パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

イン・ザ・ヒーロー ★★★★★

2014年09月08日 | アクション映画ーア行
唐沢寿明が「20世紀少年」3部作完結以来5年ぶりに映画主演を務めたオリジナル作品。特殊スーツに身を包み、映画やドラマでヒーローや怪獣の役割を演じるスーツアクターの主人公・本城渉を、下積み時代に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズでスーツアクターを務めた経験のある唐沢が演じた。
素顔で役を演じることのないスーツアクターの多くは、いつかアクション俳優として主役を演じることを夢見ている。ブルース・リーにあこがれる熱血漢の本城渉は、25年間スーツアクターとしてのキャリアを重ねるも、顔出しでの映画出演がかなわず、ついに妻子に逃げられてしまう。さらに、新人の一ノ瀬リョウの台頭によって追い詰められていたある日、千載一遇のチャンスが舞い込むが、その仕事は命を落としかねない危険なスタントだった。

<感想>子供たちだけでなく大人をも魅了する特撮ヒーロー作品。本作はその立役者でありながら、これまであまり日の目を見る機会がなかった“スーツアクター”に、初めてスポットを当てた青春エンターテインメント。

アクションスターになる夢を抱き続ける主人公のベテラン、スーツアクター役を演じたのは、自身もスーツアクター出身の唐沢寿明だ。撮影前からトレーニングを重ねて自らスタントにも挑戦しており、東映アクションクラブ時代の仲間も応援に駆け付けたという、クライマックスの白忍者100人斬りシーンは本当に見応えあった。

その他にも、唐沢さんはこの役を演じるにあたり、約4か月間のトレーニングで肉体改造を行ったそうです。飛び込みスタントや、ド迫力の殺陣や、高さ8.5メートルからの落下など極限に挑んだスタントは、50歳とは思えない圧巻のキレっぷりでした。当然、自身に重ね合わせる部分もあったと感じましたね。

物語は、主人公本城が演じるはずだった映画版の“顔出し“役を、新人の人気アイドル・一ノ瀬リョウに取られてしまう。しかも、彼のマネージャーから殺陣の指導をお願いされ、仕方なく引き受けることに。それに、肝心のスーツを着てのアクションシーンは、もちろん本城がすることになるのだ。
その一ノ瀬が、現場での生意気な態度に眉をひそめるのだが、彼の隠していた幼い妹に弟を養っている事を知り、仲間たちとスタントを教える内に交流が深まっていく。どうりで、弁当をたくさん持っていくと思った。

細身の福士蒼汰が演じる生意気な新人くんの夢は、ハリウッドで成功して、自分たちを捨てて行った母親に逢いたいという望みに、本当だったら恨み辛みを思い絶対に許せないのに、幼い弟妹のことを思うとやっぱり母親に逢わせてあげたいのだ。福士蒼汰は、「仮面ライダーフォーゼ」(11)の顔出し主人公を務めた経験もあり、最近ではラブコメの「好きっていいなよ。」で高校生役で出ています。

そして、本城が代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ」の面々も個性派ぞろいだし、強面の寺島進が、ブラジャーを付けてピンク役をし、黒谷友香が身長をいかして男役のブルーを演じるなど、彼らの真剣でコミカルな仕事ぶりにも注目したい。ほっこりは、中盤に寺島進がスタッフの女性との結婚式も描かれていいですよね。

その他にも、東映スター大御所の松方弘樹が、本城の味方であり、黒忍者の親分として出演したりして、なんとその他にも劇中映画の監督役に、韓国映画「王の男」の、イ・ジュニク監督が出演しているのだ。本城の別れた妻には、和久井映見が、その妻とお見合いする相手には及川光博など主演級の俳優陣が集結。

ベテランの寺島進らが扮するスーツアクターの仲間たちも味があり魅力的でしたね。「神龍戦士ドラゴンフォー」のメンバーの中に、一人女性の黒谷友香がいて、口が悪くて少々荒っぽいが情に熱く、最初はいがみ合っていたリョウの事情を知って、食事を作ったりして協力してやる。

それに、リョウがハリウッド映画の「ラストブレイド」への出演が決定。だが、その映画の最中に主役の中国人・白忍者役者が突然降坂する。つまり、監督がワーヤーなしのCGなしで、主役の白忍者のアクションシーンがハードなことに腹を立てての降坂なのだ。じゃ、日本の撮影を取り止めにしようということになるも、そこでプロデューサーの加藤雅也が、本城に代役として選ばれるも、危険なアクションが多く、見せ場の2階から落下する下のは何も敷いていない。それに、100人の黒忍者との対戦も休まず撮り続けるハードなもの。

