パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

アイアムアヒーロー ★★★★

2016年04月25日 | アクション映画ーア行
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。『青天の霹靂』などの大泉洋、『女子ーズ』などの有村架純、『モテキ』などの長澤まさみら実力派が出演。スリルと恐怖が次々と押し寄せる展開はもちろん、鮮烈なビジュアルも見もの。
あらすじ:漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

<感想>日本のコミックの表現は、作家たちの発想がすごく自由であり、本当に世界に誇れる文化だと思う。それを映画化する時、どのようなバランスでメジャー作品として成立させるかという問題があるのだ。しかし、この映画には驚いた。原作の自由な表現をどこまで自由に純度高く映像化できるのか、ただそれだけを追求した映画になっていたと思う。

それは海外ドラマの「ウォーキング・デッド」のようで、ゾンビパンデミック映画でありながらも、主人公がダメダメな売れないマンガ家の男であり、演じているのがコメディセンスのある大泉洋ちゃん。上空を飛ぶ軍用機、逃げ惑う群衆、激突する車など、まさにパニック映画的な事態が次々と発生する。

初めはただ世の中の変化に驚き、そして趣味でやっていたクレー射撃、何の取り柄もない英雄が、射撃の腕だけは超一流だったという。これが役にたつとは、日本は銃規制が厳しいので、一般人は拳銃は持っていないし、素手で戦うにはゾンビにやられてしまう。バットやナイフ、包丁に金槌と斧、これなんかもZQNの勢いの力が勝っているのでダメですから。ただ、逃げるしかない。それも高いところに。富士山目がけて逃げるしかない。
普通だったら、政府が自衛隊や警察を配置してZQN退治をするんでしょうが、そんな所が微塵にも描かれていなくて、つまりは自分の身は自分で守るってことになる。
それに、ゾンビメイクも白塗りではなく、血走った眼に白眼、顔に浮き出た血管、それに腐乱したゾンビとか、スプラッター描写が凄いのだ。

ゾンビといえばモールはかかせない場所なんですかね、そこへ主人公と女子高生の有村架純ちゃんを背負って、自分が守ってあげるといいながら行くも、そこにはボス的な男が威張っており、「銃を渡せ」とボーガンで狙っているんですよ。しぶしぶ従うしかなく、銃も渡してしまい少し感染した架純ちゃんを、そいつらが感染者だと大騒ぎしてボーガンで額を撃つんですよ。まったく酷いもんです。看護師の長澤まさみが介抱してくれて、架純ちゃん助かったのが良かった。

そして、そのボスが言うには、屋上にいる感染していない人間が多いので、地下の食糧倉庫へ行き、食料を取ってこようと計画するも、下にはたくさんのZQNがいて、彼らを屋上で女たちが鍋やフライパンとか音が出る者を叩き鳴らして惹き付ける作戦。
しかし、地下へ行くもやはりZQNの勢いには適わず噛まれてしまうものが続出。主人公の銃を持っていた男も餌食になり、ZQNに腕を噛まれた大泉洋が、モールの店の戦利品のロレックスを腕にたくさんはめまくり、噛まれた腕が平気だったという笑い話もある。

始めは人間に向かって銃刀法を言い訳に引き金を引くことが出来なかった英雄。しかし、今はそんなこと躊躇している場合ではないのだ。すかさず銃を拾った主人公のヒロー大泉洋がぶっ放す散弾銃の連発を、口をあんぐりしながらただただ無事を祈って観ていました。
いや~凄かったです。100発くらいの連射なのか、実に見事な射撃でZQNの頭を狙って決めまくりでした。

そうそう、別格の陸上選手高跳び男ZQNが、屋上へ飛ぶんだということは初めっから解ってましたが、まさか地下まで来ているとは、大泉洋が少し手こずりながらも頭をブッ飛ばす瞬間は最高でした。

