パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス3DIMAX★★★★

2016年07月09日 | アクション映画ーア行
地球に攻めてきた侵略者と人類の激突を描いたSF大作『インデペンデンス・デイ』の続編。前作での闘いから20年後を舞台に、地球防衛システムを完備した人類が再び侵略者と対峙(たいじ)する。『ホワイトハウス・ダウン』などのローランド・エメリッヒ監督、『ロスト・ハイウェイ』などのビル・プルマン、『ディープ・カバー』などのジェフ・ゴールドブラムと第1作のメンバーが再結集。新たに『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのリアム・ヘムズワースらが加わる。壮大な物語と圧倒的な映像技術に息をのむ。

<感想>今回も3DIMAXにて鑑賞。前作の戦いは序章にしか過ぎなかった!・・・合衆国全土を覆う超巨大な宇宙船が襲来する。物語自体も前作から20年後と言う設定で、エイリアンと人類の戦いが、さらにスケールアップに描かれている。監督は前作に引き続き「デイ・アフター・トゥモロー」(12)「2012」などパニック超大作を得意とする巨匠ローランド・エメリッヒ監督。物凄い音響とともに、画面いっぱいの宇宙船の迫力に圧倒されました。

前作に引き続き出演しているのが、デイヴィッド役のジェフ・ゴールドブラムの他、ホイットモア大統領役のビル・プルマン、ジュリアス・レヴィンソン役のジャド・ハーシュ、ブラキッシュ・オークン博士役のブレント・スピナーが、老人ホームに住んでいるようなデイヴィッドの父親ジャスミン・ヒラー役のヴィヴィカ・A・フォックスなどが前作から続投。しかし、爺さんたちが意外に頑張っていたのに驚いた。

今回では新たな主役を任されたのが『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのリアム・ヘムズワース、主人公が扮する戦闘機パイロットの新キャラクター・ジェイクにバトンタッチされていて、元大統領ビル・プルマンの娘役で、マイカ・モンローが恋人になっていた。彼女は「イット・フォローズ」のホラー映画で活躍。女性パイロット役で香港女優のアンジェラ・ベイビーがクール・ビューティな魅力を発揮している。

他にも女大統領のランフォードを演じるのが、『ゴーン・ガール』『デイ・アフター・トゥモロー』でも知られるセーラ・フォード。そして、アフリカに残されていた宇宙船の基地のゲリラの女博士にシャルロット・ゲンスブールが。

そして同作の時間軸の2007年4月27日、スティーブン・ヒラー大尉は戦闘機の試用運転中、原因不明の誤作動が起こり死亡したとのことで、ウィル・スミスの出演はなし。しかし、ヒラー大尉の妻ジャスミンと息子のディランは生きている設定のようで、ディラン・ヒラーを演じるのはジェシー・アッシャー!役職は父スティーブンと同じく大尉であり、スピード出世でエリートコースを歩む彼はパイロットの精鋭部隊を率いる空軍のリーダーを演じます。リアム・ヘムズワースと地球防衛軍の戦闘機乗りで活躍する。

1996年のエイリアンとの激戦から20年後。その間に人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。つまり、エイリアンの技術が様々なビークル(乗り物)や武器システムに取り入れられ、開発が繰り返された、と言うのが本作の設定。

印象的なのが、月面基地での主人公ジェイクが操縦する「ムーン・タグ」である。2つのアームと足があり、しかもコンパクトで実用的な外見。実物大のモデルも制作したというこだわり。

2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう。

20年後という設定で、人類が月面基地にも地球防衛システムが、そこへ球体の宇宙船が接近。実は後で分かるのですが、この球体の宇宙船は地球の味方だったのに、撃ち落としてしまうなんて。基地からの攻撃で撃墜されるも、その球体を調べるデイヴィッドの前に新たな宇宙船が現れる。それは月と同じくらい巨大な宇宙船であり、月面基地は壊滅になってしまう。
そして、エリア51へ集結。エリア51に捕獲されているエイリアンたちは冬眠から目覚めて騒ぎ出し、その間の巨大宇宙船が地球へと近づき、重力によって各地の建物を吸引すると、それらを別の都市に落下させ、世界中を破壊していく。最終的に、大西洋全体の上空が宇宙船に覆われるのであります。

その巨大宇宙船にはエイリアンの女王が存在していることが発覚。戦闘機パイロットのジェイクらは宇宙船内部で女王攻撃するために飛び立つのだが、一方では、エイリアンが宇宙船を使って大西洋の海底から地球の「核」を吸い上げ始める。「核」を失えば地球は崩壊することになる。
エイリアンの女王はさしずめスズメバチの女王であり、兵隊蜂が命令で物凄い数で飛んでくる。元大統領のビル・プルマンが、今度こそ女王をやっつけると戦闘機に乗り飛んでいくも、罠であり女王がいない巨大宇宙船を攻撃することになる。
そして女王の乗った宇宙船が、デイヴィッドのパパが運転するスクールバスの前に現れます。そこは真っ白い塩湖で、出てきた女王エイリアンは、大イカの化けもんであり、中に小さい女王イカが入っていた。父の敵とばかりに、娘のマイカ・モンローが戦闘機に乗りでやっつける。
エメリッヒ監督によると、20年前に比べると、ミニチュアモデルも多用し、そこに多少のデジタル合成を加えるのが精一杯だった。水をデジタルで表現することも不可能に近かった時代だった。燃えるような雲を表現するために、アナログな複雑な挑戦もあった。今回は、水、火、煙をすべてデジタルで映像化することができ理想的な映像になったと言っている。
映像のリアリティやスケール感が格段に進歩している本作。見どころは、月と同じ大きさの宇宙船が現れ、地球上で有名な建造物のクアラルンプールのツインタワーや、ドバイのブルジュ・ハリファなどを重力で吸い上げ、ロンドンの上空から落下させるなど、これまでのパニック超大作の常識を超えるシーンが見られます。

