パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

脳男 ★★★★.5

2013年02月18日 | アクション映画ーナ行
首藤瓜於の江戸川乱歩賞受賞作を「イキガミ」の瀧本智行監督が映画化。
主演の生田斗真が今までのナーブな美青年というイメージから一転、人間的な感情をもたない殺人者役を演じ、ダークな新境地を見せる。撮影はロバート・アルトマン作品などで知られる栗田豊通、脚本に「八日目の蝉」他で監督としても活躍する成島出が参加。
共演者として刑事茶屋に江口洋介、精神科医に松雪泰子、爆弾魔に二階堂ふみ、鈴木一郎の祖父に夏八木勲、老医師に石橋蓮司、精神科医の助手に甲本雅裕など、ベテラン陣が集結。
あらすじ:生田扮する脳男の出自、彼から感情を引き出したい精神科医の葛藤と、サイコな爆弾魔との戦い、複数の要素は絡み合いながら、思いがけぬラストになだれ込む。
東京近郊で無差別爆破事件が続発。刑事の茶屋は犯人のアジトらしき工場に踏み込むが、一味は入り口を爆破して逃走。確保できたのは現場に立っていた男だけだった。男は鈴木一郎という名前以外の身元は不明で、精神鑑定を受けることになる。(作品資料より)
<感想>感情を持たない“殺人ロボット”同然のダークヒーローが活躍するサスペンスドラマ。生田斗真扮する脳男は、人間らしい感情をもたずに育ち、犯罪者を自らの手で処刑することに全く躊躇しない。快楽のために無差別殺人を重ねる凶悪テロリストに立ち向かう脳男。

原作小説を読んでいるので、映画版では爆弾魔の緑川が男から女に変更。二階堂ふみが末期ガンで苦しみ、同性愛者で快楽殺人鬼の、レズっけ満々でレズビアンシーンを見せる辺りは、この女優の悪役に徹する豹変する眉毛のない顔が恐ろしく感じた。
二階堂と「ヒミズ」で共演した染谷将太が幼児愛変質者として出演。松雪精神科医の弟が、この男に虐待され辱められ殺された犯人なのに、精神鑑定の結果情緒不安というか、そういった精神の病という病気と判定。この男は憎き弟を殺した殺人鬼なのに無罪で、精神病院で染谷が更生したということで退院。これが後半で脳男の手で、染谷の幼児監禁虐待が続投していることが明らかにされる。
とにかく鈴木を演じる生田の殺人マシンのように強い彼が、茶屋や部下の警官たちと戦ってもトドメを刺さないことに疑問を持つのだが、やがて鈴木の過去を知る登山家からかつての鈴木にロッククライングで命を助けられたと聞き、彼が単なる殺人鬼ではないと確信。
爆弾を自作し、テロを繰り返す歪んだ知能犯の緑川。捕まる直前に鈴木と接触をしていた彼女は、虚無的な彼に一方的なシンパシーを抱き、鈴木奪還をするため護送車を襲う。混乱に乗じて鈴木は逃亡、緑川は彼を誘き出すため新たな事件を仕掛ける。茶屋の部下が怪我をして入院、その部下が緑川の標的となり時限爆弾を体に巻きつけられ、その爆弾処理が出来ずに壮絶な自爆死となる。このシーンは、原作では真梨子と親しくなった少女で、爆弾魔の標的になって脳男の鈴木が爆弾を解除して助けることになっている。
緑川のバス爆破から間一髪で逃れる精神科医真梨子、彼女には心の病を抱えた母親が、過食症で自宅にいるという設定も原作にはない。鈴木を鑑定した真梨子は、彼の機械的な受け答えに違和感をもち、その後、老医師の藍沢から鈴木が本当の名前の入陶大威(いりすたけきみ)であり、世の悪を憎む祖父に殺人者に育てられたと知らされる。これも原作と少し違う点があるが、映画版では細かく描写するには時間がなかったのでしょう。
大きな見せ場となるのが、後半部分の地下駐車場でのアクション。ここでの満身創痍になりながらも敵に向かっていく彼の動きは、俳優生田斗真のすごみを感じさせます。何度も車に跳ねられ、立ち上がりまた車に跳ねられ、酷い衝撃を受けて足の骨が折れ、それでも立ち上がりすぐ転ぶという動き、足を引きずりながらの後姿が壮絶。
生田くんの、悪とみなせば無表情のまま即座に相手を倒す格闘術はすさまじいです。クランクインまでの半年間、フィリピノカリやジークンドーを訓練。さらに徹底した筋トレと食事制限で肉体を絞り込んだそうです。
爆破シーンはCGではなく、実際に火薬を使った大々的なロケ撮影によるもので、邦画の枠を超えたアクション巨編に仕上がっているのも見どころ。ラストの精神病院での爆破の威力が本物であること必至。
脳男も爆弾魔も、家庭の温かさを知らずに育った似た者同士という、境遇が切ないですね。
2013年劇場鑑賞作品・・・29  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイ・ハード/ラスト・デイ ★★★★ | トップ | レッド・ライト ★★★ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cyaz)
2013-02-19 08:17:42
パピのママさん、おはようございます^^

