パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

アメリカン・ハッスル ★★★.5

2014年02月05日 | アクション映画ーア行
1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしたサスペンスドラマ。自由と引き換えに、FBIが仕掛ける悪徳政治家検挙を狙ったおとり捜査に協力させられる詐欺師たちの姿を、スリリングに映し出していく。メガホンを取るのは、『世界にひとつのプレイブック』などのデヴィッド・O・ラッセル。『ザ・ファイター』などのクリスチャン・ベイルを筆頭に、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスら、実力派スターが結集してクセのある登場人物たちを熱演する。

<感想>騙す側よりも騙される方がいい。映画に求める究極のところはそれだけだと言っていいでしょう。気持ちよく騙して欲しいのだ。冒頭での1978年4月28日のニューヨーク・プラザ。クリスチャン・ベイル演じる詐欺師アーヴィンが、鏡の前でウィッグを付けて丹念に髪を19分けに撫でつけているのが可笑しくて笑ってしまう。愛人シドニーに扮しているエイミー・アダムスがFBI捜査官のリッチーに扮しているブラッドリー・クーパーとやってくる。

リッチーがアーヴィンの頭に触って髪形を乱すと、シドニーが叫ぶのだ。「それだけはダメ、すごく時間がかかるの」と、この何てことない冒頭からして異様におかしいのだ。まさに漫才トリオよろしく絶妙な間合いで、この変な髪形をいじり倒す。この人誰?って、よく見るとクリスチャン・ベイルなのだ。中年太りで腹が出ているし、ハゲ隠しのウィッグといやはや、この俳優さんは「ザ・ファイター」でも髪の毛も歯も抜いてげっそりと体重落としたのに、完璧な成りきり演技をしないとダメなのね。
逮捕された2人なのだが、結局はFBI捜査官リッチーの提案で、盗品や贋作で引っ掛ける詐欺師のアーヴィンとシドニーを、「詐欺師仲間を売れば無罪放免にしてやる」と、取引を持ち掛けてきた。逃亡しようと言うシドニーを振り切って、囮捜査に協力させることになる。

それがとんでもない計画で、実在しないアラブの大富豪をエサにしたアーヴィンの計略にまんまと引っかかる詐欺師たち。だが詐欺師の一人が、カムデン市長のカーマインがアトランティック・シティにカジノを建設するための裏金を必要としているとの情報を得て、FBI捜査官のリッチーは作戦を変更して「カーマインとカジノ利権に群がる議員を全員逮捕してやる」と暴走するのである。
ターゲットはカジノ利権に群がるカーマイン市長ら政治家たち。これが最近良く出て来るジェレミー・レナーが、髪の毛をリーゼントにセットして、街にカジノ建設をとやっきとなる。

一方、アーヴィンは詐欺目的で近づいた市長と意気投合してしまう。それに、アーヴィンの浮気を知って作戦をぶち壊そうとする本妻のロザリン。アーヴィンの妻は、デヴィッド・O・ラッセル監督と前作の『世界にひとつのプレイブック』でも組んだジェニファー・ローレンスである。これがまた、ウィングスの曲で踊り狂うシーンなど、ネジの外れた怪演を見せてくれる。エイミーとジェニファー二人の女優魂に火がついたような、妖艶な色気たっぷりなドレス姿で競って楽しいです。

