パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

X-MEN:アポカリプス ★★★★

2016年08月13日 | アクション映画ーア行
ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。監督は、シリーズ第1作、第2作、第5作も手掛けたブライアン・シンガー。『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイを筆頭に、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックと実力派スターが結集する。VFXを駆使した壮絶なバトル描写の数々に加えて、X-MEN結成をめぐるエピソードにも注目。

あらすじ:1983年。文明が誕生する前から神として君臨していた、ミュータントの始祖でもあるアポカリプス(オスカー・アイザック)が、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートー(マイケル・ファスベンダー)など、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)は、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らと共にその行動の阻止に挑むが……。

<感想>シリーズ6作目となる本作は、11年に始まった「チームX-MEN」結成までを描く三部作の最終章。物語の舞台は前作のフューチャー&パスト」(2014)から十年後となる1983年。メインの悪役は史上初のミュータントで最強のパワーを持つアポカリプス(オスカー・アイザック)が、数千年の眠りから目を覚ます。米ソ冷戦中の80年代という設定と絡み、誤った方向に進む文明を浄化するため、アポカリプスは人類を滅ぼし、“神”として新たな世界を築こうとする。そして、パワーの支配をめぐる攻防戦が繰り広げられる。

その野望を食い止められるのは、プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)を初めとする「X-MEN」だけ。人間社会との融和を目指すミュータント集団「X-MEN」は、“神“との最大の決戦に挑むことになる。

第4作目以降シリーズは「X-MEN」のリーダー、プロフェッサーXや、その親友として宿敵マグニート(マイケル・ファスベンダー)ら、若き日の彼らの奔走を描いてきたが、本作まさにそのクライマックスであります。古代エジプトを支配していた史上初のミュータントアポカリプスが西暦1983年の世界で覚醒。信仰を失い、核戦争を起こしかねない人類の堕落に怒った彼は、マグニートらを支配下に従えて、文明を破壊して新たな世界を築こうとする。

そんな世界の危機へ、X-MENはどう立ち向かうのか?・・・。冷戦や拝金主義といった当時の世相を見つめながら、人間に怒るミュータントと、許すミュータントの壮絶なるバトルが展開する。

アクションのスケール感は過去最大級で、ピラミッドが宙を舞い、数百万のレーザー光線が乱れ飛び、世界中の建造物が木っ端微塵に砕ける。
また、敵に拉致されたプロフェッサーXの苦闘を初め、様々なドラマが絡み合い、エキサイティングかつエモーショナルなフィナーレへと観る者を誘う。

こだわりを持って戦うミュータントたちのそれぞれのドラマは、今回もエモーショナル。ドイツの鉱山で働き家族を持ち、鉱山の事故でミュータントの力を使い人間を助けたことで、妻と娘を殺されてしまう。家族を殺されてミュータントへの差別に絶望するマグニートの胸の内の変化が、ドラマチックに描かれている。

そして、物語がカラフルに輝くのは、やっぱX-MENの初々しいヤング・メンバーが躍動するシーンでしょう。ジーン・グレイ、サイクロップス、ナイトクローラーなど、特殊能力を持つゆえに疎外感を抱き、自分に自信が持てずにいる若いミュータントたちの成長のドラマも見逃せません。
物語を時系列順に並べると、本作の後にシリーズ1~3作目が続くのですが、シリーズの生みの親でもある鬼才ブライアン・シンガーは、その流れを重視して、シリーズへの愛着と共に本作のドラマを創造。

一方で、プロフェッサーXが彼らに拉致され、学園も爆破されてしまう。アポカリプスはプロフェッサーXのテレパシー能力を利用し”神”としての人類支配を世界中に宣言。それに、アポカリプスにさらなる能力を引き出されたマグニートは、強大なる磁力で地球の建造物を、海の底に沈んでいる船なども陸に引き上げ廃墟へと変えていく。
それに、ミスティークたちが軍の施設に監禁されてしまう。助けに行く高速移動能力を持つクイックシルバー(エヴァン・ピーターズ)が、「マグニートーは俺の父さんだ」と告白する衝撃のシーンもあります。

プロフェッサーXは、最後の希望をジーンに託し、自らの所在地を発信して、ジーンは捕らわれた者たちを救い、地球滅亡の危機を食い止められるのか?・・・人類の命運を握るのは若き「X-MEN」たちにかかっている。
そしてなんといっても最後に、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)に「派手にやったわね!」と問い詰められると、サイクロップス(タイ・シェリダン)とジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が「助っ人もいたんだ」と語り、ある男の拳からウルヴァリンを彷彿させる鋭利な爪が飛び出す瞬間がクローズアップされるのだった。

