パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

カノジョは嘘を愛しすぎてる ★★★.5

2013年12月18日 | アクション映画ーカ行
「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」の青木琴美による同名人気コミックを、佐藤健主演で実写映画化。音楽業界を舞台に孤高のサウンドクリエイター・小笠原秋と、才能を見出され劇的なデビューを飾る女子高生・小枝理子の恋模様を描く。
23歳の若さでサウンドクリエイターとして活躍する秋は、かつて自分が所属していた人気バンド「CRUDE PLAY」に楽曲提供を続けながらも、ビジネスとしての音楽の世界に嫌気がさしていた。そんなある日、秋は気まぐれで声をかけた「CRUDE PLAY」ファンの女子高生・理子と付き合うことになる。しかし、理子は天性の歌声の持ち主で、その才能を見込んだ敏腕プロデューサーにより、3人組バンド「MUSH&Co.」としてデビューすることになるが……。
ヒロインの理子を演じるのは、オーディションで選出された新人・大原櫻子。劇中バンド「CRUDE PLAY」メンバーに三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、「MUSH&Co.」メンバーに吉沢亮、森永悠希と若手注目株が多数出演。

<感想>とにかくCRUDE PLAYのイケメンたちのかっこいいことといったらない。特に三浦翔平くんに一目惚れ!!って、本当は佐藤健君のファンなので観に行ったのだが、劇中での健くん少し暗い印象があったので、三浦翔平くんの素敵な笑顔に❤ひとめぼれ❤で〜す!でも、もう少し演技勉強してよね。
それに、新人の理子を演じた大原櫻子ちゃんの可愛らしさと自然な演技、バツ抜けた歌声とリズム感に驚きです。今時の女の子の歌手って、オバサンにはあまり上手とは言えなくて、華やかさとお色気勝負って感じです。
決して嫌いではないですよ。でもね、歌唱力とか、聴かせる声とかがね。今でも、ミーシャとか渡辺美里にキロロも好きですよね。

物語が、人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた、天才的な音楽クリエイターの才能を持つ小笠原秋に佐藤健が扮して、少し陰のあるひねくれた感じのイメージを、素で演じているような気もした。
みんながそうじゃないと思うんだけど、バックバンドの人たちって全然楽器がダメなんだ。それで専門のバックバンドに弾いてもらっているという裏事情とか、まさか声まで口パクってことないでしょうに。あの有名な「ゴールデンボンバー」ってグループみたいに。

それでも、一応売り出した曲は、主人公・小笠原秋が作曲していると言う設定。音楽関係の人って、作曲するのにふとイメージが湧いてきて、すぐに書けてそれがヒットするのがベストなんでしょうね。健くんの秋は、裏方に引っ込んで曲を書いてはみんなを檜舞台に出してやる。そんな仕事に満足している。
そんな中、秋にも売れっ子の恋人マリがいて、そのマリがプロデューサーの高樹とも付き合っているのを知って、別れを言い出すのだが、まだ秋の心にはマリの存在がしっかりと残っていた。

そんな時に、出くわしたのが高校生の理子。どうみても芋ねえちゃんというイメージだが、愛くるしい笑顔から派手な音楽界の世界にはない何かを得る秋。
だんだんと、純粋で無垢な高校生の理子に惹かれ、言葉では邪険に好きではないなんて言っているくせに、キスを突然するなんて、嫌いでできるかっていうの。

そんな時に、純真な理子の前にも、高樹の魔の手が伸びてスカウトにやって来る。やっぱ、CDデビューとかテレビに映り有名になるのが望みだった理子たち。でもね、高校生バンドがこんなにも簡単にメジャーデビューできるのかってところに、どうも納得いかなくて現実味にかけるんですよね。

それに、裏には、秋を良く思っていない男、ベースのメガネっこ心也が理子を奪って、自分の知名度を上げようとする者も現れたりして、秋の大ピンチに陥る。それに輪をかけたように、マリとのスキャンダルがマスコミにたたかれて、理子が秋を好きになっているのを知っているのに、心を打ち砕くようなそんな試練が次々と起こる。
秋は、そんな日本に嫌気をさして、ロンドンへ音楽旅行するというのだ。逃げるなんて卑怯だと思う。本当に大事に思っているなら、しっかりと、理子を抱きしめて守ってやらないとダメじゃないの。