最後が、まだたくさんのZQNたちもいるのでしょうが、ボスの車を奪い長澤まさみの運転で、有村架純ちゃん、英雄の大泉洋の3人が助かって富士山へと向かって終りなんですよ。これでは中途半端な終わり方ですよね。
この映画の血しぶき増量やZQNのメイクの気味悪さとか、グロイ描写(腹から腸が飛び出る)が苦手な人にはダメでしょうが、私は結構ゾンビものって好きなので楽しめました。ちなみに脳みそはプリンを使用とのこと。
シッチェス国際映画祭、ポルトガル国際映画祭、SXSWミッドナイターズ部門で観客賞を受賞したという、観客を沸すことのできるゾンビ映画ということなのでしょう。
2016年劇場鑑賞作品・・・81映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィフス・ウェイヴ ★★.5 | トップ | ズートピア ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『アイアムアヒーロー』 2016年4月22日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『アイアムアヒーロー』 を試写会で鑑賞しました。 邦画ではあるんだけど結構頑張って作ったと思う。 【ストーリー】  漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い...
アイアムアヒーロー (あーうぃ だにぇっと)
アイアムアヒーロー@一ツ橋ホール
劇場鑑賞「アイアムアヒーロー」 (日々“是”精進! ver.F)
俺が君を守る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604230000/ アイアムアヒーロー 公式映画原作本 終わりの始まりだ [ 花沢健吾 ]価格:699円(税込、送料無料) 【在庫あり/即出荷可】【漫画】アイアムアヒーロー...
「アイ アム ア ヒーロー」:典型的なゾンビ映画 (大江戸時夫の東京温度)
あっ! こっちの写真ではなくて、こっちですよね・・・などと、わざとらしく間違えて
アイアムアヒーロー (Akira's VOICE)
有村架純と長澤まさみがそばにいるだけで男は強くなれる!  
アイアムアヒーロー (映画好きパパの鑑賞日記)
 邦画でも大作エンタメをしっかり作れることを証明した傑作。特に、序盤の日常が一気に崩壊していくシーンは、同様の素材だった「ワールドウォーZ」を凌駕していたと思います。ただ、スプラッターが苦手な人は、ちょっとしんどいかも。  作品情報 2015年日本映画 監...
「アイアムアヒーロー」 (或る日の出来事)
おもしろい!
映画感想『アイアムアヒーロー』-2016年 日本 (見取り八段・実0段)
日本製のパンデミックもので、ここまで描いたものは今まで無かったと思う。恐怖が拡散する説得力がスクリーンから伝わるのが素晴らしい。あ、結構グロいホラーですので、役者目当て...
『アイアムアヒーロー』を新宿ピカデリー6で観て、しょーがないじゃん有村架純がかわいいんだから★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲美女二人。映画の命題はこの二人と引き換えに世界を失ってもいいか、という気もするのだけど、それだったら答はYESでしょう。 五つ星評価で【★★★★虐殺されるゾンビよ ...
「アイ アム ア ヒーロー」☆大泉洋と思って舐めたら危険! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あー、面白かった! あー、疲れた・・・・・ あー、マジ怖かった(;´д`) うー、グロかった・・・ これってゾンビが出てくるゆる~いコメディかと思っていたら大間違い!!!これはコメディだけどホラーだわ。 でも相当良くできていて、実に面白い!!!
「アイ アム ア ヒーロー」 日常から非日常へのグラデーション (はらやんの映画徒然草)
さすがR15 指定、血みどろでしたねえ。 正直、血がたくさん出てくる映画は苦手な
アイアムアヒーロー (miaのmovie★DIARY)
【I AM A HERO】 制作国: アメリカ 制作年:2012年 鈴木英雄。漫画家デビューに失敗し、アシスタントで生計を立てる 崖っぷちの35歳。恋人とは破局寸前。平凡で変哲のない、何の面白 みもない毎日を過ごしていた。 そんな英雄の普通の毎日は、恋人の...
「アイアムアヒーロー」DQNに追い込まれた先にみた自ら生き残るため誰かを救うために勇気をもって立ち上がった平凡な男のヒーロースト... (オールマイティにコメンテート)
「アイアムアヒーロー」(R15+指定)は花沢健吾原作の漫画を映画化した作品で、正体不明の感染によりゾンビと化した人間たちが街の人たちを襲いパニックになるなか生き延びようとする ...
アイアムアヒーロー (勝手に映画評)
謎のウイルスに感染してZQNと呼ばれるゾンビ化した人々に襲われ逃げ惑う様子を描いたパニックムービー。世界三大ファンタスティック映画祭の第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭では観客賞及び最優秀特殊効果賞、第36回ポルト国際映画祭では観客賞及びオリエンタルエ....
アイアムアヒーロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 基本的に機敏なゾンビは認めたくないのだ^^;
ショートレビュー「アイアムアヒーロー・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ナチュラルボーン・ヒーローはいない。 安っぽさゼロ、ハリウッド映画とタイマン張れる評判通りの大快作だ。 端的に言えば、漫画家アシスタントである主人公・鈴木英雄の妄想が実現してしまう話である。 名前と違ってヘタレな英雄は、平凡な男がヒーローになるという...
アイアムアヒーロー (とりあえず、コメントです)
花沢健吾著の同名人気コミックを大泉洋主演で映画化したパニックアクションです。 予告編を観て怖そうな映画だなあと思いつつもキャストに惹かれてチャレンジしてみました。 永遠のような戦いの後に立ち上がる主人公の姿がめちゃくちゃカッコ良かったです~