カジノの会場となる歴史のある場所では、ロバート・デ・ニーロがイタリア、マフィアの親分の役で貫録十分です。ラストが本当の見どころなんですね。マフィアの親分にFBIのリッチーを会わせるために弁護士事務所へ行く。ところが本人が用事があって来られないと、弁護士が私が全権を任せられているからといい、FBI捜査官のリッチーが200万ドルをマフィアの親分の口座に送金するようにと、これは上手く騙されましたね。FBIから送金されたお金って、税金ですよね。さすがの天才詐欺師アーヴィンとシドニーの2人に、今回はFBIも上手にやられましたね。
1979年に上院議員と下院議員7人が有罪判決を受けてアメリカを揺るがした「アブスキャム事件」を基にした本作では、詐欺師がFBIの作戦の陣頭指揮を取るという、前代未聞のこのミッション。「俺は騙される側より、騙す方でいたい」と豪語するアーヴィンたちの騙し合いが描かれている。
監督は、作戦そのものよりも人間の感情を人為的に操作する「詐欺」という行為に興味を抱いたのだろう。その結果、愛や憎しみ、友情といった感情に振り回される登場人物を描いた人間ドラマになっているようだ。
今回も70年代のヒットナンバーの絶妙な使い方に、ついニヤリとしてしまう。ビー・ジーズの「傷心の日々」、レッド・ツェッペリンの「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」など、ラッセル監督の選曲センスは完璧でした。
2014年劇場鑑賞作品・・・30  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルフ・オブ・ウォールスト... | トップ | コールド・ウォー 香港警察 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『アメリカン・ハッスル』観たよ~ (よくばりアンテナ)
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、 アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。 まずは1本目。 詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。 実話を脚色したってことらしい。 期待してな...
劇場鑑賞「アメリカン・ハッスル」 (日々“是”精進! ver.F)
最後に笑う者、泣く者は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401310001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/AMERICAN HUSTLE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別) 【送料無料】アメリカン・ハッスル 上 [ ロバー...
デヴィッド・O・ラッセル監督『アメリカン・ハッスル(American Hustle)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件」を基に「ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が映画化した『アメリカン・ハッスル(America
アメリカン・ハッスル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) クリスチャン・ベイルの痛々しさはいつ以来だろう。
アメリカン・ハッスル/クリスチャン・ベイル (カノンな日々)
1979年のアメリカで実際に起きた政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材に映画化したドラマです。アカデミー作品賞にノミネートされ日本でもにわかに注目を集めつつ ...
アメリカン・ハッスル (映画の話でコーヒーブレイク)
「人は見た目が9割」なんて身も蓋もないタイトルの新書がベストセラーになっていましたが、 イケメンでも服装や髪形、体型でこんなにも印象が変わるのか!っと驚きです。            「バットマン」でクールなブルースを演じるクリスチャン・....
『アメリカン・ハッスル』 2014年1月24日 明治安田生命ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・ハッスル』 を試写会で鑑賞しました。 これはアカデミー賞を獲れるのか 私的には微妙だと思います 【ストーリー】  詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッド...
『アメリカン・ハッスル』 (こねたみっくす)
人は信じたいものを信じる。 詐欺師コンビがFBIに捜査強力して大物政治家を罠に嵌める爽快感はないものの、最後の最後で巧いこと詐欺師に騙されたというニンマリだけは確実に残る ...
みんな自己中。『アメリカン・ハッスル』 (水曜日のシネマ日記)
政治家などの収賄スキャンダル事件を題材にしたサスペンスドラマです。
アメリカン・ハッスル/AMERICAN HUSTLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click '70年代後半に実際に起った汚職スキャンダルを基に、FBI捜査官に捜査協力を依頼された天才詐欺師が 政治家たちにオトリ捜査を仕掛けていくドラマ。 3月発表のアカデミー賞にて、作品賞含む最多部門で...
アメリカン・ハッスル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AMERICAN HUSTLE】 2014/01/31公開 アメリカ 138分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニ...
アメリカン・ハッスル (試写会) (風に吹かれて)
髪の毛の話題はNG (≧m≦) 公式サイト http://american-hustle.jp1月31日公開 監督: デヴィッド・O・ラッセル  「ザ・ファイター」 「世界にひとつのプレイブック」 天
「アメリカン・ハッスル」一九分けの下にある真実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
うーん、これがアカデミー賞6部門ノミネートなの? だとしたら、このCGで嘘ばかりの現代に、見事な肉体改造で醜く挑んだクリスチャン・ベイルへのご褒美というところか。 最後まで続く騙し合いの誰を信じてよいのかわからないモヤモヤの中で、真実はこのブヨブヨの体...
アメリカン・ハッスル / American Hustle (勝手に映画評)
実話を下にした作品。って言うか、作品クレジットでは“いくつかの事実を含む”と言う感じでしたかね(笑)。ちょっと、脚色が強かったと言うことでしょうか。 下敷きとしたのは、1979年にアメリカ政界に巻き起こったアブスキャム事件。詐欺師グループをおとり捜査に使った...
アメリカン・ハッスル (悠雅的生活)
人は信じたいものを信じる。 
