パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ズートピア ★★★.5

2016年04月26日 | アクション映画ーサ行
あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にした、ディズニーによるアニメーション。大きさの違いや、肉食・草食にかかわらず、動物たちが共に暮らすズートピアで、ウサギの新米警官とキツネの詐欺師が隠された衝撃的な事件に迫る。製作総指揮をジョン・ラセターが務め、監督を『塔の上のラプンツェル』などのバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』などのリッチ・ムーアが共同で担当。製作陣がイマジネーションと新たな解釈で誕生させたという、動物が生活する世界のビジュアルに期待が高まる。
あらすじ:ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな動物が共存している。そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。そんな彼らが、共にズートピアに隠された事件を追うことになり……。

<感想>物語の舞台は、動物たちが人間のように暮らす楽園“ズートピア”。夢を信じるウサギの警官ジュディが、夢を忘れたキツネの詐欺師ニックとコンビを組み、ズートピアで起きた連続失踪事件の謎に迫っていく。

ズートピアのここがスゴイ!・・・とにかく色彩が美しく、動物たちも毛並はもちろん繊細に描かれていて、獰猛なライオン、カバ、チーターとか怖くはないです。それに、登場する動物キャラクターがとにかく可愛いのだ。それはもちろんのことで、最大のポイントは動物たちの生態や性格が各キャラに反映されていることなんですね。実際の動物と比較してみると面白いかも。じゃぁ、早速ゴールデンウィークには動物園に行かないとね。

そして、ズートピアはまるで人間社会。物語の前半のズートピアの描写も楽しいが、真の見どころはなんといっても後半の展開にあります。謎解きの要素や、人間社会の問題に通じるような奥深い内容も加わり、子供だけでなく大人にも楽しめるようになっている。

ズートピア初のウサギの警察官になる夢を叶えたジュディ。さっそく事件を捜査と思いきや、小さく非力な彼女に与えられた仕事は駐車違反の取り締まりという平凡なものだった。そんな時に、ひょんな出会いからジュディは街の表も裏も知り尽くすキツネの詐欺師ニックと共に、ズートピアで密かにうごめく陰謀を暴こうとするわけ。
小さいウサギでも夢を諦めないジュディと、キツネらしく生きるニック。2人を通して描かれるのは、「周りにどう決めつけられても、なりたい自分を目指そう」というテーマであり、勇気をくれるメッセージにもなっています。

登場する動物たちは全部で64種類。ウサギ、キツネ、ライオン、サイ、ナマケモノ、水牛、チーター、ヒツジ、カバ、などなど、本編に登場する動物たちは全部で64種類なんです。ただし、同じ種類でも男と女、大人と子供、太ったものと痩せているものなど、様々な個性が存在するので、映画全体の総キャラクターの数は、なんと80万体にもなったとか!

だから、動物の種類に合わせて自動車も様々なタイプが登場するが、それらの主要なもののデザインを担当したのが、自動車デザイナーとして世界的に有名なJ.メーズ。アウディやフォードの新マスタングなどをデザインした“レトロフューチャー”デザインで知られる人なんですからね。

ジュディが警官になって、ズートピアの警察署の受付担当、クロウハウザーには、地上最速のチーターなのに、丸々と太っていて、顔もふっくら。甘いお菓子に目がないのだ。

それに、警察署長ボゴの部屋を訪ねるシーンでは、部屋に飾られているカレンダーの絵柄は、『ベイマックス』のサンフランソウキョウだったり。

ジュディがズートピアに向かうシーンで登場するツンドラ・タウン。雪のエリアだけにあの映画が大人気って?・・・『アナと雪の女王』のエルサ&アナ姉妹の服を着たゾウがいたり……。過去作からの出演もいっぱいなんです!。

そして、免許センター職員には、ナマケモノのフラッシュが、それぞれ動物の特徴が細部まで描かれた愛らしいキャラクターたちが登場します。
詐欺師仲間のフィニックをベビーカーに入れて、悪事を働く様子のキツネのニック。その正面からはカバがやってくるが、そのベビーカーの駕籠にはあの世界的人気者のぬいぐるみが入っていたって、これは絶対に見逃さないで。

しかしである、ズートピアには種類への偏見というか差別があり、夢を諦めた動物たちもたくさんいるのだ。そんな街で起きたある事件がきっかけで、ジュディも夢を見失いそうになるのだが、・・・。かわうそが失踪したのだ。

市長も警察副所長のひつじも、動物を差別しており、幻覚作用の花、青いチューリップの花の球根を煎じて飲ませれば、夜には街の人たちに、おおかみの遠吠えのような恐怖感を襲わせるのだ。ジュディとニックが協力して、悪事を見つけて“ズートピア”を住みよい街にしようと奔走するのわけ。

でも、物語はまさに人間の世界と同じようで、誰しもが経験のある憧れていたものへのギャップや失望、挫折が動物たちを通して表現され、先入観で生きている私たちへのアンチテーゼにもなっているようだ。