ストームやサイクロップスの若き日の冒険を見ることができるのは、ファンには嬉しいところ。シリーズの顔というべきヒュー・ジャックマン扮するウルヴァリンの登場は、観てのお楽しみですから。
「X-MEN」に出てくるヒーローたちは、みんなミュータントで、生まれながらに超人的な能力を持っている。人とは違うがゆえに虐げられ、本当の自分を隠しながら生きている。「X-MEN」は、そんな彼らが自分の特殊性を受け入れて、世界のために役立てることを学ぶ「自己発見」の物語であります。キャラの数が多すぎて、最初はとっつきにくいのだけれど、そのツボが分かってくると、これはやぱり楽しい。
エンドロールの後、オマケの映像がありますので、お見逃しなく。
2016年劇場鑑賞作品・・・159映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペット ★★★★ | トップ | ゴーストバスターズ(先行上映... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『X-MEN:アポカリプス』 2016年8月1日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『X-MEN:アポカリプス』 を試写会で鑑賞しました。 スタン・リー御大の雄姿が確認できた この映画はスタン・リー推しということ。 【ストーリー】  1983年。文明が誕生する前から......
映画:X-MEN:アポカリプス シリーズ屈指の面白さ、というのは言い過ぎかもだがそ...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作の X-MEN:フューチャー&パスト はNYで全米公開初日に飛び込んだら、凄げー面白かった。 その訳は、その時のアップから、 <IMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通......
映画:X-MEN:アポカリプス シリーズ屈指の面白さ、というのは言い過ぎかもだがそ...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作の X-MEN:フューチャー&パスト はNYで全米公開初日に飛び込んだら、凄げー面白かった。 その訳は、その時のアップから、 <IMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通......
X-MEN:アポカリプス (あーうぃ だにぇっと)
X-MEN:アポカリプス@よみうりホール
「X-MEN:アポカリプス」@20世紀フォックス映画試写室 (新・辛口映画館)
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客入りは8.5割位だ。2D字幕版が上映された。
「X-MEN アポカリプス」☆最終章はスタートライン (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
圧倒的VFXで見事な黙示録的、終末観がたっぷり。! 前作までを見て無かったり覚えて無くても充分楽しめるし、若きX-MENたちが集結していくあたりはワクワク度MAX!. でも最後に気が......
『X-MEN/アポカリブス』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
時は1983年、人類最古のミュータントと言われるエン・サバ・ヌール(アポカリブス)が永い眠りから復活。エンジェル、サイロック、オロロ・モンロー(ストーム)、そしてエリック......
[映画『X-MEN: アポカリプス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・なんか、久し振りに、『シン・ゴジラ』以外の映画を観ましたよ!^^(4回観た^^;)    ◇   ◇    (古いほうの三部作:舞台設定は21世紀初頭)  『X-メ......
X-MEN:アポカリプス (ハリウッド映画 LOVE)
  禿になってもマカボイさん、素敵〜
『X-MEN:アポカリプス』 (こねたみっくす)
友よ、ここが帰る場所だ。 足掛け17年。ガラガラの先々行レイトショーで「敵は強大、味方はわずか」というキャッチコピーに嘘やん!とツッコミを入れていた頃が懐かしいなか、つ......
X-MEN:アポカリプス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 自分に能力をくれるなら迷わず透明人間!だが
X-MEN:アポカリプス (Akira's VOICE)
シリーズ最高峰! 「ファーストジェネレーション」の感動再来、いや超えた!  
X-MEN:アポカリプス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ブライアン・シンガー 出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト、ローズ・バーン、......
X-MEN:アポカリプス (試写会) (風に吹かれて)
スキンヘッドになった理由 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/xmen8月11日公開 監督: ブライアン・シンガー  「ユージュアル・サスペクツ」 「X-メン」 「X-
