パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

スプリット ★★★

2017年05月13日 | アクション映画ーサ行
M・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るサスペンス・スリラー。23人もの人格を持つ多重人格の男に誘拐監禁された3人の女子高生を待ち受ける戦慄の恐怖と驚きの顛末をスリリングに描き出す。共演はアニャ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー。
あらすじ:ケイシー、クレア、マルシアの女子高生3人は、友だちの誕生パーティの帰り道に見ず知らずの男に拉致監禁されてしまう。やがて鍵の掛かった薄暗い密室に閉じ込められていた3人の前に、誘拐犯が女性の格好で現われる。その後も潔癖症の青年や9歳の無邪気な少年など、現われるたびに格好ばかりか性格まで変ってしまう誘拐犯。なんと、男には23もの人格が宿っていた。そしてさらに“ビースト”と呼ばれるもっとも恐るべき24番目の人格も潜んでいたのだったが…。

<感想>監督・脚本を手掛けたM・ナイト・シャマラもすごいが、本作の成功はなんといっても、カメレオン俳優であるジェームズ・マカヴォイの、強烈すぎる存在感がなければ実現しなかっただろう。トリック演出を自在に操るシャラマンが今回選んだテーマは、解離性同一障害。正体不明の男に拉致、監禁された女子高生3人が、決死の脱出を試みる物語と見せかけて、犯人は23もの人格を持っていたという予想外の展開になっている。サイコ・サスペンスにオカルト要素が混じり合い、緊張の度合いをジリジリと高めていく23重人格の誘拐犯と3人の女子高生の攻防は、シャラマン監督が得意とする「まさか!」のクライマックスへと傾れ込むしくみ。

アクション大作からシリアスドラマまでをこなす、実力派俳優であるマカヴォイが現れるたびに、誘拐犯の口調や表情を醸し出す雰囲気までを完全に変えて、そのうち映画に登場するのは、9人の人格を持つ一人の男を圧巻の演技で体現しているのだ。

とにかく誘拐された女子高生3人が監禁された部屋は、まるで牢獄のよう。誘拐を主導したのは神経質な性格のデニスだが、身代金を要求するわけでもなく、女子高生たちを下着姿にしてダンスを踊らせるなど真意はつかめない。彼女らを聖なる食料と呼び、謎は深まるばかり。

本当のケビンは、幼少期のトラウマが原因でDIDを発症し、女医のフレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けている。

彼の中には、9歳の少年ヘドウィグや潔癖症のデニス、エレガントな女性パトリシア、社交的な服飾デザイナーのバリーら23人の人格が同居しているのだ。気の毒に、精神科医のフレチャーも殺されてしまうとは。

女子高生たちは、とにかくそこから脱出をしなければならないのだ。どこか壁や天井に空洞がないかと手でドンドンと音を立てて探し、天井が開くと気付いた女の子が、紙を剥がして天井裏を見つける。そこから排気ダクトを進み、施設内に出た少女を必死で追いかける男。

アニア・テイラー演じるケイシーに焦点が当てられ、幼少のころ恵まれた環境で育った他の2人の女子高生とは違い、彼女には暗い過去があるのだ。幼かった彼女が、亡き父親と行った狩りの思い出が描かれ、ある出来事が原因で周囲に心を閉ざしたケイシー、彼女に何が起きたのか。

抜け出せたのはそのケイシーであり、とにかく出口を探さないと、それが出口が見つからずロッカーが並んでいる一つに隠れるも見つかってしまう。引きずり出されてその地下室の納屋みたいなところへ入れられてしまうのだ。他の2人は、別々の部屋へ入れられて、ケビンの食糧となったみたいだ。

実は、3人が監禁された場所は動物園の管理棟の地下、犯人は以前はここに勤めていて動物たちの影響を受けて人格が分裂したらしい。

最後の24番目の人格・ビーストはまさに猛獣で、壁を這いずり回り、すばっしこいし、生き残ったケイシーにショットガンで銃撃を受けるも、生存しており行方をくらませる。

ラストはブルース・ウイリスが出て来て、動物園の職員としてTVのニュースを見ている。これは「アンブレイカブル」の続編を作るよということなのか?