まさに生田斗真のすごみというか迫力に圧倒された映画でした!
何かと制約の厳しい日本で、あれらの爆破シーンは
まさにハリウッド級でしたよね^^
ジャニーズのなかでは、やはり俳優オンリーの彼なので、
しっかりと見せ所をつかんでいましたよね!
こんばんは。 (健太郎)
2013-02-22 00:26:45
こんばんは。

生田さんの体が凄かった。筋肉の量は多くはないけど、あの無駄の無さは凄い。
終盤を除いた表情の無い演技も良かったです。

連続爆破犯の犯行に関わる描写が弱いようにも感じましたが、他はどれも良かったです。

ただ、江口さん演じる熱血刑事が精神鑑定や心喪失について否定的に云うのはいいとしても、過酷な状況ながら信念に基づいて行動している松雪さん演じる精神科医にあのラストはちと残酷かと。

個人的には好きな演出ですけれど、以前blog上であの手のシーンの事で叩かれた事があるもので。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「脳男」 (日々“是”精進! ver.F)
狂気か、正義か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302090003/ 脳男 (KCデラックス)外薗 昌也 首藤 瓜於 講談社 2013-01-30売り上げランキング : Amazon...
「脳男」 (大吉!)
<木曜日> (2月13日・ユナイテッドシネマ・女性サービスデー・邦画PG12・13時30分~) 天才的な知能と恐るべき身体能力を持つ美しき殺戮者「脳男」。 彼には感情だけが、無かった。 イケメン...
[映画『脳男』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆全く予備知識なく、時間が合うのでふいに見た。  タイトルが、狙っているようでいて「ダサい」と思った。  私だったら、「データーベース」「異常蓄積記憶のみ」とか名付けるのになぁ、と思った。  ただ、この脳男が、最終的には「脳男」ではなかったことが分かる...
脳男/生田斗真、松雪泰子 (カノンな日々)
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於さんの小説を原作に『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行監督が生田斗真さんを主演に映画化したアクション・ミステリー作品です。このタイト ...
脳男 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2013/02/09公開 日本 PG12 125分監督:瀧本智行出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲 悪に裁きを下す、美しき殺人者 [Story]残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事....
脳男 (だらだら無気力ブログ!)
松雪泰子にあのセリフを言われてぇ~!
『脳男』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感...
脳男 (Akira's VOICE)
『人間失格』のハードボイルド版。  
脳男 生田斗真が惚れ惚れするほどかっこいい (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=14 今年の試写会2】  精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが、踏み込むと同時にアジトは爆発し犯人は逃走。代わり...
映画「脳男」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「脳男」観に行ってきました。首藤瓜於の同名小説を原作とする、生田斗真主演のバイオレンス・ミステリー作品。バイオレンスの名が示す通り、今作は人から切り取られた舌の描写...
脳男 (Memoirs_of_dai)
脳男に対して描写が弱い癌女 【Story】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と...
『脳男』 2013年9本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『脳男』 こちらもベストセラー小説の映画化。 物議も醸し出しているそうですね(今年になってからは「小説原作の映画」で良い映画が多いので、やっぱ読もうかな?)。 連続爆 ...
脳男 (単館系)
脳男 MOVIXさいたま 2/9公開 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は 犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。 共犯者と見なされた...
脳男 (花ごよみ)
生田斗真が主演。 感情というものを持ち合わせていない、 謎の人物“脳男“を演じます。 原作は首藤瓜於の同名小説。 並はずれた知能と、 驚くべき身体能力。 体の痛みを感じず、 人間としての感情は一切ないものの 正義のためなら、 人をあやめることさえ厭わない特...
「脳男」 安易に希望を描かない (はらやんの映画徒然草)
原作は首藤瓜於さんの2010年江戸川乱歩賞受賞の同名小説です。 こちらは出版して
No.339 脳男 (気ままな映画生活)
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の同名小説を映画化。並はずれた身体能力を誇りながら、生まれつき感情を持たない殺人鬼「脳男」の姿を描くアクションサスペンス。都内近郊 ...
脳男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『脳男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)生田斗真が出演する映画は、これまでも『源氏物語』などを見てきましたが、所属するのがアイドル事務所のせいでしょうか、いろいろの制約を受けている感じが強く、いずれもイマイチの感じでしたが、本作では彼がこれまでに....
脳男 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:125分 監督:瀧本智行  原作は第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於の推理小説。タイトルの脳男とは、生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない正義の殺人マンのことである。原作は未
脳男 (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/ミステリー/SF PG12 劇場公開(2013/02/09) 監督:瀧本智行 原作:首藤瓜於『脳男』 主題歌:キング・クリムゾン『21世紀のスキッツォイド・マン』 出演: 生田斗真『僕等がいた 前篇』:鈴木一郎(入陶大威) 松雪泰子『....
脳男 (いやいやえん)
「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。 生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネーターという
映画評「脳男」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・瀧本智行 ネタバレあり