アメリカン・ハッスル (こんな映画見ました~)
『アメリカン・ハッスル』---AMERICAN HUSTLE---2013年(アメリカ) 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンストーマス・マシューズ...
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、....
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、....
「アメリカン・ハッスル」 (ここなつ映画レビュー)
アメリカらしい作品。軽快で練れていてキャラが立ってて。芸達者な役者陣に支えられて最後の最後まで楽しめる。 とはいえ「諸手を挙げて絶賛」とまではいかないのは何故なんだろう?題材も展開もすごく好きなジャンルなのにね。この監督デビッド・O・ラッセルとは相性が...
アメリカン・ハッスル (そーれりぽーと)
ここ三年、最もアカデミー賞でホットなデヴィッド・O・ラッセル監督が贅沢な最強布陣を敷いてアカデミー賞に10部門もノミネートされた『アメリカン・ハッスル』を観てきました。 ★★★★★ 若干ネタバレ気味です 詐欺師を捕まえる為に、安易に詐欺師の力を借りてしまう...
「アメリカン・ハッスル」 自分騙し (はらやんの映画徒然草)
ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされている
『アメリカン・ハッスル』『なんちゃって家族』 (ラムの大通り)
(原題:AMERICAN HUSTLE/WE’RE THE MILLERS) ----あ~あ、とうとう 『アメリカン・ハッスル』、 お話をしてくれないまま。 『メイジ―の瞳』もそう。 『なんちゃって家族』なんてとっくに始まっちゃってるよ。 フォーンが天国に行っちゃったからって、 これはちょっ...
アメリカン・ハッスル (映画好きパパの鑑賞日記)
 オスカー候補の作品で、アメリカでは大ヒットしたけど、正直、テンポが自分とあわないため、今ひとつ。エイミー・アダムスの熟女の色気と、ジェニファー・ローレンスの壊れっぷりには簡単しましたが  作品情報 2013年米国映画 監督:デヴィッド・O・ラッセル ...
『アメリカン・ハッスル』 (時間の無駄と言わないで)
クリスチャン・ベイルが何か物凄いコトになってる映画。 こんなに笑い所の多い作品だとは思わなかったわ。 主要人物のヘアスタイルが一九分け、パンチ、巨大リーゼント。 ヒロ ...
「アメリカンハッスル」 (Con Gas, Sin Hielo)
上質な脂のノリ具合を堪能。 今年初めて映画館に足を運んだ。少しでも足が遠のくと、「観てもいいかな」くらいでは重い腰が上がらなくなってしまう。映画の記事を書いている人間でこれなのだから、配給会社の宣伝部があれこれ知恵を捻る苦労は想像してありあまる。 時....
アメリカン・ハッスル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...
アメリカン・ハッスル? (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月1日(土) 16:20~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 面白かったと言わなければ、バカ認定されそうな巷の評価 『アメリカン・ハッスル?』公式サイト ブラッドリー・クーパーのFBI捜査官が、ヅラのクリスチャ...
アメリカン・ハッスル(2013)**AMERICAN HUSTLE (銅版画制作の日々)
 奴らは生き抜くためにウソをつく―― ファーストディに鑑賞してきました。またまたクリスチャン・ベイル、大変身。ぶよぶよに太って、1・9わけのヘアスタイル。頭はかつらのようですね。役作りに徹底しているのは凄いけど。なんだかこの姿は今一つだったなあと。イン...
詐欺師/懐かしの70年代 ~『アメリカン・ハッスル』 (真紅のthinkingdays)
 American Hustle  詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その愛人にして相棒のシドニ ー(エイミー・アダムス)。完全犯罪を常としてきたふたりだったが、遂に逮捕さ れてしまう。FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)は、彼らに...
【アメリカン・ハッスル】人は信じたいものを信じる (映画@見取り八段)
アメリカン・ハッスル~ AMERICAN HUSTLE ~     監督: デヴィッド・O・ラッセル    出演: クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ルイス・C・K、マイケ...
アメリカン・ハッスル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ 【解説】 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキ...
アメリカン・ハッスル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「マイティ・ソー ダーク・ワールド」を観た後は 同じシネコンで上映していたクリスチャン・ベイルや ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムスなど 豪華キャストが共演した映画「アメリカン・ハッスル」 を続けて鑑賞です。 アメリカン・ハッスル 原題:AMERICAN HUST...
「アメリカン・ハッスル」:もっと上手に語らないと (大江戸時夫の東京温度)
映画『アメリカン・ハッスル』は、映画賞レースに色々からんでおりますが、うーん、大
『アメリカン・ハッスル』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
この映画も実話です。 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を 題材にした映画です。 詐欺をして稼いでいる人がいることに驚いたのですが。そんな生き方しちゃいけないでしょ。 詐欺師として自由に商売していた時に、...
強烈なアンサンブルの強み (笑う社会人の生活)
映画「アメリカン・ハッスル」を鑑賞しました。 詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーはFBI捜査官リッチーに逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる 架空のアラブ人富豪をダシにカジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするという...
映画評「アメリカン・ハッスル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督デーヴィッド・O・ラッセル 重要なネタバレあり、未見の方は要注意。