日 YMCAアジア青少年センター (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マダム・イン・ニューヨーク』 を試写会で鑑賞しました。 YMCAアジア青少年センターなるところに初めていったんですが、 Blu-Ray上映は良いんですけど、ちゃんと上映テストを行いましょう(笑) 折角の素晴らしい映画なのに、環境によってマイナスになってしまいます...
『マダム・イン・ニューヨーク』 (2012) / インド (Nice One!! @goo)
原題: English Vinglish 監督・脚本: ガウリ・シンデー 出演: シュリデビ 、アディル・フセイン 、メディ・ネブー 、プリヤ・アーナンド 鑑賞劇場: シネスイッチ銀座 公式サイトはこちら。 自分の価値を認めてもらえない専業主婦が一念発起し、英語が苦手....
マダム・イン・ニューヨーク (映画好きパパの鑑賞日記)
 銀座の映画館で人気があったのは知っていたけど、まさか川崎の映画館でも1時間前に売り切れになるほどの人気で驚きました。映画好きの中高年女性にフィットしたタイトルだけど、男性こそみてほしい作品かも。  作品情報 2012年インド映画 監督:ガウリ・シンデー ...
マダム・イン・ニューヨーク (はるみのひとり言)
映画館で観ました。日々家族のために尽くす古風な専業主婦のシャシ。お料理上手でおまけに美人で非の打ちどころがないのに、家族からは軽い扱いをされる上に、家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカにされています。趣味のお菓子作りで始めた伝統菓子「ラドゥ」が好...
マダム・イン・ニューヨーク (♪HAVE A NICE DAY♪)
ずっと観に行きたくて、やっと!行って来た 面白かった〜良かった〜笑いあり涙ありの素敵な作品だった 姪の結婚式の準備の為、家族より一足先にニューヨークへ一人で 行って、そこで人とのふれあいや自分に自信を取り戻して いくシャンのストーリー シャンは家族....
「マダム・イン・ニューヨーク」 May I ? (はらやんの映画徒然草)
実は海外に行くのがすごく苦手。 世界遺産とかいろんなところを見てみたいとは思いま
『マダム・イン・ニューヨーク(ENGLISH VINGLISH)』ガウリ・シンデー監督、シュリーデヴィ主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『マダム・イン・ニューヨーク』ENGLISH VINGLISH監督 : ガウリ・シンデー主演 : シュリーデヴィアディル・フセイン、メーディ・ネブーアミターブ・バッチャン、他物語・ビジネスマンの夫、2
マダム・イン・ニューヨーク (迷宮映画館)
起承転結、きっちり収まった秀作!!これはよかったです。
「マダム・イン・ニューヨーク」 (事務職員へのこの1冊)
いきなり断定します。世界でいちばん美しいのはインド人女性です!わたしが決めました。いま決めました。エキゾチックということばがあれほど似合う民族はインド人しかいません。え、お前はゲルマンが好みだとか東ヨーロッパ系が好きだとかアンジェラ・アキが美人だとか...
マダム・イン・ニューヨーク (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
マダム・イン・ニューヨーク '12:インド ◆原題:ENGLISH VINGLISH ◆監督:ガウリ・シンディー ◆出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、メーディ・ネブー、アミターブ・バッチャン、プリヤ・アーナンド、スジャーター・クマール ◆STORY◆シャシ(シュリデヴ...
『マダム・イン・ニューヨーク』『めぐり逢わせのお弁当』をギンレイホールで観て、ラジニカモーンふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
いきなり歌いださないインド映画二本立て。 ◆『マダム・イン・ニューヨーク』 五つ星評価で【★★★シャシかわいい】 主人公のマダム、シャシが可愛い。 外面も美人だか、家 ...
映画評「マダム・イン・ニューヨーク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年インド映画 監督ガウリ・シンデー ネタバレあり
まとめて(WOWOW) (心のままに映画の風景)
「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜」2014年公開 大海原で単独遭難し、極限のサバイバルを強いられる男の海洋ヒューマン・アドベンチャー。 ロバート・レッドフォード *一人芝居、ほとんどセリフなし。 生き延びるため黙々と作業をこなす。 退屈。 これ、映...
マダム・イン・ニューヨーク (いやいやえん)
美しく聡明で料理も上手なのに英語が話せないというだけで娘と夫に虐げられてしまっている主婦が主人公。これは女性で親近感沸く人がいるだろうなあという設定。 実際私も主婦にはなったことありませんが、これを観