パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

紙の月 ★★★

2014年11月17日 | アクション映画ーカ行
銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。年下の恋人との快楽におぼれ転落していくヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。
あらすじ:バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。

<感想>宮沢りえ扮する主婦が、年下の男との恋に溺れ、加速度的に暴走していく姿を描いたサスペンスである。原作小説も読んでいますが、殆ど同じ構成の展開なので違和感ありません。最後が少し違っていたような感じがしました。
主人公の女学生時代が合間に入るのも同じようで、カトリック系の学校での中で、梨花が恩師の教えに従い、貧しい国の子供たちへの寄付。周囲が寄付を止めるなか、彼女は父親の財布から5万円を盗み寄付額を増していった。
そういった行為にも、父親とかが子供の金銭感覚を見ていないふうが、大人になってからも、他人の財布の金も自分の金のように悪びれずに感じて盗んでしまうという。そういった行為も、子供の内から芽生えることで、両親も学校の先生も、子供にお金の有難みを植え付けるうえでも、教えなければならないと思う。

私には、梨花に対して自分が破滅への道を選んだことに共鳴するということは決してありません。自分が稼いだお金に満足して、そのお金で自分に見合った生活をする。上を見たらキリがありませんからね。他人の財布の中身まで気にしても始まりませんし、自分で意志をしっかりと持ち、やってはいけないことを、後から埋め合わせをすればいい、などという安易な考えは人間の浅知恵というもの。
平凡な主婦が一億円の横領事件を起こし、そのお金を若い男に貢ぎ、自分もブランド品などを買いまくり、高級ホテルでその若い男との情事にふける行為などなんて、自分には絶対に起こり得ることはないと断言できます。ですから、この映画を観ているうち、とてもこの主人公の梨花に共感とかできるはずもなく、嫌悪感さえ抱いてしまう。びくびくして生活する彼女に、絶対にバレる日が来るはずだからと。

確かに、結婚生活なんてみなさん夢のような幸せな暮らしをしていると思っているのでしょうか。そういう夫婦もいるでしょうが、殆どの女性はこの梨花さんと同じように夫に対して不満を持ち、転勤にも付いていくのも嫌だと言い切ってしまう自分もいる。そういう意味では同感なのですが、子供がいないというところでは、夫側にも責任があるようで一概に妻を責めることはできません。
だからといって、夫が夜の営みを嫌がるからといって若い男にうつつをぬかすなんてことはあり得ませんから。自制する心がないからそういった行動に跳ね返ってしまうのでしょう。映画の中での梨花の若い男にむしゃぶりつく様が哀れでなりません。後先を考えずに欲望に走り、最後に自分がどうなるのかも考えずに末恐ろしい女です。
それにしても、この主人公が空虚感に捉われるのは、生い立ちから始まっているのでしょう。両親の愛が不足しているのかもしれないし、学校での友達関係や先生との交流も。ですから、主人公が何に飢えて、何に喘いでいるのかが良く分かりません。

小説では、自分の勤める銀行から一億円を横領するに至る契約社員、梅澤梨花の顛末と、彼女と少なからずも縁を持つ人々との回想で構成されています。梨花は子供を欲しながらも、それについて夫と深く話し合うことが出来ずに、タイムリミットを迎える焦りや、妻に向かって事あるごとに経済的な優位性を示す夫の態度が描かれている。
横領の事の発端が、裕福な顧客である独り暮らしの老人の孫である大学生の光太(不倫をする若い男)に、その祖父である老人から託された200万円を流用する。梨花がどうしてそんなに若い男に惹かれていったのかが描かれていないのが残念。何だか、暇と欲求を持て余した中年女が、若い男との蜜月を金で買った、というお決まりの話になっているようなそんな感じがしてならない。

しかし、映画の中での中年の女を演じたのが宮沢りえであるからして、美しく端正な顔に宿る年相応のやつれ女の色香を感じてしまった。その若い男との逢瀬の中で、自分の年齢を隠すような38000円の化粧品が、十数万のレストラン代となり、数百万円のホテル代と変わり、1000万円代のBMWの車をプレゼントするまでに跳ね上がっていく。
梨花が騙し取るのは金に困っていない裕福な老人たちであり、彼女が助けるのはか弱い若者なのだ。もはや梨花はどこに向かって浪費しているのか、自分自身を見失っていく。銀行の定期預金証をかってに自分でPCで偽造し、コピーする。印章までもコピー。夜なべしてせっせと偽造する彼女の憐れさ。

