パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ビリギャル ★★★.5

2015年05月07日 | アクション映画ーハ行
『ハナミズキ』などの土井裕泰が監督を務め、塾講師・坪田信貴の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化した感動作。成績学年最下位の女子高生が、ある教師の励ましで慶應義塾大学合格というむちゃな目標に向かって突き進む姿を描く。『女子ーズ』『ストロボ・エッジ』などの有村架純が偏差値30の金髪ギャルを熱演。落ちこぼれ女子高生が、人生の一発逆転を狙う笑いと涙の物語に夢中になる。
あらすじ:名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村架純)は全く勉強そっちのけで、毎日朝まで友人たちと遊んで暮らしていた。そんな娘を心配して、今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに塾に通うよう言いつける。彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートのへそ出しルックで渋々入塾面接に行き、教師の坪田と出会う。

<感想>こういう家族の話ってよくあるよね。結末が解っているいるような気がして、やや引き気味になるのだが、実際に観始めると話に引き込まれてしまった。その結果はですね、たかが大学受験の話ながら、ちゃんと青春映画になっているということであります。
家の中は、父親が息子に自分がプロ野球選手になれなかったことを後悔して、それを息子に夢を託すわけ。息子も初めはそんな父親の言うこと聞いて、一生懸命野球に専念して、野球の推薦で高校へ入学する。

そんな父親だから、家の中は息子の野球中心で、娘が2人いるのに母親に押し付けてしらんぷりなのだ。素行の悪い長女には、何も期待しておらず息子にばかり愛情を注ぐ。
野球バカとはこの父親のことを言うのかもしれない。息子のために、父親は夕食も特別待遇で、上寿司に焼肉、毎晩のように息子のためにご馳走三昧で、娘や母親にはそのご馳走を食べさせないし、毎月の給料だって息子のために使うからと、給料を入れないのだ。そんな父親と離婚をしないのかと、さやかが母親に問い詰めるシーンがあるが、それは後に書くとして、どうやら脱サラをして、車の整備工場を経営して、息子のために野球部が全員のれるバスまで購入する親バカなのだ。

それが、母親がどういうわけか、長女に慶應大学を受験させるべく塾に通わせるというわけ。塾の費用も馬鹿にならないので、母親は昼も夜もパートで働きづめ。過労が心配なのだが、ここではそんなことは一切触れていない。それに妹が、母親が夜も昼もパートに行くので、家事万端を引き受けているのが偉い。いくら姉のためとはいえ、初めは絶対に大学受験なんて無理と思っている家族にとっては、途中で投げ出して止めてくれないかとさえ思っているようだ。

有村架純さん、どうみても高校生役無理じゃないの、金髪コギャル姿は似合っているけれど、同級生の女子生徒もOL風で可愛いから許す。元々悪いのは主人公のさやかであって、実は素直な良い子なのだ。友達にも恵まれていて、塾に行くや勉強が好きになる。

塾先生の伊藤淳史さん、こういう先生がいたら勉強するでしょう。もともと、やるきのあるさやかちゃんだからだと思う。それに、家族崩壊の家の中で、母親が一生懸命に働き塾の費用を捻出することで、娘も本気を出して、父親が受験出来なかった慶應義塾大学へ入学して、父親に見返してやろうという意気込みも凄い。

高2から猛勉強するさやかに、塾の先生がさやかの頭脳に合わせての受験勉強の仕方に感心しました。偏差値が35位から47に、そして70までになるには、彼女の努力と元々ある頭脳、おバカなコギャルじゃなかったということですよね。手始めに、近畿学院大学を受験して合格してますから。

しかし、受験の日に塾の先生が、合格コーヒーをさやかにプレゼントする。それを、会場で一気飲みして、試験をしている最中にお腹がゴロゴロと、下し始めてトイレに何回も行くということに。だから、折角の慶應義塾大学の試験には、文学部が不合格になります。でも、もう一つ受けていたんですね、慶應の総合政策学部を。小論文を書くという、こちらの方が難しいと思ったのですが、お腹の下しもなく、すらすらと書けたようで見事に合格したんですからね。本当に立派ですよ。

それに、父親も息子が途中で野球をリタイヤして、グレてしまい遊び呆ける始末。これには、自分の夢を全て賭けていたのにと暴れる父親に、母親がキレてしまい、ガツンと旦那に意見をするシーンが良かった。
どうして母親が離婚をしなかったかと言うと、父親の心の優しさに惚れてしまい、本当は悪い人じゃないと信じているのだ。それが、さやかの近畿学院大学受験の日に、大雪で電車がストップして、父親が車で大学まで送って行くと言う。そして、途中で老夫婦の車が雪だまりにハマってしまい動けない。それを見て、父親が親切に車を雪の中から出してやる優しさを見て、なるほどと父親の良さを見てしまう。

