パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

死霊館 エンフィールド事件★★★

2016年07月11日 | アクション映画ーサ行
著名な心霊研究家ウォーレン夫妻の実体験に基づく大ヒットホラー『死霊館』の続編。史上最長のポルターガイスト現象とされるエンフィールド事件を題材に、人体浮遊など説明のつかない現象に悩まされる一家を救うため、ウォーレン夫妻が調査に乗り出す。前作に続きジェームズ・ワン監督と、夫妻役のパトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガがタッグを組む。共演には、『A.I.』などのフランシス・オコナー、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』などのマディソン・ウルフらが名を連ねる。
あらすじ:ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は、正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現象に悩まされていた。助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため彼らの家に向かう。幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な闇に危機感を抱き……。
 前作の死霊館」   アナベル死霊館の人形

<感想>前作の続編ということ、監督も同じだというので鑑賞した。実話だそうで、1977年、心霊研究家のウォーレン夫妻がアミティビルの惨殺事件の調査を終えた後、ロンドンで起きた奇怪なポルターガイスト事件の真相を探るため渡英する。
向かったのはシングルマザーのペギーと4人の子供が暮らすエンフィールドの古い家。ここで毎日のように起きる数々の不可解な現象に苦しめられる次女のジャネットを救うために、ウォーレン夫妻は調査を開始するのだが、・・・。

同じような住宅が並んでいる一軒家、その古びた家に離婚をして子供4人と暮らしている家族がいるのですが、暮らしは夫からの養育費と母親の収入で生活をしているようだ。ですが、夫からの養育費が途絶えており、母親はイライラが募り神経質になっている。
それでも、4人の子供たちは皆元気で、その中の次女のジャネットが霊感が強いのだろう彼女が毎晩夜中に起き上がり、幽霊とご対面をする。この家に住んでいた老人の霊がジャネットに取り憑いで、少女の体を借りて老人の皺声、ダミ声で話すのだ。

初めは心霊現象といっても、女の子に取り憑く前の住人の老人の幽霊であり、そのことが分かるとあまり怖くはない。TVクルーや調査隊もやって来て撮影するのだが。家の片隅や子供部屋のベッドの下の暗闇、大きな物音など子供のころに擦り込まれたリアルな恐怖を感じさせる。結局は心霊研究家のウォーレン夫妻のところへ以来される。

初めは、家族の生活が苦しいこともあり、次女の体にのり移った霊が困らせようとしている。カメラに写った映像から一連の怪奇現象(ジャネットがベッドの上に飛び上がっている写真)は、ジャネットの狂言だったという疑いが浮上するのだ。つまり、気の毒な家族に政府から援助してもらうための作り話、狂言ではと考えられるということになる。
しかし、ロンドンに来る前にウォーレン夫妻に、強力な尼僧シスターの悪魔が見えるのだ。夫が絵に描いているのがそうで、妻ロレインにもその悪魔が宿った強力な尼僧姿のシスターが見え隠れする。そして、夫が体に木の杭で打抜かれているのが見えるロレイン。何とかして、夫をその悪魔から守らなければ。

その悪魔の尼僧シスターが、少女ジャネットの体に取り憑き、老人のバックにいることを突き止めるあたりから、映画はホラー度がもの凄く恐怖に満ちた映像と、音響でどん底へと観客を怖がらせるのだ。
ロンドンと言うこともあり大雨が降り、家の地下室にまで水が入り、その暗い地下室へ行く夫のウォーレン。その水の中に悪魔のような老人の顔が写り込むし、母親の腕にも噛みつき歯形がくっきりと、それは、その老人の入れ歯ということが判明する。

子供部屋は、怪奇現象でベッドやクローゼットが壊されて、壁には十字架がたくさん吊るされているも、その十字架がクルクルと回り出すのだ。恐ろしい悪魔の怪奇現象や、物を飛ばして壊したり、人間を持ち上げて床に叩きつけるなどの怪奇現象とみられるシーンが多い。これも慣れてくると、あまり怖くなくなるから、またかぁ~って、変な感じですよね。
それに、クリスマスという時期でもあり、部屋にはツリーを飾り付け、プレスリーの「好きにならずにはいられない」のレコードで心が和むシーンもあり、何だか恐怖心が無くなってくるのだ。

