パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

HERO  ★★★.5

2015年07月21日 | アクション映画ーハ行
木村拓哉が型破りな検事を演じる人気TVドラマの劇場版第2弾。一つの交通事故の真相を巡り、大使館という捜査権の及ばない大きな壁にぶち当たった久利生公平と東京地検城西支部の面々の奮闘を描く。共演は北川景子、杉本哲太、松重豊らTV版第2期のレギュラー陣のほか、シリーズ初参加の大倉孝二、佐藤浩市。また、TV版第1期のヒロイン、松たか子も再登場。監督は劇場版第1作、TV版第2期に引き続き鈴木雅之。
あらすじ:ある日、ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車にはねられ死亡した。さっそく事務次官の麻木千佳とともに運転手の取り調べを開始した久利生公平検事の前に、かつての久利生の事務次官で、今は大阪地検灘支部の検事として活躍する雨宮舞子が現われる。今回の被害女性は、雨宮の調べていた広域暴力団絡みの事件の重要な証人だったのだ。今回の交通事故には裏があると感じた久利生と雨宮は、合同捜査をすることに。すると、昔と変わらない久利生のマイペースぶりを目の当たりにして呆れる雨宮。そんな中、ネウストリア大使館の関係者に話を聞こうとした2人だったが、“治外法権”の前にあっさりと門前払いをくらうハメに。さらに、外交問題への発展を心配する外務省からも釘を刺され、捜査が暗礁に乗り上げてしまう久利生だったが…。

<感想>いや、さすがにドラマの影響もあるのか、キムタクファンも多いのか、とにかく満員御礼でした。映画の内容が、今回はネウストリア大使館の裏道で交通事故に遭った女性のお話なんですが、それが国際問題に発展するという展開です。いつものキャスティング・メンバーの演技の巧さが絶妙で、年期の入った俳優さんばかりなので、面白く拝見しましたね。

それに、久利生と雨宮事務官との恋愛問題も再発したような感じで、なんと、雨宮舞子が検事になって、大阪からやってきた。昔の二人の恋愛関係を疑いつつも、そのことが気になる事務次官の麻木千佳という、二人のバトルも見られますから。
モテモテの久利生検事は、いつものように事件を解決するためなら、日本の中の外国、治外法権を認められた欧州某国の大使館だろうが、何とかして大使館の中に潜り込みたい衝動にかられる。

「国が違えば、習慣や宗教は違う。それでも、国境を超えて分かり合えるものは沢山ある」と、大使館近くの飲食店に行き、ソーセイジを食べ(ネウストリアの国民は、1日に大きなソーセイジを7本も食べるそうです)、ペタンクというスポーツを利用して、大使館員たちと公園でペタンクの試合をするシーンも楽しそうでした。
ですが、捜査のやり過ぎとでもいうか、暴力団がらみのこの事件なので、おでんを食べていた二人の目の前に、ダンプが突進してきて久利生が怪我をしてしまうのです。殺されたくなければ手を引けということなのかも。

相手の国を超えて理解しようと奮闘する久利生と麻木の姿は、またかと、ただの交通事故で終わらせない取り調べには、殺人課の刑事のようにも取れ、そこまでやるかといつもの事件を追う熱い久利生公平に違いありませんから。それに、同じ城西支部の仲間たちも協力して、巻きこんでの取り調べで最後には、万々歳ということに。

ネウストリア公国大使館前で起きた死傷事故。真夜中ということもあり、運転していた男は、突然飛び出してきた女性を撥ねてしまう。ところが、その女性は裸足であり、どうやら雨宮の調べていた広域暴力団絡みの事件の重要な証人だったのだ。
調べてみれば、やっぱり暴力団との薬物取引で大使館の職員が麻薬の密輸をしているよう。これは、警備員のデブちゃんがお天気お姉さんのファンで、毎日録画をしていたところから大使館員と暴力団員との接触を見つける。事故にあった女性は、大使館の男に誘われて大使館の中へ入り、何かに驚きそこから出ようとして、裏の扉から飛び出したところを轢かれたらしいのだ。

