パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

X-MEN:フューチャー&パスト★★★★

2014年06月03日 | アクション映画ーア行

未来から過去へと送り込まれたウルヴァリンや、超人的パワーを持つX-MENのメンバーが、二つの時代を舞台に地球の危機を救うべく戦いを繰り広げるSFアクション。ブライアン・シンガーが『X-MEN2』以来の監督として復活し、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンをはじめ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリーなど豪華俳優陣が競演。プロフェッサーXと宿敵マグニートーの共闘、過去へ向かうウルヴァリン、X-MENの集結など、過去と未来で複雑に絡み合うストーリーと壮絶なアクションに期待が高まる。

<感想>時空を超え新旧メンバーが共演という、まさに“オールスターX-MEN”と呼ぶにふさわしい顔ぶれが戦う敵は、原作コミックでも人気のミュータントせん減用巨大ロボット軍団、センチネルである。ウルヴァリンを主役に据えた2作目を含め、シリーズ7作目となる本作は、物語の背景は2023年と1973年。最大の敵“センチネル”の出現によって地球滅亡のカウントダウンが迫る中、未来と過去が交錯した信じがたいバトルが展開される。
ウルヴァリンはどうやって時を超えるのか、プロフェッサーXとマグニートーの共闘の行方は、そして新旧のミュータントたちはセンチネルの暴走による地球壊滅を阻止することができるのか?・・・今回は、監督に復帰した映画シリーズの生みの親、ブライアン・シンガーの手によって新たな段階へと突入する。

エレン・ペイジ演じるキティ・ブライトの手によって、ウルヴァリンの魂を過去に送り込むタイムトリップ方法もユニークです。魂だけで時空を超え、自身の肉体に宿った彼は、ミュータントたちの力を結集し、センチネル完成を阻止しようとする。
ウルヴァリンの身体の全骨格に、超金属アダマンチウムが移植されたのは1980年代だから、この時代はまだ固い骨が飛び出て来るのと、不死身の身体ですね。ウルブァリンの魂は、パワーの減退で何度か未来へと戻ろうとする。しかし、過去を完全に変えなければ、未来で迫りくるセンチネルの攻撃を防げない。ここで緊迫のタイムリミットを体感します。
ミュータントを抹殺するために開発されたバイオメカニカル・ロボットのセンチネル、それは恐るべき進化を遂げ、ミュータントのDNAを感知し、攻撃するようにプログラミング。2023年では、大軍で猛攻撃し、ついには人類にも牙を剥く。能力を駆使して抗戦するX-MENだが、敵の総攻撃を受けて全滅の危機に直面する。

プロフェッサーXは、天才科学者ボリバー・トラスクがミスティークのDNAを取り込んでセンチネル開発に成功する1973年に、ウルヴァリンの魂を送り、歴史を変えようと動き出します。

この時代にはミスティークの存在が、若きチャールズことプロフェッサーXと、マグニートことエリックと恋敵としての話も面白いですね。ミスティークにはジェニファー・ローレンスが演じて、あらゆる人間に姿を変えて活躍。彼女がニクソン大統領にまで化けてしまうのだから驚きです。普段は身体に青いボディペイントを塗ったような感じで、スタイル抜群の彼女としてはハマリ役でした。

それに、ほんのちょっとですが、ウルヴァリンが愛してしまったジーンにも出会うことができます。まだ若かった怒りが増幅すると青い獣人に変身するビーストが、1973年代でさびれたエグゼビア・スクールを管理してました。
ミュータントを人類にとって脅威と考える天才科学者ボリバーが、つくり出した人型戦闘マシン軍団で、2023年の進化型は敵であるミュータントの特殊能力を中和する性能を備えており、腕の形状などを自在に変えることもできるので、X-MENが束になって叶わない、センチネルの強さがヤバすぎです。

1973年では金属ロボットの外見だったので、マグニートが鉄道のレールをセンチネルの中へ取り込み、センチネルを操って防いだ。しかし、2023年にはミスティークふうの皮膚に進化し、X-MENからの攻撃をそのまま自分のパワーに変換。まさに空前の戦いが展開されます。ストームのハル・ベリーは、2023年の戦いでセンチネルの攻撃を阻止していましたね。

