パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

さらば あぶない刑事 ★★★.5

2016年02月10日 | アクション映画ーサ行
テレビドラマと映画の双方で人気を博してきた刑事アクション『あぶない刑事』シリーズの完結編。定年を目前にしたタカとユージの刑事コンビが、日本進出をもくろむ中南米マフィアを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、テレビ版や『あぶない刑事リターンズ』などの劇場版も手掛けてきた村川透。舘ひろし、柴田恭兵はもちろん、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナといったオリジナルメンバーが結集し、菜々緒や吉川晃司がゲストとして参加。タカとユージの最後の雄姿に引き込まれる。

<感想>1986年のTVドラマから30年経つのですね。舘ひろし65歳で演じる女性に優しいダンディー鷹山と、柴田恭兵64歳で演じる意外な人情派のセクシー大下の名コンビによる、年齢を超えた超絶アクション&アドリブ・おちゃらけトークは健在の懐かしい最終章です。監督はもちろん、TVドラマシリーズや劇場版も手掛けてきた村川透、78歳。

そして、横浜を舞台にしたハードボイルドで、スタイリッシュで、かつコミカルなルーティンも楽しいバディものとして、ファッショナブルな作品になっていますから。

物語は、定年を5日後に控えながらも、かつて2人が壊滅させた銀星会の残党を追って、危険ドラッグ・覚醒剤・拳銃の取引がされるブラックマーケットを2人だけで襲撃したり、とまだまだ暴れ放題でした。そんな2人の前に現れたのは、世界の闇市場を暴力で牛耳り縄張りを広げる中南米のマフィア。

横浜が犯罪都市になってしまう。彼らの日本進出を阻止しようとするタカとユージだが、その戦いに横浜中の犯罪組織も絡んでいく。危険地帯と化した横浜で、二人は一世一代の勝負に挑むが……。

2人の定年まで5日間のカウントダウン、おとなしくして欲しいと、事なかれ主義のいつしか上司になっている仲村トオルとのやりとりが可笑しい。ですが、お約束のアクションは、中南米系のマフィアに、吉川晃司が、白髪で杖を付きタカと対峙するラストのバイクシーンは実に圧巻であります。


お二人も還暦60歳過ぎでも、アクションシーンには手抜きはない。映画版でのお約束の「ショータイム!」では、ユージのあの走りっぷりも健在だし、タカのバイクに乗りながら手放しマシンガンをぶっ放すスタイルもお見事でしたね。

それに、あの薫の浅野温子がド派手な衣装と化粧でぶりっ子を演じ、目出度く寿退社となるはずだったのに、それが結婚詐欺にあってしまうとはね。木の実ナナの上司との名コンビぶりも良かった。セリフがコテコテでしたがね。

タカの恋人役の菜々緒も綺麗でした。まさか拳銃で撃たれて亡くなるとは、哀しみのタカが棺にしがみ付いている背中が震えていた。

とにかく原点に戻って、ハードボイルドでもっとストーリーがあるもので、ベースになる話をいわゆる「あぶ刑事」らしさみたいなものになってました。悪人ガルシアの吉川晃司は、バイクスタントの練習中に左足を骨折。だから物語の中で、彼が杖を付いて現れるように設定したのですね。

今回の「さらば」でも、2人は危険な目に遭うシーンがありますが、今までも何回も殉職したかもしれないのに、いままでずっと生きてきたわけで。ラストのアクションシーンでは、本当に銃弾飛びかうなかで、弾ぎれとなりもうダメかと思わせるシーンでも、最期にはニュージーランドでゴルフをしている。そうそう、エンドロールで映し出される、懐かしい中条静夫さん演じる近藤課長の「バカモン」も久々に聞けて感無量でした。

2016年劇場鑑賞作品・・・29映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ガンマン ★★.5 | トップ | フランス組曲 ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「さらば、あぶない刑事」:チョイワルおじさんたちのフィナーレ (大江戸時夫の東京温度)
映画『さらば、あぶない刑事』は、いよいよ定年退職になる鷹山&大下の最後の数日間を
「さらば あぶない刑事」わっかるかな~?わっかんね~だろうな~(^^;? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[さらば あぶない刑事] ブログ村キーワード  誕生から30年…、遂に伝説が終わる!「さらば あぶない刑事」(東映)。同一キャストで30年!スゴイよな~。この間、“007”なんて何人変わったことか…(^^;。でも、若い人にはわかるかな~??  定年退職を5日...
映画 『さらば あぶない刑事』 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   あぶない刑事 シリーズ   コメディー・アクションといえる『あぶない刑事』の   恐らく最後の作品となる『さらば あぶない刑事』を見てきました。     ...
映画「さらば あぶない刑事」 (FREE TIME)
映画「さらば あぶない刑事」を鑑賞しました。
さらば あぶない刑事  (Break Time)
2月が始まりました・・・
「さらば あぶない刑事」定年間際の最後に相応しいあぶない2人の派手な銃撃戦による麻薬事件解決劇 (オールマイティにコメンテート)
「さらば あぶない刑事」は1985年に放送されたあぶない刑事シリーズの最後の作品で定年間近の鷹山と大下が命がけの最後の大きな山に挑むストーリーである。30年以上に渡るシリーズ最 ...
『さらば あぶない刑事』 (時間の無駄と言わないで)
車ギュンギューンの鉄砲バンバーンの。 それで舘ひろしと柴田恭兵が格好良ければそれでイイじゃない。 っていう映画。 還暦過ぎてても2人は格好イイ。 アクションも格闘シーン ...
「さらば あぶない刑事」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
定年前の最後の戦い。 横浜を守る最後の戦い。 『さらば あぶない刑事』オリジナル・サウンドトラックオリジナル・サウンドトラック アリオラジャパン by G-Tools
『さらば あぶない刑事』 2016年2月1日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『さらば あぶない刑事』 を鑑賞しました。 実に、昭和で東映らしい映画だった。 【ストーリー】  長きにわたり横浜の平和を守ってきた刑事コンビ、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)。定年を5日後に控えながらも、彼らは宿敵・銀星会の残党を追い、覚せい剤や拳...
No.527 さらば あぶない刑事 (気ままな映画生活)
1986年のテレビドラマ第1作以来、長らく愛され続けている「あぶない刑事(デカ)」の劇場版第7作。横浜港署捜査課刑事のタカこと鷹山敏樹とユージこと大下勇次は、定年退職を5日後に ...
さらば あぶない刑事 (映画好きパパの鑑賞日記)
 1980年代の人気テレビシリーズの劇場版7作目。これまでも殉職したとしか思えない話のあとで、しれっと2人が登場したりしてたゆるさが特徴でしたが、さすがに今回は最終作になるのでしょうね。30年前とそのまま変わらないような内容なので、往年のファンはもちろん、若...
『さらば あぶない刑事』をトーホーシネマズ新宿6で観て、感想書いたのにブログから消えちゃったよふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★という訳で書きなおし記事なのだけど、このコンテンツで儲けたってのが凄い】 そういやTVドラマ一切見てない。映画は全部じゃないけどそこそこ見てる。 「 ...
さらば あぶない刑事(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[あぶない刑事] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2016年5本目です。 【あらすじ】 定年退職を5日後に控え横浜港署のダンディー鷹山(舘ひろし)とセクシー大下(柴田恭兵)は、独断で横浜のブラックマーケットを襲撃...