ですが、取り調べをしようとする久利生の前に、外務省局長の佐藤浩市が出て来て捜査を断念しろと言うのだ。治外法権を侵すことは外交を崩壊させかねないとして、日本の外務省欧州局長・松葉圭介を演じる佐藤浩市の方からも圧力をかけられ、捜査は暗礁に乗り上げる。
外務省欧州局長・松葉圭介から、ただの交通事故処理でやれと命令口調の佐藤浩市さんは、外務省のお偉いさんみたいに威厳があり良かったです。

雨宮の発案で、婚約者の父親(貿易関係の会社社長)を利用して、大使館のパーティに紛れ込む久利生公平と雨宮。タキシード姿のキムタクに、着物姿の松たか子さんは、お腹が目立って妊娠中だったのですね。大使館の庭で、亡くなった女性が履いていたと思われる、靴に付いていたスパンコールが見つかります。そして、裏口も。大使館の玄関前の部屋にある大きな時計から聞こえるオルゴールの音色が、友人に助けを求めるスマホに、残っているのも大きな勝因でした。

もし、この事件の捜査が国際問題まで発展して、そういうことになりかねないのに、石垣島に飛ばされるだけでなく、久利生という男は自分がこれで検事生命が終わるかもしれないということを考えてはいなかったのだろうか。いつものことで、事件が解決すれば、最後には、そうなることはありませんでした。

それでも今回では、松たか子さんが演じる雨宮さんの、検事の新人の役柄が一番好きですね。こういう群像劇は、どこかに自分を重ねられるキャラクターを見つける楽しみがあると思うんですが、松たか子さん演じる雨宮さんが、コメディアンヌのような演技と素で演じているのかも斬新でした。等身大でサバサバしていて、まったく媚びないという雨宮事務官には共感もしたし、上司である久利生さんを好きになっていく過程が自然でよかった。
2作目から、久利生検事の事務官に麻木千佳という、北川景子さんが演じていて、ますますキビキビとした彼女の演技にも惚れなおして、元ヤンキーという気の強さが全面に出ていて、負けず嫌いの彼女もきっと検事になるだろうと思ってしまった。

最後が、ネウストリア国へ久利生と麻木の二人が行ったと描かれてましたが、これはいらなかったのでは。しかし、エンドロールの中での、昔のドラマのみなさんの映像には痺れました。大事なことですよね、期待通りで絶対に裏切らないドラマであること。おおいに楽しめましたです。
2015年劇場鑑賞作品・・・146映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