助かったケイシーだけが、外へ出て助けを呼ぶのだが、こういう解離性同一障害の、いわゆる“多重人格もの”謎と恐怖に満ちた個性的な作品は、他にもいくつかあるが、どれにしろ、私には興味を持つ映画ではないと言える。

2017年劇場鑑賞作品・・・107映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガーディアンズ・オブ・ギャ... | トップ | マンチェスター・バイ・ザ・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スプリット (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) ワタシの脳内処理能力のせいかオチの意味が分からない。
スプリット (とりあえず、コメントです)
M・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に23人の人格を持つ男を描いたサスペンスです。 予告編を観て、謎の男に誘拐された3人の女子高生たちはどうなってしまう......
スプリット/SPLIT (ダニエル・キイスの24人のビリー・ミリガンファンでシャマラン映画...... (我想一個人映画美的女人blog)
誰ですか、シャマラン復活とか言ったの。 24人のビリーミリガン読んでいない人の方が楽しめる。 マカヴォイファンは一つの人格で数人のキャラを演じるマカヴォイを楽しめる ......
[映画『スプリット』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・う~、期待していましたが、シャマランのややもったりした演出(乖離性人格障害の丁寧な背景説明・主人公ケイシーの幼少期の細かく繰り返される回想)が物語を間延びさせ......
劇場鑑賞「スプリット」 (日々“是”精進! ver.F)
不純な者を、喰う… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201705130000/ アンブレイカブル [ ブルース・ウィリス ]
スプリット (心のままに映画の風景)
高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートの誕生パーティーの帰り、車に乗り込んできた見ず知らずの男に拉致されてしまう。 薄暗い密室に閉じ込められた......
"わくわくシャマラン・ランド"『スプリット(Split)』M・ナイト・シャマラン監督、ジェーム...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、他のシャマラン監督作品にも触れています。『スプリット』Split 監督・脚本 : M・ナイト・シャマラン出演 : ジェームズ・マカヴォイアニヤ・テイラー=ジョイベティ・バッ......
「スプリット」:シャマランの大イタチ (大江戸時夫の東京温度)
映画『スプリット』は、「結末は絶対ナイショだよ」(c)M.ナイト・シャマラン な
『スプリット』 (こねたみっくす)
M・ナイト・シャマランが帰ってきた! かつてアルフレッド・ヒッチコックの後継者とまで称されるも、稀代の一発屋として長年多くのファンのマトモな期待を裏切り続けてきた、あ ......
スプリット(2017)**SPLIT (銅版画制作の日々)
 誘拐された女子高生3人VS誘拐した男23人格恐怖は<分裂(スプリット)>する MOVIX京都にて鑑賞。ジェームズ・マカヴォイが多重人格者を演じるということで楽しみにしていた作......
スプリット  監督/M・ナイト・シャマラン (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームズ・マカヴォイ  アニャ・テイラー=ジョイ  ベティ・バックリー 【ストーリー】 高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。......
スプリット・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何が「スプリット(分裂)」するのか? M・ナイト・シャマランによる、異色のサイコ・スリラー。 ひとつの体に23もの人格を宿す男と、彼に拉致・監禁された3人の女子高生。 なぜ......
「スプリット」 (Con Gas, Sin Hielo)
ラストで意表を突かれたから看板に偽りなし。 いくら期待外れが続こうとも映画館に足を運ばせる何かを持っているM.ナイト・シャマラン監督が、ついに特大ホームランを放ったと評......
「スプリット」☆衝撃ラストの罠 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ラストのクライマックス手前で飛行機が着陸してしまって、最大の残念だった想い出になってしまった今回の台湾旅行。 気になって仕方ないで早速観ることに。これは2度じっくり観る......
スプリット (風に吹かれて)
なんの衝撃もなし 公式サイト http://split-movie.jp 監督: M・ナイト・シャマラン 周囲に心を閉ざした高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリ
スプリット 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
最近すっかり映画を観なくなってしまいまして、 このブログも放置状態、また今年もいつもはまる ゲーム「スパロボ」の新作「スーパーロボット大戦V」 が発売され、それにとりかか......
スプリット (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SPLIT】 2017/05/12公開 アメリカ 111分監督:M・ナイト・シャマラン出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ル......
スプリット (だらだら無気力ブログ!)
コレ、シリーズ物だったのか。
スプリット (映画好きパパの鑑賞日記)
 M・ナイト・シャマラン監督の新作映画で、前作のヴィジットが素直に驚けるスリラーだったのに比べて、また、シャマラン監督の趣味前開という感じかな。予備知識なしでみるのも......
17-185「スプリット」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
汚れた者の心は寝ている  ケイシー、クレア、マルシアの女子高生3人は、友だちの誕生パーティの帰り道に見ず知らずの男に拉致監禁されてしまう。  やがて鍵の掛かった薄暗い密......
スプリット (そーれりぽーと)
復活したM・ナイト・シャマランの『スプリット』を観てきました。 ★★★★ 23人の多重人格の犯罪者をジェームズ・マカヴォイが瞬時の演じ分けで魅せつけてくれるのだけれど、23人......