X-MEN:アポカリプス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【X-MEN: APOCALYPSE】 2016/08/11公開 アメリカ 144分監督:ブライアン・シンガー出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザッ......
私のテンションを一番上げたのは・・・。『X-MEN:アポカリプス』 (水曜日のシネマ日記)
『X-MEN』シリーズの最新作。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスにX-MENが立ち向かう物語です。
X-MEN:アポカリプス (花ごよみ)
原作はマーベルコミック。 『X-MEN』シリーズの第6弾。 シリーズ第1作「X-MEN」の以前を描いた 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズの......
『X-MEN:アポカリプス』 (時間の無駄と言わないで)
まあね、判ってはいましたけどね。 今までのブライアン・シンガー製のX-MENは全然乗れなかったから、今回もそういうつもりで観に行ったし、実際乗れなかったし。 今回もタイトル ......
X-MEN アポカリプス 3D (そーれりぽーと)
新しいX-MEN正史の続き、『X-MEN アポカリプス』を観てきました。 ★★★★ 前作『X-MEN:フューチャー&パスト』において、未来からの介入によって本来の未来は消滅し、派生した新し......
X-MEN:アポカリプス (だらだら無気力ブログ!)
ストームって出身はエジプトなんやね。
「X-MEN:アポカリプス」 (或る日の出来事)
エジプトで復活したアポカリプスに、X-MENたちが挑む!
X-MEN アポカリプス (日本語吹替版) 監督/ブライアン・シンガー (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームズ・マカヴォイ (プロフェッサーX 声:内田 夕夜)  マイケル・ファスベンダー(マグニートー 声:三木 眞一郎)  ジェニファー・ローレンス(ミスティーク ......
X-MEN アポカリプス/X-MEN APOCALYPSE (我想一個人映画美的女人blog)
2011年公開、第4作「X-MEN ファースト・ジェネレーション」=1960年代。 2014年公開、第5作「X-MEN フューチャー&パスト」=1970年代がメインの舞台。 シリーズ最終、第6弾となる本作で......
X-MEN:アポカリプス (♪HAVE A NICE DAY♪)
面白かった~~! ファースト・ジェネレーションから始まった3部作の 最終章?(寂しい) まあ~古代エジプトからミュータントがいて まあ~映像がこれまたテンション上がる凄......
X-メン アポカリプス (映画好きパパの鑑賞日記)
 Xメンシリーズで若き日のプロフェッサーとマグニートを描く3部作の3本目。劇中、スタウォーズをみて3部作は3本目が一番つまらないと登場人物が語るシーンがありましたが、......
映画「X-MEN アポカリプス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/8/11、109シネマズ木場。 7番スクリーン。 初日、祝日とあって結構込んでいた。 E列もF列も中央は埋まっていたので、F列を選択。 3Dと2Dも悩んだ。 3Dは......
X-MEN:アポカリプス (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞X-MEN:アポカリプス/X-MEN: APOCALYPSE 2016年/アメリカ/144分 監督: ブライアン・シンガー 出演: ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー......
「X-MEN:アポカリプス」 (Con Gas, Sin Hielo)
ぐるっと回ってひと結び。 前作の「フューチャー&パスト」で「うる星やつら」にも似た(古い!)歴史の書き換えをやってのけ、すべてのキャラクターがリフレッシュしたX-MEN。 ......
「X-MEN アポカリプス」 (ここなつ映画レビュー)
「もうこれ系(DC、MARVEL)はいいや」と言っていた舌の根も乾かぬうちに本作を熱い気持ちで鑑賞するのは如何なものか?と我ながら思うのだけれど、「X−MEN」シリーズは本当に楽しみ......
「X-MEN:アポカリプス」X-Men: Apocalypse(2016 FOX) (事務職員へのこの1冊)
息子に「X-MENの新作見る?」と訊かれ、「うーん」と悩んでいたのは封切りのころ。結局は見ないで終わるのかなと思っていたけれど、ジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベン......
最終章となる新3部作 (笑う社会人の生活)
11日のことですが、映画「X-MEN: アポカリプス」を鑑賞しました。 1983年 文明 誕生前から神として君臨していたミュータントの始祖であるアポカリプスが長い眠りから覚醒 マグニート......
「X-MEN:アポカリプス」 エンターテイメントと思想のバランス (はらやんの映画徒然草)
「X-MEN」新三部作の最終章です。 前作「フューチャー&パスト」ではタイムトラ
X-MEN:アポカリプス (銀幕大帝α)
X-MEN: APOCALYPSE 2016年 アメリカ 143分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2016/08/11) 監督: ブライアン・シンガー 『X-MEN:フューチャー&パスト』 製作: ブ......