/font>
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極道大戦争 ★★★ | トップ | インサイド・ヘッド ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
HERO  (Break Time)
今日、関東甲信越地方が 梅雨明けの発表が・・・
『HERO』 2015年7月19日 TOHOシネマズ新宿 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『HERO』 を鑑賞しました。 昨日、フジテレビでは番宣で賑わっていましたが、期待通りの面白さでした 【ストーリー】  パーティーコンパニオンの女性が、ネウストリア公国大使館付近の路上で交通事故に遭い死亡する事故が発生。捜査にあたる東京地検城西支部の久利生...
劇場鑑賞「HERO」 (日々“是”精進! ver.F)
事件は、“たかが”では終わらせない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507180000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「HERO」映画版オリジナル・サウンドトラック [ 服部隆之 ]価格:1,974円(税込、送料込)...
HERO初日舞台挨拶つき見てきた~(*^_^*) (ペパーミントの魔術師)
別段なんも考えてなかったんですが、この日ははしごをするつもりでもともと早く来ていて だもんで1本目のHEROを9時40分で選択したら上映終了後にこんな画面になりましたよと。(;´∀`) ふ~ん、舞台挨拶ってこんなに時間かかるんだ。(わわわわわ) そりゃライブ...
HERO(2015) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/07/18公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:木村拓哉、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、田中要次、勝矢、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造、大倉孝二、イッセー尾形、松たか子、佐藤浩市 Story:パーティーコンパニオンの女性が、ネウストリア...
HERO  (心のままに映画の風景)
コンパニオンの女性が、ネウストリア公国大使館付近の路上で交通事故に遭い死亡する事故が発生。 被害女性は、大阪地検灘支部の検事雨宮舞子(松たか子)が調べていた広域暴力団絡みの重要な証人だった。 事務次官一ノ瀬隆史(大倉孝二)と東京地検城西支部へやってき...
HERO(2015) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、田中要次、勝矢、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造、大倉孝二、ジェームズ・C・バーンズ、森カンナ、児嶋一哉、新井浩文、イッセー尾形、松たか子、佐藤浩市 【解説】 木村拓哉主...
HERO(2015) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、田中要次、勝矢、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造、大倉孝二、ジェームズ・C・バーンズ、森カンナ、児嶋一哉、新井浩文、イッセー尾形、松たか子、佐藤浩市 【解説】 木村拓哉主...
HERO/木村拓哉、松たか子 (カノンな日々)
型破りな検事・久利生公平と仲間たちの活躍を描き人気を博したTVドラマの8年ぶりとなる映画化第2弾。やっぱりこのドラマには松たか子さん演じる雨宮舞子がいてほしいと思っていた私 ...
[映画『HERO』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・実は、私は、この作品についてほとんど知らないのだが、最近、車で遠出するときに、車内のテレビで、午後にやっている「HERO」テレビ版の再放送を見ることになり、なかなか面白いので、映画も見たくなったのだ。 変わり種の検事が主役と言うのも興味深い。 ...
HERO (そーれりぽーと)
2001年のテレビドラマシーズン1、2006年のスペシャル単発ドラマ、2007年の映画版、そして昨年のシーズン2に続いて二度目の映画化、『HERO』を観てきました。 ★★★★ 安定の面白さ。 昨年の新シリーズで職員が大勢入れ替わった新しい城西支部の面々をベースに、結局一...
HERO (だらだら無気力ブログ!)
つまんなくもないけど、特段面白いってわけでもなく普通。
HERO (ハリウッド映画 LOVE)
いまさらHEROか~と、思いつつ観て来ました・・・
HERO (映画好きパパの鑑賞日記)
 木村拓哉主演の人気ドラマの映画化第二弾。悪くはないのだけれど、露骨に続編を臭わす方法は、視聴率に苦しむフジテレビからすると当然なのかもしれないけど、観客からするとちょっとがっかりでした。  作品情報 2015年日本映画 監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉、松...
『HERO』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「HERO」□監督 鈴木雅之□脚本 福田 靖□キャスト 木村拓哉、北川景子、松たか子、佐藤浩市、杉本哲太、       濱田 岳、正名僕蔵、吉田 羊、松重 豊、八嶋智人       小日向文世、角野卓造、大倉孝二、田中要次■鑑...
「HERO2015」交通事故の真実を追った先にみた目の前に立つ国境に相手を知り理解した久利生の事件の真実は国境を越えられると示した信... (オールマイティにコメンテート)
映画「HERO」はドラマ「HERO」のシーズン2のその後を描いた作品で劇場版は8年ぶりとなる。交通事故による死亡事件を聴取していた久利生が大使館という国境の先に事件のカギがある ...
「HERO」:変わらぬ勧善懲悪コメディー (大江戸時夫の東京温度)
映画『HERO』は、2007年にも映画化されていますが、その時のタイトルと全く同
映画「HERO」 (FREE TIME)
映画「HERO」を鑑賞しました。
『HERO』を109シネマズ木場1で観て、これビックリするくらいミステリーとして成立してないだろふじき★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★何だこのユルさ?】 事件はキムタクが表情を曇らす「たかが交通事故」で、この「たかが交通事故」の真相そのものはピクニックのように検事と事務官が4人で現 ...
「HERO」☆ジンと胸に迫る2時間ドラマ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
なんだかんだ言っても鉄板である。 キムタク演じる久利生検事は、いつもながらのキムタクなんだけど、やっぱり格好良くて、そのクサイはずの言葉の一言一言が胸にジンと響くのだ。
HERO (2015) (のほほん便り)
やはり、HEROファン・感謝祭な映画だったかな? その第二弾 賛否両論だったみたいですが、良い意味で、偉大なるマンネリ。痛快劇として面白かったです。 個人的には、韓国いっちゃったり、松たか子の出てない、最初の映画より、こちらが好み… かも。 特に、エ...
映画評「HERO」(2015年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・鈴木雅之 ネタバレあり
「HERO」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
女性は靴を履いていなかった。 国の中の国境。 「2001年宇宙の旅」オリジナル・サウンドトラックサントラ SMJ by G-Tools