パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

砂漠でサーモン・フィッシング  ★★★

2013年01月23日 | さ行の映画
英国でベストセラーになったポール・トーデーの小説「イエメンで鮭釣り」を、「スラムドッグ$ミリオネア」のサイモン・ビューフォイが脚色し、「ショコラ」のラッセ・ハルストレムが監督する、前代未聞のプロジェクトに挑んだ男の成長物語。

主演は「人生はビギナーズ」のユアン・マクレガー。彼を支えるキャリアウーマン役にエミリー・ブラント。
物語は、主人公は、ユアン・マクレガー扮するアルフレッド・ジョーンズ博士という英国人水産学者である。彼は砂漠の国イエメンに、鮭を泳がせて釣りをするという実にメチャクチャなプロジェクトを頼まれ呆れ果てる。
依頼人はイエメンの大富豪のシャイフ(アマール・ワケド)だ。すでに英国外務省の支持も得ているという。

ジョーンズ博士は、窓口である投資コンサルタントのハリエット(エミリー・ブラント)に「まったく実行不可能である」という返信メールを送る。
実行不可能宣言したジョーンズ博士なのだが、上司に命じられるままにハリエットと会う。水のない砂漠に魚あんど無理だという、子供でも解る事実を伝えるジョーンズ博士だが、科学者としてのプライドと、給料が倍になると言われ、家のローンのことなどを考えしぶしぶと引き受けることになる。

ジョーンズはハリエットと二人で大富豪シャイフと会うため、彼の暮らすスコットランドの城へと向かう。シャイフはお金で買えないものはないと、考える不遜な男と思っていたのだが、実は人間味あふれる一人の釣り人だった。
ジョーンズ自身も学問と釣りだけが趣味の、自称変わり者なのだ。二人は意気投合してしまう。
シャイフに会うことによって、この突拍子もない話に、ジョーンズは魅力とやる気を感じはじめていく。果たして砂漠でサーモン・フィッシングができるのだろうか?・・・。
タイトルだけ聞くと、なんじゃそりゃと思うかもしれない。「砂漠で鮭なんか釣れるわけないじゃん」と冷静に突っ込む人もいるでしょうね。でも実際に見てみると、それがなんと見事にそのとおりのお話なのである。

でもこの映画の監督が、「ギルバート・グレイプ」や「ショコラ」のラッセ・ハルストレムが映像化。脚本は「スラムドッグ$ミリオネア」のサイモン・ビューフォイという黄金コンビです。この制作陣の名を聞けば、なんとなく作風の想像がつくというもの
実際もそのとおりの作風で、のほほんとしていて、オフビートに可笑しくて、観ているうちにだんだん心のモヤモヤがほぐれていくのだ。
主役のユアンの演技もさることながら、イエメンの大富豪シャイフにアマール・ワケドが、個性的な顔もてのイケメン男性に惚れ惚れする。それに広報担当官のクリスティン・スコット・トーマスというベテラン女優が。

