パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ルーム ★★★★.5

2016年05月14日 | アクション映画ーラ行
アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが……。

<感想>2015年のトロント国際映画祭で観客賞を受賞して注目を浴び、今年度アカデミー賞では低予算製作のハンデをものともせず、母親を演じたブリー・ラーソンが主演女優賞を獲得した注目の作品です。以前から観たいと思っていたので、やっと東北でも上映され嬉しくて初日にて観賞しました。
物語は、女の子のように髪の長い少年ジャックが5歳の誕生日を迎えたところから始まります。母親のジョイがケーキを焼いてくれたことを喜んでいて、ローソクがないことにすねるジャックだったが、何処にでもいる母親と息子のように彼らは強い絆で結ばれているんですね。

ですが、彼らが置かれた状況は決して普通ではありませんでした。幸せそうに見える母子の一室での風景は、やがては奇妙な違和感を帯び始めてきて、何故に母子は天窓しかないこの粗末な“部屋”から出ないのだろうか?・・・。

幼くも聡明なジョイの息子ジャックは、生まれて以来部屋の外に出たことが無い。天窓からの風景とかTV番組だけが外界との接点だった。この息子役のジェイコブ・トレンプレイのなんと言っても演技が上手いし可愛いのだ。トラックの荷台のシーンでは、外の世界に出たあとの恐々としながらも次第に慣れ始めていく子供らしい仕草がなんとも可愛らしいのだ。
夜中に部屋にやってくる男は何者なのか?・・・、母親のジョイを監禁した男、オールド・ニックは、夜になると部屋にやってきて、ジョイを慰み者する。彼女の反抗には、部屋の電気を切り暖房が使えず寒いという罰を与える。異常犯罪の被害者である彼らの運命は、どこに向かおうとしているのか?・・・。

夜になるとジャックは洋服ダンスの中で眠る。そこへ男がやってきて、2人が喧嘩をし、次の日から電気が切られ寒さに震える二人。そして、母親はある決意をするのです。息子のジャックに外には広い世界があることを話し始め、外の世界に興味を持ちだした息子に向かって、ママはある計画を持ちかけるのです。それは、ジャックをカーペットに包んで何度も死んだふりの練習をさせ、運び出された後の行動も息子に覚えさせなければならない。
それからが、異常犯のニックに息子が死んだことを伝え、嘘を信じたニックはトラックで運び出す。だが、それが失敗しかけた計画は、ジャックが機転を利かして通りがかった外界の人の助けで、思わぬ結末に辿り着くのだ。

意外性に富んだサスペンスフルな展開に加えて、一人の人間の“世界”との対峙というテーマが確かな答えを残し始める。“部屋”という世界に縛られ、苦しんできた母親と、この世界を疑問も持たずに受け入れてきた少年。幼い子供の目には狭い部屋も無限大の世界に見えることを示すカメラにまず驚嘆させられます。
そんな彼らが部屋の外へ解放された時、どうやって広い世界を受け入れるのだろうか?・・・。脱出シーンのスリルも素晴らしいのですが、本当に驚かされるのはその後であること。特別な絆で結ばれた母と子の特異な体験であり、言葉少なにつづられるすべての場面、すべてのショットに胸が締め付けられような思いがした。

翌朝、病院で目覚めたジャックと母親、そこに両親が駆け付けて来た。ですが、それで終わりかと思うと、それからが大変んだったのですね。奪われた現実の世界に戻ることができた母親のジョイとジャックですが、予想もつかない困難が次々と親子に訪れるのですから。
娘ジョイの母親にはジョアン・アレンが扮しており、娘が監禁されていた間に、長年連れ添った夫と離婚をしていた。解放された娘のジョイと孫のジャックを受け入れようと努力するのだが、・・・。父親にはウィリアム・H・メーシー。
何と言っても、ジョイ役のブリー・ラーソンは「ショート・ターム」で脚光を浴びた注目株であり、本作では体脂肪を12%落として、隔離された部屋で役つくりに努め、撮影に臨んだという。母親としての責任と、抜け殻のような放心状態の間を行き来する内面の演技も絶妙で、ヒロインの傷ついた心情がリアルにかつ切実に、伝わってきて涙がこぼれるくらいグット胸に響きます。