しかし、学校側も主人公とお母さんにとっても、悪者にされているのもちょっと気になった。塾に通い、夜中は家で勉強という睡眠不足がたたって、学校で寝てしまう彼女に、母親を呼び出し説教するも、娘は夜中から朝までの受験勉強で、寝ていないので学校しか寝る時間がないと先生に食って掛かる母親。さやかの担任の先生に、安田顕が扮しており、もしさやかが慶応に合格したら裸で校庭一周すると言うのだ。確かに最後にスッポンポンの安田顕が見られましたから。
それにですよ、脚本が主人公のビリギャルと塾の教師だけでなく、ひたすらに娘を信じる母親と、息子に夢を託す父親の関係を通して、物語の主軸である「夢を持つことの大切さ」に、それと裏腹な「夢を持つ危いさ」という陰影をつけることが良かったのではないかと思います。
2015年劇場鑑賞作品・・・93映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE NEXT GENERATION パトレイバ... | トップ | ジャッカル ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ビリギャル』 2015年4月26日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ビリギャル』 を試写会で鑑賞しました。 全力で有村架純を応援しますよ 本当に良い映画だった 【ストーリー】  名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村架純)は全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。今の状態では大学への内部進学すらままな...
ビリギャル (単館系映画と舞台)
ビリギャル MOVIXさいたま 2015/5/1公開名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村架純)は全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。今の状態では大学への内部進学す ...
映画感想「映画ビリギャル」(試写会)2015年 (見取り八段・実0段)
全く期待していなかったのだけど想定外にいい映画だった。頑張る人の可能性を応援するストーリー。★★★(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 映画『ビリギャル』可...
ビリギャル  (Break Time)
連休中は・・・
映画 ビリギャル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】(11) ベタな展開ながらも親子愛、友情にホロリとさせられる。
ショートレビュー「ビリギャル・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
可能性は、誰だって無限大! スクリーンに表示されるフルタイトルは「ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 」って、なげーよ。 2013年に発売されてベストセラーになった、ノンフィクションの映画化。 原作は読んでないけど...
映画 ビリギャル (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     お嬢様学校に入ってビリだから、本来の意味でのビリでないことに   気を付けて観ないと、とんだ誤解が生じます。        有村架純のギャルぷり...
「ビリギャル」 (ここなつ映画レビュー)
結構、いや、「すっげー」良かった。GWの息子サービスとしてあまり気の進まないまま観に行ったのに、気がつけば息子よりものめり込んで観ていた。そして作中半分以上は涙、涙。きっと「全ての頑張る人ー特に若者ー」に捧げる作品なのだろうけれど、受験生を持った経験の...
ビリギャル (映画好きパパの鑑賞日記)
 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』というベストセラーになった原作にはまったく興味が無く、予告編をみてもティーンエイジャーむけの軽い話だと思い、見る気はありませんでした。しかし、TOHOシネマズのフリーパスポートを得たので...
「映画 ビリギャル」目指すものを示された先にみた子供の為ならとことん信じ惜しみない愛情に応えた娘のやる気と好奇心と自分を信じる... (オールマイティにコメンテート)
「映画 ビリギャル」 は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の実話を映画化した作品で高校2年時に偏差値30で学年ビリだったギャルがわずか1 ...
ビリギャル/有村架純、伊藤淳史 (カノンな日々)
学年ビリの女子高生が1年で偏差値を40も上げて慶應大学に見事現役合格した実話でベストセラーとなった書籍を有村架純さんの主演で映画化した青春ストーリーです。監督は『ハナミズ ...
No.496 映画 ビリギャル (気ままな映画生活)
投稿サイトに掲載された実話を書籍化しベストセラーとなった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化。名古屋の女子高に通うさやかは、偏差 ...
『ビリギャル』を109シネマズ木場8で観て、有村架純かーいーったらないぞふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★有村架純に尽きる】   有村架純起用時点で作品の成功は約束された。 あんなバカそうに見えて(『女子ーズ』でもバカだった)、 バリバリ性格よさそう ...
「ビリギャル」☆思わぬ感動に涙!やる気スイッチのありか (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
出来なかった子が頑張っていく話でしょう?~~と内容はおおよそ想像できると舐めてかかっていたら大間違い。 家族再生、友情物語と、こんなに泣ける話だったとは!!
映画 ビリギャル (にきログ)
こちらの作品原作が売れているのは知っていましたがまったく興味ありませんでした 映画も見る気はなかったのですが、評価が高かったので見てみたら面白かったですね なんだか軽そうなタイトルでむしろ損しているなと感じてしまいました あらすじ 名古屋の女子高に通...
映画 ビリギャル  監督/土井 裕泰 (西京極 紫の館)
【出演】  有村 架純  伊藤 淳史  吉田 羊  田中 哲司  野村 周平 【ストーリー】 名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやかは全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに塾に通うよ....
「ビリギャル」 (Con Gas, Sin Hielo)
さわやかな青春を過ごせた幸運。 わが国の教育は問題だらけ、などと社会問題を取り上げる作品ではない。 大学に入ること自体を目的にするっておかしくないか?と突き詰めるのもどこか違う。 これは、さやかという少女の目覚めと成長の物語であって、大学受験はたまた....
映画 ビリギャル (銀幕大帝α)
2015年 日本 117分 ドラマ/青春 劇場公開(2015/05/01) 監督: 土井裕泰 原作: 坪田信貴『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 主題歌: サンボマスター『可能性』 出演: 有村架純:工藤さやか 伊藤淳史:坪田義孝 野村...
映画「ビリギャル」レビュー(有村架純、人の未来の為に頑張る人になりたい) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ビリギャル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「ビリギャル」予告動画あらすじは学年 ...
映画評「映画 ビリギャル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・土井裕康 ネタバレあり
「ビリギャル」 (或る日の出来事)
かわいすぎて、チョーやばくね?