クライマックの身体中に火が回っても戦い続ける、本城のスーツアクターとしての意地と度胸、熱演には驚き、下積生活の辛い経験をした唐沢さんだからこそ、「オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ、夢は必ず叶うってことを」。熱い人間ドラマも映し出され、一生懸命にやっている姿に胸が熱くなり、映画人たちの生き様を見せつけられる感動作です。
2014年劇場観賞作品・・・283  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライト・ゲーム ★★★.5 | トップ | フルスロットル ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『イン・ザ・ヒーロー』 観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
いやぁ~めっちゃ面白かったよ~~~大満足 特撮ヒーローものの中に入ってる人をスーツアクターというそうです。 そんな彼らに焦点をあてた珍しい作品。 この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。゛顔出し゛で映画出演することを夢見ながらも、新...
「イン・ザ・ヒーロー」 中の人 (はらやんの映画徒然草)
スーツアクターという言葉が使われるようになったのはいつくらいからだろうか。 この
イン・ザ・ヒーロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) 大手スタジオ側のことを「我がままな奴ら」発言する監督さん。
『イン・ザ・ヒーロー』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
TVのヒーロー物のスーツアクターを務める本城渉は、この道25年のベテラン。ブルース・リーに憧れ、いつか誰かのヒーローになることを夢見ている。その劇場版で本城に役が付いたが、有耶無耶のうちに売り出し中の若手俳優・一ノ瀬リョウに奪われてしまう。落胆しながらも...
イン・ザ・ヒーロー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/09/06公開(09/04試写) 日本 124分監督:武正晴出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、加藤雅也、和久井映見 オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ夢は必ず叶うってことを 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道...
『イン・ザ・ヒーロー』 2014年8月28日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イン・ザ・ヒーロー』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はお勧め~ 前に公開した『女子ーズ』(これは観てない)の男子版かと思ってました。(スイマセン) 全然違う大真面目で泣ける映画でした。(反省) 【ストーリー】  下落合ヒーローアクションクラブの社長に...
誰かのヒーローになるということ。~「イン・ザ・ヒーロー」~ (ペパーミントの魔術師)
こちらは正直予告は地味だったんだけど、どうしてどうして 私は感動いたしました~。ちとウルウル。こういう作品にはヨワイ。(^_^;) 唐沢さんはホントにスーツアクターの時代があったんですね~。 おまけにブルースリーの大ファン。 この映画ある意味唐沢寿明のリアル....
イン・ザ・ヒーロー (試写会) (風に吹かれて)
顔が映らなくても俳優です 公式サイト http://in-the-hero.com9月6日公開 ブルース・リーを崇拝する、この道25年のベテラン・スーツアクター本城渉(唐沢寿明)。いつか“顔出し”で映
イン・ザ・ヒーロー (花ごよみ)
  監督は武正晴。 主人公は唐沢寿明演じる本城渉。 アクション映画や着ぐるみを着て 特撮ヒーロー作品に出演する スーツアクターを熱演。 他に福士蒼汰、黒谷友香、 寺島進、和久井映見、加藤雅也らが出演。 終盤のアクションはほんと命がけ!! 殺陣もすばらしく....
『イン・ザ・ヒーロー』 (こねたみっくす)
ヒーローとは孤独に戦うもの。ただし仲間からの助けの手は決して振り払わない。 スーツアクターもまたプロの役者。顔や名前が銀幕に出なくても、その鍛え上げられた肉体と計算し ...
イン・ザ・ヒーロー/唐沢寿明 (カノンな日々)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツを着て演技をするスーツアクターたちの姿を描いたヒューマンドラマです。まだ無名だった頃に「仮面ライダー」のライダーマンのスーツアクタ ...
イン・ザ・ヒーロー (とりあえず、コメントです)
着ぐるみでアクションを行うスーツアクターが主人公にした物語を唐沢寿明主演で描いた作品です。 予告編を観た時、そう言えばスーツアクターってよく知らない世界だなあと気になっていました。 役者魂を感じる熱い物語に、これはアクション映画ファンで無くても泣けるなあ...
『 イン・ザ・ヒーロー 』やっぱ赤だよね (映画@見取り八段)
イン・ザ・ヒーロー      監督: 武正晴    キャスト: 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見、角替和枝、片山景介、木下ほうか、小宮孝泰、山口大地、本多遼、白洲迅、小宮有紗...
「イン・ザ・ヒーロー」 (ここなつ映画レビュー)