過去篇ではミスティークやマグニートの能力が、前作と比較にならないレベルで行使され、新キャラのパワーも激しく炸裂してます。特にクイックシルバーが、一瞬で多数の敵を倒す超スロー映像シーンが面白い。ペンタゴンにある事件に関与した疑いで、10年間拘束されていたマグニートことエリック救出のために参加する。
この時代のケネディ暗殺、ベトナム戦争などを通して、ミュータントを敵と見なす勢力が拡大。科学者ボリバー・トラスクのセンチネル開発に繋がっていくことに。実際の歴史ともリンクして、実はテーマも深いですから。

時空を超えるのはウルヴァリンの魂だけですが、何故か過去のプロフェッサーXが、未来の自分と対面。理由は単純なタイムトリップではないのだ?このシーンは、物語りの重要なポイントなので映画をご覧くださいませ。
2013年劇場鑑賞作品・・・204 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくたちの家族 ★★★ | トップ | 万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−★★... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『X-MEN -フューチャー&パスト-』 2014年5月27日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『X-MEN -フューチャー&パスト-』 を先行上映で鑑賞しました。 でも・・・日本橋3回目にして3回目のスクリーン6という・・・違う箱に入りたいw 【ストーリー】  2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフ...
「Xmen フューチャー&パスト」、Xmenシリーズ新作です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ Xmenファン ☆☆☆☆ アメコミ「Xmen」の映画化でこれで7作目。 ただ、この映画、前作などの引き継ぎ部分が多く、初めてこれを見るとよくわからない部分があるでしょう。 それだけコアなファンがいるということです。 まあ、ただのアク...
X-MEN:フューチャー&パスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) 1973年からの歴史の勉強をしたいというウルヴァリンに
劇場鑑賞「X-MEN フューチャー&パスト」 (日々“是”精進! ver.F)
過去を変え、未来を救え… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405300000/ [CD]JOHN OTTMAN サウンドトラック/X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST (ORIGINAL MOTION PICTURE S...価格:1,689円(税込、送料別) ...
『X-MEN/フューチャー&パスト』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
2023年、殺戮兵器センチネルによってミュータントは全滅の危機に瀕し、かつての宿敵マグニートーもプロフェッサーXと手を組んで抵抗していたが、一人また一人とX-MENたちも倒れていた。全ては1973年、ミスティークがセンチネルの開発者トラスク博士を殺害したことが発端...
X-MEN:フューチャー&パスト/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
大人気SFアクションシリーズ『X-MEN』の劇場版第7作。『ウルヴァリン:SAMURAI』のラストーシーンではプロフェッサーXとマグニートーが突如現れかなり意味深な暗示をして幕を閉じたわけ ...
X-MEN:フューチャー&パスト (そーれりぽーと)
まさかの旧三部作とのクロスオーバー!『X-MEN:フューチャー&パスト』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ全開で。 もう無いかと諦めていた旧キャストによる旧X-MEN三部作の続きで幕を開け、でもなにか違う。世界が滅びかけている。 活躍を期待していたX-MEN達が一...
ブライアン・シンガー監督『X-MEN : フューチャー (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラスト、台詞に触れています。『X-MEN : フューチャーパスト』X-Men: Days of Future Pastブライアン・シンガー監督ヒュー・ジャックマンマイケル・ファスベンダージェ
映画「X-MEN:フューチャー&バスト」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開二日目の夕方、この劇場で3番目に大きいシアター1の客入りは8割位だ。個人的に試写会以外で今年初の劇場鑑賞作品となる。
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (時間の無駄と言わないで)
昔の3部作があんまり好きじゃなくて。 でも前日譚の前作は大好きで。 で、前日譚の続編を作るって聞いたときにはとても楽しみだったけど、監督のマシュー・ヴォーンが降板して、 ...
『X-MEN:フューチャー&パスト』 順番に気をつけよう (映画のブログ)
 X-MENシリーズは遂にここまで進化した!  X-MENはミュータント(突然変異体)であり、シリーズの背景には人類の進化への考察がある。  だが、『X-MEN:フューチャー&パスト』で驚かされるのは、映画そのものの進化だ。変容と云ってもいい。  このシリーズは他のスー...
「X-MEN:フューチャー&パスト」 ユニークなアイデア (はらやんの映画徒然草)
スピンオフ的に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で若かりし頃のプロフェ
「X-MEN フューチャー&パスト」☆新旧揃い踏み (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
