パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

タイタンの逆襲3D ★★★

2012年04月25日 | アクション映画ータ行
勇者ペルセウス、再び起つ!クリーチャー大増量の第2弾
ギリシャ神話を背景に、神と人間、魔物が壮絶バトル!未体験の映像と壮大なスケールで、強烈なインパクトを残した「タイタンの戦い」が、すべてをパワーアップさせて戻ってきた。
今回は、冥界に封印されていた“最強”の巨神が復活。人間界を地獄絵にしようと、さまざまな魔物が送り出されていく。救世主となるのは、前作と同じく、神と人間の間に生まれた勇者ペルセウス。

再び彼が戦いを決意する物語がドラマチックな上、監督を受け継いだのが「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマンなので、戦闘シーンの演出が半端じゃない迫力と臨場感もリアルである。
冥界の牢獄へ向かう迷路のような罠など、3D効果も最大限に生かされたシーンが続き、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズら名優たちが演じる神々にも、怒涛の運命が待ちうける。文字通り“神の域”を超える衝撃的アクション大作である。

物語は、前作から10年後の世界を描く、魔物クラーケンを倒してから10年。ペルセウスのもとに再び父、ゼウスが現れ、ゼウスは神々の力が弱まっていると告げて協力を請うが、平穏な暮らし望むペルセウスはこれを拒絶。だが、村に魔物が出現。さらに冥界の王ハデスとゼウスの息子、アレスが凶悪な巨神、クロノスを復活させるためにゼウスを捕えたと知ったペルセウスは、父と地上の人間たちを救うため、新たな仲間と共に冥界に旅立つ。
人間として静かに暮らし、二度と先頭に巻き込まれないと決意したペルセウスが、その使命感を復活させるドラマから本作は始まる。
次々と襲いかかる怪物との死闘、最大の見所は、ペルセウスの前に次々と現れる強大な敵たちとの闘い。魔物キャラの外見やパワー、さらには神々の闘争心など、すべてが前作からスケールアップしている。
ペルセウスの6番勝負、タイタン族の巨神クロノスを巡る神々の覇権争いだ。すべてを破壊する力を持つクロノスの復活を阻止するため、ペルセウスは地底深く、冥界の牢獄タルタロスを目指す。

注目すべきは迫力、質感、立体視、すべてが規格外にパワーアップした魔物とのダイナミック・バトルが繰り広げられます。平和な村で破壊の限りを尽くす双頭獣のキメラ、秘かに獲物を待ち構える狡猾な巨人サイクロプス、人心を惑わす妖術と怪力で行く手を阻む牛頭の怪物ミノタウロス、燃えたぎる溶岩から生まれた6本腕の戦闘鬼マカイ。
そして冥界の奥底に幽閉され、世界を破壊する日を待ちわびていたクロノス。邪悪なクリーチャーが次から次へと出現し、ペルセウスに襲いかかる。

VSクロノス戦:500メートルはあろうかという巨人な姿を現わす。元は世界を支配していたタイタン族の王。巨神族の王で、彼はハデス、ゼウス、ポセイドンの父。冥界の奥深くにあるタルタロスの牢獄に幽閉されているが、今回タルタロウスを設計・建造したという鍛冶の神に、ビル・ナイが扮しており、その設計されたタルタロスの中は、朽ち果てた神殿、パズルのような入り組んだ巨大なラビリンスなど、現象的なロケーションも、魔物との過酷なバトルを盛り上げる。
VSアレス戦:ゼウスの息子で、ペルセウスとは腹違いの弟である「戦いの神」。父がペルセウスに注ぐ愛に嫉妬しており、その凶暴な性格もあってハデスに利用される。獣や巨神よりも恐ろしいのが、アレスとの“兄弟”バトル。肉体レベルが同格ということもあって、意地をかけたガチ対決へと発展。「ボーン・アルティメイタム」のエドガー・ラミレスが演じています。

助っ人として、海の神ポセイドンの子供であるアゲノール、お調子者の半神で、盗みで投獄されていたが、ペルセウスが助け仲間に加わる。それに、前回でクラーケンから助けたアンドロメダ女王も、鎧と剣の完全武装で加勢に加わり、最後にはラブシーンも見られます。

