パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★

2016年01月10日 | アクション映画ーハ行
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞台俳優、マーク・ライランス。

<感想>平凡な弁護士が敵国のスパイを弁護することになり、さらには国際的な秘密交渉、(捕虜交換交渉)にも関わることになる主人公の弁護士ジェームズ・ドノヴァンを、トム・ハンクスがあくまでも自然に名演技で魅せてくれます。東西冷戦時代の、にわかには信じがたい実話を基にした作品であり、主人公のドノヴァンは実在した男であり、第二次世界大戦の戦後処理であるニュールンベルグ裁判では、検察官として活躍し、事件の起こった1957年当時は法律事務所の共同経営者として保険法を専門にしていた。

1957年、米国に潜入していたソ連のスパイ、アベルが逮捕された。その国選弁護人に選ばれたドノヴァンは、アベルにも正当な裁判を受ける権利があることを主張し、世間の逆風に立ち向かうが、しかし、彼の尽力によってアベルは死刑を免れた。彼に弁護されるアベルに敵国に捕まっても決して祖国を売らない、スパイの鑑というべき男なのだ。英国の実力派舞台俳優のマーク・ライランスがアベルを演じており、極めて高いプロ意識を持つ彼らが、国を超えて共鳴し合うのは、必然的だったのかもしれない。絵を描く彼が、最後にドノヴァンに自画像を描いていたのを渡すのも感慨深い。

これによってドノヴァンは、5年後さらに危険な仕事を任されることになる。実直に仕事をこなし家族を大切にする、ごく普通の男が冷戦の最前線に立たされるのだ。そんな実話の凄みにまず驚かされる。法廷劇を軸にした前半から諜報サスペンスへと発展する後半へと、緊張に満ちた物語が展開する。

自分の仕事をしろ」とは劇中のドノヴァンの台詞で、ある意味、この言葉に本作のテーマが集約されていると思う。ドノヴァンは法の下の平等という弁護士の倫理に則って行動し、いかなる逆風にも立ち向かうのだ。米国の人たちから、敵国のソ連のスパイの弁護を引き受けた時も、マスコミに叩かれて、民間人たちにも石を投げられる。

家族を大切にして、東ベルリンへ行く時も、妻にはイギリスへ釣りに行くと嘘を付いて、妻はお土産に「ママーレードを買ってきて」なんて、最後まで夫の命がけの行動を知らなかったのだ。

諜報の素人であるドノヴァンが国際交渉の場に駆り出されたのだ。飛行機で西ドイツに到着し、その足で東ベルリンのソ連大使館へと行くのだが、すでに東西の壁が建設されているわけで、検問では長打の列の中、大使館が閉館してしまう時間なので、何とか交渉をして先に通してもらうも、その先には東側の若者がドノヴァンを囲み、着ているコートと金とパスポートを出せと脅してくる。
スリリングな展開に目を奪われるが、東ベルリンのソ連大使館へと行くも、交渉相手は東欧のKGBのトップ。弁護士としてのノウハウと交渉術を駆使してドノヴァンは相手にあたる。ソ連側もドノヴァンの出した条件を認め、交換交渉は上手くいくようにみえた。東独へ渡る途中で風邪をひいてしまったドノヴァンが、雪降る寒空にコートを奪われ鼻水をすすりながら、片言のドイツ語を話すトム・ハンクスの演技も堂に言っているのだ。

だが、そこで問題が発生する。ソ連とは別に東独にスパイ容疑で捕まった学生プライヤーがいたのだ。ドノヴァンとしては、どうしてもこの学生を交渉の対象にしたい。しかし、東独では交換するならアベルと学生のプライヤーの一対一だとにべもない。ですが、CIAが求めるのはパイロットのパワーズであり、交渉の話にはもう一人の若い学生の救出も加わっていたとは、信じられません。パイロットのパワーズは、CIAの諜報員であり確かにソ連上空で撮影をしていたのを追撃されて逮捕された男。もう一人は、東ドイツで壁が出来る時にうろちょろしていてスパイと間違われて捕まったアメリカ人の学生なのだ。この二人の男と、ソ連のスパイ・アベルの交換なのだが、どうみてもアメリカ側の交渉には、歩が合わないとソ連と東ドイツが言ってくる。このことで、ドノヴァンが素晴らしく頭が切れて必ず2人を連れて帰ることを約束する。東独とソ連の国境の、橋の真ん中での引き渡しのスリル感がたまりませんね。
一方で、それぞれのプロ意識を持つ弁護士とスパイの生き方や、彼らの間に芽生える絆に胸を打つのだ。サスペンスとヒューマニズムに溢れたドラマを紡ぎだしている。スピルバーグ作品ならではの緻密な人間ドラマは歯ごたえがあります。
4度目のタッグとなるスティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクス。どちらも人間味を作品に投影することに長けた映画人だけに、今回も相性は抜群であります。正しいことをしようとする男の信念のドラマを、スピルバーグは丁寧に撮っている。