[映画『アイアムアヒーロー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かった。 出てくるゾンビを駆逐する様がやや残酷だが、その見せ方こそが、この映画の独創性なのだろう。 ゾンビ物と『進撃の巨人』はやや物語の構造が似ている。 実写の映画「進撃の巨人」のあるべき姿が、この「アイアアムアヒーロー」には感じられた^^...
アイアムアヒーロー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/04/23公開 日本 R15+ 127分監督:佐藤信介出演:大泉洋、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、風間トオル ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。 STORY:漫画家アシスタントとしてパッとしない...
アイアムアヒーロー (映画的・絵画的・音楽的)
 『アイアムアヒーロー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)話題のゾンビ映画(注1)ということで、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、TVで女子アナが「広島県で45歳の女性が土佐犬に噛まれました。重傷です」といったニュースを読み上げています。 ....
『アイ アム ア ヒーロー』('16初鑑賞44・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月30日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 18:30の回を鑑賞。
アイアムアヒーロー (だらだら無気力ブログ!)
テレ東がアニメ放送している間は問題無いってのは笑った。
No.544 アイアムアヒーロー (気ままな映画生活)
花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼 ...
<アイアムアヒーロー> (夢色)
公開延期にもなってたから、ずっと楽しみにしてた佐藤監督の新作( ´艸`)4月から仕事が忙しくて、レイトショーで起きてられる自信がなかったので、なかなか行けなかったのですが(笑)ようやく観てきました~。あのねー・・・めっちゃ面白かった!!!でも、、、 め...
アイアムアヒーロー  監督/佐藤 信介 (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  有村 架純  長澤 まさみ 【ストーリー】 漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す....
アイアムアヒーロー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2015年日本 上映時間:127分 監督:佐藤信介  またまた原作がコミックの作品である。同時期に上映している作品だけでも、『ちはやふる』、『テラフォーマーズ』、『スキャナー』、『僕だけがいない街』、『暗殺教室』、『ヒーローマニア』などがず
「アイアムアヒーロー」 (Con Gas, Sin Hielo)
防衛力の乏しさを認識。 ZQNという名ではあるが、要はいわゆるゾンビ映画であり、それ自体はまったく珍しくない。 その中で本作が特筆されるべき点は、わが国では個人レベルでZQNを退治する手段がないということに焦点を当てていることである。 更には、人間とZQNの戦...
アイアムアヒーロー (映画と本の『たんぽぽ館』)
一味違うゾンビもの * * * * * * * * * * ゾンビものは守備範囲外ではありますが、 やはり大泉洋は見逃せない、というわけで・・・。 主人公はサエない漫画家アシスタントの英雄。 名前は「ヒーロー」だけれども、全然実態が伴っていない。 人....
『アイアムアヒーロー』 (beatitude)
漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は35歳で、彼女とは破局寸前。しかし彼の平凡な毎日は、ある日一変する。英雄が徹夜仕事を終えアパートに戻ると、彼女は異形の姿になっていた。謎の感染によって人々はZQN(ゾキュン)という生命体に変貌を遂げ、街に溢れ出す。日....
日本発、ゾンビ映画 (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「アイアムヒーロー」を鑑賞しました。 漫画家アシスタントの35歳 鈴木英雄 彼の恋人が謎のウイルスに感染して襲い掛かってくる 慌てて散弾銃を手に外に飛び出すが街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美と逃げる....
ヒョエ~~グロい。指の隙間からみてました。(;´∀`)~「アイアムアヒーロー」~ (ペパーミントの魔術師)
大泉洋ありきで見ています。(こんなんばっかしやな) なんで、予告のあの盛り上げ方だと、キモイけど少しは笑わせてくれるのかと思いきや 大真面目なパニックホラーでした。 有村架純ちゃんのゾンビ化があまりに都合よすぎる。(わわわわわ) あの子だけきれいなまま...
『アイアムアヒーロー』 (時間の無駄と言わないで)
いや~ナメてましたわ。 こりゃ凄い。 「邦画として」ではなく、「洋画邦画問わずゾンビモノとして」衝撃的だった。 予告編の段階では全く観に行く気が起きなかったけど、なん ...
アイアムアヒーロー (銀幕大帝α)
2015年 日本 127分 ホラー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2016/04/23) 監督: 佐藤信介 『図書館戦争 THE LAST MISSION』 原作: 花沢健吾『アイアムアヒーロー』 出演: 大泉......
映画評「アイアムアヒーロー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり
アイアムアヒーロー (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:邦画     「アイアムアヒーロー」 監督:佐籐信介 原作:花沢健吾 2016年 日本映画 127分 R15+ キャスト:大泉 洋     ......