パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ドント・ブリーズ ★★★★

2016年12月17日 | アクション映画ータ行
リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、逃げ道を塞がれた真っ暗闇の家の中で想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊張感あふれる筆致で描き出す。出演は若者3人に「死霊のはらわた」のジェーン・レヴィ、「プリズナーズ」のディラン・ミネット、「イット・フォローズ」のダニエル・ゾヴァット。彼らを恐怖のどん底に突き落とす盲目の老人に「アバター」のスティーヴン・ラング。
注意:全部ネタバレで書いてます。結末を知りたくない方には、ご了承下さい。

<感想>この映画は、観る者の価値観をゆさぶる作品であります。この映画がホラー・サスペンス・スリラーの境界にまたがるような、快作となっているのは、良い感じの節度と思慮深さがあったからだろう。とても思慮深い、恐怖の88分でした。いったい、正しいのは誰なのか?・・・。
舞台はデトロイトであり、空き家だらけの街並みに一軒だけ残る小さな家。かつて、交通事故で娘を亡くし、その賠償金を貯め込んでいるという噂の家に、コソ泥まがいの空き巣を繰り返してきた主人公の若者3人が忍び込む。

物語の中心が、この人生に行き詰った3人の若者、ロッキー(ジェーン・レヴィ)にその恋人アレックス(ディラン・ミネット)、そしてマニー(ダニエル・ゾヴァット)である。この3人、リーダーはマニーのように見えるのだけれど、実際はロッキーを中心に成り立っているよう。何故なら、彼らが盲目の老人(ダニエル・ゾヴァット)の家に忍び込むきっかけを作ったのがロッキーだから。彼女の両親は、生活能力がなくて、妹の世話をすべてロッキーに任せっきりだから。ロッキーはこの荒廃として街デトロイトを、そして両親から離れて妹と新たな人生を歩み始めるために、資金が必要だったから。

この3人の関係性は非常に興味深い。例えば老人の家に侵入する時に、率先して動くのがロッキーで、よじ登って天窓をこじ破り、スルリと身を家の中へと入り込む。そして、玄関のドアを開けて2人を入れる。いくら、アレックスが「やめろ」と言っても彼女は進んでやってしまう。
こうして、彼らは出口の見えない闇に足を踏み入れていくのだ。ここで重要なのが、彼らの生死を決めるのは老人ではなく、ロッキーだということ。もちろん老人は彼らにとって危険な人物であり、命がけで何かの秘密を守ろうとしている。
けれども、前に進むか否かを決めるのはロッキーであるから。彼らは絶妙なバランスで成り立っているに見えるのだが、観ている観客としては、男2人が泥棒として頑張らなくてはと思っていた。

物語の前半では、確かに彼らは強盗で悪人、老人は被害者で正しい人間に見える。だが、まともに働かないでいる3人は、強盗という犯罪を犯しているわけであり、盲目の老人の家には賠償金が金庫にあるという情報を元に大金をゲットして「人生の一発逆転だぜ!」と目論んでいたのだ。
しかし、彼らのそんな甘い考えが、軍隊帰りの老人の屈強な肉体と超絶な聴覚、そしてサイコパスな罠の数々が、無情にたたき潰していくわけ。それに獰猛な番犬が、狂犬病みたいで怖かった。この設定だけでも、ゴアな描写がいくらか思いつけそうなのだが、拍手したいのは、アルバレス監督が優先したのが何よりもリアリティだったと言うこと。

ようは老人がどのくらいモンスターに設定するかという点であり、そのさじ加減はかなりヘビーであった。ホラー映画の定石として、得体のしれない凶悪な人気キャラが生まれれば、それは次回作でも商売の可能性に繋げるからである。
しかし、男のマニーが拳銃を持っており、それを老人に向けるのだが、感が鋭い老人は反対にその拳銃をもぎ取り、マニーを撃ち殺してしまう。それを見た2人は驚き、逃げるのだが、ただ逃げては損だとばかりに、女のロッキーが金庫を見つけて札束をリュックに詰め込み、それに恋人のアレックスがロッキーが危険なのを察知すると、老人の目を自分に向けるという連携プレイ。
地下室を見つけてそこへ逃げ込むロッキーだが、そこで発見したのが、老人が交通事故で娘を死なせた容疑者の女で、親が示談金を払って罪を逃れたらしい女の子。死んだ自分の娘と同じくらいの女の子を誘拐拉致して地下室へ閉じ込めていたわけ。