2016年劇場鑑賞作品・・・137映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘイル、シーザー!★★★・5 | トップ | セトウツミ ★★★・5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 2016年7月9日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 を鑑賞しました。 前作からの続き物であるが、前作は観ていない。 まぁ内容はさほどたいしたことないからわかるっちゃわかる。 【ス...
劇場鑑賞「インデペンデンス・デイ リサージェンス」 (日々“是”精進! ver.F)
人類を、地球を、救え… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607090001/ アート&メイキング・オブ・インデペンデンス・デイ:リサージェンス [ サイモン・...
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE】 2016/07/09公開 アメリカ 120分監督:ローランド・エメリッヒ出演:リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンロー、トラヴ...
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) ドラマは薄いが、映像でファンを魅了させようとするエメリッヒ。
『インディペンデンス・デイ:リサージェンス』 (こねたみっくす)
あの日から20年。決戦に備えていなかったのはローランド・エメリッヒだけだった。 ローランド・エメリッヒがポール・バーホーベンになってしまった。20年ぶりの続編だとか、16年ぶ .....
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 (時間の無駄と言わないで)
「カッコいい画が撮れりゃ他はどうでもイイんだよ!」っていう監督の思いがビシビシ伝わる映画。 練られたストーリーも深い人物描写も前後のシーンの整合性もないけれど、それが .....
インデペンデンス・デイ リサージェンス(3D) / Independence Day: Resurgence (勝手に映画評)
20年前の侵略は、今回の侵略のための序章だった・・・と言う設定。劇中では20年の時間が経過していますが、実際にも、20年の時間が経過しています。 前作で出ていた主要キャスト、ト...
インデペンデンス・デイ:リサージェンス  監督/ローランド・エメリッヒ (西京極 紫の館)
【出演】  リアム・ヘムズワース  ジェフ・ゴールドブラム  ビル・プルマン  マイカ・モンロー 【ストーリー】 エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命...
インデペンデンス・デイ リサージェンス (そーれりぽーと)
20年ぶりの続編、『インデペンデンス・デイ リサージェンス』を観てきました。 ★★★★ ローランド・エメリッヒ監督にはまっっったく期待していなかったので、逆に楽しんで観られま...
「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」 (或る日の出来事)
観た後の満足感、皆無。
インデペンデンス・デイ リサージェンス/INDEPENDENCE DAY RESURGENCE (我想一個人映画美的女人blog)
日本でも大ヒットしたウィル・スミス主演の「インデペンデンス・デイ」から20年。今更?作られた続編。 侵略してきたエイリアンを、米国の独立記念日に当たる7月4日に撃退し、人...
インデペンデンス・デイ:リサージェンス 何故か(*^-ェ-),ムー (Said q winning)
監督:ローランド・エメリッヒ出演:リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンロー、トラヴィス・トープ、ウィリアム・フィクトナー、シャルロ...
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (風に吹かれて)
いざ、エリア51 公式サイト http://www.foxmovies.com/movies/independence-day-resurgence 「インデペンデンス・デイ」(1996)の続編 監督
「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」@TOHOシネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開6日目のTOHOシネマズデー。客入りは、このシネコンで一番大きいスクリーン5に100名前後、男性客が多い。字幕2D版を鑑賞した。
[映画『インデペンデンス・デイ リサージェンス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・世の中には、いいエメリッヒと悪いエメリッヒがいると、私は言ってきたものだが、これはいいエメリッヒ監督作だった。...
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
これはIMAX・3Dで正解!! 頭上を超巨大宇宙船が過ぎていく迫力!! 前作の絶望の中で人類がひとつになるというドラマチックな展開に欠ける。中国マネー万歳、人種差別やLGBTを気...
インデペンデンス・デイ リサージェンス (映画と本の『たんぽぽ館』)
映像の迫力はサスガですが * * * * * * * * * * 1996年に公開された「インデペンデンス・デイ」、20年ぶりの続編。 前作がもう20年も前のこととは驚きです。 不...
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」 (FREE TIME)
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」を鑑賞しました。
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 1996年に大ヒットした「インデペンデンス・デイ」の20年ぶり続編で、当時のメインキャストも老けた姿で登場しており、ファンにはうれしいところでしょう。ただ、破壊シーンなど最新...
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」 虚しい拡大再生産 (はらやんの映画徒然草)
前の「インデペンデンス・デイ」が公開されてから、もう20年経っているんですね。
No.549 インデペンデンス・デイ リサージェンス (気ままな映画生活)
1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。エイリアンの侵略を生き延びた人類は、共通の敵を前にひとつに .....
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (だらだら無気力ブログ!)
何だろな、前作ほどの面白さが無いなぁ。でもアンジェラ・ベイビーは可愛い綺麗。
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (銀幕大帝α)
INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE 2016年 アメリカ 119分 SF/パニック/アクション 劇場公開(2016/07/09) 監督: ローランド・エメリッヒ 『ホワイトハウス・ダウン』 製作: ローラン......
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (いやいやえん)
【概略】 エイリアンとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年。エイリアンが地球に残した宇宙船が密かに覚醒し、仲間を呼び寄せ始めた。まもなく地球にやってきたエイリアンは、各......
映画評「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ローランド・エメリッヒ ネタバレあり