一度帰ったウォーレン夫妻が戻ってくるところから、一家のために立ち上がるクライマックスには、俄然恐怖度が増加して、それは飛んでもなく恐ろしい恐怖へと誘うのです。
家はカギがかけられて外からは入れない。中には少女ジャネットが助けを呼ぶ声が聞こえるし、夫役のパトリック・ウィルソンの活躍による少女を助けるシーン。それは、ローレンが夢にまで見た、悪魔が夫を木の杭で体を射抜くシーンがまざまざと見せつけられること。夫とジャネットを助けないと、ヴェラ・ファーミガの悲愴な顔が青白く映りだし、絶対に悪魔祓いをしてやるという強い決心が見える。
悪魔の姿をした尼僧のシスターは、かなりやりすぎのような感じがしたが、ロレインが聖書に書いた名前、“ヴァイラ”地獄の侯爵よ、地獄へ戻れと唱えると、その悪魔は消えていくのだ。そして、アメリカへ帰った夫妻、自宅の地下室にある「博物館」に、また一つロンドンから持ち帰った「ヘソ曲がりの男」という周りドウロのオルゴールが増えていた。エンドロールで、この一家の母親ペギーが、亡くなるまでこの古い家に住んで、爺さんと同じ脳溢血で亡くなったというのだ。その後には怪奇現象なんて起きなかったのかは分かりませんが、なんというか因果関係が少しはあるのかなぁと思いましたね。

2016年劇場鑑賞作品・・・139映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セトウツミ ★★★・5 | トップ | 素敵なサプライズ ブリュッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『死霊館 エンフィールド事件』 2016年6月30日 ワーナーブラザース試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『死霊館 エンフィールド事件』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は長い! 長くて怖いからとても疲れた 【ストーリー】  ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供...
死霊館 エンフィールド事件 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 奇を衒わず正当なホラー作りに安心感はあるが
「死霊館 エンフィールド事件」 (或る日の出来事)
いやはや、すんばらしいではないかいな!
死霊館 エンフィールド事件 (Akira's VOICE)
悪魔さん来ないで。  
ショートレビュー「死霊館 エンフィールド事件・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その恐怖は、どこまでも追ってくる。 実在の心霊研究家、ウォーレン夫妻の恐怖事件簿を描くシリーズ第二弾。 素晴らしい出来栄えである。 現役屈指のホラー・マイスター、ジェー...
「死霊館 エンフィールド事件」 (Con Gas, Sin Hielo)
取り憑かれてなお美少女。 1970年代はオカルトブーム真っ只中。「エクソシスト」に代表される悪魔との闘いが映画界を席巻した。 悪魔ではない人間同士の諍いが社会全体を閉塞感に満...
『死霊館 エンフィールド事件』をUCT6で観て、怖いより女の子可愛いと思ったおでは... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この子がとっても自然でええわあ。 ネタバレします。注意 五つ星評価で【★★★あのラスボスが出てくると日本人は「それってちょっとどない」と思ってしまう】 シリーズ .....
死霊館 エンフィールド事件 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:Horror     「死霊館 エンフィールド事件」 原題:The Conjuring2 監督:ジェームズ・ワン 2016年 アメリカ映画 134分 PG12 キャス......
死霊館 エンフィールド事件 (銀幕大帝α)
THE CONJURING 2 2016年 アメリカ 133分 ホラー PG12 劇場公開(2016/07/09) 監督: ジェームズ・ワン 『ワイルド・スピード SKY MISSION』 製作: ジェームズ・ワン 原......
死霊館 エンフィールド事件 (いやいやえん)
【概略】 実在の心霊学者夫妻が体験した衝撃の事件を元に描くホラー第2弾。ウォーレン夫妻が様々な不可解現象に苦しむ少女とシングルマザーを救うべく、恐怖の元凶と対峙する。 ......
死霊館 エンフィールド事件 (だらだら無気力ブログ!)
今回もなかなかに怖かった。
死霊館 エンフィールド事件 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE CONJURING 2】 2016/07/09公開 アメリカ PG12 134分監督:ジェームズ・ワン出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オコナー、マディソン・ウルフ、サイモン・......