パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生★★★★

2016年03月29日 | アクション映画ーハ行
世界的人気を誇るスーパーヒーロー、スーパーマンとバットマンが互いに全力を尽くしてバトルに挑む姿を描くアクション大作。英雄から一転、悪に傾倒したスーパーマン相手に激しい戦いを繰り広げる人類の最後の希望バットマンとの最終対決を映し出す。二大ヒーローを熱演するのは、『マン・オブ・スティール』に続きヘンリー・カヴィルと『アルゴ』などのベン・アフレック。人知を超えた能力を持つ男たちの死闘の行方も見どころ。
あらすじ:バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的能力を持つスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、その力を人類のために惜しみなく使ってきた。だが、その破壊力の強大さゆえに、スーパーマンは人々からバッシングを受けるようになり……。

<感想>正義(ジャスティス)の意味を問うヒーロー同士の世紀の対決が始まる!物語は、「マン・オブ・スティール」でのスーパーマンとゾッド将軍(マイケル・シャノン)の死闘の18カ月後からスタートする。その空中戦を地上から目撃していたブルース=バットマンは、心に傷を抱えたまま犯罪者を追い続け、ゴッサム市警との関係は悪化している。一方、スーパーマンは、そのパワーゆえに、彼は救世主か?、それとも最大の脅威か、という疑念を人間社会から突きつけられることになる。

ザック・スナイダー監督自らがこうもりと“S”を合わせたエンブレムを発表し、その瞬間から世界中の関心と期待を集めてきた超大作。正義と正義が戦う構図は、単純な勧善懲悪ものを越えたドラマと、桁外れのアクションをもたらすのであります。

スーパーマンの戦いによる損害はあまりにも大きく、たとえその目的が正義のためであろうとも、彼がひとたび戦いを繰り広げれば、ビルや建物が崩れ落ち、爆発が巻き起こる破壊行為が引き起こされる。その規模は戦場での空爆に匹敵するか、それ以上のものになる。宇宙人として人類から疎まれる存在となってしまう。それが政治問題に発展し、批判のほこさきがフィンチ議員(ホリー・ハンター)で、スーパーマンを「偽の神」だと吊し上げる。
そのフィンチ議員に取り入りスーパーマン脅威論をあおるレックス。ジェシー・アイゼンバーグ扮するレックスが、スーパーマンを弱体化させるクリプトナイト(クリプトン星の緑の石)を手に入れ、ゾッド将軍の死体から最大の敵キャラ怪物“ドゥームズデイ”を作り、地球支配を狙う。

そこで立ち上がるのが、かつては闇のヒーローだったバットマン。ベン・アフレックの新バットマンとしての演技にも期待が高まる。スーパーマンの破壊行為を目のあたりにし、ブルースは精神的にダメージを受け、怒りが収まらない彼は、世論にも押されて直接対決を決意する。
日夜、肉体も鍛え直し、高性能の武器も開発。そして、執事のアルフレッドとしてジェレミー・アイアンズが、バットマンの武器やバットモービルなどを整備し蔭で支える。

さらには、両雄の戦いに絡むのが、ワンダーウーマンことダイアナ・プリンス(ガドット)だ。このアマゾン族の女戦士は、どうやら世界平和のために歴史の影で活躍してきたらしいが、詳細は不明。2人の戦いが世界を乱すと判断し彼らを止めるか、もしくは排除しようとする。お馴染みの盾を駆使した戦いっぷりは両雄にも負けない迫力ですから。

ついに2大ヒーローが大激突する。バットモービルが突っ込んできてもビクともしないスーパーマン。スーパーマンのパンチに両者が吹っ飛ぶが、その全力パンチをバットマンが目の前で押さえるシーンもある。パワーは互角と見ていい。

大都市メトロポリスの新聞社には、クラークの恋人のロイスにエイミー・アダムスが扮しているが、彼女が危機に陥ると、どこからともなく素早くやってくるスーパーマンには驚く。愛する彼女は守りたいのだ。その上司の編集長には、ローレンス・フィッシュバーンが、スーパーマンの活躍をスクープとして狙う。