それだけで済めばいいものが、じつは変態爺で、その女の子に自分の精液を冷蔵庫の中に保管しており、女の子をレイプして妊娠させたくないと、自分の精液をその女の子に注入して妊娠させたというわけ。これには、観客もびっくらこくし、ドン引きですよ。盲目の老人の家に強盗に入って、なけなしの金を盗むなんて最低なやつらだと思っていたのに。
このラストの締めくりが、どうなるのかとかたずを呑んで見守る中、ロッキーが女の子を助けようと、地下室から外へ出る扉をこじ開けると、そこには老人が待っていて、拳銃で撃ってくるではないか。そして、その拳銃の弾に当たって死んだのが、その誘拐されて監禁され、妊娠をしていた女の子。だから、老人はそのお腹の子供が自分の子供で、生き甲斐に育てようと思っていたわけで。誤って撃ち殺してしまった女の子の代替えにと、ロッキーをはがいじめにして、その女の子の身代わりに老人の子供を妊娠させようと、必死になって冷蔵庫から自分の精液を出し注入しようとする。もちろん、銃で殺された監禁娘は、地下室の床板を開けて、そこへ埋めてしまうのだ。

飛んだエロ変態爺の結末はと、そう、アレックスがまだ生きていて、ロッキーを助けに来るのね、でも老人を襲うも自分が老人にヤラレテしまい殺されてしまう。その間に、ロッキーが逃げるんだけど、見つかって連れ戻されるも、盲目の老人の弱点を使って、ロッキーが金を持って、何とか逃げ出すのであります。