その梨花の変化に薄々気付いている人物に、小林聡美演じる隅より子の存在がある。「私はお金が何処からきて、どこに行くのかに興味がある」と、梨花に言う。しかし、梨花が金で男を買ったという恋愛映画の枠を超え、日本人の金というものの観念に問いかける色彩を帯びてくるのだ。ある女の空虚感をはるかに越えた点では、この映画は面白いが、どこかで小説どうりに、ただ女が金で恋を買う話に留まって欲しかったような気もした。

ラストで、梨花が日本を出てバンコクへと旅に出て、そこで学生時代に援助をした顔に傷のある男を見つける。自分が寄付をした子供が大きくなって生活をしているのを見て安心したのか、自分はそうやって逃げ失せてもいいのだろうか、罪を償わないで、自分本位に好きなように自由になりたかっただけではすまされないと思うのだが。
2014年劇場鑑賞作品・・・345 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さまよう刃 ★★★★ | トップ | 神さまの言うとおり★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
紙の月 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(F) 始まりはお札一枚を借りただけなんだけどね〜
紙の月/納得のTIFF観客賞・主演女優賞 (MOVIE BOYS)
2014年の東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞の二冠を獲得した作品。原作は『八日目の蝉』の角田光代の長編小説。銀行勤めの平凡な主婦がとあるきっかけから起こした横領事件を描いている。主演は宮沢りえ。共演に『海を感じる時』の池松壮亮、『マザーウォーター』の小...
「紙の月」 自分を解放する快楽 (はらやんの映画徒然草)
主人公梨花は、優しく人のことを想う心をもち、またおとなしく従順な側面と、いざとな
はき違えた善意。『紙の月』 (水曜日のシネマ日記)
銀行勤めの平凡な主婦が大金を横領する物語です。
『紙の月』 2014年10月25日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『紙の月』 を鑑賞しました。 本日の2本目で、TIFF(東京国際映画祭)の本拠地六本木ヒルズには 今年初参戦である。(その間もTIFFですが、日本橋だから 笑) 【ストーリー】  バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢...
『紙の月』 (2014) (相木悟の映画評)
ダークな人生論をえぐる妖しき犯罪劇! 人間の内面の濃厚な飢えを多面的に活写した一級ドラマであった。 本作は、『桐島、部活やるってよ』(12)で映画ファンの熱い支持をうけた吉田大八監督作。今回手掛けるのは、角田光代のベストセラー小説の映画化だ。角田原作....
映画「紙の月 」を観ました!!(2014-08) (馬球1964)
映画「紙の月」を観ました!!
『紙の月』 (こねたみっくす)
神様でも赦してくれない罪。それは果てしない金と性の罪。 これは美しき横領犯がその正体を暴かれるまでを描いたサスペンスでもなければ、愛に飢えた女の悲しき転落人生でもあり ...
紙の月/宮沢りえ、池松壮亮 (カノンな日々)
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を原作に『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が宮沢りえさんを主演に映画化したサスペンス・ドラマです。 出演はその他に、大島優子、 ...
紙の月 (Break Time)
今日は、気温も平年並みで・・・
『紙の月』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「紙の月」 □監督 吉田大八□脚本 早船歌江子□原作 角田光代□キャスト 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正■鑑賞日 11月15日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想...
紙の月 (2014) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 バブルがはじけて間もない1994年。 銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上 ...
紙の月 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/15公開 日本 PG12 126分監督:吉田大八出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司 最も美しい横領犯。 TOHOシネマズのフリーパスポートのラストはこの作品。予告編を見て興味があったので久しぶりに母親と一緒に観てきまし...
『 紙の月 』受けるよりは与える方が幸いである (映画@見取り八段)
紙の月     監督: 吉田大八    キャスト: 宮沢りえ、池松壮亮、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美、大島優子、平祐奈、伊勢志摩、佐々木勝彦、天光眞弓、中原ひとみ 公開: 2014年11月15日 2014年11月26日。劇場観賞 疾走する主人公と、包み込むよう...