過去と未来を行ったりきたり、若かりし頃のプロフェッサーからマグニート、今は亡きX-メンのメンバーも。 どんな未来であろうとも、どんなに過去に戻っても、『ウルヴァリンだけはヒュー様』の美味しい役どころ。
一粒で二度おいしい。『X-MEN:フューチャー&パスト』 (水曜日のシネマ日記)
『X-MEN』シリーズの最新作。ミュータントの運命を握る過去と未来を描いた作品です。
X-MEN:フューチャー&パスト(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST】2014/05/30 公開 アメリカ 132分監督:ブライアン・シンガー出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、イアン・マッケ...
X-MEN:フューチャー&パスト (Akira's VOICE)
見どころは多いが何でもありすぎる。  
X-MEN:フューチャー&パスト (風に吹かれて)
新旧X-MEN勢揃い 公式サイト http://www.foxmovies.jp/xmen 監督: ブライアン・シンガー ボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)がミュータントを殺すために開発し
映画:X-MEN:フューチャー&パスト 全米公開初日に飛び込んだら、凄げー面白い! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全米公開初日に惹かれ、早速チェックしてみた。 するとIMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通常版3Dで鑑賞。 劇場は満員、で初日なので、かなりX-MENに入れ込んでいる人たち。 このため、ツッコミがかなりのシーンで入り、相当面白い。 一番ビックリしたのは....
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (こねたみっくす)
スピンオフにてリセットは禁じ手なのか、それとも新たなる手法なのか。でも新3部作の2作目なんです。 職業監督のブレット・ラトナーでもない、アメコミ専門監督化しているマシ ...
「XーMEN フューチャー&パスト」 (ここなつ映画レビュー)
アメコミづいてますな。という訳じゃないんだけど。このシリーズの「ファースト・ジェネレーション」が思いのほか面白く、結構好きになってしまったから。スピンオフの「ウルヴァリン」も良かった。なかなか、っていうか全然死なないんだもんなあ~、ヒュー・ジャックマ...
X-MEN:フューチャー&パスト (心のままに映画の風景)
2023年。 バイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走により、地球は危機的状況に陥った。 ミュータントに不信を抱くボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)が開発した最強兵器だったが、いまや、センチネルはミュータントばかりか人類にも牙をむき始...
X-MEN:フューチャー&パスト (だらだら無気力ブログ!)
クイックシルバーの能力発揮のシーンがイイ。
X-MEN: フューチャー&パスト  監督/ブライアン・シンガー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ジェームズ・マカヴォイ  マイケル・ファスベンダー  ジェニファー・ローレンス 【ストーリー】 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと....
「X-MEN:フューチャー&パスト」 (或る日の出来事)
素直に「楽しかった!」と言います。
X-MEN フューチャー&パスト (本と映画、ときどき日常)
監督 ブライアン・シンガー 出演 ヒュー・ジャックマン     ジェームズ・マカヴォイ     マイケル・ファスベンダー ロボットの攻撃により、X-MENが壊滅の危機に。 ウルヴァリンが過去に戻って、ロボットの開発を阻止するぞ~。 今回も面白かったです...
X-MEN:フューチャー&パスト・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
未来を、諦めない。 マーベルコミックの人気ヒーローシリーズ「X-MEN」の第5作は、シリーズ初の時間SFだ。 あらゆるミュータントの特殊能力をコピーして増幅できる自立型ロボット兵器、センチネルが暴走し、ミュータントのみならず人類までもが存亡の淵に立たされた...
X-MEN:フューチャー&パスト (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミ原作の人気シリーズで今作で7作目。僕は昨年の「ウルヴァリン:SAMURAI」以外は見ているのですが、結構、忘却のかなたにあり、特に旧3部作の登場人物は誰が誰なのか把握しきれずまごまごしました。でも、シリーズ1作目と同じブライアン・シンガー監督...
X-MEN フューチャー&パスト/X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST (我想一個人映画美的女人blog)
2023年の未来(フューチャー)と1973年の過去(パスト)、二つの時代が同時進行する X-MENシリーズの最新作 X-メン(2000年) X-MEN2(2003年) X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年) ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年) X-MEN: ファースト・ジェネレーショ...
X-MEN:フューチャー&パスト (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月1日(日) 19:00~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1400円(映画サービスデー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 何故ゴーリキーさんが。 『X-MEN:フューチャー&パスト』公式サイト ゴーリキーさんは、ミスティークの吹き替えらしい。名優のジェニ...