空港にいる助かったロッキーと妹が映し出され、TVでは盲目の老人の家に2人組の強盗が入り、老人が拳銃で殺したということが報道されて、老人は病院で健康な体に戻ったということで終わるのだが、絶対にこの老人は、ロッキーを探して仕返しをすると思うよ。
ラストで、盲目の老人がまさか女子を監禁して妊娠させていたことに、観客は決して老人に対して同情はしない。助かったロッキーにしても、盲目の老人の家から、賠償金100万ドルを盗み、その金で妹と2人でロスで新しい暮らしをするのも、何だかなぁ~。それでいいのかいと、観ていて吐き気がするほど嫌ぁ~な感じが残ってしょうがなかった。
映像にしても、小さな一軒家の中で、夜中であり、行われるアクションにもかかわらず、色彩や構図は美しく、音響も絶妙なる緊張感で惹きつけるホラー・サスペンスもの。まるでスマホで自撮りをしているようなローファイ映像であり、パニック感を煽る安易な風潮とは一線を画していると感じた。
2016年劇場鑑賞作品・・・275<映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローグ・ワン/スター・ウォ... | トップ | 五日物語-3つの王国と3人... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ドント・ブリーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(P) 予告編で決して見せなかった驚愕の真実に息を呑む!
ドント・ブリーズ  監督/フェデ・アルバレス (西京極 紫の館)
【出演】  スティーヴン・ラング  ジェーン・レヴィ  ディラン・ミネット  ダニエル・ゾヴァット 【ストーリー】 街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人ア......
ドント・ブリーズ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:Horror &nbsp; &nbsp; 「ドント・ブリーズ」 原題:Don&#39;t Breathe 監督:フェデ・アルバレス 製作:サム・ライミ    ロブ・タパート    フ......
ドント・ブリーズ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:Horror &nbsp; &nbsp; 「ドント・ブリーズ」 原題:Don&#39;t Breathe 監督:フェデ・アルバレス 製作:サム・ライミ    ロブ・タパート    フ......
ドント・ブリーズ (♪HAVE A NICE DAY♪)
戦争で視力を失ってお金を持ってる・・・という事で 若い男女3人がドロボーに入るんですけどねぇ~~ 緊張した~ 気のせいか?劇場内もシーン。。。 ビニールのカサカサ音も無......
「ドント・ブリーズ」 (ここなつ映画レビュー)
「20年に1本の恐怖の作品」という謳い文句。じゃあ20年前ってどの作品を指すの?などと野暮なことは聞かない。確かに怖くて思い切り異常。デトロイトからカリフォルニアへ出て行き......
ドント・ブリーズ (龍眼日記 Longan Diary)
※コメント欄に少々ネタバレあります。プロデューサーにサム・ライミの名が!そうであれば素通りするわけにはいくまい。強盗目的で3人の若者が侵入したのはゴーストタウン化した......
『ドント・ブリーズ』 盲人と小娘のバーリトゥード (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督・脚本にはリメイク版『死霊のはらわた』のフェデ・アルバレス。  製作にはオリジナル版『死霊のはらわた』のサム・ライミ。  ロッキー(ジェーン・レビ)は仲間の......
ショートレビュー「ドント・ブリーズ・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
息を潜め気配を消せ。奴が、通り過ぎるまで。 リメイク版「死霊のはらわた」で脚光を浴びた、フェデ・アルバレス監督の最新作は、小粒だがピリリと辛い秀作ホラーだ。 女1人男......
『ドント・ブリーズ』 (時間の無駄と言わないで)
お爺ちゃんが怖い映画。 メンタルは本編の方が怖いけど、フィジカルは予告編の方が怖そうだった。 視覚以外の発達具合がもっとゴリゴリな感じだと思ってたけど、意外とそこは普......
No.558 ドント・ブリーズ (気ままな映画生活)
強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描く。親元を離れ、街から逃げ出すための資金が必要なロッキーは、恋人のマニー......
『ドント・ブリーズ』 2016年12月31日 TOHOシネマズみゆき座 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ドント・ブリーズ』 を鑑賞しました。 今年の最終日に2本見て映画納め。 まず初めの1本目。パスポートでの3本目です。 【ストーリー】  街を出るための資金が必要なロッキーは......
『ドント・ブリーズ』をトーホーシネマズみゆき座で観て、その暴力性より心が気持ち悪...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲いないいない爺 五つ星評価で【★★★痺れる狂人】 見た直後のツイッターでこう書いてる。 攻防戦としてもう少し色々な見せ方があったのでは?と思う。間取りが分かりづ ......
ドント・ブリーズ(2016)**DON'T BREATHE (銅版画制作の日々)
この家から生きて脱出したければ、息をするな・・・ 20年に1本の恐怖の作品ということで連日満員のこの作品。何とか観たいと思い、もう事前ネット予約して観てまいりました。......
ドント・ブリーズ (ハリウッド映画 LOVE)
&nbsp; 新年一発目の作品。
ドント・ブリーズ (だらだら無気力ブログ!)
何だか納得いかねぇ~。
【映画】ドント・ブリーズ (アリスのさすらい映画館)
  ドント・ブリーズ(2016) アメリカ 原題:Don't Breathe 監督:フェデ・アルバレス 脚本:フェデ・アルバレス /ロド・サヤゲス 出演:ジェーン・レヴィ/ディラン・ミネット...
ドント・ブリーズ (そーれりぽーと)
新しいタイプのホラー?予告編が気になって『ドント・ブリーズ』を観てきました。 ★★★★ 目が見えていないけれど、元軍人で殺しのスキルが半端ないおっさんの家に盗みに入って......
ドント・ブリーズ/DON'T BREATHE (我想一個人映画美的女人blog)
ホラーの巨匠、サム・ライミがプロデュースしてるんだし。と思って楽しみにしていた今月の1本。 ホラーだと思い込んでたのでホラーファンとしてたまには映画納めをホラーにす......
ドント・ブリーズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 盲人宅に忍び込んだ強盗たちが反撃されるという、アイデアをひねったホラーで評判が高いのも何となく分かります。ただ、主人公たちがクズばかりで、むしろ、さっさとやられてし......
「ドント・ブリーズ」 (或る日の出来事)
アイデアもの。
ドント・ブリーズ (銀幕大帝α)
DON'T BREATHE 2016年 アメリカ 88分 サスペンス/ホラー PG12 劇場公開(2016/12/16) 監督: フェデ・アルバレス 『死霊のはらわた』 製作: サム・ライミ フェデ・アルバレス ......