パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ジョーカー・ゲーム ★★

2015年02月06日 | アクション映画ーサ行
第30回吉川英治文学新人賞などを受賞した柳広司の小説を原作にしたスパイサスペンス。もう一つの第2次世界大戦前夜という架空の時代を舞台に、ある機密文書をめぐって各国諜報(ちょうほう)員を相手にし烈な争奪戦に挑む日本人スパイ嘉藤の姿を描く。監督は、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠。『俺俺』などの亀梨和也をはじめ伊勢谷友介、深田恭子と豪華な顔ぶれが結集する。亀梨が繰り出す体を張ったアクションに加え、大規模ロケを敢行したシンガポールのエキゾチックな街並みも見ものだ。

あらすじ:架空の第2世界大戦前夜。陸軍士官学校で学ぶ嘉藤(亀梨和也)は、規律に反したことで極刑に処されるところを、結城(伊勢谷友介)なる謎の男に救われる。彼は諜報(ちょうほう)組織のD機関を設立した人物で、嘉藤の卓越した頭脳や身体能力を見込んでスカウトする。数々の厳しいテストをクリアしてスパイとなった嘉藤は、人類の歴史を変えかねない発明について記された機密文書ブラックノート奪取を命じられる。それを求めて魔の都と呼ばれる都市に潜入した彼の前に、リン(深田恭子)という女が出現し……。

<感想>舞台は国際都市、魔の都、アジアのどこか。米国大使が持つブラックノートを狙い、イギリス、ドイツ、ソ連の諸外国とD機関潰しを企む帝国軍が、南方の国際都市に大集合。インドネシアのバタム島にオープンセットを組み、日本人30人&海外スタッフ150人の大所帯での撮影。

結城中佐役の伊勢谷友介くんは申し分のないキャスティング、「魔王」の異名をとる元カリスマ・スパイにピッタリでした。彼の言うスパイにとっては死は最悪の選択。「死ぬな、殺すな」それがD機関のモットーであると。日本の精鋭諜報部隊D機関が、各国のスパイと機密情報争奪戦を繰り広げる物語。ユダヤ人科学者が開発した新型爆弾の設計図“通称、ブラックノート”を奪う初ミッションです。

米国大使グラハムがアメリカに帰国するまでの2週間が勝負。写真館の店主に成りすました亀梨くんは、大使がチェスマニアという情報を得て大使館に潜入。チェスをしながら警備をチェックし、所有物からも性格を分析。
金庫を開けて中にある手帳をカメラで写し取る。だが、それは偽物で、大使の趣味である女の裸写真とか。で、ブラック・ノートは何処に。それが、チェスの駒の中に、フイルム状のブラック・ノートを発見する。しかし、そこへ英国スパイがやって来て、危し亀梨くん。それに、潜入操作をしていたのは、他に女スパイのリンと言う名前の深田恭子ちゃんが。亀梨くんは、リンがアメリカ国籍をゲットするために、大使の女になって昼はメイドとして働くリン。気の毒な身の上話を聞き、気持ちがグラグラの亀梨くん。彼女が弄ばれているように錯覚して、助けようと奮闘するんですよ。それに、牛舎の中で白いシーツに包まっての二人のラブシーンもありますから。

亀梨君の優しさが裏目にでて、二人が、英国スパイに捕まって拷問を受けるシーンも、あんましエグイことないし、もう殺されるという瞬間に「死ぬな、殺すな」の鉄則が頭を過ぎり、自分が英国のスパイ活動をすると言い、モールス信号で電報を使った騙しのテクがお見事でした。
暗やみの中や時計台で英国スパイ組織と乱闘騒ぎ、ほぼノースタントの亀梨くん、身体能力高すぎですから!・・・それに、柵や物干し竿を倒して追手の追跡を防ぎ、合気道で敵を吹っ飛ばすスピーディな路地裏アクション。このシーンでは「ザ・レイド」の助監督チームが参加していたそうです。
途中で、亀梨くんの七変化が、キュートなメイド姿からセクシーなチャイナドレス姿まで、そして米兵、トゥクトゥク運転手などトリッキーに早変わりです。深キョンのコスプレ姿もお見逃しなく。

