パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

エージェント:ライアン ★★★

2014年02月18日 | アクション映画ーア行
『レッド・オクトーバーを追え!』などの原作で知られる、トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを新たに実写化したサスペンスアクション。投資銀行員という表向きの顔を持つCIA情報分析アナリストのジャック・ライアンが、世界恐慌勃発を狙う巨大な陰謀に立ち向かう。主演は『スター・トレック』シリーズのクリス・パイン。共演には、監督も務めるケネス・ブラナーに『プライドと偏見』などのキーラ・ナイトレイ、ベテランのケヴィン・コスナーと、実力派が結集する。
<感想>前作から十数年余り、紆余曲折を経てこの新作「ジャック・ライアン生誕30周年記念」に位置づけられるが、奇しくも原作者クランシーは劇場公開を前にして、13年10月1日に急死、映画はクランシー追悼の意も抱えることになってしまった。
新生「エージェント:ライアン」は、経済学博士課程に学ぶ青年ライアンが、CIAに入局し活躍していく、まったくの新シリーズとしてリブートされたもの。ニューフエルドが示したライアン役の条件は、第一にグッド・アクターであること、そして魅力的であること、信頼できる人物で、スマートかつ頭脳派であること。これをクリアし、トム・クランシーにも承認されたのが新進男優のクリス・パインなのだ。

物語の背景は現代、ライアンの大学生時代にNYでの9.11の惨劇、その後にリーマンショック以降に相応しく経済テロを扱い、80年代を生きていたライアンが様々な意味で“いま”という舞台に還って来る。人物造形は原作そのままに、しかも激動の過ぎ去りし国際情勢から解放され、今日の映画リアリズムに沿ったスパイ映画シリーズとして再生するのである。

さて、どんな人物かというと、頭脳明晰だが、ある種平凡な男であるということ。ジェームズ・ボンドや、ジェイソン・ボーンのようなヒーローではない。天才的なエコノミストで経済危機がいつ訪れるのか予測はできても、それ以外の部分ではエリート育ちの普通の男。だからこそ、そんな彼が何故危険を犯してまでCIAに入るかという動機が肝心になってくる。
そんなわけで、映画の冒頭3分の一は、特に興味深いと思う。ケヴィン・コスナー演じるCIA上官が、ポスト冷戦時代に生きるライアンに対して、使命を果たし国を助けることがいかに意義のあるかということを納得させる。
冷戦以後も世界には様々な対立があるけれど、この映画の場合は、旧帝国アメリカと新興財閥による新帝国ロシア。そして金融界や政治情勢がその境界線を曖昧にしていく。ライアンは経済アナリストとしてそこに関心を持つと同時に、多くの疑問も抱くわけなんですね。

監督のケネス・ブラナー自身も、ライアンの宿敵となるロシアの投資家、ヴィクター役で巧みなロシア語とロシア訛りの英語で悪役を怪演している。キャサリン役のキーラも素晴らしく、今回もその美貌を振りまき、仕事熱心な役回り。ライアンの恋人でもあるキャサリンは、眼科医で賢くて、情熱的な女性。この手にありがちな恐怖におののく女性とは違って、強くて自立している。

彼がキャサリンと出会ったのは、海兵隊員だったころで、アフガニスタンで搭乗していたヘリが襲撃され墜落し、仲間の二人を助けて自分は背骨を折るという重傷を負う。その時にリハビリを担当して心身ともに彼を再生させてくれたのが彼女だった。当時は医学生だったが、立派な眼科医である。
モスクワの投資会社の不穏な動きに気付き、投資会社チェレヴィンの持つアメリカの財政を左右するほどの巨大な外資口座がアクセス不能になっている。
ジャックをCIAに採用した上官ハーパーに事態を報告するが、いつものように現場エージェントを派遣するのではなく、ジャックにモスクワに飛ぶように指令する。現場経験のない、いわばデスクワークの彼が何故?・・・不思議に思いながらモスクワへと入り、行動を開始するのだが、そんな彼に同グループの警護員が襲い掛かってくる。巨漢の黒人でとても力技にはかなわない。しかし、格闘の末に風呂場に追い込んで水責めにして殺してしまう。