しかしながら、今回の最強の敵クロノスには苦戦する。クロノスは、ハデスによって捕えられた、息子であるゼウスのパワーを吸収することで、大地を引き裂き現れる。
クライマックス、ペルセウスは空飛ぶペガサスに乗って、ゼウスの稲妻、ポセイドンの三叉槍、ハデスの二叉槍を合体させた三重の槍を持ち勇敢にも立ち向かっていく。
神々との戦いをド派手に描いた本作だが、人間と同等、むしろそれ以上に複雑な感情を持つギリシャの神々。神の反乱から始まる物語なのだが、その原因は親子ゲンカだったとは?・・・。

前作から引き継がれたゼウスとハデスの確執もヒートアップ。自分を裏切ったゼウスに対するハデスの愛憎が、怒涛のクライマックスを演出。しかしながら巨神クロノスを倒すために、兄弟ゲンカも仲直りして一緒にカメハメ波(稲妻)を出すシーンには、良かったと胸をなでおろす。
前作に引き続き、ペルセウスを演じるのはサム・ワーシントン。坊主頭からパーマ頭で今作でも、寡黙な中に熱き思いを覗かせる雄々しい勇者を熱演。しかし、今回のペルセウスはやられっぱなし、どれだけやられてもまた立ちあがる、それがペルセウスの強い意志を持っている勇者たる証。