2016年劇場鑑賞作品・・・95映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイニー・ラブ ★★★ | トップ | HK/変態仮面 アブノーマル... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ルーム  監督/レニー・アブラハムソン (西京極 紫の館)
【出演】  ブリー・ラーソン  ジェイコブ・トレンブレイ  ジョーン・アレン 【ストーリー】 施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャックと、母親ジョイ。彼女はオールド・ニックによって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こ...
ルーム (セレンディピティ ダイアリー)
エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化したヒューマンドラマ、「ルーム
ルーム (映画と本の『たんぽぽ館』)
せっかく得た解放が、また苦難の始まり * * * * * * * * * * 拉致監禁。 最近日本でも発覚した事件なので、なんとも切実な怖さのある作品です。 7年前、17歳だったジョイ(ブリー・ラーソン)は男に拉致され、 以来ずっとある「部屋」に監禁され...
ルーム (映画的・絵画的・音楽的)
 『ルーム』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)本作は、本年のアカデミー賞作品賞にノミネートされ、主演のブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ベッドに寝ている5歳のジャック....
ルーム (Akira's VOICE)
決別から始まる希望の人生。  
劇場鑑賞「ルーム ROOM」 (日々“是”精進! ver.F)
心を、自由に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604080000/ 【メール便送料無料】Soundtrack / Room (Original Score) (輸…価格:2,490円(税込、送料別) 部屋(上) [ エマ・ドナヒュー ]価格:961円(税...
『ルーム』 2016年3月21日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ルーム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 なんとか、ジャパンプレミアに潜入できました。 ブリー・ラーソンは言わずと知れた、今作でアカデミー賞主演女優賞を獲得しました。 それに子役のジェイコブ・トレンブレイ君と菅野美穂がゲストでした。 ブリー・ラーソ...
ルーム (風に吹かれて)
子役が主役 公式サイト http://gaga.ne.jp/room 原作: 部屋 (エマ・ドナヒュー著/講談社)監督: レニー・アブラハムソン  「FRANK -フランク-」 閉じ込められた[部屋]
映画「ルーム ROOM」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ルーム ROOM』(公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 長髪の5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラ...
ルーム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 本作のMVPは、あの婦警さんに決定です!
失われた時間の代償。『ルーム』 (水曜日のシネマ日記)
7年間、密室に監禁された女性とそこで生まれ育った5歳の息子の物語です。
「ルーム」:繊細かつソフトで、子役が天才で (大江戸時夫の東京温度)
映画『ルーム』は、タイミング的によく公開が問題にならずセーフだったなあって気がす
「ルーム」 (或る日の出来事)
おとこのこが、かわいいことったら!
『ルーム』 (こねたみっくす)
初めて空の大きさを知った時、世界はジャックのルームになる。 2006年生まれの9歳児、ジェイコブ・トレンブレイ。何て凄い子役、いや俳優なんだ!まさにこの映画のために生まれて ...
ハロー、世界。~『ルーム』 (真紅のthinkingdays)
 ROOM  ボクは今日、5歳になった。天国から天窓を通って、この部屋で毎日毎日泣 いていたママのところにやってきた日から、5年が経ったんだ。もうボクは大き いから、何でも知っているし、何でもできるんだ・・・。  17歳で誘拐され、納屋に監禁され...
「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは暗くした部屋で独りで見たい映画だ。 何しろうっかり声を上げて泣いてしまうから。
ルーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROOM】 2016/04/08公開 アメリカ 118分監督:レニー・アブラハムソン出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー はじめまして、【世界】。 STORY:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の....
映画:ルーム ROOM たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
この映画と聞いて、多分誰もが真っ先にイメージするのが、2年ぶり保護女子中学生監禁事件。 たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開! そして驚くのは、この映画の主人公は2年どころか、もっと半端ない期間渡り監禁されていること。 その年数...
ルーム (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは・・・何度も涙が流れました。。。 母親の気持ちになって観るので辛いし 母親と息子の愛に涙。 観に来てた方も女性が多かった。 17歳の時突然誘拐された少女が7年間も監禁され 誘拐した犯人との間に5歳の子供と狭い部屋に監禁されている。。。 単純に監禁...
ルーム (そーれりぽーと)
誘拐、監禁された少女と、そこで生まれた子供の話、『ルーム』を観てきました。 ★★★★★ 何年も狭い部屋に閉じ込められ、絶望と恐怖に支配されている母親と、生まれた時から世界がそこで完結していて、外に世界が有る事を知らずに育った息子の心の違いを観ていて、た...
その部屋を出たあとの・・・ (笑う社会人の生活)
9日のことですが、 映画「ルーム」を鑑賞しました。 施錠された狭い部屋に暮らす5歳のジャックと母親ジョイはオールド・ニックによりて7年間も監禁 そこで生まれ育った息子にとり この部屋こそが世界の全て ジョイはこの部屋しか知らない息子に外の世界を教え 人生を....
『ルーム』 (beatitude)
ママ(ブリー・ラーソン)と5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、天窓しかない狭い部屋で暮らしている。夜、二人がオールド・ニックと呼ぶ男がやってきて、服や食料を置いていく。ジャックはママの言いつけで洋服ダンスの中にいる。ママは「息子にも....
ルーム/Room (我想一個人映画美的女人blog)
トロント映画祭にて、観客賞(最高賞)受賞 アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、主演女優賞ノミネート(主演女優賞は受賞) ほか、数々の映画祭でノミネート&受賞 エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、「FRANK −フランク−」などのレニー・アブラハ...
ルーム ROOM・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「部屋」から「世界」へ。 17歳の時に誘拐された少女が、7年間の監禁生活の間に生まれ育った息子と共に決死の脱出を試み、奇跡的に生還を果たす。 実にサスペンスフルな展開だが、本当のドラマはその後に始まる。 小さな「部屋」しか知らず、未知なる「世界」に戸惑...
「ルーム」 (Con Gas, Sin Hielo)
種をまき水をやり、花が咲くのを待つように。 どうしてもあの事件を思い起こさずにはいられない。 近くて濃密な母子の情景から始まる物語は、ほどなく二人の空間を形成する異様な経緯を浮かび上がらせる。 息子・ジャックは母親の「思いやり」をずっと信じていた。毎....
ルーム (心のままに映画の風景)
5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、狭い部屋にママ(ブリー・ラーソン)と2人で暮らしていた。 外の景色は天窓から見える空だけで、部屋の中が世界の全てだと信じていた。 7年前、ある男に誘拐監禁されたママ(ジョイ)は、そこでジャック...
ルーム ROOM (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞した作品。ちょうど埼玉の少女監禁事件の被害者が保護されて容疑者が逮捕された時だったから、監禁事件そのものが注目を集めたけど、アメリカではクリーブランド監禁事件があり、日本でも2000年には新潟少女監禁事件という10年もの....
『ルーム』 (時間の無駄と言わないで)
映画の半分くらいの内容は予告編で判っちゃってるわけで。 それでもグイグイ惹きつけられるのは流石。 アカデミー主演女優賞の演技も良かったけど、子役が圧倒的。 主演男優賞に ...
[映画『スポットライト 世紀のスクープ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告篇 ☆・・・これもまた、力のこもった傑作でした。 ボストン・グローブ誌の特集記事チーム<スポットライト>が力強く巨悪に迫ってい...
映画評「ルーム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アイルランド=イギリス=カナダ=アメリカ合作映画 監督レニー・エイブラハムスン ネタバレあり