紙の月 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督の新作とあり楽しみにしていました。工夫した演出や俳優陣のがんばりには感心しましたが、自分としての傑作とまでいえなかったのは、生活観があまりにも違う世界で、主人公がわがままとしかみえなかったためでしょうか。  作...
紙の月 (花ごよみ)
角田光代の小説を映画化。 監督は、吉田大八。 主演は宮沢りえ、主人公梅澤梨花を演じます。 銀行の契約社員として勤務する 主婦が起こした大金横領事件。 原作とはまた違った作品でした。 映画の方の旦那(田辺誠一)は ただのんきな人間のようで 夫婦のひんやりと....
紙の月 (映画的・絵画的・音楽的)
 『紙の月』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)東京国際映画祭での話題作(注1)ということもあり、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、賛美歌が聞こえるカトリック系の中学校の教室に独り机に向かって座っている女生徒の姿。机の上には1万円札が5枚....
映画「紙の月」 (FREE TIME)
映画「紙の月」を鑑賞しました。
映画 「 紙の月 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
1994年。契約社員として銀行で働く平凡な主婦が、年下の大学生との出会いを機に、金銭マヒをさせてゆき、やがて巨額の横領事件を引き起こすさまを描いています。 夫(田辺誠一)と二人暮らしをしている主婦・梅沢梨花(宮沢りえ)は、子供もなく、契約社員として勤務...
第27回東京国際映画祭「紙の月」 (ここなつ映画レビュー)
コンペティション作品。観客の投票によって決定する観客賞を受賞。主演の宮沢りえは最優秀女優賞を受賞。舞台挨拶の宮沢りえは綺麗だった! コンペ作品の中では、最も商業ベースに乗った作品だと思う。かといって、招待作品のようなお祭り騒ぎな気分ではない。何といって...
『紙の月』吉田大八監督、宮沢りえ主演。"はじめから全部ニセモノ" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『紙の月』監督 : 吉田大八出演 : 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、小林聡美、近藤芳正、中原ひとみ石橋蓮司 ※Memo1●監督が語っていたとおり読後感からくる疾
ショートレビュー「紙の月・・・・・評価額1750円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ニセモノでもいい、溺れたい。 ※核心部分に触れています。 「桐島、部活やめるってよ」で、センセーションを巻き起こした吉田大八監督の最新作「紙の月」は、これまた驚くべき傑作である。 宮沢りえ演じる梅澤梨花は、銀行に勤めるごく平凡な主婦。 子供は無く、そ...
「紙の月」 (Con Gas, Sin Hielo)
張りぼての情け。 「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督待望の新作ということで観に行ってみた。 普通の銀行員がふとしたきっかけから巨額横領事件を起こすまでの転落物語で、主演は宮沢りえ。 彼女ももう40歳を過ぎた。キレイとひとくくりにすればそうなるが、....
紙の月 (ダイターンクラッシュ!!)
2015年1月1日(木) 13:50〜 丸の内ピカデリー3 料金:1100円(ファーストデイ) パンフレット:未確認 正太郎君では・・・、 『紙の月』公式サイト 宮沢りえが横領するのだが、発端となる男女関係が、どうにも説得力が無い。 田辺誠一の亭主から冷たくされている...
紙の月 (迷宮映画館)
分からなくはないんだけど・・・・。
お金によって、 (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画「紙の月」を鑑賞しました。 1994年、銀行の契約社員として働く主婦 梅澤梨花は仕事への取り組みや周囲への気配りで上司や顧客から信頼されるようになる 一方、自分に関心のない夫にむなしさを抱く中、大学生 光太と出会い不倫関係に陥ち 彼と逢瀬...
紙の月 (銀幕大帝α)
2014年 日本 126分 ドラマ/犯罪/ミステリー PG12 劇場公開(2014/11/15) 監督: 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 原作: 角田光代『紙の月』 出演: 宮沢りえ:梅澤梨花 池松壮亮:平林光太 大島優子:相川恵子 小林聡美:隅より子 田辺誠一:梅澤正文 ...
紙の月 (いやいやえん)
【概略】 銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。 サスペンス 田辺誠一さんが夫で何の不満があるの。チッ とはパートナー...
紙の月 (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:126分 監督:吉田大八  原作は直木賞作家の角田光代の小説で、映画化される直前にTVドラマが製作されている。私自身は小説も読んでいないし、TVドラマの存在さえも知らなかった。だから映画がこれほどつまらないのは、原
映画評「紙の月」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・吉田大八 ネタバレあり
紙の月 (のほほん便り)
祝・宮沢りえ。第38回日本アカデミー賞でも最優秀女優賞、受賞! 原作は、角田光代の同名小説 NHK「ドラマ10」で、原田知世が主演したバージョンも好きでしたが、映画ならではの風情とエロチックさが表現できて、これもまた味でした。 音楽というか、BGMも...