解せない。平成26年のこの時代に何故この作品なのか、このテーマなのか。面白くなかった訳ではない。でも、何故今この作品を作らなければならなかったのかが今ひとつ不明。ある種「蒲田行進曲」の焼き直しのようなものを。息子達(私自身も含む)が戦隊物に夢中になってい...
『イン・ザ・ヒーロー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イン・ザ・ヒーロー」□監督 武 正晴□脚本 水野敬也、李鳳宇□キャスト 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島 進、草野 仁■鑑賞日 9月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<...
イン・ザ・ヒーロー  監督/武 正晴 (西京極 紫の館)
【出演】  唐沢 寿明  福士 蒼汰  寺島 進  和久井 映見 【ストーリー】 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウという人気若手俳優と出会う。ヒー....
イン・ザ・ヒーロー (そーれりぽーと)
スーツアクターに焦点を当てた映画、『イン・ザ・ヒーロー』を観てきました。 ★★★★★ 想像してたのと違う、良い意味で。 もっとコメディー寄りなんだとばかり思っていたら、スーツアクターと映画の裏方さん達に本気で焦点を当てたリスペクト半端ない映画でした。 ス...
映画・イン・ザ・ヒーロー (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 主人公は、年季の入ったスーツアクター・本城渉(唐沢寿明)ブルース・リーに憧れこの世界に入った彼は、自ら第一線で活躍するかたわら下落合ヒーローアクションクラブ(HAC)という小さなプロダクションの代表者として新人を育成している観客に顔を知ら....
熱い男たち。『イン・ザ・ヒーロー』 (水曜日のシネマ日記)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターの物語です。
イン・ザ・ヒーロー (映画的・絵画的・音楽的)
 『イン・ザ・ヒーロー』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)日曜日朝のトーク番組「ボクらの時代」に主演の唐沢寿明が出演していたこともあって(注2)、映画館に行ってきました。  本作(注1)の主役は、ヒーローのスーツを着たり怪獣の着ぐるみを着たりして演じるスー....
イン・ザ・ヒーロー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 日本 上映時間:124分 監督:武正晴  ヒーローや怪獣スーツの着ぐるみを着て演技をする人をスーツアクターと言う。彼等はもともとアクションスターを目指しているのだが、日本ではアクションスターとして活躍する機会が少ない。そこで時に
『イン・ザ・ヒーロー』 (2014) (相木悟の映画評)
夢をおう、熱き男の生き様に感涙したいのは山々なのだが…?! ストーリーを聞いただけで胸が熱くなるも、色々とひっかかり、終始ノレず。実に惜しい一作であった。 スーツアクターといえば、特撮ファンにとってはすっかりお馴染みの存在である。大野剣友会が回顧録で...
イン・ザ・ヒーロー (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ブルース・リーを崇拝するこの道25年のベテラン・スーツアクター、本城渉。いつか“顔出し”で映画出演するという未だ叶わぬ夢を追い続け、愚直に鍛錬に励む日々。それでも、もはや身体は悲鳴をあげ、妻子にも愛想を尽かされ、おまけ...
「イン・ザ・ヒーロー」ラストチャンスに賭けた先にみた演技を積み重ねて実現できる最高の演技 (オールマイティにコメンテート)
「イン・ザ・ヒーロー」はアクション俳優を目指しながらスーツアクターを続けるベテラン俳優が危険なスタントとわかりながら一世一代の大作アクションに出演して大立ち回りを繰り ...
イン・ザ・ヒーロー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
イン・ザ・ヒーロー '14:日本 ◆監督:武正晴「EDEN」「モンゴル野球青春記 バクシャー」 ◆出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、小出恵介、加藤雅也、及川光博、和久井映見、杉咲花、松方弘樹、草野イニ、イ・ジュニク ◆STORY◆下落合ヒーロー...
『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9-4で観て、順番間違えたふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★分かる、とても分かる】   こういうベタな話はとても好きなんだけど、 話の流れがかなり『太秦ライムライト』と被っている事もあって、 後から見たこっち ...
イン・ザ・ヒーロー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:武正晴 出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見 【解説】 特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターを題材にしたヒューマンドラ....
映画評「イン・ザ・ヒーロー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・武正晴 ネタバレあり