パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

女神は二度微笑む ★★★

2015年04月22日 | ま行の映画
インドで消息不明となった夫を捜す女性をヒロインに、失踪(しっそう)と地下鉄テロの二つの事件にまつわる壮大な謎を、多彩な伏線を張り巡らせて描いたサスペンス。イギリスで暮らすインド人女性が、インドへ行ったまま連絡が途絶えた夫を見つけるべく、妊娠中の身でありながら壮絶な捜索劇を繰り広げる。主演は、ボリウッドを中心に活躍しているヴィディヤ・バラン。監督は『アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター』のスジョイ・ゴーシュ。謎が謎を呼ぶストーリーと衝撃の展開に驚かされる。
あらすじ:イギリス・ロンドンに暮らすヴィディヤ(ヴィディヤ・バラン)は、インドへ行ったまま行方不明となった夫のアルナブを捜すためにコルカタにやって来る。しかし、宿泊先や勤務先にアルナブがいた痕跡はなく、やがてアルナブに非常によく似た男が国家情報局に追われていることが判明。ヴィディヤは危険を冒してでも、アルナブの行方を捜そうとするが……。

<感想>最近のインド映画は、歌や踊りのないサスペンスもので、ヒロインが臨月の超タフな美人ときた。好き嫌いは別として、最後のどんでん返しにいたるまでの話を、過剰に詰め込み、民族色豊かなお祭りでクライマックスを飾り立てるのだ。

そして、舞台となるコルカタよりもカルカッタ、ムンバイよりボンベイの方が、未だに何だかエキゾチックな親しみがあるインドの地名呼称変更である。コルカタの猥雑な路地にサスペンスの網を張りめぐらせ、IT関係と祭礼が主人公のアイデンティティを、何重にも宙ズリにする作劇になっている。
ですが、日本でもあった地下鉄サリン事件のような、コルカタの地下鉄でも同じようなテロによる無差別に一般市民を巻き添えにするのはどうかと思う。赤ん坊を抱いた母親らしき女が、途中の駅で降りる時に鞄を忘れていく。中には、哺乳瓶にミルクが入っており、そのミルクが床に落ちて破裂して、サリンと同じ効力を発揮するのだ。

いやはや、むせかえるような群衆の表現に舌を巻いた。舞台のコルカタも一般道路ではなく、路地裏という未知な場所をよく撮影していて、これもサービス満点ですが、ややカットが速すぎて、じっくり観たいと思う観客にはちと欲求不満な感じがした。
もはや踊らないのではなく、ポリウッドの伝統とは画した地点で、撮られているようにすら見えるわけで、グローバルな人口流動が真に21世紀的な映画を生んでいると思った。これからのアジア映画はこの方角へと向かうのではなかろうか。

配役のヒロインのヴィディヤ・バランをはじめとし、殺し屋のメガネデブ、頭の上がハゲの保険調査員に、新人警官のラナの優しさもいい。臨月まじかのヒロインが探偵まがいの頭の良さで、奔走するシーンにハラハラさせられ、クライマックスのラストシーン、ヒンドゥの「戦いの女神」ドゥルガーを乗せた山車と、それを取り巻く赤白のサリーの女性の群れ。上手く逃げ延びるすべを知っているのだ。

途中で、どうして臨月まじかの女性が、夫を探しにこんな危ないことをするのか、と思ったのだが、ラストの種明かしになるほどと納得がいく。
後半の怒涛の展開がやってくるまでの長い時間に、薄々感じていたある伏線が、「やっぱり」という結論」に結びつくのが残念なきがした。しかし、ハリウッドリメイク決定なのも頷ける作品。いやはや、見応えがありました。
2015年劇場鑑賞作品・・・82映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マジック・イン・ムーンライ... | トップ | 妻への家路 ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『女神は二度微笑む』をユーロスペース1で観て、インドもうまいやんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★落ち度なし】   サスペンスとして、どうしてどうしてちゃんと出来ちょる。 インド風味という事で、凄く大雑把に展開していく部分もあるけど (それはそ ...
『女神は二度微笑む』 (2012) / インド (Nice One!! @goo)
原題: Kahaani 監督: スジョイ・ゴーシュ 出演: ビディヤ・バラン 、パラムブラト・チャテルジー 、ナワーズッディーン・シッディーキー 鑑賞劇場: ユーロスペース 2年前、地下鉄で毒ガスによる無差別テロが発生したコルカタに、失踪した夫アルナブを探すため...
映画・女神は二度微笑む (読書と映画とガーデニング)
原題 KAHAANI(物語)2012年 インド インド・コルカタ(旧名:カルカッタ)の地下鉄で起きた毒ガスによる無差別テロ事件から2年仕事でコルカタに来ていたはずが連絡が途絶えてしまった夫・アルナブを探すため、身重のヴィディヤ(ヴィディヤ・バーラン)はロンド...
『女神は二度微笑む』 コルカタの雑踏 (Days of Books, Films )
Kahaani(viewing film) コルカタに行ったことがない。人口45
「女神は二度微笑む」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・インド 配給ブロードウェイ 原題:Kahaani 監督:スジョイ・ゴーシュ脚本:スジョイ・ゴーシュ プロデューサー:スジョイ・ゴーシュ 音楽:ビシャール=シェーカル 失踪した夫探しのために
「女神は二度微笑む」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
ロンドンからコルタカへ。 失踪した夫と身重の妻。 赤と白のサリー。 Kahaani (2012) (Hindi Movie / Bollywood Film / Indian Cinema DVD)Vidya BalanViacom 18 Motion by G-Tools
女神は二度微笑む  KAHAANI (映画の話でコーヒーブレイク)
インド発、冒頭から最後まで、緊張を持続した本格サスペンス映画です。 歌も群舞も一切なし。 こんなインド映画を見たことがあったでしょうか? ありません。 謎解きに引き込まれ、喧騒の祭りの中、思いもよらぬ事実に驚愕! 非常に見応えあるお奨め映画です。 インド版...
女神は二度微笑む (いやいやえん)
【概略】 コルカタの地下鉄で起きた毒ガスによる無差別テロ事件から2年。1カ月前に着任以来、行方不明となった夫を捜しにコルカタへやって来た身重の妻は、地元警察と共に捜索を開始。だが手がかりはゼロ。都市の路地裏のような謎が広がる。代わりに夫に似た男が浮かび上...