砂漠とは、アラビア半島南西部にある「イエメン共和国」を指すのだが、文字通りイエメンの砂漠で鮭釣りをしようとするお話なのだ。とはいえこれはイエメンの釣り好きな大富豪の思いつきから出た話ではない。いや最初はそう思っていたジョーンズも、両社を取り持つ投資コンサルタントのハリエットも、大富豪の鮭放流の夢を聞いている内にすっかりその気になるというのだ。前代未聞の国家的プロジェクトに狭路y句することになるのだ。
仕事の充実ぶりとは裏腹に、ジョーンズは妻との関係が破綻し、さらにハリエットにも不幸が襲い掛かる。戦地に出兵している恋人が行方不明となり、家に引きこもってしまう。彼はなんとか説得して現場復帰させるのだが、連日連夜、イエメンで鮭が暮らせる環境作りに取り掛かるジョーンズ。そこで、何だかハリエットといいムードになっていき、すべてが順調にいくようだった。
そんな時に、またしてもイエメン国民からのバッシングや、鮭の養殖方法の問題などのトラブルが降りかかる。
「プロジェクトは成功するのだろうか」「ジョーンズ博士とハリエットの二人は結ばれることになるのか」と先の展開が気になるが、ラブストーリーを強調しているだけでなく、監督は脚本に盛り込まれた様々な要素をバランス良く描き、政治風刺の部分も疎かにしていない。
つまり、イギリスの頭脳とアラブ資本が手を組む生々しい現実をちらつかせながら、「鮭釣り」の話を愛や友情という極めて人間的な物語へと転化させていくのもいい。その意味では、これは一種の寓話には違いないが、細部はリアリズムで裏打ちされているからとんでもないホラ話にはならない。
何かが新しいという映画ではまったくないが、人生のもっとも美しい瞬間は、バカバカしい夢を信じたところから始まるのだということを忘れかけている。このありえない夢のような話を、人間の信頼の絆の物語に仕立て直すのだから。最近ちょっとお疲れ気味の方には、是非お勧めの映画ですよ。
2013年劇場鑑賞作品・・・9 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EVA<エヴァ> ★★★ | トップ | テッド  ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
砂漠でサーモン・フィッシング/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
若き新人俳優だったレオナルド・ディカプリオとジョニー・デップが共演した名作『ギルバート・グレイプ』を手がけたラッセ・ハルストレム監督が『スラムドッグ$ミリオネア』の脚 ...
『砂漠でサーモン・フィッシング』 (ラムの大通り)
(原題:Salmon Fishing In The Yemen) ----ん?このタイトル、どういう意味? そのまま“砂漠で鮭を釣る”ってとらえていいの? ニャんだか、ありえない気がするけど…。 「うん。 普通、ありえないと思うよね。 日本でも、鮭といえば北海道のような涼しい気候のとこ...
砂漠でサーモン・フィッシング (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(P) 揺れる女心に振り回された男の株だけが上がった映画
砂漠でサーモン・フィッシング/SALMON FISHING IN THE YEMEN (いい加減社長の映画日記)
予告編を観て、軽めのラブコメかなぁ、と思って・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 水産学者のアルフレッド・ジョーンズ博士は、ある日、イエメンの大富豪シャイフのエージェント会社から、「イエメンに鮭を泳がせて釣りをしたい」という、とんでもないプロ....
理論的に可能な奇跡~『砂漠でサーモン・フィッシング』 (真紅のthinkingdays)
 SALMON FISHING IN THE YEMEN  釣りを愛する水産学者、アルフレッド・ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー) のもとに、ハリエット(エミリー・ブラント)という女性からある依頼が舞い...
砂漠でサーモン・フィッシング (風に吹かれて)
夢をもとう公式サイト http://salmon.gaga.ne.jp原作: イエメンで鮭釣りを (ポール・トーディ著/白水社)監督: ラッセ・ハルストレム脚本: サイモン・ビューフォイ  「スラムド
砂漠でサーモン・フィッシング (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SALMON FISHING IN THE YEMEN】 2012/12/08公開 イギリス 108分監督:ラッセ・ハルストレム出演:ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス、アムール・ワケド、トム・マイソン イエメンに鮭を泳がせろ!?ありえない国家プロジェク....
映画:砂漠でサーモン・フィッシング Salmon Fishing in the Yemen 予想外にクリーンヒット=ベスト10確定? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主人公はユアン・マグレガー。 で、実は彼が主演と知り、期待度は低かった。 彼の最近の映画では「人生はビギナーズ」「パーフェクト・センス」「エージェント・マロリー」とかで、あまりいい印象が久しくなかったから。 だがこの映画の彼は、ジョークも下手な役のせい...
『砂漠でサーモン・フィッシング』 (こねたみっくす)
砂漠で恋人をフィッシングがメインであって、砂漠でサーモン・フィッシングは中途半端でした。 イエメンでもスコットランドと同じようにサーモン・フィッシングをしたいという大 ...
「砂漠でサーモン・フィッシング」 信じる心 (はらやんの映画徒然草)
予告を観たときは、ユアン・マクレガーとエイミー・ブラントのラブコメディー的なお話
砂漠でサーモン・フィッシング (心のままに映画の風景)
イギリスの水産学者ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)のもとに、イエメンの大富豪シャイフ(アムール・ワケド)のコンサルタントであるハリエット(エミリー・ブラント)から、「イエメンで鮭釣りをした...
[映画『砂漠でサーモン・フィッシング』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ちょいと忙しくて、長く書けないのだけど、これは良作でしたよ。  基本的には、それぞれ、妻がおり・恋人のいる大人の男女がいつしか魅かれあうという王道の恋愛物語である。  だが、そこに、イエメンの大富豪の、国の民を思った純粋な気持ちからくる、実現不可能と...
「砂漠でサーモンフィッシング」 (Con Gas, Sin Hielo)
政治主導とさかなクン。 鮭といえば、国内なら北海道や東北、世界に目を向ければノルウェーやチリ。いずれも印象は寒冷地だ。 そんなイメージと対極にある中東のイエメンで鮭を放流したいという突拍子もない話が本作の根幹である。 わがままな石油王に振り回される、....
砂漠でサーモン・フィッシング (だらだら無気力ブログ!)
ユーモアあって楽しく観られる作品だった。
『砂漠でサーモン・フィッシング』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
今まで会ったことのないタイプの人間に親近感を覚え、アルフレッドは堅実な人生を投げ捨てて、荒唐無稽な砂漠の夢に賭けることになる。最初から最後までユーモアたっぷりで、仕事にも恋にも今一つ押しの弱いアルフレッドの絶妙な表情に笑わされてしまう。トボけた味わいの...
映画『砂漠でサーモン・フィッシング』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-104.砂漠でサーモン・フィッシング■原題:Salmon Fishing In The Yemen■製作年、国:2011年、イギリス■上映時間:108分■観賞日:12月23日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ラッセ・ハルストレム◆ユワン・マグレガー(アルフレッド・ジ...
砂漠でサーモン・フィッシング / Salmon Fishing in the Yemen (勝手に映画評)
砂漠の国イエメンで、鮭を釣る。そんな奇想天外なプロジェクトを描いた作品。 イギリス映画ということで、出演俳優陣は、当然イギリス人。でもその割には、あんまりクイーンズイングリッシュを強く感じなかったですね。ちなみに、監督のラッセ・ハルストレムはスウェーデ...
砂漠でサーモン・フィッシング (いやいやえん)
ユアン・マクレガーさんとエミリー・ブラントさんです。 砂漠の国・イエメンに鮭を泳がせる、という前代未聞の国家プロジェクト。任されたのは、不器用な水産学者とコンサルタントの女性。 自称変わり者のジョーンズ博士は、砂漠で鮭釣りなどは無理な話と突き放すが...