ジャックは初めて人を殺した事に動揺して、エージェントのルールすら知らないため、CIA本部に規定違反となる一般回線で連絡。指示を仰ぐしかなかった。指定された公園で、いつの間にかモスクワに来ていたハーパーと出会う。
チェレヴィン・グループの企みが成功すれば、世界は数週間の内に恐慌に陥り、暴動や食糧難で莫大な人数が命を落とすことになるというのだ。
監査の続行を命じたハーパーは、ジャックに拳銃を渡し、エージェントとして働くように指示する。ケヴィン・コスナーの上官役は、海軍の制服が決まっていて素敵ですよね。でも、狙撃手って美味しい役回りじゃん。アクションシーンがあまりないので、年には勝てないってことなのか。
翌日チェレヴィン・グループの代表に面会するが、すでに証拠は隠滅されていた。それに、ホテルには、パリで落ち合うはずの恋人キャサリンが部屋で待っているではないか。しかも、彼女の傍には拳銃が。誰を信用すべきなのか、何が真実なのか、ジャックの孤独な戦いはどのような結末を迎えるのか。

自分の危険な仕事場に恋人が現れ、彼女を危険な目に遭わせることになる。どうみてもお邪魔虫なのだが、キャサリンが機転を利かして、お金好き、女好きな男であるチェレヴィン・グループの代表を誘い出して時間稼ぎをすることに。
ケネス・ブラナーを上手く騙して、その間に彼の会社に潜り込むジャック。
この辺りは、エージェントならお手の物でしょうに、CIAの協力でPCからダウンロードするジャック。しかし、普通だったらPCの中に大事なファイルはしまって置かないはずなのに。それに、警備もユルユルで難なくパスするなんてね。
ケネス・ブラナーが感づいてからが大変な騒ぎで、キャサリンも拉致されるし、でもダイヤの婚約指輪にGPSが付いているし。ここからが、ジャックのアクション開始なんですが、すぐに浮かぶのが、ハリソン・フォードが演じた「パトリオット・ゲーム」、「今そこにある危機」でのアクションシーンの派手だったこと、カーチェイスとかも普通だし何か物足りなさを感じてしまった。
2014年劇場鑑賞作品・・・41 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7番房の奇跡 ★★★.5 | トップ | 愛情は深い海の如く ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『エージェント・ライアン』観たよ〜 (よくばりアンテナ)
ポスターの巨大な謎っていう言葉がなんか合ってないような気がする。 謎っていうか、策略とか陰謀とかじゃないかな・・・ テロ計画を謎っていうのも変な気がしている・・・ トム・クランシー原作の人気小説原案のジャック・ライアンシリーズが 新しく始まるっ...
エージェント:ライアン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 売りに出すタイミング、あそこまで粘る必要がどこに?(笑)
『エージェント:ライアン』 2014年2月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エージェント:ライアン』 を鑑賞しました。 今日は14日なので、TOHOでした。 今年は6,000マイル狙って日本橋へ行くぞ 【ストーリー】  ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャ...
エージェント:ライアン (心のままに映画の風景)
アフガニスタンの戦場に赴き重傷を負った海兵隊員ジャック・ライアン(クリス・パイン)は、CIAのハーパー(ケヴィン・コスナー)にスカウトされ、ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスとして、経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストと活躍していく。...
エージェント:ライアン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JACK RYAN: SHADOW RECRUIT】 2014/02/15公開 アメリカ 106分監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ 巨大な謎を《解析》せよ。 [Story]ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を...
「エージェント:ライアン」 再起動にしては物足りない (はらやんの映画徒然草)
トム・クランシーの「ジャック・ライアン・シリーズ」の5作目の映画化作品です。 今
『エージェント:ライアン』 (こねたみっくす)
時代背景は変わっても、物語の背景は変わりませぬ。 トム・クランシー先生の代表作「ジャック・ライアン」シリーズが帰ってきたはずなのに、国家存亡の危機を回避するために暗躍 ...
エージェント:ライアン (試写会) (風に吹かれて)
なりたてほやほやエージェント 公式サイト http://www.agentryan.jp2月15日公開 キャラクター原案: トム・クランシー監督: ケネス・ブラナー 学生だったジャック・ライアン(クリ
エージェント:ライアン (こんな映画見ました〜)