そこへ、ちゃらいバカ社長のレックスが、2人に最強の怪物“ドゥームズデイと戦わせる。スーパーマンの育ての母親、マーサ(ダイアン・レイン)を人質にとり、あれ、バットマンの母親も同じ名前なんだ。スーパーマンが怪物を宇宙まで連れて飛び、クリプトナイトの矢を怪物にとどめを指す。この怪物前に観た「タイタンの逆襲」のタイタンの王クロノスに似ているようだ。あちらは魔界の王悪魔なので、こちらはエイリアンなのか?
そして、スーパーマンと怪物目がけてメトロポリスのミサイルも発射する。効き目はあったようだが、クリプトナイトが彼の身体を弱らせてしまい、スーパーマンが死んでしまう。無敵のスーパーマンが何故に死ぬのか?・・・葬式が行われる。最後に墓場の棺が動くのだが、蘇ったのだろうか?・・・分からない。
DCコミックの映画化なので、これから続々と製作中であり、ヒーロー大集結の「ジャスティス・リーグ」が中心となり、20年までのラインナップを見れば、マーベルと合わせて楽しみが2倍になりますね。

2016年劇場鑑賞作品・・・63映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディーン、君がいた瞬間(とき)★★★ | トップ | 黒崎くんの言いなりになんてなら... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』 2016年3月25日 TOHOシネマズ新宿 (気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−)
『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』  を鑑賞しました。 やっぱりザック・スナイダーだけに大味であった。 【ストーリー】  バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的...
劇場鑑賞「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 (日々“是”精進! ver.F)
共闘… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603250001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」オリ...価格:2,592円(税込、送料込) 【コトブキヤ ARTFX+ バッ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(11) 地上から見上げる冒頭の都市破壊シーンはなかなか秀逸。
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (miaのmovie★DIARY)
【BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE】 制作国: アメリカ  制作年:2013年 メトロポリスで新聞記者として働く真面目な青年クラーク・ケント。 しかし、その正体はスーパーパワーを秘めたクリプトン星人だっ た。第二の故郷・地球でスーパーマンとして幾度とな...
『バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ゾッド将軍の野望を阻止したスーパーマンは救世主として崇められたが、一方で多くの犠牲者を出すことにもなった。その戦いによって何人もの部下や友人を喪くしたブルース・ウェインも、スーパーマンを危険視する一人。正義を追求するあまり過激な手段を取ることもある<闇...
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 (或る日の出来事)
わかりにくいところがあったな〜と思う。
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 (時間の無駄と言わないで)
原題には「vs」って付いてないから予測は出来たけど、それにして予告編で使われていた「vs」っぽい映像が夢オチシーンだってのはちょっと酷いなぁ。 基本的には面白いアクシ ...
『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』 (こねたみっくす)
そこに愛はあるのかい? いくらDCコミックの焦りが見え隠れするとはいえ、これでは到底マーベルの『アベンジャーズ』には敵わない。ザック・スナイダー監督だからという点を差 ...
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 (Akira's VOICE)
今後が楽しみすぎるー!!!  
No.535 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (気ままな映画生活)
不朽のヒーロー「スーパーマン」をリブートした「マン・オブ・スティール」の続編で、ヘンリー・カビル演じる主人公のクラーク・ケント=スーパーマンに加え、DCコミックを代表す ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神 vs 人間。 2007年に公開された「アイ・アム・レジェンド」の、廃墟と化した2012年のニューヨークの街角には「バットマンvsスーパーマン」の巨大な看板が見える。 要するに「まさかこんなのは出来ないよね」というジョークなわけだが、ハリウッドはこんな冗談の様な...
映画:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Batman v Superman 日米同時公開に騙された(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
基本 スーパーヒーローもので、複数それらが登場した途端にシラけるワタクシ。だからガキのころから映画のウルトラマンはダメ、最近ではアベンジャーズは全て論外! そんな自分なのに、つい引っ掛かってしまった....監督がザック・スナイダーという点で、期待しちゃ....
「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」 (ここなつ映画レビュー)
小中学生でアメコミを読み込んだ子供が「バットマンとスーパーマンが戦ったらどっちが勝つかなー」と夢想したその夢を、「くだらないこと言ってんじゃないよ!勉強しなさい!」と一蹴するオカンになるのか、金をかけて一本のゴージャスな作品にする大人になるのか、という...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE】 2016/03/25公開 アメリカ 152分監督:ザック・スナイダー出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ...
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を109シネマズ木場7で観て、こりゃ賛否両論だわなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲ちば拓の『キックオフ』の名シーンを再現中の二人。 五つ星評価で【★★★最良のカットがあるが、話は迷子状態】 ・・・なので、ストーリーを重視する人はあかん状態で、 「 ...