X-MEN:フューチャー&パスト (花ごよみ)
 監督はブライアン・シンガー 主演はヒュー・ジャックマン、 マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、 ハル・ベリーなど競演。 オールスター競演です。 旧作のメンバーも出演。 バイオメカニカルロボット センチネルに対抗し 地球滅亡の危機に立ち向....
X-MEN:フューチャー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 米国 上映時間:132分 監督:ブライアン・シンガー  基本的にシリーズものは余り観ないことにしているのだが、本作はサブタイトルが示す通り、タイムトラベルを扱っているので早速映画館で観ることにした。  今回の主役も一応は、ウルヴ
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (ラムの大通り)
(原題:X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST) ----これ、フォーンも一緒に観に行った映画だよね。 最初、あっけにとられていたみたいだけど、 途中から前のめりで観ていたよね。 「うん。全然話を知らずに、 前作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続き程度の知識で臨ん....
X-MEN:フューチャー&パスト (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「X-MEN:フューチャー&パスト」監督:ブライアン・シンガー(『ジャックと天空の巨人』)出演:ヒュー・ジャックマン(『プリズナーズ』『ウルヴァリン:SAMURAI』)ジェームズ・マカヴ ...
新しい過去へ~『X-MEN:フューチャー&パスト』 (真紅のthinkingdays)
 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST  2023年、対ミュータント兵器として開発されたロボットが暴走し、人類は滅亡 の危機に瀕していた。プロフェッサー(パトリック・スチュワート)とマグニートー (イアン・マッケラン)は、過去へ遡ってこの事態を招いた元...
「X-MEN:フューチャー&パスト」 (Con Gas, Sin Hielo)
ミュータント×タイムトラベル。 昨年、「ウルヴァリン:SAMURAI」がおもしろかったと書いてから他の人の記事を見たら、「ミュータントが少な過ぎてX-MENじゃない」という感想が多く、思わずはたと手を打った。 その点、今回はがっちり出てくる。それどころか、過去の...
X-MEN フューチャー&パスト (迷宮映画館)
なんかねえ、それはやっちゃいかんやろおお~って思ったんすよ。
X-MEN フューチャー&パスト 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
人気アメコミシリーズ「X-MEN」の最新映画化作 「X-MEN フューチャー&パスト」が公開され ましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品で上映形態は3D字幕or吹替、2D字幕が あり、近くのシネコンでは3D吹替or2D字幕という セットが多かったので3D字幕版を上映してい...
映画『X-MEN:フューチャー・パスト 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-55.X-MEN フューチャー&パスト■原題:X Men:Days Of Future Past■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:131分■料金:2,100円■鑑賞日:7月3日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・製作:ブライアン・シンガー◆ヒュー・ジャックマン◆イ...
過去から未来を変える (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「X-MEN:フューチャー&パスト」を鑑賞しました。 2023年、センチネルの攻撃により地球は危機的状況に陥る、そのためプロフェッサーXとマグニートー共闘していた この状況を打破するべく1973年にウルヴァリンの魂を送り センチネル...
X-MEN:フューチャー&パスト (銀幕大帝α)
X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 2014年 アメリカ 132分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/05/30) 監督: ブライアン・シンガー 『ジャックと天空の巨人』 製作: ブライアン・シンガー 製作総指揮: スタン・リー 原案: マシュー・ヴォーン 出演...
X-MEN:フューチャー&パスト (いやいやえん)
【概略】 2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム...
X-MEN:フューチャー&パスト (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ブライアン・シンガー 出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ、ショーン・アシュモア、オマール・シー、エヴァン...
X-MEN:フューチャー&パスト (X-Men: Days of Future Past) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブライアン・シンガー 主演 ヒュー・ジャックマン 2014年 アメリカ/イギリス映画 131分 SF 採点★★★★ 大小様々な選択の積み重ねってのが、今の自分を作り上げちゃったんですよねぇ。本質まで変わるとは思っていませんが、選択次第によっては全く違う人...
映画評「X-MEN:フューチャー&パスト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ブライアン・シンガー ネタバレあり