「007」や「ボーン」シリーズのボンドや、ジェイソン・ボーンも、スパイ映画って主役がかっこいいんですよね。それに影の存在なのに白いスーツとか来ちゃっている。ですが、ハリウッドのスパイ映画と同じようなものと思っていてはダメですから。主人公の嘉藤を演じる亀梨和也君は、どうみても白いスーツを着た宝ジェンヌのような出で立ちで、確かに見るからに走り方やクルミを投げる方向、戦いながら落ちてくる花瓶をキャッチしたり、さすがに若いし訓練してるので綺麗にアクションしています。でも、カッコ付け過ぎ!
他のシーンは、壁を乗り越えるとか、屋台のクラッシュは何となくジャッキー映画のような感じがしました。それに、「ルパン」にも似ているところが多かった気がします。亀梨くんファンには、最高に新鮮でいいのではないかしら。
このお二人さん共演の夜メロが、2月6日からテレ朝で、毎週金曜日23時15分から「セカンド・ラブ」が始まるよ。
2015年劇場鑑賞作品・・・19映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タチャ 神の手 ★★★ | トップ | ストックホルムでワルツを ★★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ジョーカー・ゲーム」 (日々“是”精進! ver.F)
ブラックノートを、奪取せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201501310000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「ジョーカー・ゲーム」オリジナル・サウンドトラック [ ...価格:2,700円(税込、送料込) 【...
ジョーカー・ゲーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/01/31公開 日本 107分監督:入江悠出演:亀梨和也、伊勢谷友介、深田恭子、小澤征悦、小出恵介、山本浩司、渋川清彦、田口浩正、千葉哲也、光石研、嶋田久作 ジョーカーを見抜け。全てを欺き、生き残れ。 Story:架空の第2世界大戦前夜。陸軍士官学校で学ぶ嘉藤は....
『ジョーカー・ゲーム』 (2015) (相木悟の映画評)
誕生なるか、和製スパイ・エンターテインメント! 新進気鋭の才能による新しき日本産娯楽作の登場を祝いたいのは山々なのだが…。 本作は、インディーズ映画『SR サイタマノラッパー』(09)の成功以降、着々とキャリア・アップを刻んでいる入江悠監督作。柳広司の同...
ジョーカー・ゲーム  (Break Time)
今日から、2月です・・・
『ジョーカー・ゲーム』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、昔のスパイすぎふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★伊勢谷友介と深田恭子が好き好き。亀ちゃんはまあまあ】 亀梨和也はまあまあだと思う。 アクションも英語も主役として映画を牽引していた。 でも、こうい ...
ジョーカー・ゲーム (だらだら無気力ブログ!)
原作が好きな人にはお勧めできない。
『ジョーカー・ゲーム』 2015年1月31日 イオンシネマ市川妙典 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジョーカー・ゲーム』 を鑑賞しました。 やっぱり、駄作だったよ 【ストーリー】  架空の第2世界大戦前夜。陸軍士官学校で学ぶ嘉藤(亀梨和也)は、規律に反したことで極刑に処されるところを、結城(伊勢谷友介)なる謎の男に救われる。彼は諜報(ちょうほう)組織...
『ジョーカー・ゲーム』 (時間の無駄と言わないで)
冒頭の細眉亀梨くんのアップで「あ~、そういう映画なのね」と思って観始めたけど、それにしたってちょっと酷くない? 脚本がレベル低過ぎ。 せっかくの映画化なんだから全く原 ...
『ジョーカー・ゲーム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジョーカー・ゲーム」□監督 入江 悠□脚本 渡辺雄介□原作 柳 広司□キャスト 亀梨和也、深田恭子、伊勢谷友介、小澤征悦、小出恵介■鑑賞日 2月1日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...
映画 ジョーカー・ゲーム (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     『ワイルド7』以来、スクリーンで久しぶりに見た深田恭子。   なんだか、リン(役:深田恭子)がルパン三世に登場する   峰不二子に見えましたね。   そ...
ジョーカー・ゲーム (単館系)
ジョーカー・ゲーム ユナイテッド・シネマ浦和 2015/1/31公開 架空の第2世界大戦前夜。 陸軍士官学校で学ぶ嘉藤(亀梨和也)は、規律に反したことで極刑に処されるところを、 結城(伊勢谷友介)なる謎の男に救われる。 彼は諜報(ちょうほう)組織のD機関を設立し...
「ジョーカー・ゲーム」 真面目な性格のルパン三世 (はらやんの映画徒然草)
邦画のスパイもので、傑作!と印象に残るものってあまりないですね。 洋画だと「00
「ジョーカー・ゲーム」 真面目な性格のルパン三世 (はらやんの映画徒然草)
邦画のスパイもので、傑作!と印象に残るものってあまりないですね。 洋画だと「00
ジョーカー・ゲーム (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ジョーカー・ゲーム '15:日本 ◆監督:入江悠「日々ロック」 ◆出演:亀梨和也、深田恭子、小澤征悦、小出恵介、山本浩司、渋川清彦、田口浩正、光石研、嶋田久作、伊勢谷友介、千葉哲也 、リチャード・シェルトン、ジャスパー・バッグ、リチャード・モス ◆STOR...
『ジョーカー・ゲーム』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
第二次大戦前夜を舞台にした新型爆弾の設計図を巡るスパイ・アクションで、原作は柳広司の短編小説集。予備知識なしで観たのだが、誰が敵やら味方やらのサスペンスは楽しめた。まあ概ね予想の範囲内ではあるのだが。主役のお兄ちゃんは誰だが知らないが(なんでも人気アイ...
「ジョーカー・ゲーム」ミッションを遂行した先にみた可能性ある限りミッションに終わりはないスパイ活動 (オールマイティにコメンテート)
「ジョーカー・ゲーム」は戦前の日本を舞台にスパイに身を投じた男がある任務の為に中国に潜入しそこで機密文章を奪うためにギリギリの可能性の中で繰り広げられる駆け引きを描い ...
『ジョーカー・ゲーム』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『ジョーカー・ゲーム』を観てきました。 亀梨くんと伊勢谷さんなので超シリアスなハードボイルドかと思いきや。。。いや真面目でしたよ。 でもなんだろう、脚本とかもシリアスだし大笑いするような場面でもないんだけど、どこかコミカルなんですよね~。この不思議な感...
ジョーカー・ゲーム (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編と「サイタマノラッパー」の入江悠監督なので、結構期待していたのですが、脚本があの渡辺雄介(「ガッチャマン」)ということもあり、何とも珍妙な作品に仕上がりました。突っ込みながら見るならそれなりに楽しいけど、映画館でみるより、深夜でみんなでわいわい...
ジョーカーゲーム (迷宮映画館)
これぞフィクション!って感じがぷんぷん。
ジョーカー・ゲーム (いやいやえん)
全てを欺き、生き残れ。 異能の天才たちによる“極限のスパイゲーム"が~ってことなんだけど、騙し合いの頭脳バトルが展開されると期待していたら肩透かし。 情報戦略で展開が読めないのではなく、話の展開が雑す
映画評「ジョーカー・ゲーム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・入江悠 ネタバレあり
「ジョーカー・ゲーム」 (或る日の出来事)
新型爆弾の設計図を盗み出せ!
『ジョーカー・ゲーム(2015)』('17初鑑賞66・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月16日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。