「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
映画サイトでも巷でも結構評判が良さそうなので、期待していた私。 もともとバッドマンの闇の部分が、アメコミヒーローの中でも異彩を放っていて好きだったのに。 迫力ある映像、ダークな色調は終始格好良かったけれど・・・・
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 遠回りの果てに…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 バットマンとスーパーマンの対決が前面に出ているけれど『マン・オブ・スティール』の続篇で、前作の場面を引き継いで始まる。  監督は『マン・オブ・スティール』『300〈スリーハンドレッド〉』などのザック・スナイダー。  なぜか映画が始まる前に監督からのメッ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生  (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット、スクート・マクネイリー、カラン...
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生  監督/ザック・スナイダー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  ジェシー・アイゼンバーグ  ローレンス・フィッシュバーン  ガル・ガドット 【ストーリー】 バットマンは、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超....
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 3D (そーれりぽーと)
紆余曲折あって、最初の企画から14年経過。 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★ バットマン役がコリン・ファレル、スーパーマン役はジュード・ロウなんて話から14年ですよ。 ムキムキなアメコミヒーロー達ばかりな今考...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2016年 米国 上映時間:152分 監督:ザック・スナイダー  ノーラン版スーパーマンの第二弾である。前回ゾッド将軍との戦いで街を破壊しまくったのは、本作を意識しての前ぶれだったようだ。つまりスーパーマンは今のところ正義の味方であるが、場
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 ジャスティスの未来は描けているのか (はらやんの映画徒然草)
「アイアンマン」以来、その世界観を多彩なキャラクターで広げ、新しい作品を公開する
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミ映画のヒーロー対決ものって増えましたね。あまりアメコミ映画は見ないのですが、スーパーマンは好きなので、見に行きました。ただ、前作のマン・オブ・スティール同様、暗い雰囲気にしなくても…  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:ザック・スナイダー ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (Batman v Superman: Dawn of Justice) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ザック・スナイダー 主演 ベン・アフレック 2016年 アメリカ映画 151分 アクション 採点★★★ 背負ってる荷物が重過ぎて難儀していたお婆さんの荷物を代わりに背負って目的地まで一緒に行ってあげる。“善悪”で考えればこれは明らかに善ですよねぇ。でも、...
「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」 (Con Gas, Sin Hielo)
横綱・スーパーマンと関脇・バットマン。 嫌な予感が限りなく強かったので、保険としてTOHOシネマズ新宿でのMX4D鑑賞初体験というをオプションを付加したが、その選択は間違いではなかった。 タイトルのインパクトは申し分ない。ネームバリュー抜群の2者による異....
■バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第397回「なぜこの作品は私の心の琴線に触れなかったのか?」 アメコミ映画好きを公言してきた私がこの作品を楽しみにしていないわけがない。製作が決まった当初から公開を待ち遠しく思っていた。しかし、心のどこかで「大丈夫だろうか?」と心配していた。多くのキャ....
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生/BATMAN v SUPERMAN DAWN OF JUSTICE (我想一個人映画美的女人blog)
アメコミ映画で最も好きなキャラがバットマンであり、アメコミ映画化のシリーズの中でも 一番好きなのが「バットマン」今度のバットマン役はベン・アフレック と決定しただけでも楽しみだったのに、スキンヘッドの悪役レックスにはジェシー・アイゼンバーグ になっ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (だらだら無気力ブログ!)
『貞子VS伽椰子』みたいなキワモノ作品かと思ったら、全然予想以上に面白かった。
[映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・私のアメコミ映画鑑賞での立ち位置   DCコミックス < マーベル   サム・ライミ ≦ ティム・バートン   クリストファー・ノーラン < ティム・バートン   クリストファー・ノーラン < ザック・スナイダー   ブライアン・シンガー ≦ クリストファ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (とりあえず、コメントです)
バットマンとスーパーマンが闘ってしまう!アメコミファン待望のアクション大作です。 予告編を観て、何だかスーパーマンが悪そうに見えるなあと気になっていました。 観てみると、この二人よりもずっと悪い奴が登場してきて、 街中を巻き込むような派手な闘いが繰り広げ...
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (花ごよみ)
クラーク・ケント‥スーパーマンをヘンリー・カビル。 ブルース・ウェイン‥バットマンをベン・アフレック。 ガル・ギャドットが ダイアナ・プリンス‥ワンダーウーマンを演じます。 監督はザック・スナイダー 心優しい正義のヒーロー、スーパーマン、 闇夜の正義の...
ついに あの2人が対峙! (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて ゾッド将軍との対決でメトロポリスを救ったスーパーマン しかし人間離れした彼の能力や戦いの被害によって危険人物だと見なす人々も現れる 一方 ゴッサムシティの...