注:アベルの弁護とパワーズとの交換交渉で政府と繋がりのできたドノヴァンは、1963年には当時の大統領ジョン・F・ケネディーぼ要請で、キューバで囚われの身となっていた1113人もの囚人の釈放をキューバ政府と交渉するため全権公使として送り込まれ、釈放に尽力した男でもある。
2016年劇場鑑賞作品・・・5映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『散歩』 ジャンルのランキング
トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い沈黙 ★★★ | トップ | マキシマム・ブラッド★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ブリッジ・オブ・スパイ」 (日々“是”精進! ver.F)
信念を、持ち続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601090001/ ★トム・ハンクスのアップ!名優のオーラを感じよう!★【 数量限定グッズ 】インテリアに!DVD...価格:16,800円(税込、送料別)
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市....
「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が結集した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」...
ブリッジ・オブ・スパイ (ハリウッド映画 LOVE)
今年の映画観始めは、BB-8恋しさに元旦にフォースを覚醒してきました。したがって今年2回目の映画鑑賞です。
ブリッジ・オブ・スパイ (心のままに映画の風景)
米ソ冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。 敵国の人間を弁護することに非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たし...
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (勝手に映画評)
事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。それを理解しないと、アメリカでソ連のスパイを弁護するということ...
「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような??
ブリッジ・オブ・スパイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。
同じ人を見ているのに・・・。『ブリッジ・オブ・スパイ』 (水曜日のシネマ日記)
東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件「U-2撃墜事件」の舞台裏を描いた作品です。
『ブリッジ・オブ・スパイ』 (こねたみっくす)
愛国心が正義を踏みにじってもいいのか。 「20世紀を映像として残すことが監督としての使命」と語るスティーブン・スピルバーグが描く正義。それは常に愛国心を超えた世界に存在す ...
ブリッジ・オブ・スパイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。...
「ブリッジ・オブ・スパイ」Bridge of Spies (2015 FOX=ドリームワークス) (事務職員へのこの1冊)
陶然とする。死ぬまでに、あと何本のスピルバーグ作品を見ることができるのか、とまで考える。いっしょに見ていた妻は「これを一年の最初に見ちゃったら、次に苦労するわね」まったくです。スピルバーグの映画は、いつも上手に撮ってあることは確かだけれど、妙にあざと...
ブリッジ・オブ・スパイ (風に吹かれて)
交渉術は大事です 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy 事実を基にした映画 製作・監督: スティーヴン・スピルバーグ 米ソ冷戦下の1957年。ニュ
"Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ
ブリッジ・オブ・スパイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込...
ブリッジ・オブ・スパイ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その男、不屈につき。 スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟が脚本と聞けば、映画ファンならこの面子だけでワクワクしてしまうだろう。 現代アメリカ映画界最高の才能たちが挑むのは、米ソ冷戦下の1957年から62年にかけて実際に起こった...
ブリッジ・オブ・スパイ (そーれりぽーと)
『トゥルー・グリット』に続いて、コーエン兄弟とスティーヴン・スピルバーグがタッグを組んだ『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきました。 ★★★★★ 前回のタッグでスピルバーグはプロデュース業でのみ携わっていましたが、本作ではコーエン兄弟の脚本を使い、看板を...
ブリッジ・オブ・スパイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マ...
ブリッジ・オブ・スパイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マ...
『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】 脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪 ...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、脚本がコーエン兄弟と、鉄壁の布陣。コーエン兄弟の人をくった毒が少ないような気がしましたが、非常に上質の作品です。ただ、当時の知識がないと、よく意味が分からないかも知れません。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督...
映画:「ブジッジ・オブ・スパイ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月21日(木)。 映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」。 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 音楽 トーマス・ニューマン ストーリー: アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950〜60年代。 冷戦...
ブリッジ・オブ・スパイ (セレンディピティ ダイアリー)
スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟脚本の、米ソ冷戦時代を舞台にし
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (FREE TIME)
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。
ブリッジ・オブ・スパイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
ブリッジ・オブ・スパイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン・コーエン 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:トム・ハンクス      マー...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ブリッジ・オブ・スパイ/BRIDGE OF SPIES 2015年/アメリカ/142分 監督: スティーヴン・スピルバーグ 出演: トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン/アラン・アルダ/スコット・シェパード 公式サイ...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ここなつ映画レビュー)
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴す...
ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア....
ブリッジ・オブ・スパイ (★ Shaberiba )
前半眠気との戦い・・。それがなければな〜〜。 
「ブリッジオブスパイ」 (Con Gas, Sin Hielo)
勝算があっても手を出せるものではない。 ベルリンの壁が造られたときって、どれだけ昔のことなのか。情報技術という言葉すら存在しない時代、勝負を大きく左右したのは心理戦であった。 米ソとも互いの手の内を分かっているからこそ自ら動くことができない。ソ連は交....
スパイ交換劇 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。 弁護士ドノヴァンはソ連のスパイ アベルの弁護を引き受ける 敵国の人間の弁護に周囲から非難もあったが死刑を免れ懲役刑となる 5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲さ....
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...