1作目のペルセウスは、ただリベンジを果たそうとする男だったが、今回は彼には息子という守るべき存在がある。そういう意味でも、彼がもつ人間的な側面を表現していると思う。いまや父となったペルセウスも息子のために一歩も引かず、全力でぶつかる激しさは、クリーチャー・バトルに負けるわけにはいかないのだ。
神話でお馴染みの神や魔物をリアルに創作したビジュアルは圧巻です。より見応えのある3D映像で描かれる、神々と勇者の壮絶なバトルを思いっきり体感して下さい。
2012年劇場鑑賞作品・・・30  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バトルシップ  ★★★★ | トップ | テルマエ・ロマエ  ★★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「タイタンの逆襲」 やっぱり記憶に残りにくい作品 (はらやんの映画徒然草)
2010年に公開された「タイタンの戦い」の続編です。 続編が作られるのはけっこう
タイタンの逆襲/Wrath of the Titans (LOVE Cinemas 調布)
サム・ワーシントン主演の『タイタンの戦い』の続編。今回はゼウス・ハデス・ポセイドンの父クロノスとの間に巻き起こった神々同士の争いを描く。主演だけでなく、共演のリーアム・ニーソン、レイフ・ファインズもまた今回も出演。監督を務めるのは『世界侵略:ロサンゼル...
映画「タイタンの逆襲」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「タイタンの逆襲」観に行ってきました。前作「タイタンの戦い」の続編で、ギリシャ神話の主神ゼウス・ポセイドン・ハデス3兄弟の父親で残虐な神クロノスとの戦いを描いた作品...
タイタンの逆襲 (2D) / WRATH OF THE TITANS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「タイタンの戦い」から10年後。 サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズが再集結したスペクタクル大作。 監督は、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「テキサスチェーンソー ビギニング...
「タイタンの逆襲」危ないっ!! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
爆風も砂埃も火の粉も降り注ぐ、無数の岩が飛んでくるっ! 思わず頭をよけそうになる3Dの迫力は、技術の明らかな向上を感じずにはいられない。 しかーし! 危ないのはそれだけではなかった〜〜
タイタンの逆襲 (Akira's VOICE)
めっちゃワクワクしましたよ!!!  
タイタンの逆襲 IMAX-3D 字幕版/サム・ワーシントン (カノンな日々)
私の大々々好きな旧作『タイタンの戦い(1981)』。そのリメイク版である『タイタンの戦い(2010)』の続編が製作されていたなんて?初めて劇場予告編を目にした時は驚きつつ大喜びしてし ...
「タイタンの逆襲」 (或る日の出来事)
いくらIMAXといえども、内容を楽しめないと、どうしようもないのだな、やはり。
映画:タイタンの逆襲 Wrath of the Titans タイタンの戦いの続編だが... CGに頼りすぎ、な事例に(涙) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
これはタイタンの戦い の続編。以上!(ヲイヲイ...) で終わりにしてしまいたい気分。 前作「タイタンの戦い Clash of the Titans」 最後まで一気に見せるリメイク活劇(2010-04-05アップ)という具合で気に入っていた。 ので、積極的にこの続編に向かい合った。 ...
タイタンの逆襲/WRATH OF THE TITANS (いい加減社長の映画日記)
「タイタンの戦い」の続編ということで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 恐ろしい魔物、クラーケンを打ち破り英雄となってから10年、ゼウスと人間との間に生まれたデミゴッドのペルセウスは、村の猟師として静かに暮らしていた。 一方、かつて自分の父だっ...
タイタンの逆襲 (試写会) (風に吹かれて)
父親ペルセウスどでかい魔物と対決公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans24月21日公開監督: ジョナサン・リーベスマン  「世界侵略:ロ
タイタンの逆襲 (だらだら無気力ブログ!)
神々の親子喧嘩、兄弟喧嘩に巻き込まれる人間こそがいい迷惑。
タイタンの逆襲 (そーれりぽーと)
前作はかなりツボだった『タイタンの逆襲』を観てきました。 ★ IMAX3Dでも上映してたけど、前作に習って敢えて2Dでの鑑賞。 結果、3Dに無駄金払わなくて良かった。 ぜーんぜん面白くないでやがんの。 こないだ“面白くない続編”に当たってから約5ヶ月、パート2が...
『タイタンの逆襲』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
あれから10年後、人々が神に祈らなくなり、神々はその力を失いつつあった。ゼウスは巨神(タイタン)復活を阻止するべくペルセウスに助力を請うのだが、息子ヘレイオスとの平凡な暮らしを望むペルセウスはこれを拒む。ゼウスは次兄ポセイドンを伴い長兄ハデスの元を訪れ...
タイタンの逆襲 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】シリーズっぽいので、きっと、また主人
タイタンの逆襲 (2D字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WRATH OF THE TITANS】 2012/04/21公開 アメリカ 99分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ダニー・ヒューストン、エドガー・ラミレス、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ、トビー・ケベル この闘い、怒...
『タイタンの逆襲』 (ラムの大通り)
(原題:Wrath of the Titans) ----この映画って、この前、予告編を紹介していた作品だよね。 “逆襲”なんてタイトルになっているってことは『タイタンの戦い』の続編ってこと? 「まあ、そうなるかな。 時系列的には、あれから10年。 物語としては、実にシンプルで、...
タイタンの逆襲 (迷宮映画館)
え、タイタンの??クロノスの逆襲じゃないの??
タイタンの逆襲(試写会) WRATH OF THE TITANS (まてぃの徒然映画+雑記)
前作『タイタンの戦い』はどこかへ行く飛行機の中で見た記憶がありますが、『トロイ』や『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』と一緒に見てて、神様が出てきたり神話の世界の出来事だったりと設定や登場人物、衣裳が似ているので、はっきりとは憶えていません。 ....
タイタンの逆襲 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年5月3日(水) 19:10〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『タイタンの逆襲』公式サイト 「タイタンの戦い」の続編。 RPGストーリーの派手なCG映画なのは前作と同じ。 しかし、同じファンタジー...
タイタンの逆襲 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
タイタンの逆襲 '12:米 ◆原題:WRATH OF THE TITANS ◆監督:ジョナサン・リーベスマン「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「テキサス・チェーンソー ビギニング」 ◆出演:サム・ワーシントン、レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソン、ダニー・ヒューストン、エドガー...
タイタンの逆襲 (銀幕大帝α)
WRATH OF THE TITANS/12年/米/99分/アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/04/21) −監督− ジョナサン・リーベスマン 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 −出演− *サム・ワーシントン『アバター』・・・ペルセウス *リーアム・ニーソン『アンノウン』・...
タイタンの逆襲 (Wrath of the Titans) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 サム・ワーシントン 2012年 アメリカ/スペイン映画 99分 ファンタジー 採点★★★ ギリシャ神話をモチーフにしたゲームをやってたら、小学生になる娘と息子が「ポセイドンだぁ!ゼウスだぁ!」とやたら食いついてくる。「お...
タイタンの逆襲 (いやいやえん)
あれ…前作の記憶がほとんどないです。メデューサのシーンは覚えてるんだけど。まあいいか!とにかく続編です。 神々の派手な家庭問題に人間が巻き込まれていく話ですね。今回は巨大なクロノスたちとの戦いで燃えたー!どれだけ巨大ってあなた、山ひとつぶんVS人間み...
【映画】タイタンの逆襲…サム・ワーシントンって髪が伸びるとイマイチだな。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週の土曜日…2013年5月25日(土曜日)…は急遽仕事になってしまい週末が無かった感がありましたが、今週はキッチリ連休がとれております 昨日、2013年6月1日(土曜日)は、昼前ごろから散髪をしに山口県の滝部まで。サッパリしました。梅雨入りしている九州北部から本...