エンドロールの後に、とっても素敵なシーンがあって、「嘘、こんなのってあり」ともかく、二人はやっぱり愛し合ってるんだね。少女マンガだけに、内容もそんなにつまんないというほどでもなく、あっさりとして爽やかでした。
大原櫻子ちゃんの歌声がとても素敵で、すっかりファンになってしまいましたよ。でも、やっぱ健には悪いけど、三浦翔平くんにどっぷりとハマってしまいましたです。
2013年劇場鑑賞作品・・・346 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武士の献立 ★★★.5 | トップ | ブリングリング ★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カノジョは嘘を愛しすぎてる/佐藤健 (カノンな日々)
青木琴美さんの同名コミックを『タイヨウのうた』の小泉徳宏監督がメガホンをとり佐藤健さんを主演に描いた音楽青春ラブストーリーです。小泉徳宏監督にとっては原点回帰と言える ...
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』をトーホーシネマズ六本木5で観て、弩少女マンガ展開にキュンふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★少女マンガのセオリー】 原作は映画館配布お試しマンガだけ試し読み。 かーいらしーのー。 ナイーブ男を演じさせたら今、誰よりもブイブイな佐藤健に、 ...
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」嘘を愛し過ぎた先にみた夢の現実を続ける苦悩と続ける為に見つけた正直な彼女の天性の歌声 (オールマイティにコメンテート)
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画は青木琴美原作の漫画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を映画化した作品で、サウンドクリエーターが音楽制作に行き詰っているところに突然現 ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (はるみのひとり言)
試写会で観ました。予告は何度か観てたんですが、またおばちゃん置いてけぼり〜な若い子向け恋愛物と思って期待してなかったんですが、入り込みましたよ。すごく良かったです。今年観たコミック映画化の中で一番好きかも。若干コミック的な描写もあるんだけど・・・気にし...
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」□監督 小泉徳宏□脚本 吉田智子□原作 青木琴美□キャスト 佐藤 健、大原櫻子、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、      吉沢 亮、森永悠希、谷村美月、勝村政信、相武紗季、反町隆史■鑑...
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 2013年12月5日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 を試写会で鑑賞しました。 歌はかなり良い感じでした 【ストーリー】  人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優...
「カノジョは嘘を愛しすぎている」 理子役がオーディションで選ばれた意味 (はらやんの映画徒然草)
人気少女漫画の映画化作品ですが、予告を観るまでまったくその存在を知らず。 最近、
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 大原櫻子さんを知ったきっかけ (映画のブログ)
 映画を知ったのは洋菓子店でのことだった。  店頭でケーキを選んでいたとき、三人の男女の写真が気になった。  「当店がテレビで紹介されました」と書き添えて、テレビの画像を貼り出す店はしばしばみかける。  だが、これはそういうことではないらしい。芸能人ら...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 製作:2013年 日本 上映時間:117分 監督:小泉徳宏  原作は青木琴美の漫画しいうことで、館内は女子高校生たちの群れで超満員。まだお昼の12時だというのに、彼女たちは真面目に高校へ行っているのだろうかと余計な心配をしてしまう。いずれにせよ
カノジョは嘘を愛しすぎてる (映画的・絵画的・音楽的)
 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)友人の紹介で見に行ったのですが、映画館が女子高生であふれていたのには驚きました。でも、原作がベストセラー漫画(青木琴美作)で、映画の主人公を人気の佐藤健が演じ、ヒロイン役が....
甘くてビター。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 (水曜日のシネマ日記)
ベストセラーになった青木琴美のコミックを実写化したラブストーリー映画です。
カノジョは嘘を愛しすぎてる (とりあえず、コメントです)
青木琴美著の同名コミックを小泉徳宏監督が佐藤健主演で映画化した青春ドラマです。 予告編を観てうわーっと思ったのですけど、ついピュアな気持ちに触れたくてチャレンジしてみました。 予想以上にストレートで真剣な心のやり取りと歌の魔力に、もうやられましたと思うよ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる 女子中高生に囲まれて鑑賞 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【2】 昨日から2014年の仕事始動、昨日は中央執行委員会と旗開きだったので、本格的には本日から。 午後からさっそく鳥取県へ出張です、さ〜っ、春闘だ!(けど、記事は映画です)  人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (単館系)
カノジョは嘘を愛しすぎてる MOVIXさいたま 2013/12/14公開 人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。 サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優先な音楽業界に うんざりしていた。 そん...
映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-2.オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ■原題:Only Lovers Left Alive■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・ドイツ■上映時間:123分■料金:0円(1カ月FP9本目)■観賞日:1月3日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジム・ジ...
映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-3.カノジョは嘘を愛しすぎている■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:117分■料金:0円(1カ月FP10本目)■観賞日:1月4日、TOHOシネマズ錦糸町(錦糸町) □監督:小泉徳宏◆佐藤健◆大原櫻子◆窪田正孝◆三浦翔平◆反町隆史◆谷村美...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
カノジョは嘘を愛しすぎてる '13:日本 ◆監督:小泉徳宏「タイヨウのうた」 ◆主演:佐藤健、三浦翔平、田正孝、水田航生、浅香航大、大原櫻子、吉沢亮、森永悠希、谷村美月、相武紗季、反町隆史 ◆STORY◆人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューす...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (映画好きパパの鑑賞日記)
 「タイヨウのうた」の小泉徳宏監督が若手ミュージシャンをヒロインに新作映画を作るということで期待していったのですが…。男性陣に好感がもてなかったうえ、肝心の曲のインパクトが感じられませんでした。  作品情報 2013年日本映画 監督:小泉徳宏 出演:...