パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

追憶 ★★★・8

2017年05月09日 | アクション映画ータ行
「夜叉」「鉄道員(ぽっぽや)」など数々の名作を手がけた降旗康男監督と木村大作カメラマンのコンビが9年ぶりにタッグを組み、「永遠の0」「海賊とよばれた男」の岡田准一を主演に迎えて贈るヒューマン・サスペンス。一つの殺人事件をきっかけに25年ぶりに再会した幼なじみ3人を主人公に、彼らが離ればなれになった過去の出来事と新たな事件の真相を、3人それぞれが辿った人生模様とともに綴る。共演は小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆。
あらすじ:ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者の川端悟は捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。しかも、川端と事件の前日に会っていたという容疑者の田所啓太もまた幼なじみ。25年前、それぞれに親に捨てられた3人は喫茶“ゆきわりそう”を営む涼子と常連客の光男の世話になっていたのだった。しかしある事件を機に散り散りとなり、以来決して会うこともなかった。四方は田所の無実を確信しながらも、固く口を閉ざして真相を語ろうとしない彼に苛立ちを募らせるのだったが…。

<感想>日本人の映画らしい作品といっていいでしょう。好きか嫌いかが分かれると思いますが、私は好きな方の作品でした。冒頭の海の背景から、エンドタイトルの日没の実景まで、あくまでも映像は美しい。それにしても、太陽が隠れ始めてから、完全に没するまでがあんなに短いということを改めて気づかされた。

木村大作カメラマンの美しい映像美に、千住明の歌い上げるような音楽、円熟味のある俳優たちの、感情を乗せた演技と、嫌いな人にはきっと古臭く映るに違いない。ですが、この映画のような映像や音楽、俳優さんたちの演技が、映画の基本の形であると思います。
この映画の最大の見どころは、降旗康男監督と木村大作カメラマンのコラボレーションであり、82歳の監督と77歳のカメラマンのコンビを組むのは、16本目だという。本当に「あ・うん」の呼吸のような仕事ぶりは健在でした。

安藤サクラ演じる若き日の涼子が、真っ赤な夕日をみながら「今日も1日、無事終わりました。ありがとうございました」と感謝の言葉をつぶやくシーンがある。最後は、交通事故で記憶喪失になった涼子が映し出される。
涼子は、主人公の四方篤刑事や田所啓太、川端悟の3人を幼い頃に庇護していた女性でもあります。このセリフと夕日が伏線となり、ラストの感動につながる重要なシーンでもありましたね。

25年前の回想シーンで、3人の少年は若き日の涼子に、暴力を振るうヤクザな男をナイフで刺し、それを見た涼子が3人の少年たちを庇って、自分の手でナイフを抜き、自分が刺し殺したように、その罪で服役するのだ。そうして、涼子はそのヤクザの男との間に子供が出来て、刑務所の中で女の子を産む。その娘(木村文乃)と結婚をした建設業の田所啓太を、小栗旬が演じている。

それに、25年ぶりに故郷へ帰って来た川端悟、演じているのが柄本佑で、婿養子に入ったのはいいが、会社が倒産の危機にあい、金策のために昔の友達2人を訪ねて来る。
一番の主人公が、四方篤刑事の岡田准一で、その母親にはリリイが、息子に借金を返すために金を借りる。それに、自殺未遂までして息子を苦しめる。そして、離婚することになった妻に長澤まさみが扮している。この夫婦も詳しくは描いていないが、どうやら妻が流産をして夫婦の間に溝が生じ、別れることになったようだ。

数々の高倉健主演映画を作ってきた降旗康男監督と木村大作コンビであるから、男優たちの恰好良さを引き出すうまさに関しては、今更言うまでもないだろう。ですが、女優陣の美しさを、最大限に見せてくれるコンビであることも事実で、今回は安藤サクラ、篤の妻の長澤まさみ、啓太の妻の木村文乃、3人の女優が「ノーメイクであること」だという。確かに、三者三様の美しさを見せている。
若い俳優たちが渾身の演技を見せているのも、この映画の素晴らしさだろう。大人になって刑事という仕事を選んだ四方篤(岡田准一)と、殺人の嫌疑がかかった啓太(小栗旬)。幼馴染の二人が工事現場で怒鳴り合うシーンは、言葉の格闘と形容したくなる迫力でした。
特に、啓太の本当の心情を知って、もう一度見直した時、小栗旬の吐く言葉や見せる表情一つ一つに胸が締め付けられるようでしたね。
2017年劇場鑑賞作品・・・103映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マン・ダウン 戦士の約束★★★★ | トップ | 午後8時の訪問者 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『追憶』 2017年4月28日 朝日ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『追憶』 を試写会で鑑賞しました。 不安的中。上映時間の短さがそのまま作品に現れている。 【ストーリー】  富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、漁港で旧友の川端悟(......
追憶  監督/降旗 康男 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含......
17-145「追憶」(日本) (CINECHANが観た映画について)
会いたくても、会えなかった人たち  ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者の川端悟は捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。しかも、川端と事件の前日に会って......
追憶 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2017/05/06公開 日本 99分監督:降旗康男出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、矢島健一、安藤サクラ、吉岡秀隆、りりィ、安田顕、三浦貴大 会いたくても、会えな......
追憶 (試写会) (風に吹かれて)
それぞれの理由 公式サイト http://tsuioku.jp5月6日公開 監督: 降旗康男  「鉄道員」 「憑神」 「あなたへ」 「少年H」 富山県の漁港で刺殺体が発見された。駆けつけた富山......
映画 「 追憶 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
岡田准一主演の映画「追憶」を見てきました。 1992年 冬の能登半島・・・13歳の四方篤は親に捨てられたのと同じような境遇の田所啓太、川端悟とともに軽喫茶「ゆきわりそう」を営......
追憶 (映画的・絵画的・音楽的)
 『追憶』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)岡田准一と小栗旬の競演が見られるというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪が激しく舞い落ち、港には漁船......
「追憶」 (ここなつ映画レビュー)
オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解......
追憶 (映画好きパパの鑑賞日記)
 大ベテランの降旗康男監督と木村大作カメラマンが豪華キャストで撮影したヒューマンサスペンスなんだけど、全体的に古めかしい。ストーリーも微妙でなんとももったいない。  ......
<追憶> (夢色)
こないだ、公開から1週間遅れで観てきました~。今回とことん縁のない追憶(笑)全体として、あぁ、大人に沁みる映画だなと思いました。小作品なので、派手さはないかもしれません......
映画「追憶」 (FREE TIME)
映画「追憶」を鑑賞しました。
『追憶』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「追憶」□監督 降旗康男□原案・脚本 青島武 瀧本智行□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃■鑑賞日 5月14日(日......
『追憶』を東宝シネマズ渋谷4で、『日本一短い「母」への手紙』を神保町シアターで観...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
母役を思いながら2本まとめてレビュー。 ◆『追憶』 ▲果てしなくオーラがないのが上手い西田尚美(だよね)。  まあ、本音で言えば岡田君の写真が使いたいんだけど。 五 ......
「追憶」☆様々な形の愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもっ......
「追憶」旧友が殺された先にみた25年前の事件と向き合う2人の旧友背負った贖罪 (オールマイティにコメンテート)
「追憶」はかつての友人3人がある事件をキッカケに別れてから25年の月日を経て再び再会した3人だったが1人の友人が殺害された事で25年前の事件が再び向き合う事になるストーリーで......