『エージェント:ライアン』---JACK RYAN: SHADOW RECRUIT---2014年(アメリカ)監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー 、ケネス・ブラナー 、キーラ・ナイトレイ 「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム....
『エージェント:ライアン』 (時間の無駄と言わないで)
クリス・パインはリブートばっかりな気がするけど、ジャック・ライアン役は毎度の様に変わっているから意外とリブート感がないというか。 この作品自体に「新しいジャック・ライ ...
エージェント・ライアン/クリス・パイン (カノンな日々)
トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを新たに映画化したサスペンス・アクション・ムービーです。主演は『スター・トレック』シリーズのクリス・パイン。監 ...
エージェント:ライアン / Jack Ryan: Shadow Recruit (勝手に映画評)
2013年10月1日、突然世を去ったトム・クランシーが創りだしたヒーロー、ジャック・ライアン。これまで、アレック・ボールドウィン(『レッド・オクトーバーを追え!』)、ハリソン・フォード(『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』)、ベン・アフレック(『ベン・...
『エージェント:ライアン』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
『レッド・オクトーバーを追え!』、『パトリオット・ゲーム』、『今そこにある危機』、『トータル・フィアーズ』に続く<ジャック・ライアン>シリーズの第5弾。前作で一度シリーズをリセットしているが、今回は二度目のリブート。負傷して軍を退役したライアンがCIA...
『エージェント:ライアン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「エージェント:ライアン」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 アダム・コザッド、デヴィッド・コープ □原作 トム・クランシー □キャスト クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー■鑑賞日 2月15...
エージェント:ライアン (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かった。
エージェント:ライアン / Jack Ryan: Shadow Recruit  (うだるありぞな)
トム・クランシーのジャック・ライアンシリーズの最新作。 このシリーズは名作が多く、「レッド・オクトーバーを追え!」、「パトリオット・ゲーム」が代表作。 今回の主演は、「スタートレック」シリーズのクリス・パイン。 彼の上司役に最近結構忙しそうなケビン....
映画『エージェント:ライアン』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-23.エージェント・ライアン■原題:Jack Ryan:Shadow Recruit■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:105分■料金:1,000円■観賞日:3月1日、TOHOシネマズスカラ座(日比谷) □監督:ケネス・ブラナー◆クリス・パイン◆キーラ・ナイトレー◆ケヴ...
『エージェント・ライアン』 2014年15本目 MOVIX仙台 (映画とJ-POPの日々)
『エージェント・ライアン』 2014年15本目 ☆☆☆ MOVIX仙台 トム・クランシーの「ジャック・ライアン・シリーズ」と云えば、スパイ小説やポリティカル・フィクションの第一級の ...
エージェント:ライアン (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
エージェント:ライアン '14:米 ◆原題:JACK RYAN: SHADOW RECRUIT ◆監督:ケネス・ブラナー「マイティ・ソー」 ◆主演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、コルム・フィオール、デイヴィッド・ペイマー ◆STORY◆ウォー...
エージェント:ライアン (いやいやえん)
【概略】 現場経験が全くないCIA情報分析班のアナリスト、ジャック・ライアンが、世界経済を左右する巨大な陰謀を暴くため奔走し、エージェントとして成長していく姿を描く。 アクション 「レッドオクトーバーを追え」「今そこにある危機」「トータル・フィアー...
エージェント・ライアン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ、ノンソー・アノジー、コルム・フィオール、ジェンマ・チャン、デヴィッド・ペイマー、カレン・デヴィッド、ペーター・アンデション 【解説】 『レッド・オク....
映画評「エージェント:ライアン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ケネス・ブラナー ネタバレあり