最後の舞台でガゼル役の歌姫が歌うのは「トライ・エヴリシング」、そしてガゼルのダンスやポーズなどは、歌姫のシャキーラの髪形とかすべて本人を反映したものだそうです。その歌姫の脇で踊るダンサーには、トラがムキムキの筋肉を見せるように踊る姿に、まるでチャイニングみたいに見えましたよ。
本作のメッセージは、どんな時にも「夢を見ること、そしてあきらめない心」というディズニー精神がきっちりと描かれているのがいいですね。だって、キツネのニックが警官になっているんですもの。信じられませんね。
2016年劇場鑑賞作品・・・82映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイアムアヒーロー ★★★★ | トップ | 花とアリス ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ズートピア(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ズートピア(日本語吹替版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー いろんな動物たちが暮らすハイテクの文明社会ズートピア。その理想郷では、動物...
劇場鑑賞「ズートピア」 (日々“是”精進! ver.F)
夢は、諦めない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604240000/ ズートピア オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2700円(税込、送料無料) ディズニー ズートピア ビジュアル...
『ズートピア』 (こねたみっくす)
アメリカのあるべき姿がここにある。 かつて世界の理想郷として多くの夢が集まり、時には花開き、時には腐っていく場所でもあるアメリカ。そして人種の坩堝改めサラダボールとし ...
ズートピア(日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:バイロン・ハワードリッチ・ムーア 出演::【洋画版】ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、イドリス・エルバ、ネイト・トレンス、J・K・シモンズ、ジェニー・スレイト、トム・“タイニー”・リスター・Jr、レイモンド・S・パーシ、オクタヴィア・...
ズートピア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 上映開始20秒でウサギのジュディに心奪われたワタシ(笑)
"Nick and Judy"『ズートピア(Zootopia)』バイロン・ハワード/リッチ・ムーア監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ズートピア』Zootopia監督 : バイロン・ハワード/リッチ・ムーア共同監督 : ジャレド・ブッシュ声の出演 : ジニファー・グッドウィンジェイソン・ベイトマンJ・K・シモンズ、ジェニー・スレイ
ズートピア     (にきログ)
さて、こちらも映画の感想です アナと雪の女王以来のディズニー映画ですね ほとんど前情報なしでみましたがよい意味で予想を裏切られて面白かったですね こういう作品はさすがディズニーだなと感じました あらすじ ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな...
ズートピア (ハリウッド映画 LOVE)
けっこう大人も楽しめるじゃん!
ズートピア(日本語吹替版)  監督/バイロン・ハワード&リッチ・ムーア (西京極 紫の館)
【声の出演】  上戸 彩 (ジュディ)  森川 智之(ニック) 【ストーリー】 ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな動物が共存している。そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。そ...
ズートピア (映画好きパパの鑑賞日記)
 ディズニーアニメの新作。かわいい絵柄ながら、アメリカをはじめ世界を悩ます差別、格差の問題にメスをいれ、夢を持ち続けることの大切さを応援する大傑作。といって、難しい話でなく、子供から大人まで幅広く楽しめます。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:バイ...
ズートピア (Akira's VOICE)
見た目通り楽しい! ドラマは深い!  
ズートピア (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間ならDNAが同一だけど動物では全く違う。全く違う動物が同じ世界に住むという究極のユートピアを映像化した。その着眼点や発想力に驚くとし、子供でも見られる娯楽作品にしてしまうのがすごい。
動物たちの国~『ズートピア』 【字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 ZOOTOPIA  頑張り屋のウサギのジュディは、動物たちの楽園 「ズートピア」 で警察官 になるという夢を叶える。しかし彼女にあてがわれたのは駐車違反の切符切 り係。街に出た彼女は詐欺師のキツネ、ニック・ワイルドと出逢う。  本国でも日本...
「ズートピア」 (或る日の出来事)
ディズニー、安定の品質!
「ズートピア」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年 ・アメリカ/ディズニー配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン原題:Zootopia 監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア共同監督:ジャレッド・ブッシュ製作:クラーク・スペンサー
大人にウケるのは分かるけど・・・『ズートピア』 (水曜日のシネマ日記)
あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にしたディズニーによるアニメーション映画です。
ズートピア (映画的・絵画的・音楽的)
 『ズートピア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニー・アニメながら評判が大変良いので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、バニーバロウという町にある大きな小屋の中で演じられている子供達の劇のシーン(注2)。  ウサギのジュディが舞台に...
「ズートピア」 (Con Gas, Sin Hielo)
それぞれの夢や理想のきっかけに。 ディズニーは強い。いくらUSJが飛ぶ鳥を落とす勢いといっても、ディズニーの強さにかげりが見えるという話はます聞かない。 特に映画関係では、スターウォーズもマーベルコミックもいつの間にかディズニー傘下となり、次々とビッ....
「ズートピア」 多数決の怖さ (はらやんの映画徒然草)
カウンターでパンフレットを買うとき「ズーラシア」くださいと言ってしまった。 動物
アナ雪のその向こう。~「ズートピア」~ (ペパーミントの魔術師)
ヤフーの解説のほうに少し書いてたけど、雪だるまは溶けるということすら教えられないアナ雪とはちがうと。 ありのままになんか生きられるかよという、そのへんはセリフでも出てき...
ズートピア (いやいやえん)
【概略】 “楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディが、与えられた48時間で行方不明事件の捜査に挑む。 アニメーション 輝け!ワタシ。 動物たちの“......
ズートピア (銀幕大帝α)
ZOOTOPIA 2016年 アメリカ 108分 アドベンチャー/ファンタジー/ミステリー 劇場公開(2016/04/23) 監督: バイロン・ハワード 『塔の上のラプンツェル』 リッチ・ムーア 『シ......
ズートピア (映画と本の『たんぽぽ館』)
動物たちの個性がバツグン * * * * * * * * * * 動物たちが高度な文明を築いた世界を描いたディズニー・アニメです。 その原点というのが、肉食獣たちがそ......
ズートピア (だらだら無気力ブログ!)
ナマケモノのくだりがサイコー!
映画評「ズートピア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督バイロン・ハワード、リッチ・ムーア ネタバレあり
ズートピア (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:アニメ映画全般     「ズートピア」 原題:Zootopia 監督:バイロン・ハワード    リッチ・ムーア 2016年 アメリカ映画 109分......